カミラ 夫人 なぜ。 (3ページ目)「ダイアナは幼すぎる」なぜチャールズ皇太子はプリンセスを愛せなかったのか 挙式前“破局のシグナル”

(3ページ目)「ダイアナは幼すぎる」なぜチャールズ皇太子はプリンセスを愛せなかったのか 挙式前“破局のシグナル”

カミラ 夫人 なぜ

ネタ= 2世の死去で結婚式が延びたチャールズ英皇太子(56)と(57)。 本では、カミラの25年ごしの友人がこう証言している。 彼女は圧倒されるほどうまいんだよ。 当時、女性がそんなにベッドで積極的だというのは珍しいことだった」 カミラは2度のプロポーズを断った。 理由は「処女じゃなかった」から。 70年代の英皇室は、まだ伝統に縛られていた。 夫が無類の女好きで、妻を放任したのも後押しとなった。 81年のダイアナとの婚約発表の前日もチャールズはカミラの腕に抱かれた。 グラハム女史はこう著す。 原因はダイアナの。 チャールズの友人の証言だ。 「カギを閉めた洗面所からダイアナの嘔吐する声が聞こえてくるんです。 そして彼女が歯を磨いてベッドに這い上がってくると、歯磨き粉とゲロの混じった、胸が悪くなるにおいがするというのです。 逢瀬(おうせ)の場所は、大胆にもダイアナと暮らす皇太子邸の庭。 チャールズの侍従の最も重要な仕事は主人が深夜、庭園でカミラといちゃついた後、そのパジャマから泥と草のしみを落とすことだった。 チャールズ痛恨の一件は、カミラとの電話の会話を盗聴され、に暴露されたことだ。 結局、この開き直りが結婚に結びついたのだが、これではも祝福できない……。 【2005年4月8日掲載】 atasinti.

次の

イギリス王室のカミラ夫人はどんな人?一時嫌われ者だったことも

カミラ 夫人 なぜ

Sponsored link イギリス国内でのカミラ夫人の好感度 カミラ夫人は今でもイギリス国民の嫌われ者? 死後20年以上経ってもダイアナ妃の人気が衰えないように、 カミラ夫人を嫌いというイギリス人も数多くいるとみられています。 なぜ、カミラ夫人が嫌われているのかという理由は言うまでもありませんね。 ダイアナ妃の結婚生活を台無しにしたからで、責められても仕方のないことでしょう。 離婚だけで終わっていれば、カミラ夫人がここまで嫌われることもなかったかもしれません。 ダイアナ妃が失意の中で事故死したという不幸な結末が、カミラ夫人には重くのしかかっているようです。 出典: チャールズ皇太子の評判もイマイチですが、それもカミラ夫人の不人気が原因と言われています。 もともと、不倫カップルとして世界中に知られた二人が、イギリス国民すべてに認めてもらうまでには時間がかかりそうです。 カミラ夫人のイギリス王室の一員としての素質を認める人も 実際に、カミラ夫人はどういった人柄なのか? 国王の妻の座を奪い取るような気が強くて性格の悪い女なのかと思いきや、若い頃から聡明な人柄と明るい性格の女性として知られているようです。 ただ、こうした本来の性格よりも不倫の事実が先に公になってしまったために、なかなか受け入れてもらえなかったのでしょう。 公務もそつなくこなすカミラ夫人を、王室の一員として認めても良いと考える人も増えています。 ダイアナ妃との結婚生活を送っていた時よりもチャールズ皇太子が幸せそうに見えるのは、カミラ夫人のおかげという人もいます。 スキャンダラスな不倫をリアルタイムで知らない人は、カミラ夫人への固定観念も持たずにいられるのかもしれません。 好きではないけれど嫌いでもないという人が増えたのは、カミラ夫人にとっては良いニュースでしょうね。 カミラ夫人のイギリスでの好感度は決して高くないようです。 ただ、嫌いではないとトーンダウンしたのは、イギリス国民の間でも少しずつダイアナ妃の悲劇の記憶が薄れつつあるからかもしれませんね。 まもなく、チャールズ皇太子も国王を継承することでしょう。 その後の言動や活躍で、そのイメージも変わってくるかもしれません。

次の

カミラ夫人 結婚生活で「人知れず耐えていること」が明らかに チャールズ皇太子との“大きな相違点”とは(Hint

カミラ 夫人 なぜ

すでに感染していた可能性があると言われる3月12日、ロンドンで開催されたオーストラリアの叢林火災による被害を支援するチャリティーディナーでスピーチを行なったチャールズ皇太子。 夫妻の広報は、チャールズ皇太子がどのようにして新型コロナウイルスに感染したかという感染経路に関しては分かっていないと発表しているが、感染の可能性が考えられる3月上旬のいくつかの公務以降、そして、バルモラル城に移動してからも、チャールズ皇太子とカミラ夫人は、しばらくは同じ空間で寝食を共にしていたと伝えられているが、カミラ夫人はなぜウイルスへの感染を免れたのだろうか? カミラ夫人が陰性となった理由 英Helloが総合診療医や医療コメンテーターとして活躍するドーン・ハーパー医師に、その理由として考えられる可能性について質問。 すると、ハーパー医師からはこんな答えが返ってきた。 「私たちはまだこのウイルスについて学んでいる最中ですが、新型コロナウイルス感染者の家族に14日間の自主隔離を要請しているのは、症状が出ていないだけで、同じくウイルスのキャリアとなっている可能性があるため、感染拡大を防ぐためにほかの人との接触を避けてもらうためです。 しかしながら、一般的な風邪のもととなるほかのウイルスと同様に、家族の1人が新型コロナウイルスに感染し、症状を発症したからといって、必ずしも家族全員が感染・発症するというわけではありません。 それにはいくつかの理由がありますが、とくに、個人のもともとの健康状態や免疫力の強さも大きく影響するということがあります」。 つまり、チャールズ皇太子とほとんど同じ行動範囲で同じ空間で生活しながらも、カミラ夫人が新型コロナウイルスに感染しなかったのは、おそらく、カミラ夫人の健康状態が良好で免疫力が高いことが要因なのではないかと推測できるということ。 ハーパー医師は、「現時点ではカミラ夫人には症状がまったく出ていないといいますが、その状態が続くことを願いましょう。 新型コロナウイルスは、無症状のまま他人に感染させてしまうといういくつかの報告もでていますし、もちろん、彼女はこのまま症状が出ないようにするために、より注意を払う必要があります」とコメントするとともに、「夫人はチャールズ皇太子とは別の部屋で就寝し、別のバスルームを使い、家庭内でも距離を保つべきです」と解説した。 ロイヤルファミリーの隔離生活 チャールズ皇太子は新型コロナウイルス検査で陽性の判定を受けたあと、エリザベス女王はもちろん、長男のウィリアム王子と次男のヘンリー王子にもそれぞれ電話で感染を報告したという。 高齢のエリザベス女王は夫のフィリップ殿下(98)とともに、早々に生活の拠点をロンドンのバッキンガム宮殿からウィンザー城へ移し、必要最低限の人物たちとの接触を避けている。 ウィリアム王子とキャサリン妃は3人の子供たちとともにロンドンから170キロほどはなれたノーフォーク州の別宅アンマーホールで、そして、ヘンリー王子は妻のメーガン妃と長男アーチーとともにカナダ・バンクーバー島の新居でそれぞれ自主隔離を行なっている。 (フロントロウ編集部).

次の