秋吉 久美子 ブログ。 秋吉久美子: アイドル ジャニーズ 芸能人 スポーツ あれこれ

秋吉久美子: 芸能人Blog(ブログ)一覧 まとめ

秋吉 久美子 ブログ

こちらからログインして下さい 検索 このブログ内の検索 リンク検索 プロフィール KONCHAN Profile : 学生時代は民族音楽を研究していました。 音楽、ア〓ト中心のブログ開設しました。 KONCHAN 音楽プロデュ〓サ 当然 審査されているアルフォンス君です。 BOBは2ndでしたが、ファイナルに残れません。 写真下2枚 マッシモ・ピカルデロ ジャッジに BOBを頂きファイナル、3位になりました。 ブログランキングの応援お願いします。 こちらをクリックして頂けると なんと こちらからログインして下さい 検索 このブログ内の検索 リンク検索 プロフィール KONCHAN Profile : 学生時代は民族音楽を研究していました。 音楽、ア〓ト中心のブログ開設しました。 KONCHAN 音楽プロデュ〓サ テレビを見ている私の視界の隅の方でひたすら頷いてアピールするロイくんとの闘いの日々 でもあるんです 大体いや毎回負けるのは私なんですけど ブログランキング参加しておりますは知らなくてもいいことなのかもしれない。 しかも「食の演出家」大久保一彦は、福岡で大人気の ダイナーズオノグループ小野社長 にインタビューを敢行! 従業員の90%が入れ替わる会社が、 ほとんど辞めない会社に変貌した秘密とは・・ このインタビューの模様は「 夢ー商通信 」でちかいうちに.

次の

有名女優21人「本番疑惑」SEX濡れ場総選挙④秋吉久美子ワイセツSEX (2019年1月11日)

