郵便物 再配達 時間。 【日本の再配達制度】不在のときの宅配荷物の受け取り方・依頼方法

【日本の再配達制度】不在のときの宅配荷物の受け取り方・依頼方法

郵便物 再配達 時間

配達時不在で不在留置になった書留やゆうパックの窓口受取の方法 配達時不在で不在留置になった書留やゆうパックの窓口受取の方法• 22時や23時等の記載があります。 配達員が帰ってくるまでは郵便局には不在になった郵便物は置いていませんので受け取れません。 また配達員が帰ってきていても書留等の郵便物は通数管理していますので、窓口には保管せず 特殊郵便担当部署に置いてありますので連絡なく窓口に行ってもすぐに渡されることはありません。 当日取りに行けない場合は翌日の受け取り開始時間を確認します。 当日の受け取りがしたいのに、当日の窓口受取時間が配達員が戻ってくる前に受取窓口が終了する場合は 夜間の時間帯での再配達依頼をしてください。 2.持っていく物を確認する 必要なものは不在通知書(郵便物等お預かりのお知らせ)と行く人の本人確認資料と印鑑です。 印鑑がない場合は署名(サイン[姓名を記載する])を読める字で記載することでも可能です。 不在通知書を紛失した場合または不在通知書を持っていけない場合は書留の番号のわかるメモが必要です。 自宅に届いた不在通知票を外にいる家族に受け取ってもらいたい場合は、不在通知書に記載されている郵便物等の 「お知らせ番号(6桁の数字)」または「追跡番号(11桁又は12桁の数字)」もしくは「国際郵便物番号(13桁)」を 伝えないと郵便物等の保管状況がわかりませんので探すことが出来ず受け取ることは無理になる場合があります。 書留の番号がわからない場合は、窓口では特定できず渡せない可能性がありますので、事前に差出人に電話して 書留番号を聞いてください。 差出人がわからない場合は、窓口でも探すことは出来ないため 相手が送ったというのなら、保管されている郵便局コールセンターに昼間に電話してあるかどうかの確認を依頼し 発見されたという電話連絡をいただいた場合には書留番号(追跡番号)の連絡を受けてください。 探索を依頼する場合は、差出人に「いつ」「どこから」「どのような状態で」「サイズ」「切手」「色」など 探すために必要な情報を聞いてからでないと探すこと自体が出来ません。 受け取りには、住所と名前が一致した証明資料が必要となりますので、住所が違う場合は違う理由の説明と 現在の住所の記載のある何かを用意しておく必要があります。 同居の家族の場合は、同居である証明が必要です。 (郵便物記載の名宛人の住所と完全一致し名字が同じである証明資料の提示が最低限必要です) 同居ではない家族・同居だが証明等できない・同じ住所だが同居でもなく名字が違う場合・友人知人などは 名宛人から代人へ郵便物の受け取りを委任するための委任状が必要ですので、不在通知書に記載されている 問いあわせ電話番号に電話し記載事項を確認してください。 3.窓口に行くことを伝える 当日の受け取りや窓口に行きすぐに渡して欲しい場合は事前に配達郵便局に電話します。 依頼がなくても配達員に持たせて配達完了率を向上させている郵便局については 事前に電話して窓口受取の依頼をしていない場合は、窓口にいきなり行っても再配達受付か 当日夜または翌日以降の窓口受取希望受付しかできません。 簡易書留を毎日配達員が持っているのは 郵便物の配達量が少なく郵便局に取りに行く人が少ないエリアには多いようです。 ゆうパックに関しては、どこの郵便局でも基本的には3日間で3回配達するまでは 配達員が昼間は持っているためいきなり行っても受け取れない可能性が高くなります。 3日間で3回の 配達が終わらなかった場合は最初の配達からなるべく早く3回の配達を試みます。 また、配達局以外のお近くの小規模郵便局の窓口で受け取りたいという希望がある場合は インターネットやコールセンターに電話し希望の郵便局を伝えます。 2〜3日かかる場合があります。 希望の郵便局に届いたかどうかは書留番号で検索して確認が出来ます。 4.郵便物が保管されている窓口に行き探してもらう 他の郵便局への転送依頼をしていないのなら不在通知書に記載してある郵便局に行きます。 大きい郵便局では複数の窓口がありますので、保管郵便物の受取窓口である「ゆうゆう窓口」に行きます。 平日昼間は郵便局に郵便を取りに行く人はほぼいませんので、基本的にはゆうゆう窓口は閉まっていますので インターホンや呼び鈴を押し、奥で作業している人が出てくるまで待ちます。 なお、利用数の少ないゆうゆう窓口の ある郵便局では、保管郵便物の受け渡しも切手等の販売や郵便物引受等を担当している郵便窓口が行います。 また、窓口しかない住宅街やビルの1フロアだけで営業している郵便局では郵便窓口に行きます。 