ケビン ハート。 Kevin Hart: Don’t F**k This Up

エクスペンダブルズ

ケビン ハート

最高です。 熱くて盛り上がるし感動もする。 しかもタイソンとホリフィールドがカメオ出演している。 あと吹替が秀逸です。 試合のリングアナウンサーも日本語版でも違和感なく会場を盛り上げるに足る喋りをしていますし、ジジイたちの下ネタもしっかり表現されている。 BJ(ビリーの息子のイニシャル)をブロウジョブ(フェラ)と揶揄するシーンも、ほかの映画だと糞みたいなセンスの翻訳家が手をかけた何の面白みもない日本語訳に変えられるなんてこともありますが、ぶっちゃけ今時の日本人はブロウジョブの意味なんて言われんでも分かってる訳で、分かりやすく改編するなんて大きなお世話なんですよ。 その点この映画はしっかりと英語の下ネタを元のニュアンスで表現していてその点でも笑わせてくれます。 夢のような世界を描くのが映画だとするならば この映画ほど魅せてくれるものはそうそう無いです 古今東西のボクシング映画を見ている人ほどニッコリできるのではないでしょうか ネタばれ注意 往年の名役者がライバルとしてリングに立つ 男のスポーツボクシングで! 見てみたいに決まっているのだが、年寄りだしがっかりするかも そんな不安を作中でも見事に消化している 何よりも年寄りの敵は孤独だと私は思っているが それに討ち勝つ終わり方なのがいい 年寄りvs年寄りの意地の張り合いみたいなものを見せつけられるものではなく 矜持を持ち、お互いを称え合う格闘技の一つの目的にあったものが きちんと表現された誇らしい映画 注目を集めたいだけの映像とは格が違いました どうしようもないジジイ キッド ロバートデニーロ なぜかちょっとかっこいいジジイ レーザー スタローン。 二人が、因縁があって、決着をつけようとする。 キムベイジンガーを二人で取り合った。 そして、キムベイジンガーは レーザーが好きだった。 試合が始まるときに 「急げ 老い先短いぞ」と言う。 老人が、ボクシングをする。 なんとも、すごい展開なのである。 よくやるよ。 老人であっても、ファイトがある。 ちゃんと 様になっているのである。 シルバードリームなのかもしれない。 殴られた顔が シワシワの上に痛ましい。 おじいちゃんとは呼ばせたくない おじいちゃん。 アメリカらしい 映画だ。 タイソンとホリフィールドまで出てくるのがいい。 これこそ掘り出し物! 2013年公開のシルベスター・スタローン(レーザー役)、ロバート・デ・ニーロ(キッド役)がW主演の壮年応援映画の傑作。 邦画では絶対に有り得ない、ボクシングの肉弾戦を60才代の超一流スターが繰り広げる発想がともかく凄すぎる。 日本なら何と西田敏行と津川雅彦が空手格闘してる様な絵柄なのだ。 名声や金の為ではなく不倶戴天の宿敵を黙らせる為だけ、このガキの様な理由でリベンジマッチに賭けるオヤジ達と言う超シンプルなストーリーの馬鹿さ加減がツボに嵌まった。 実は元気なオヤジ達の映画ジャンルは自分の大好物だ。 クリント・イーストウッド、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーラントの宇宙飛行士モノの「スペース・カウボーイ」やジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマンの末期ガン患者終活モノの「最高の人生の見つけ方」など、人生の最期の一秒まで輝こうとする男達に胸が熱くなり、老いすら謳歌する不屈の精神力を観たときの爽快感は、他に例えようがない。 若者への対抗意識、異性への変わらぬ欲望、体力の衰えを認めない諦めの悪さ、深まる子供や孫への無償の愛と贖罪、人の本性を簡単に見破る人物眼、商売や技能での豊富な経験など、描かれる数々の壮年パワー恐るべしだ。 俳優としてもスタローンはボクシング作品の「クリード」で現役を完全に退いていたし、デ・ニーロに至っては「マイ・インターン」で熟年再就職オジサンまで演じているにも係わらず、本作ラストでの凄絶な殴り合いをする姿には観ていて顎が外れた。 彼等の衰えないエネルギーとオーラを放つ演技力は本当に目を見張る。 本作の鍵は「50回目のファーストキス」を手掛けたピーター・シーガル監督の意外にロマンチストな演出にある様だ。 子供染みた男の意地を描くのに、逆に彼等を取り囲む様々なエピソードから笑い飛ばして際立たせるシナリオが心憎い。 コメディあり、過去主演作のパロディあり、スラングあり、そして包み込む様な愛情や友情がオヤジ讃歌を盛り上げる。 全体的にポップな軽いノリで造ったのが正解だった。 二人の濃さに負けない共演者は、男のいがみ合いのキッカケを作った元カノ役にボンドガール経験もあるアカデミー助演女優賞のキム・ベイシンガー、同じく口汚いが燻し銀のレーザーのコーチ役に助演男優賞のアラン・アーキン、キッドのコーチ兼息子役に繊細な表情が上手いジョン・バーンサル、そしてプロモーター役にエディ・マーフィを心酔する本物の黒人コメディアン、ケヴィン・ハートを置いた配役は何処にも隙がなかった。 更にはエンドクレジット途中でカメオ出演したマイク・タイソンとホリフィールドのシーンは冗談にしてはセンス良すぎる。 音楽では伝説のロックバンド、イエスのギタリストで「アルマゲドン」等の数々の映画音楽を手掛けたトレヴァー・ラビンが盛り上げてくれるし、日本語吹替の声優も登場人物からレフェリー、アナウンサーに至るまで完璧で、その臨場感には簡単に感情移入出来た。 イタズラ色が強い作品で米国ですら評価は低いが、コアなファンのみならず、気を若く保ちたい壮年やご夫婦も含め広く楽しめる作品。 増大する社会保障費負担で子供達世代に迷惑を掛けない様に「心も身体も鍛えなきゃ」と、何度も観てしまう、そんなコンドロイチン&栄養ドリンク的な傑作です。 スタローンのライバルといえばシュワちゃん。 なのに相手役がデ・ニーロ 最初は凄い違和感あったけど、その違和感が観客動員の核なんだろうと思った。 スタローンは現役のアクション俳優なので、60歳超えても素晴らしい肉体だけど 、デ・ニーロはそうではないので肉体の対比ではちょっと残念な仕上がり。 もしデ・ニーロがスタローンを凌ぐ肉体に仕上げていたら感動&号泣ものだった。 流石の元祖カメレオン俳優でも年齢には勝てないんだなって寂しく感じました。 しかし、演技派なので息子とのぎくしゃくした関係を上手く演じてるし、息子役 の俳優(ウォーキング・デッドに出てた俳優)もいい演技をしていて良かったです。 総評としては見て損はない秀作だったと思います。 この作品とは関係ないですが、デ・ニーロにタクシードライバーの続編が10年前 頃から製作されるかも?という噂が飛び交っていましたが、どうもそれはないよう なので、個人的には大ショックです。 デ・ニーロは私が一番好きな俳優です。