秋吉 久美子 ブログ

受賞 優秀主演女優賞 『』 優秀助演女優賞 『』『』『』 『』 『』 『』 主演女優賞 『さらば夏の光よ』『』 助演女優賞 『夜汽車』 『異人たちとの夏』 その他の賞 女優賞 『深い河』 『』 主演女優賞 『あにいもうと』 助演女優賞 『異人たちとの夏』 助演女優賞 『異人たちとの夏』 女優賞 『深い河』 女優賞 『「わたし」の人生 みち 我が命のタンゴ』 アジア映画祭 女優賞 『』 女優賞 『深い河』 備考 秋吉 久美子(あきよし くみこ、 - )は、の。 出身で、(現・)、育ち。 本名は 小野寺 久美子(おのでら くみこ)。 身長162cm。 アジア映画祭主演女優賞、優秀主演女優賞、主演女優賞などを受賞している。 「「わたし」の人生 みち 我が命のタンゴ」で主演女優賞を受賞。 そのほかはを参照。 略歴 [ ] 生い立ち [ ] の出身で研究者だった父親が戦後を患い、の療養所に入り、地元出身のだった母親と結婚し当地で生まれた。 妹が一人いる。 その後、父が(現・)のに教師として赴任したため家族で移り住む。 しかし高温多湿の気候が体の弱い父には辛く、本人が小学校入学直前にに移り、6歳から18歳までいわき市で暮らす。 父はの福島県に勤務し、の立ち上げにも尽力した。 福島県いわき市小名浜第一中学校、福島県立磐城女子高等学校(現・)卒業。 高校時代は文芸部の部長をしていた。 あちこちの雑誌やテレビなどでもらした言葉を集めた「つかのまの久美子」(、)ではユニークで鋭い感性が光っており、も「静かな平凡を夢見る卓抜な個性」と帯に感想を書いている。 高校三年生の時、受験勉強中に聞いたの、の『』で、吉田が音楽を担当した『』のヒロイン募集を聞き、親に内緒でを受けたのが芸能界入りしたきっかけ。 女優として [ ] 『』の主役オーディションで、についで次点となり、自殺する文学少女に扮して本名で映画初出演。 夏休みの一週間だけ撮影に参加し、出演料は7万5千円だった。 撮影現場の空気は肌に合ったが、女優になろうとはすぐには思わず、大学へ行こうと思い受験勉強に励む。 翌、大学受験に失敗し大きなショックを受ける。 いわき市で通いをしたが、浪人も面白くなく、予備校も休みがちになってブラブラしていたとき、隣町で観た、はみだし劇場に感銘を受け、同劇場の・の夫人・内田ゆきに身柄をあずけ上京。 内田ゆきは秋吉のマネージャーになった。 最初の仕事はのCM。 同年、監督の『花心中』に一シーンだけ顔を出したのち、芸名を「秋吉久美子」として監督の『』に主演して本格的に映画デビュー。 しかしこの作品は難解だという理由でまで公開されなかった。 、監督の青春映画『』で、奇妙な魅力をたたえた女優などと評価されヒット、名が浸透する。 続けて秋吉主演で『妹』、『バージンブルース』()と立て続けに製作され、人気が急上昇した。 愛くるしい表情、70年代を表現する繊細な存在感、今までの日本の青春映画を脱却した大胆な脱ぎっぷりで一躍フォークソングとベトナム反戦の時代の寵児となる。 1979年、のメンバーで作曲家の岩久茂と結婚。 男児を産みおよそ2年ほど芸能活動を休止したが後に離婚。 復帰後、ソープ嬢を演じた『』 (1981年)、冷めているが可愛げのあるヒロインに扮した『』 (1981年)を始め、『さらば愛しき大地』 1982年 、『』 1987年 、『』 (1988年)、『誘惑者』 (1989年)、『』 (1994年)、『』 (1995年)などがある。 2004年、『』では、深遠な性愛シーンを披露した。 近年 [ ] 近年はにも出演している。 TBS系人気番組『』にもゲスト解答者としても数多く出演。 しかも1988年10月の特番で、当時産休中だったに代わり、4枠に座っていた。 ちなみに成績は12勝20敗、3割7分5厘と好成績を修めていた。 作詞家としても活躍しており、、にも楽曲を提供している。 2004年12月に26歳年下の日系アメリカ人と結婚したが、翌年夏に離婚。 しかしその後、同じ男性と2006年2月に再び入籍した。 2006年8月12日、第38回『』で司会に初挑戦。 会見で「あのころは"痛がる時代"だったと思う」と独自の理論を披露した。 なお、番組内で出演した各アスリートの写真を秋吉自らカメラマンとなって撮影し、ポスターを制作するコーナーがあった。 この時の写真が好評で、世界陸上の会場にポスターの展示場が開設された。 最終学歴は高卒であったが、個別の入学資格審査を経て、2007年9月より早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程公共経営学専攻に入学。 2009年9月、同研究科を10人中の総代として修了。 2009年公共経営修士取得。 世界遺産登録5周年記念事業「熊野古道国際交流シンポジウム尾鷲2009」にパネリストとして参加。 2013年には出身地である福島の風評被害払拭のため消費者庁「東北未来がんばっぺ大使」に就任のほか、「三重県文化審議会委員」も務める。 2013年「わたしの人生〜我が命のタンゴ」でモナコ国際映画祭主演女優賞を受賞。 2014年に、映像クリエーターの二人目の夫と離婚。 2015年1月、35歳の長男が事故死した。 人物 [ ] 趣味は旅行、特技は英会話。 が流行したの時代性を象徴し、そのユニークな言動が話題を呼んだ。 当時はカワイコちゃんタレント全盛の時代でもあり、秋吉の言動は余計に目立つこととなる。 芸能界にデビューしたての若い少女にありがちな発言を求めた記者に対抗して「面白くもないのにカメラの前で笑ったり、俳優ってバカみたい」などと発言し「女優」のレッテルを貼られた。 