ディック フライ。 トニー・ホーム

ファイター列伝

ディック フライ

ディック・フライ 基本情報 通称 サイボーグ 国籍 生年月日 1965-05-02 (55歳) 出身地 所属 身長 186cm 体重 110kg バックボーン ディック・フライ( Dick Vrij、 - )は、の、。 来歴 [ ] 11月29日、が開催した大会()へと異種格闘技戦を行なうために来日。 リングネームは、 ディック・レオン・フライであった。 以後、UWFへ来日を重ねるようになる。 5月11日、旗揚げ戦ではメインイベントでと対戦し敗北を喫したが、8月1日の旗揚げ第2戦では前田からTKOで金星を奪い、一躍スター選手にのし上がった。 筋肉質の肉体からサイボーグと称され、にはのイメージキャラクターを務めた。 から開催されたリングス・オランダ大会ではエースとして活躍したが、次第に精彩を欠き、連敗を重ねるようになった。 1994年7月14日に前田を相手に不可解な暴走試合を行ったり、1993年4月24日に対戦相手のを控え室で暴行するなど、トラブルメーカーとしての一面も取りざたされたり、の使用疑惑が囁かれた。 リングスとの契約切れ後はで総合格闘技の試合を行ったり、「真撃」へ参戦して、、藤原喜明と試合を行った。 現在はジムを開いて後進の育成に励む傍ら、リングス・オランダの役員としてをサポートしている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - のプロフィール (英語).

次の

ディック・フライ

ディック フライ

ディック・フライ 基本情報 通称 サイボーグ 国籍 生年月日 1965-05-02 (51歳) 出身地 所属 身長 186cm 体重 110kg バックボーン テンプレートを表示 ディック・フライ( Dick Vrij、 - )は、の、。 来歴 [編集 ] 11月29日、第2次UWFが開催した大会()へと異種格闘技戦を行なうために来日。 リングネームは、 ディック・レオン・フライであった。 以後、UWFへ来日を重ねるようになる。 5月11日、旗揚げ戦ではメインイベントでと対戦し敗北を喫したが、8月1日の旗揚げ第2戦では前田からTKOで金星を奪い、一躍スター選手にのし上がった。 筋肉質の肉体からサイボーグと称され、にはのイメージキャラクターを務めた。 から開催されたリングス・オランダ大会ではエースとして活躍したが、次第に精彩を欠き、連敗を重ねるようになった。 1994年7月14日に前田を相手に不可解な暴走試合を行ったり、1993年4月24日に対戦相手のピーター・ウラを控え室で暴行するなど、トラブルメーカーとしての一面も取りざたされたり、の使用疑惑が囁かれた。 リングスとの契約切れ後はで総合格闘技の試合を行ったり、「真撃」へ参戦して、、藤原喜明と試合を行った。 現在はジムを開いて後進の育成に励む傍ら、リングス・オランダの役員としてをサポートしている。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - のプロフィール (英語).

次の

第56戦目(リングスデビュー戦) 田村潔司vsディック・フライ リングス 1996年6月29日東京ベイNKホール

ディック フライ

ディック・フライ 基本情報 通称 サイボーグ 国籍 生年月日 1965-05-02 (55歳) 出身地 所属 身長 186cm 体重 110kg バックボーン ディック・フライ( Dick Vrij、 - )は、の、。 来歴 [ ] 11月29日、が開催した大会()へと異種格闘技戦を行なうために来日。 リングネームは、 ディック・レオン・フライであった。 以後、UWFへ来日を重ねるようになる。 5月11日、旗揚げ戦ではメインイベントでと対戦し敗北を喫したが、8月1日の旗揚げ第2戦では前田からTKOで金星を奪い、一躍スター選手にのし上がった。 筋肉質の肉体からサイボーグと称され、にはのイメージキャラクターを務めた。 から開催されたリングス・オランダ大会ではエースとして活躍したが、次第に精彩を欠き、連敗を重ねるようになった。 1994年7月14日に前田を相手に不可解な暴走試合を行ったり、1993年4月24日に対戦相手のを控え室で暴行するなど、トラブルメーカーとしての一面も取りざたされたり、の使用疑惑が囁かれた。 リングスとの契約切れ後はで総合格闘技の試合を行ったり、「真撃」へ参戦して、、藤原喜明と試合を行った。 現在はジムを開いて後進の育成に励む傍ら、リングス・オランダの役員としてをサポートしている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - のプロフィール (英語).

次の