夕方以降や土日祝日はゆうゆう窓口は引受や販売もしていますので行列が出来ている場合もあります。 待つことのできない人は再配達依頼して自宅配達を待っていてください。 自分の番が来ましたら、不在通知書と本人確認資料を提示してください。 住所変更していないのなら現住所の確認が行われます。 同居人であるのなら同居人であることの確認が行われます。 代人であるのなら委任状により代理権限があるかの確認が行われます。 郵便物が保管期限内であるか窓口受け取り希望で保管されているのなら窓口担当者が探してきますので、あった場合 提示された「配達証」に押印または署名をします。 名宛人本人であれば名字のみの押印でかまいませんが 家族・同居人・代人である場合及び印鑑がない場合は署名(名字と名前をボールペンで書く)をしていただきます。 受け取りに際し、必要であれば別途簡単な書類に住所等を手書きしていただく場合や、提示された本人確認資料の 種類及び発行番号を控えたり提示された資料の写しを作成して確認作業とする場合もあります。 確認が済みましたら郵便物等が渡されます。 注意 不審点・資料や記載事項に不備または不足等がある場合は窓口では渡されことはないかもしれません。 その場合、 再度の来局、当日の可能な時間または後日の都合のよい配達時間帯での再配達になることになります。 5.間違いないか確認する 渡された郵便物が間違いないか確認します。 他人の郵便物を渡され、そのまま持ち帰ると後々トラブルとなります。 自分宛ではない郵便物を受け取った場合は、必ず窓口担当者に返してください。 隣接の他人宛、似た書留番号、過去に同一住所に住んでいた他人宛、等が渡されてくる可能性もあります。 なお、個人取引であるのなら受け取ったことを差出人に連絡することもマナーの一つといえます。 ご不在連絡票やネットでの再配達依頼の注意事項をよくお読みください。 Q:配達を受け持つ郵便局窓口受取の場合の注意 A:下記のような注意すべき内容があります ・配達日当日は配達員が戻らない場合は郵便局では受け取れません ・配達日当日は窓口での保管開始時間までは配達員が戻っていても保管場所が違うため時間がかかります ・窓口保管開始時間以降に、本人確認資料とご不在連絡票と印鑑を持っていくとスムースです ・窓口保管開始時間までゆうゆう窓口が閉まる場合は、再配達のみになります ・ご不在連絡票がない場合は、お問い合わせ番号・追跡番号・不在になった日・種類がわからないと探せない場合があります ・本人確認資料がないと窓口では渡せませんので再配達の依頼のみ受け付けることになります ・ゆうパックは3回配達にお伺いするため朝8時から夜21時過ぎまでは配達員が持っている可能性があります ・保管期限までに受け取れない場合は延長の連絡をすれば3日間の延長できる場合があります Q:近所の代人宛・勤務先宛・配達局以外の郵便局での受取の場合の注意はありますか? A:下記のような注意すべき内容があります ・「近所の代人宛」に配達する場合は配達局と同じ地域および隣接地に限ります ・「勤務先宛」は名宛て人の勤務先に限ります ・「なまものゆうパック」は勤務先・他の郵便局受け取りは希望できません ・「チルドゆうパック(冷凍含む)」は勤務先と配達を受け持たない小さい郵便局窓口受け取りはできません ・「特別送達」は自宅への再配達か配達した郵便局窓口受取に限ります ・「書留(配達証明)」は、近所の代人宛にはできません Q:ご不在通知書(郵便物等お預かりのお知らせ)はどこに投函されますか? A:不在配達通知書(ご不在連絡票)は、アパートやマンションなどの共同住宅の場合は1階の集合受箱 または、 各部屋のドアについているドアポストに入れられている場合があります。 ご不在連絡票が入っていないと思ったら、両方を確認してみてください。 Q:ご不在通知書に記載してポスト投函したら追跡番号がわからなくなった? A:不在配達通知書(ご不在連絡票)のQRコード印字部分のピラピラの下半分がお客さん側の控えになります。 Q:配達前に窓口に取りに行くことはできますか? A:荷送人が配達を指示している場合(宛先として受取人の住所のみが記載されている場合)は荷物は窓口にはありません。 その場合は、まず送ってくれる発送側に連絡して窓口受け取りの希望を伝えてください。 既に発送されている場合は、配達局に電話して希望を伝えてください。 窓口に行っても探すことはできません。 最初から窓口で受け取りたいのならを利用することも可能です。 Q:受け取りロッカーでの受け取りは可能ですか? A: で発送された商品を郵便局(東京都内)で受け取るシステムもあります を利用してみてください 関連リンク [PR] 関連公式リンク 0236203.