また『妹』の公開前、宣伝のために出演した番組にて共演者が礼儀正しくインタビューに答えていたのに対して、頬杖をついて別の方向を見ていた。 なお、当時の様々なラディカルな言動については後に「不器用だったのかな」と振り返った発言もある。 受賞歴 [ ]• 映画新人賞(昭和49年)『赤ちょうちん』『妹』『バージンブルース』• プロデューサー協会新人賞(昭和49年)『バージンブルース』• 主演女優賞(昭和51年)『さらば夏の光よ』『あにいもうと』• 第1回主演女優賞(昭和51年)『あにいもうと』• 女優演技賞(昭和51年)『あにいもうと』• アジア映画賞主演女優賞(昭和51年)『挽歌』• 放送部門(昭和52年)『下町のおんな 風子』• 助演女優賞(昭和63年)『男はつらいよ 寅次郎物語』• 助演女優賞(平成元年)『異人たちとの夏』• 女優助演賞(平成元年)『異人たちとの夏』• 助演女優賞(平成元年)『異人たちとの夏』• 第13回くまもと映画祭女優賞(平成元年)『異人たちとの夏』• 国際評論家賞(平成2年)『誘惑者』• 東京国際映画祭さくらシルバー賞(平成2年)『誘惑者』• モントリオール映画祭作品賞(平成7年)『深い河』• 第19回女優賞(平成7年)『深い河』• 第5回日本映画評論家賞女優賞(平成8年)『深い河』• 優秀主演女優賞(平成8年)『深い河』• 第14回日本映画批評家大賞女優賞(平成17年)『透光の樹』 出演 [ ] 映画 [ ]• (1972年)• (1973年)• (1974年)• (1974年)• (1974年)• (1974年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1976年)• (1976年)• (1976年)• (1976年)• (1977年)• (1977年)• (1977年)• (1977年)• (1980年)(アニメ映画)• (1981年)• (1981年)• (1982年。 監督 )• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1983年)• (1984年)• (1984年)• (1985年)• (1987年)• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1993年)• (1994年)• (1995年)• (2000年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2003年)• 2004年• 2009年• (2012年3月)• (2012年5月)• (2012年8月)• (2013年2月) テレビドラマ [ ]• 第53話「ジーパン刑事登場! 」(7月、・)被害者・中上タカコ 役• (1973年、)• 第10話(1973年9月、)• 「」(1973年 - 1974年、TBS)山科役• 「」(1973年、TBS)• (1974年、CX)• 「」(、NTV・)美雪 役• (1974年、NTV)• (1974年、・)• (1974年、)• (1974年、)• (1975年、CBC)• (1975年、)• 嘘(1975年、)• 家族(1976年、TBS)• (1978年、)• (1975年、NTV)• (、TBS)• (1975年)• (、TBS)• (1976年、NHK)• (1976年、CX)• (1976年、TBS)• (、TBS)• (NHK)• (1976年)• シリーズ(1981年 - 1984年) - 芸者・金魚 役• 婚約(1987年)• (1977年、ANB)• NHK• (1977年) - おうの 役• (1987年) - 役• (2013年) - 役• (1977年、TBS)• (ANB)• (1977年)• (1978年)• (1978年、NTV)• 第2話「第一通報者」(1978年、TBS)• (1978年、ANB)• (1978年、TBS)• (1978年、CX)• 標的(1979年、CX)• (1979年、TBS)• (、TBS)• (1979年、TBS)• 額田女王(、)• 「シラケ帝国応答アリ」(1980年4月、CX)由美 役• (1980年、TBS)• (1980年、CX)ゆき子 役• 土屋隆夫の(1980年、ANB)• (1980年、CX)• (1980年、TBS)悠子 役• (1981年、ANB)ケイコ 役• (1981年、ANB)• (1981年、ANB)• 山本正夫の「」(1981年、ANB)• おとうと(1981年、NHK)• (1981年、ANB)• (1981年、NHK)• 森村誠一の「」(1982年、ANB)• (1982年、TBS)• (1982年、NTV)• (NTV系、いずれも主演)• 「悪魔の島の赤ちゃん」(1982年)• 「」(1982年)- 秋本涼子 役• 「震える髪」(1986年、)• 「原子炉の蟹」(1987年)• 「ラーメン横町・女たちの危険な午後」(1988年、PDS) - 丸川峰子 役• 「大奥殺人事件」(1989年1月3日放送、) - 滝川 役• (1983年、NHK)- 、清乃(二役)• (1983年、TBS) - 一条春生 役• (1983年、NTV)• (1983年、TBS)• 赤川次郎の「」(1983年、TBS)• (1983年、NTV)• (1983年、TBS)• (1984年、ANB)• 花も嵐も踏み越えて (1984年、ANB)• (1984年、NHK)• (1984年、TBS)• (1984年、TBS)• (1985年、ANB) - 