ドラパルト いじっぱり。 ドラパルト

『ようきスカーフドラパルト』の強み。私の子は『すりぬけ』です!!【育成論】

ドラパルト いじっぱり

はじめに 育成論投稿二つ目です。 前回のアーマーガアの育成論を多くの方に見ていただけたようなので、今回は自分がチームで使っているドラパルトの育成論を投稿します。 採用理由と役割 すばやさ種族値が驚異の 142。 言わずと知れた最速ポケモン、ドラパルト。 アタッカーとしてだけではなく、ひかりのかべとリフレクター、のろいやバトンタッチも覚えてしまうという技範囲の広さも持ち合わせる。 以前投稿した弱点保険アーマーガアの不意をつけるオマケつき。 いらない。 持ち物 基本は ひかりのねんどですが、耐久をもっと増やしたいなら オボンのみを持たせます。 性格・努力値と調整• 性格 ようき。 BもしくはDの数値をより高くするためにすばやさに補正をかけます。 努力値 252-4-164-*-4-84• 実数値 195-141-116-*-96-190• 調整 すばやさは、最速のを抜けるように。 性格補正込み、84振りで実数値が190になる。 最速インテレオンはS実数値189。 HPは、耐久力を最大にするために252。 残りは狙う相手に合わせて変え、すべてBかDに振る。 余分に振られる8は、Aと、BかDの振らなかった方へ。 技構成• ひかりのかべ• リフレクター• おにび• とんぼがえり 3ターンで仕事を終わらせて定時で退社。 壁がなくなる頃にもう一度出せるようにしておきましょう。 物理アタッカーの場合• リフレクターから入る。 おにびを当てる。 とんぼがえりで退散。 特殊アタッカーの場合• ひかりのかべから入る。 とんぼがえりで退散。 耐久ポケモンの場合• おにびから入る。 相手の構築を見て、より必要な方の壁を用意する。 片方の壁を用意し、とんぼがえりで退散。 エースバーン相手の立ち回り例• 必ずと言って良いほどふいうちかダイアークが来る。 リフレクターから入る場合、ふいうちは失敗し、ダイアークは確実に耐えられる。 ダイアークから来た場合、おにびを当てて2ターンで撤収。 仕事量としては十分です。 ゴリランダー相手の立ち回り例• リフレクター。 はたきおとすかダイアークが来る。 おにびを当てる。 残りHPと相談。 余裕を持てるならひかりのかべも出しておいて、とんぼがえりで退散。 ウーラオス いちげき 相手の立ち回り例• 必ず急所に当たるので、リフレクターからではなくおにびから入る。 リフレクターは捨てる。 1発耐えてとんぼがえり。 5-46. 2-77. 1-28. 4-42. 4-21. 5) 被ダメージ:62-73(31. 8-37. 0-25. 0-46. 4-65. 0-69. 2-34. リフレクターでに真正面から殴り勝つための補助を。 シェルアーマーなら急所に当たらないというオマケつき。 ドサイドン ラプラスに同じ、(個人の主観においては)弱点保険アタッカー率の高いポケモン。 もとより高い物理耐久力をリフレクターでさらに底上げ、または低い特殊耐久力をひかりのかべによって補助。 カビゴン 防御、物理耐久の低さを壁とやけどで補助。 はらだいこキョダイマックスからの全抜きコースへ繋ぐ。 このポケモンの対策 スカーフウーラオス いちげき など:こだわりスカーフで壁やおにびよりも先に倒す。 ドラパルト:ドラパルトミラーはすばやさで有利。 すりぬけなら壁の意味がない。 終わりに いかがだったでしょうか。 ドラパルトは選出画面で型を読まれづらく、かわらわりも効かないなどの長所があり、安全に両壁を用意できるポケモンのうちの1匹だと思います。 600族として恥ずかしくないようにすばやさだけではなく意外にもしっかり割り振られた耐久力を生かしてパーティの勝率を上げるサポートができるのではないでしょうか。 とてもよい育成論だと思いました。 心内ですが星5で。 1つ質問なのですが、特性は呪われボディの方が良いのではないのでしょうか。 クリアボディもSが下がらなくなる利点がありますが、だいたい上から動けるし、壁で耐えることもあるのでクリアボディは使う機会がないかもしれないと思いました。 それならワンチャン掴める呪われボディの方が良いのではないでしょうか。 長文失礼しました。 技候補を見てて気になってたのが、呪いを採用しない理由が気になりました。 また壁前提であれば鬼火の採用も壁ターンを無駄にするだけなのであまり意味がない気がします。 採用するなら電磁波の方が裏のエースの起点づくりとして優秀そうですし、鬼火の採用理由を聞きたいです。 あといくら壁貼りとはいえとんぼワンウェポンだと壁貼った後かなり腐りやすい気がします。 シャドボは技候補にあってもいいきがします… 長文失礼致しました。 同じ場所になってしまい申し訳ありませんがそれぞれ返答させていただきます。 これは自分のミスです。 最初この個体を考察したときに、ねばねばネットやがんせきふうじにも対応できるようにとクリアボディにしていたのですが、 ・ねばねばネットを使うポケモンが環境からほぼ消えた ・いかくが来てもどうせとんぼがえりしかしない ・がんせきふうじは基本ドリュウズ、さらにはかたやぶりのためにクリアボディは無効 と、育成が終わってから気がつきました。 確かに相手の技を3割で封じることができるのろわれボディ、もしくはみがわりに対してもおにびを通すことができるすりぬけのほうが、後続に引き継ぎやすくなるかもしれないですね。 クリアボディを使ったところとすれば『ナイトバーストの命中率低下を封じて確実にとんぼがえりを当て逃げする』くらいだったでしょうか。 ゾロアークは少ないとは言えないのでクリアボディが絶対にないとは言えないかもしれないです。 でもやっぱりのろわれボディやすりぬけのほうが良かったかもしれません。 この個体は『何度も場に出直す』『壁貼り受けポケモン』として考察したものなので、『できる限り長く生き延びて』『備えるエースのために相手を封じ込める』ことを意識しています。 その点では確かに、相手の行動そのものを封じることができる確率があるまひ、でんじはの方が良いかもしれません。 しかし現環境において、『確実に急所に当たる』『物理アタッカー』こと、『ウーラオス』がリフレクターの天敵になっています。 急所は壁を無視しますがやけどを無視することはできないので、今回はドラパルト自身の耐久性能を確保するために、おにびを採用した次第です。 ダイナックルを受けないドラパルトなら相手のダイマックスエースも積みアタッカーも、物理の場合完全に封じ込めることができる、さらには場に出ることができるなら後続に対してのダイナックルも受け出しによって無効化できるので、のろいで自主退場はさせない方がいいと思い、『ひかりのかべ』『リフレクター』『おにび』を採用してあります。 次に最後の1枠の攻撃技ですが、これはとんぼがえりが最も後続に繋ぎやすいと思っています。 現環境はタスキドリュウズが多く、がんせきふうじやステルスロックを使用してきます。 壁やおにびの後交代しても、交代先のポケモンにがんせきふうじを使ってくることもあります。 あえてドリュウズより遅くなり、がんせきふうじのあとに交代をすることができれば被害を少なくできる、また、ルガルガンなどに対してとんぼがえりを使えば、カウンターやミラーコート、がむしゃらを(交代読みがなければ)封じることもできるので、安全な受け出しや攻撃のためにはシャドーボールなどの高威力技ではなくとんぼがえりを採用した方がいい、と思っています。 以上です。 長文になってしまいました、読んでいただきありがとうございます。 他にも疑問点があれば言っていただきたいです。

