佐川宣寿。 佐川理財局長の今現在は?天下り先や家族(息子・妻)が気になる!

焦点は佐川氏の関与 公文書改ざんの核心、解明されるか:朝日新聞デジタル

佐川宣寿

「自殺」で責任は取れない 邦丸:まず、近畿財務局の職員が自ら命を絶ったという話ですが、「上からの指示で書き換えをさせられた」というメモが遺されていたそうです。 過去にも不祥事のあと、官僚が自ら命を絶つということがありました。 こういうことが繰り返されると、なんとも言えない気持ちになりますね。 佐藤:ちょっと厳しいことを言おうと思います。 邦丸:はい。 佐藤:たとえば鈴木宗男事件の時も、外務省の一部の人たちは「佐藤優が死ねばいい」と思っていたんですよ。 はっきり言いますが、官僚の自殺は、亡くなった方には本当に申し訳ないけれど、責任放棄ですからね。 邦丸: うーむ。 佐藤:国民に対する責任は、自殺することではなくて、真実を語ることによってのみ果たせるわけですから、そこを勘違いしないでほしい。 なぜ私が敢えてこういうキツいことを言うのかというと、今この瞬間も、財務省の中には自殺を考えている官僚が何人もいるということが、目に浮かぶんです。 単に悪事に手を染めるというわけではなくて、上から評価されたいと思って、一線を踏み越えて、言われた以上のことをしてしまった…とか、彼らはきっと考えている。 死んだら楽になるんじゃないか、死んだら検察やマスコミの追及もなくなる、と思ってしまう。 でも、これは違いますからね。 死んだら全部、被せられるよ。 「亡くなったのは本当に残念だけれど、実はわれわれが知らないところで、この人が全部やっていました」と被せられるだけだから。 特に財務省のノンキャリアで、上からの指示で悪事をやらされた、そしてその時はそんなに意識していなかったという人、絶対に死んだらダメです。 死なないで、真実を語ってほしい。 それが国民に奉仕することであり、あなた自身の名誉とあなたの家族を守ることにもなるから。 だから、亡くなった方には本当に気の毒だけれど、心を鬼にして言います。 それは私自身が、かつてそういう状況に置かれたことがあるから。 死んではダメ。 死んだら悪いヤツが喜ぶだけです。 真実を語ること。 死ぬ覚悟になれば、すべてを語れる。 そうすれば、世論はきちんと支持してくれるから。 キャリアとノンキャリの「本当の関係」 邦丸:霞が関では、特にキャリア組とノンキャリア組に分けると、どうしても責任はノンキャリアに被さってきてしまう。 そうした中で自ら命を絶つ方もいる。 日本全体では自殺者の数は減っていますが、霞が関の責任の取り方って、私には「独特の世界」だと映ります。 佐藤:そうなんです。 あそこには独特の空気があります。 ただ、キャリアとノンキャリアの関係というのは、言われているように「身分制」であるとか「ノンキャリアはキャリアの言うことを聞かざるを得ない」という構造では、必ずしもないんです。 私の場合、外務省にノンキャリアで入って、途中からキャリア扱いに登用という特殊なルートなので、両方の世界を見ているんだけれども、キャリアは全体像はわかるけれど細かいことはわからない。 そうすると、「悪知恵をつける」のは、意外とノンキャリアの仕事なんです。 邦丸:悪知恵をつける。 佐藤:そう。 「こういうふうにやったらごまかせますよ」とか、「この文書はヤバいから抜いちゃいましょう」というようなことは、意外とノンキャリアが言っている可能性がある。 キャリアには、そこまで見えないわけです。 キャリアは圧倒的な権力を持ってはいるんだけど、細かいところはノンキャリアがサボるとできない、ということがたくさんある。 だから、何か悪事が出てきたときは、ノンキャリアが相当深く噛んでいるわけ。 彼らは「実行犯」として現場でやっているから、すごく自分の責任を痛感するわけです。 「こんなことをやってしまった」と。 例えて言うなら、戦場で銃剣で目の前の相手を刺し殺すのはノンキャリア。 後方の司令部にいて「やれー」と命令しているのがキャリア。 こういう図式で見ればわかると思う。 邦丸:ふむ。 佐藤:現場のほうがリアルな悪事を行った感が強い。 そこがおそらく、自責の念にかられてしまう理由だと思うんですよ。 だから、メディアは「上が逃げ切るために下に全部被せている」というふうに単純化して書くけれど、必ずしも中の心理状態はそうではないんです。 邦丸:はあ〜〜。 佐藤:上は上で、「こんなはずじゃなかった」と当惑しているんですよね。 「なんでこんなことになっちゃったんだろう、あの時オレはどうしていたんだっけ…」という感じだと思いますよ。