役• (1986年、NTV)• (1985年、ANB)• (1985年、TBS)• (1986年、NTV)• (1986年、ANB)• (1986年、CX)• (1986年、NHK)• (1986年、CX)• 「」(1987年1月1日、TBS)• (1987年、TBS)• (1987年、TBS)• (1987年、ANB)• (1987年、KTV・、いずれも主演)• 「ホテル」• 「別れの予感」• (1987年、TBS)• 「」(1987年12月30日・31日、NTV)• (1988年、NTV)• (1988年、ANB)• (1988年、CX)• (1988年、)• (1988年、TBS)• (1988年、CX)• (1989年、CX)• (1989年、CX)• (1989年、TBS)- 織原冴子 役• (1989年、TBS)• 林真理子の 1989年、ANB)• (1989年、CX)• (1990年、NTV)• (1990年、NHK)• (1990年、CX)• (1990年、NTV)• 夏目漱石の(1990年、TX)• (1991年、ANB)• (1991年、ANB)• (1991年、TBS)• 「フェミニズム殺人事件」(原作、1991年、TX) - 主演• (1991年、ANB)• 「第3話 進級テスト」(1992年、CX)• (1992年、TBS)• 行け、我が思いよ金の翼に乗って(1992年、NHK)• (1992年、CX)• (1992年、NTV)• (1992年、NHK)• (1993年、ANB)• (1993年、ANB) - 諏訪千明 役• 2 雨の京都慕情編(1994年、CX)• (1995年、NTV)• (1997年、TBS)• (1998年、TX)• (1998年、ANB)• 「死者からの電話」(1999年、TBS)• 「Stage 1」 1999年、ANB)• (1999年、ANB)• (1999年、ANB)• 告知(1999年、CX)• (2000年、NTV)• (2000年、NTV)• (2000年、NHK)• (2000年、NTV)• (2001年、CX)• (2001年、TX)• (2001年、NHK)• (2002年、NHK)• (2003年、)• (2005年、CX)• (EX系)• 「」(2005年 - 、・) - 里美今日子 役(第2作より)• 「妻の初恋」(2005年、NTV) - 大内麗子 役• (2006年、NTV) - 役• (2006年、CX) - 桃平美奈子 役• (2007年1月、CX)• (2007年、NTV)• BS-TBSスペシャル時代劇 臥竜の天〜伊達政宗 独眼竜と呼ばれた男〜(2013年、) - 役• 「」(2016年、NHK) - 深浦怜子 役• 恋のカーニヴァル 〜セーヌに咲いた4つの愛の物語• 恋はコメディー• 見知らぬ乗客• 2012年9月3日〜9月22日• おかあちゃん 〜物語〜(2014年) 吹き替え [ ]• (2017年) - 〈〉 役 その他のテレビ番組 [ ]• (NHK総合) - 司会• ヨーロッパ水風景 ドイツ ケルン〜フランクフルトの旅(BSジャパン、2013年9月8日・9月15日) - 旅人 他多数 ラジオ [ ]• 秋吉久美子のこの指止まれ()パーソナリティ CM [ ]• 化粧品• (1985年ごろ)• 日本盛(1988年)• ニコンオルマ70• プラピュア・G• モイスチャーマイルド インターネット動画 [ ]• 無料動画サイト - ()(2011年3月31日 - 6月30日 配信) 音楽 [ ] アルバム [ ]• 初CD化(2004年 BRIDGE-017)• CD紙ジャケ仕様(2006年 VPCC-84554)• CD再発(2013年 WPCL-11560) 2013年最新デジタル・リマスター。 LP 「秋吉久美子 PART II」 (1977年3月21日 ポリドール MR-3057)• 初CD化(2004年 ユニバーサルミュージック BRIDGE-026) シングル [ ]• 8cmCD 「瞳のささやき」(1992年7月5日 PHDL-102) 書籍 [ ]• 詩集「いないいないばあ」1975年• 散文集「つかのまの久美子」1977年• エッセイ集「勝手にさせて」1983年• フォト詩集「C・U next tuesday」 1998年 写真集 [ ]• Kumiko Akiyoshi(2003年12月2日、、撮影:たかはし じゅんいち)• 1973NUDE(2016年3月22日、、撮影:) 脚注 [ ] []• 142-146。 (秋吉本人の取材に基づく記事)。 わたなべ宏()「ちょっとハート・ウォームな女(レディ)に 秋吉久美子」 『』、株式会社映像事業部、1981年11月7日、 15頁。 なお、特番の時の成績も含めると14勝23敗である。 (2014年12月26日)J-CAST ニュース 2015年2月20日閲覧• (2014年12月26日)オリコンスタイル 2015年2月20日閲覧• (2015年2月12日)J-CAST ニュース 2015年2月20日閲覧• (2015年2月11日)週刊文春WEB 2015年2月20日閲覧• 他に「なまいき」、「宇宙人」、「新人類」、「プッツン」などと時代時代の異邦人的な扱いを受けてきた。 有名なものにの際の記者会見の「おなかが大きくなるのはイヤ、卵で産みたい」などの発言を残した。 エキサイトニュース 2015年9月18日. 2015年10月3日閲覧。 2017年8月14日閲覧。 関連項目 [ ]• - 日本では電極の配置の覚え方として「あきよしくみこ」を採用している医療者向けの教科書が多い。 外部リンク [ ]•