次の

100%解決!郵便局に再配達する際の時間帯と当日ゲットする方法!

郵便物 再配達 時間

宅配で荷物が送られたとき、受け取る人が不在の場合は「不在票」がポストに入っています。 再配達を申し込むのに必要なので、捨てないようにしましょう。 再配達は電話やインターネットなどで連絡をすれば、都合のいいタイミングで再度、家に届けてもらうことができる便利なシステムです。 慣れないと日本語のみの表示でわかりにくい部分もあるかと思いますが、申し込み方法はシンプルですので、ぜひ、流れを知っておきましょう。 不在票の情報が必要 国内、国際郵便や、宅急便で荷物が送られてきたとき、家が留守だったとします。 郵便物の場合は「郵便物等お預かりのお知らせ」、宅配便の場合は「不在票」を、配達の担当者がポストに入れておいてくれます。 不在票に書いてある連絡先に再配達を依頼すると、希望のタイミングで再度届けてくれます。 自分のスケジュールや家にいる時間などを考えて、時間を指定するようにしましょう。 日本の宅配便は指定した時間通りに再配達をしてくれます。 再配達が可能だからといって、何度も再配達を頼むと、配達員に迷惑がかかります。 この時間には必ず家にいる確実なタイミングを伝えるようにします。 荷物の預かり期間も、不在票に記載しています。 いつまでも預かってもらえるわけではなく、期限を過ぎると送り返されてしまいます。 再配達の手続きはなるべく早くおこなうようにしましょう。 当日の再配達も可能 不在を受け取った時間が午前中や午後の早い時間だった場合、当日に再配達してもらうことも可能です。 「郵便物等お預かりのお知らせ」や「不在票」に書いてある、電話番号に連絡したり、インターネットにアクセスしたりして再配達の申し込みをしましょう。 あらかじめ日本郵便や宅配会社のLINEに登録しておけば、LINEで再配達のやり取りをすることもできます。 再配達を申し込むのに必要な情報は、荷物の番号です。 そのほか希望の配達日や配達時間帯を伝えます。 不在票に運転手の携帯電話番号が書かれていれば、そちらに直接電話して、当日の再配達をしてもらうこともできます。 同じ日に配達したばかりなので「住所、氏名」を伝えると、すぐにどの荷物か認識してもらえるでしょう。 聞かれたら「荷物の番号」なども答えます。 取りに行くことも可能 不在票に書かれている窓口に、自分で受け取りに行くことも可能です。 日本郵便の郵便局や、ヤマト運輸や佐川急便の宅配センターが窓口になります。 その場合は、事前に郵便物等お預かりのお知らせに記載している「お問い合わせ先」に連絡して、取りに行くことを伝えます(日本語のみ)。 窓口に行くときには、身分を証明するものが必要となります。 郵便物等お預かりのお知らせ、印鑑、ご本人様とご住所が確認できる証明資料 在留ビザ、健康保険証など)が必要です。 そのほか、自宅での受け取りが難しい場合は、コンビニエンスストアや勤務先、近所の家などに再配達してもらう手続きを取ることもできます。 日本語に自信がなければFAXも可能 電話でのやり取りに自信がなく、インターネットでの申し込みもよくわからない場合は、FAX で再配達の申し込みをすることもできます。 日本郵便の宅配荷物なら、不在票をそのままハガキとしてポストに投函し、再配達を依頼することも可能です。 まとめ 留守にしていたときに、宅配荷物が届くと、再配達をしてもらえるのはとても便利なシステムです。 流れを知っておき、不在票が入っていたら、すぐに連絡をし、確実な時間帯を指定して、再配達をしてもらうようにしましょう。

次の

郵便の再配達で一度申し込んだ配達時間帯って変更できる?