次の

【ポケモン剣盾】ドンパッチ ~ドラパルト+バンドリ+パッチラゴン構築~【ダブルバトル】

ドラパルト いじっぱり

なお、技『イカサマ』の場合も、相手の『こうげき』を自分の能力にコピーした後に2倍にして攻撃する。 自分が道具を持っていない時のみ発動する。 『だっしゅつボタン』『ふうせん』には効果がない。 戦闘に参加しなくてもよい。 レベルに応じて拾ってくる道具が変化する。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 そのため、 最速142族(ドラパルト)よりも早く動くことができます。 タイプ一致で打てる「じしん」「メガトンキック」、ギャラドスやリザードンに対して強く出れる「かみなりパンチ」、 「こだわりスカーフ」と相性の良い「とんぼがえり」を採用しました。 もしも性格を「いじっぱり」にしていたらさらに火力が出ますが、ドラパルトよりも早く動くことを目的にしているので、性格は「ようき」一択です。 その分、少し火力が落ちているので、「ステルスロック」などを撒いた上でホルードを出すことも良いでしょう。 今回のホルードの立ち回り・役割 素早さ、広い技範囲、とんぼがえり、を活かして最初に出しましょう。 様子見を兼ねて最初に出すことをオススメします。 非常に多くの相手よりも先に動くことができるので、 有利対面なら居座れば良いし、不利対面なら「とんぼがえり」で攻撃しつつ、逃げれば良いのです。 高火力を上から押し付けることができるのは非常に強力! 「とんぼがえり」で控えに逃げたとしても、非常の素早いスカーフホルードが残っていることで相手にプレッシャーをかけることができます。 4%~84. 8%~98. 2%~56. 3%~122. 2%~55. 3%~122. 9%~60. 8%~83. 2%)確定2発 相手にホルードを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 アーマーガア• トリトドンまたはミロカロス ホルードは特性による高火力と、広い技範囲によって多くのポケモンに対して初手対面で有利をとることができます。 「きあいのタスキ」を持っている個体も多いです。 そんな ホルードの弱点としては、耐久力が低いこと。 なのでホルードからの攻撃を耐えつつ、「じこさいせい」などの回復手段を持つこと。 耐久に努力値を振っていてもホルードのタイプ弱点を突くことができればより有利になります。 それらを満たしているのが、アーマーガアや、ミロカロス(トリトドン)です。 「じこさいせい」「はねやすめ」といった回復手段を持ち、耐久力が非常に高いポケモンです。 特にミロカロスやトリトドンはホルードのタイプ弱点もつくことができるので、より簡単に対策をすることができます。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ホルードの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししてきました。 まさか最速ホルードにスカーフを持たせることで、最速142族よりも早く動けることに驚いた人もいると思います。 素早さと広い技範囲、そして高火力によって多くのポケモンを相手にすることができます。 非常にやることがシンプルなので、是非使ってもらえたら嬉しいです。