次の

有名女優21人「本番疑惑」SEX濡れ場総選挙④秋吉久美子ワイセツSEX (2019年1月11日)

秋吉 久美子 ブログ

こちらからログインして下さい 検索 このブログ内の検索 リンク検索 プロフィール KONCHAN Profile : 学生時代は民族音楽を研究していました。 音楽、ア〓ト中心のブログ開設しました。 KONCHAN 音楽プロデュ〓サ 当然 審査されているアルフォンス君です。 BOBは2ndでしたが、ファイナルに残れません。 写真下2枚 マッシモ・ピカルデロ ジャッジに BOBを頂きファイナル、3位になりました。 ブログランキングの応援お願いします。 こちらをクリックして頂けると なんと こちらからログインして下さい 検索 このブログ内の検索 リンク検索 プロフィール KONCHAN Profile : 学生時代は民族音楽を研究していました。 音楽、ア〓ト中心のブログ開設しました。 KONCHAN 音楽プロデュ〓サ テレビを見ている私の視界の隅の方でひたすら頷いてアピールするロイくんとの闘いの日々 でもあるんです 大体いや毎回負けるのは私なんですけど ブログランキング参加しておりますは知らなくてもいいことなのかもしれない。 しかも「食の演出家」大久保一彦は、福岡で大人気の ダイナーズオノグループ小野社長 にインタビューを敢行! 従業員の90%が入れ替わる会社が、 ほとんど辞めない会社に変貌した秘密とは・・ このインタビューの模様は「 夢ー商通信 」でちかいうちに.

次の