郵便物 再配達 時間

先日友人から、 お土産のストラップを 送ったという電話をもらいました。 いつ頃着くかしらと尋ねると、 明日の 午前中という返事。 普通郵便で重量のこともあり、 郵便局で 確かめたとか。 せっかちな彼女は、着いたらすぐに 電話するようにとの一言も忘れません。 ハイハイとの安請け合いと、お土産への お礼をいいながら、はて、 午前中とは 何時からかと疑問を持ちました。 ここのところ忙しかったので、 明日はゆっくり寝ていようかと 思っていたところ。 9時や10時ならよいのだが、それより もっと前? 朝は家事が一番混雑する時間帯。 ほんの一時間でも、主婦にとっては 午後よりも微妙なんです。 集合住宅のメールボックスまでは、 遠くパジャマでは行けない。 一応の身支度を整えてから、と考えると じっとしてもいられません。 郵便屋さんって何時ごろ来るの? 都心まで 約1時間の住宅街。 不思議に配達の方に出くわすことが 多いです。 午後の3時ころに外出をすると、 駅までの道すがら、 配達に忙しい郵便局の 方を見かけます。 果たして、そのオートバイがわが家へと 向かっているのか、それともわが家から すでに遠ざかっていくのか。 ということで 配達時間について 調べてみました。 まずわかったことは、普通郵便・速達や ゆうパックなども含め、午前に関しては 「午前中」あるいは8時ごろ~12時ころまで ということです。 時間指定(配達時間帯指定郵便)でも 午前は8:00~12:00です。 これは、 午後がほぼ2時間ごとに 指定できるのに対してなんともおおざっぱ。 これでは早急に処理したい書類や 受け取りたい品物は ちょっと困りもの。 だいたいの時間(1・2時間程度の)だけでも わからないものかと思いますよね。 でも、これには いろいろと事情が あるような気配。 要するに 配達員の方の勤務状況が分かれば と思って辿ってみると、ありました。 現役の方やすでに退いた方々の証言です。 まとめてみるとだいたいこんな感じ。 郵便配達員の1日• 配達パターンは? 局によってそのパターンは異なるが いくつかのシフトがあるようです。 早出(7:15~16:00)・日勤(8:00~16:45) ・中勤(10:15~19:00)夜勤(12:30~21:15) など、だそうです。 「仕分け(順立てor組み立て)」とは、 道順に沿って 郵便物を並べる作業のこと。 これにけっこう時間を取られるそうで、 出発は1時間から1時間半後くらい。 速達などは、早出の人が持っていく ということで、 なるべく早く、という努力が 見られますね。• 大まかなスケジュール お昼にいったん帰ってきて昼食、 その後また出発。 とにかく その日の分はしっかり 配らなきゃいけないわけで、夕方になると 住所も読みづらくなるから大変だとか。• 配達回数 普通郵便や書留類は1日1回。 東京23区に関しては2回だそうです。 速達やゆうパック・レタックスなどは 1日3回の配達。 地域によっても異なり、時間指定がある場合は 回数は増えるそうです。 以上で分かったことは、8時くらいに 普通郵便を受けることが できるというのは相当なこと。 つまり、 担当配達員が定めたコースの はじめの方に位置していないと 8時に受け取るというのは不可能です。 午前中時間を特定するのは難しい 8時から12時までの「8時」、それも 前半で配達されているというのは 日本中で とっても一部の特別なところ ということになります。 (前記したように、速達は早いようです) 自分のところが 午前中のルートに入っていても 「仕分け」に時間を取られたら、出発が 遅くなり、 限りなく12時に近かったり あるいはお昼を過ぎることも。 配達員によっては会社や学校などには早めに 行けるよう 配慮しているそうですが、 それはあくまでも個人の心遣い。 うちはいつも午後だよ~という所だって あるのです。 自分のところが何時ごろ配達されるのか 把握しておくのも、今後受け取る予想が できていいかもしれません。 配達の方に、直に聞いちゃう という手もあります。 まとめ ただ郵便物の量も 季節ごとや月ごと、 それに月刊のものの有る無しによって 毎日変動すると考えると、きっちり何時に 配達というのは確かに難しい。 雨の日や雪の日、台風の日だってあります。 でも、それによって配達という業務が 休みになることはないわけで、少し余裕をもって 待っているのが良いかもしれませんね。 郵便屋さん、いつもありがとう、ご苦労様です。

次の