次の

【対戦メモ】ドラパルト育成論&考察【ポケモンソード・シールド】

ドラパルト いじっぱり

HP: 88• 攻撃: 120• 防御: 75• 特攻: 100• 特防: 75• 素早さ: 142 現環境最強 今環境の怪物。 A120、S142とかヤバすぎ。 ダイマックスで上から強力な攻撃を叩きつけることが可能。 とりあえず出来ることが多すぎる。 物理型が主流で、見たことないけど特殊型もいるっぽい。 現環境では採用率はミミッキュと同じぐらいいるので、対策は必須。 ドラパルトの主な持ち物は? 最近の流行はスカーフ。 次点でタスキ。 他には鉢巻や命の玉など。 ただし、命の玉はパーティ採用率トップのミミッキュがほぼ確定で持っているため、ミミッキュとドラパルト両採用されている場合、ドラパルトが命の玉を持っていることが少ないため、玉持ちドラパルトは少なめといえる。 ドラパルトの主な性格は? 正直多すぎて困る。 いじっぱり、やんちゃ、ようき、むじゃき、せっかちなどなど。 スカーフ持ちなら火力がほしいので、いじっぱり、やんちゃで良さそう。 ドラパルトの対策は? 有名なところで言うなら ミミッキュ、オーロンゲあたりで簡単に処理できる。 ナットレイではきつい。 スカーフドラパルトの育成論 今回は流行りのスカーフ型の育成論。 性格:いじっぱり 持ち物: こだわりスカーフ 努力値: A228 B28 S252 特性:クリアボディ 技:とんぼがえり ドラゴンアロー かえんほうしゃ シャドーダイブ 調整について• A:余り• B:いじっぱりナットレイA252振りジャイロボール確定耐え 83. S:最速 ドラパルトを上から攻撃することが可能。 ただし、最近スカーフドラパルトが流行っているため、ミラーになることが少なくない。 よって、sを落とすわけにはいかない。 Aを少し落としてBに少し回し、環境に多いナットレイの対面に強くなるような調整した。 かえんほうしゃでH252d4ナットレイ確2 66. 2〜79. ただ、耐久性が少し落ちる上に、通常の大文字の命中が不安定で、対ナットレイでダイマックスがきれない場合、2回連続で当てなければならないのがやだったのでこちらの案は不採用。 特性について すりぬけの強みが生かせる場面にほとんど対面したことないのでクリアボディを選択。 ギャラやウィンディの威嚇、ダイマックス技の能力値ダウンも無効。 持ち物について こだわりスカーフを持たせることで 素早さが291となり、どんな相手でもほぼ先に行動できる。 からを破られた後のパルシェンよりも早い。 技構成 ドラゴンアロー、シャドーダイブ これは確定。 抜く理由ないです。 とんぼがえり ミミッキュの皮剥がせる。 オーロンゲ相手には先制電磁波が嫌なので、とんぼでダメージを入れるよりも交代した方がよいかも。 ちなみに電磁波で麻痺すると素早さが145 最速80族と同じ まで落ちる。 かえんほうしゃ 主にナットレイ対策。 かえんほうしゃでもだいもんじでも確定2発なので命中安定のかえんほうしゃでよい。 後は上に書いた。 ダメージ計算 与ダメ ドラゴンアロー HC252、B4ロトム確2 53.

次の