永瀬 廉 リアルタイム。 永瀬廉[King&Prince] X CLUSTER

最後の撮影は永瀬廉vs伊藤健太郎のレースシーン!『弱虫ペダル』が無事クランクアップ(MOVIE WALKER PRESS)

永瀬 廉 リアルタイム

平静を装っておりますが。 そうです。 装わないとだいすき爆発しておかしくなることをお察しください。 ぜんぶ好きです。 ここ最近のれんさんの表紙、ぜんぶ大勝利なのです。 嬉しすぎる完売続出も納得だし赤飯です。 破産です。 部ダメ見てから息子の試合みたらもっと面白いかもしれないじゃんもしかしたら。 同じサッカー部じゃん。 窪田くんほど真面目じゃないけどな。 さらっと試合出ちゃうしな。

次の

「#永瀬廉」のYahoo!検索(リアルタイム)

永瀬 廉 リアルタイム

「弱虫ペダル」は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、高校の自転車競技部に入部し、そこで出会った仲間たちとともに才能を開花させていく物語。 2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載開始され、単行本は64巻まで発売されている。 これまでアニメ化、舞台化、ドラマ化とさまざまなメディアミックスが行われてきた。 本作では坂道の良きライバル・今泉俊輔役を 、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役を が担当。 監督は が務める。 渡辺は「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 」とコメント。 また昨年12月より自転車練習をスタートさせたという永瀬は、本作への出演について「とても光栄です。 一つの競技に夢中になる選手の魅力をしっかりと伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいです!」と意気込みを語っている。 渡辺航コメント 坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 永瀬廉(小野田坂道役)コメント まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。 時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です! 一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです! その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。 僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。 伊藤健太郎(今泉俊輔役)コメント 今作はこのお話を受ける前から原作を読ませて頂いておりました。 学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです! その作品の中で私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。 実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。 三木康一郎監督コメント 弱虫ペダル、原作が持っている疾走感や熱量、あと登場人物たちの熱い想いをリアルに映像としてどう伝えていくのか?そう考えたとき、まず自分自身が登場人物たち以上の熱量を持って挑む!というなんだか少年漫画のような結論に至ってしまいました。 出演者、スタッフ、この映画にたずさわる者たちの熱量を皆さんに感じて頂ければと思います。 主演の永瀬廉さんとは初めてですが、彼が持つ素直なところや、まっすぐなところ、しかし、その奥にある強さや熱さなんかを、主人公の小野田坂道を通して、みなさんに伝えられればと思っています。 みんな必死で自転車の練習をしています!彼らの努力や成長にも期待していて下さい。

次の

【ラジオ】永瀬廉の「Radio GARDEN」を聴きながら🎶楽しくダイエット5日目

永瀬 廉 リアルタイム

「弱虫ペダル」は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、高校の自転車競技部に入部し、そこで出会った仲間たちとともに才能を開花させていく物語。 2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載開始され、単行本は64巻まで発売されている。 これまでアニメ化、舞台化、ドラマ化とさまざまなメディアミックスが行われてきた。 本作では坂道の良きライバル・今泉俊輔役を 、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役を が担当。 監督は が務める。 渡辺は「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 」とコメント。 また昨年12月より自転車練習をスタートさせたという永瀬は、本作への出演について「とても光栄です。 一つの競技に夢中になる選手の魅力をしっかりと伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいです!」と意気込みを語っている。 渡辺航コメント 坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 永瀬廉(小野田坂道役)コメント まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。 時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です! 一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです! その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。 僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。 伊藤健太郎(今泉俊輔役)コメント 今作はこのお話を受ける前から原作を読ませて頂いておりました。 学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです! その作品の中で私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。 実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。 三木康一郎監督コメント 弱虫ペダル、原作が持っている疾走感や熱量、あと登場人物たちの熱い想いをリアルに映像としてどう伝えていくのか?そう考えたとき、まず自分自身が登場人物たち以上の熱量を持って挑む!というなんだか少年漫画のような結論に至ってしまいました。 出演者、スタッフ、この映画にたずさわる者たちの熱量を皆さんに感じて頂ければと思います。 主演の永瀬廉さんとは初めてですが、彼が持つ素直なところや、まっすぐなところ、しかし、その奥にある強さや熱さなんかを、主人公の小野田坂道を通して、みなさんに伝えられればと思っています。 みんな必死で自転車の練習をしています!彼らの努力や成長にも期待していて下さい。

次の