次の

財務省・佐川前理財局長が、これからたどる「苦難の道」(佐藤 優)

佐川宣寿

出身地:福島県いわき市 財務省の官僚なので頭がいいです。 学歴は平市立第一小学校、いわき市立平第一中学校、九段高校、 東京大学文化2類(経済学部)というすばらしい学歴です。 2018年の森友学園の問題ではかなり話題になり、新聞には名前が大きく載るし、テレビでもバンバン放送されていました。 結果的には、佐川宣寿局長は不起訴処分となっています。 これ以降森友学園問題も言われなくなって、佐川宣寿さんの話題についてもでてこなくなりました。 そこで気になるのが、今どこにいるのでしょうか? 天下り先がどこなのか気になりますね。 佐川宣寿さんの天下り先はどこ 佐川宣寿さんは安倍政権にかなり貢献していると思いますので、天下り先もいいところを用意されているのではないか!と思います。 天下り先は、官僚を退官して退職金をもらった後の次のボーナスステージと言われていますから、どこかの取り締まり役として過ごしようです。 佐川宣寿さんの退職金は約5,000万円といわれています。 その後の天下り先でも役員報酬が受け取れますね。 国税庁長官で歴代の天下り先はどこかというと 小川是氏(1996年退官):日本たばこ産業会長、横浜銀行頭取・会長 竹島一彦氏(1998年退官):公正取引委員会委員長 寺澤辰麿氏(2004年退官):横浜銀行頭取 大武健一郎氏(2005年退官): 商工組合中央金庫副理事長、大塚ホールディングス(HD)副会長 石井道遠氏(2009年退官):東日本銀行頭取 加藤治彦氏(2010年退官):トヨタ自動車取締役 林信光氏(2015年退官):国際協力銀行専務 中原宏氏(2016年退官):信金中央金庫理事・顧問 となっており、名前を聞いたことがある有名会社の役員になっていますね。 役員だったら年収1000万円以上はありますね。 さらに「渡り」と呼ばれる元官僚独特の天下り先の退職を繰り返して退職金がうけとることができるようです。 現役時代よりも多い年収を受け取れることもあるようです。 そして佐川宣寿さんの天下り先ですが、調べてみましたが、明らかになったいません。 たぶんどこかいいところの取り締まり役になっていることでしょうね。 スポンサーリンク 佐川宣寿さんの結婚した嫁(妻)と子供について 佐川宣寿さんに結婚した嫁(妻)や子供さんはいたのかについては、森友学園問題のときにかなり注目になって嫁さんや子供のことも話題になったかと思います。 調べてみると、嫁さん情報はあるのですが、子供さんについての情報はみあたらないですね。 週刊誌には佐川宣寿さんの私生活をスクープされたことが書かれていました。 それがこのツイートです。 買い物したっていいだろ。 ニュース — ガストホフ pax0212.

次の

佐川宣寿

佐川宣寿

こういった経緯もあり、2018年の森友・加計事件の際は 近畿財務局への圧力がかけやすかったのでしょうね・・。 ・財務省が意図的に事実を隠蔽&改ざんしたこと ・国会で虚偽答弁を行った経緯 ・大阪特捜部も意図的改ざんを承知の上で不起訴にしたこと について、実名で事細かに記されています。 赤木俊夫さんの手記の最後に記されている文が週刊文春で紹介されていました。 〈この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。 今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。 (55才の春を迎えることができない儚さと怖さ) 家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。 (中略) さようなら〉 引用:週刊文春 健康に支障が出るほど疲弊してメンタルも限界だったことがわかります・・。 追い詰められた赤木俊夫さんを想うと胸が痛いですね・・。 この手記が公になったことで、改めて違法として、下手すれば刑事事件として、 再び森友・加計事件の議論や批判が再燃することは避けられません。 亡くなった赤木俊夫さんの妻は 佐川宣寿氏と国を相手取って3月18日付で大阪地裁に提訴しています。 こうなれば、 すでに退官している佐川宣寿氏も責任逃れはできないでしょう。。 世間の反応 安倍、佐川らに殺された赤木俊夫さんの「週刊文春」の遺書、泣きながら全文読んだ。 — 大橋輝久 eriteru 週刊文春の森友スクープ。 自ら命を絶たれた近財職員・赤木俊夫氏の遺書をすっぱ抜いた。 国会で 徹底した追及を。 無念をはらす。 — かやねずみ kennenji 財務省職員 赤木俊夫さんの奥様 お辛い中ご主人の遺書の公表を よく決断されたと思う 私が娘 の過労自殺を実名公表し 娘のTwitterを公表し続けている思いと同じなのかもしれない ご主人の無念、苦悩、屈辱、苦しみ、名誉、真実を晴らすため お辛いと思うけどどうか頑張ってください — 高橋 幸美 yuki843003.

次の