次の

エクスペンダブルズ

ケビン ハート

来歴 [ ] 、ノース・フィラデルフィアに生まれる。 ハートの幼少期に父親が中毒で服役していたため、母親に育てられた。 その頃から持ち前のセンスで家族や友人などを笑わせるなどして後のコメディアンとなるべく才能を発揮。 地元ノース・フィラデルフィアの高校を卒業した後に、へ渡り、コミュニティ・カレッジに進学した。 2年間在学した後に卒業し、デビューする前はで靴屋の販売員をしていた。 その後、のナイトクラブで、スタンダップコメディアンとして活動をスタートさせた。 コメディアン [ ] スタンダップコメディアンとして活動をスタートさせた当初は、なかなか鳴かず飛ばずの日々が続き、時には観客席から不評のあまり食べ物が飛んできたこともあるという。 しかし、その後も諦めずに経験を積み、徐々に自身のコメディ・スタイルを確立。 それが観客からも徐々に受け始め、としての地位を確固たるものにした。 後に自身が受けたインタビューでは、かつて影響を受けたに、、らの名を挙げている。 俳優 [ ] 初頭からとしての活動もスタートさせ、に『ペーパー・ソルジャーズ』でメジャー映画デビュー。 』、主演の『』などへ出演して頭角を現していった。 には『』で、とも共演している。 近年では、若手のやらが数多く共演した『』などへも出演している。 2018年12月6日、(同性愛嫌悪)をあらわにした2009年から2011年にかけての発言やに対する批判を受け、2019年授賞式の司会という大役を辞退した。 私生活 [ ] にコメディエンヌ、として活動していたトレイ・ハートと結婚し、2人の間には2児(1男1女)が生まれたが、に離婚した。 8月13日、モデルのエニコ・パリッシュと。 翌には、3人めの子供を授かっている。 Soul Plane ナショーン・ウェイド 2005 The 40 Year Old Virgin スマートテックの客 イン・ザ・ミックス In the Mix バスタ 2006 Scary Movie 4 CJ 2007 Epic Movie サイラス 2008 Fool's Gold ビッグ・バニー Superhero Movie トレイ Meet Dave ナンバー17 Mr. ボディガード 学園生活は命がけ! Drillbit Taylor 質屋のディーラー 2010 お葬式に乾杯! スタンドアップコメディ オリジナル 2019 ケヴィン・ハートのオレは無責任 Kevin Hart: Irresponsible スタンドアップコメディ Netflix オリジナル 脚注 [ ].

次の

ケビン・ハートのプロフィール・経歴・出演作品等まとめ

ケビン ハート

タイトルは「消耗品」を意味する。 に劇場公開された。 に続編『』が公開されている。 あらすじ [ ] ニューオーリンズに拠点を置くエリート傭兵団の「エクスペンタブルズ」は、ソマリアの海賊から人質を救う任務を行う。 バーニー・ロス率いるチームは手際よく進めるが、好戦的で薬物依存症であったガンナーの暴走により、仲間や人質を危機に陥れる。 結果として、仲間や人質の犠牲無く海賊の殲滅に成功するものの、バーニーはガンナーをチームから追放することを決める。 数日後、チームの仲介屋であるツールから仕事の依頼を受けたバーニーは、依頼主であるチャーチと名乗る男から中南米の小さな島国ヴィレーナの独裁者・ガルザ将軍の排除を依頼され、500万ドルで受ける。 さっそくバーニーはクリスマスと共に偵察のために、メキシコ湾にある島ヴィレーナへと飛ぶ。 2人は現地で軍の横暴を観察しつつ、案内人の美麗な女性・サンドラと落ち合う。 彼女の案内でガルザ将軍の宮殿を偵察しようとする2人であったが、道中で軍に捕捉されてしまい、さらにサンドラが他ならぬガルザ将軍の娘であることが判明する。 止むを得ず軍と交戦状態となったバーニーらは追手を排除しつつ、サンドラを連れて島からの脱出を図るが、故郷を想うサンドラはこれを拒絶し、2人だけでアメリカへ帰還する。 バーニーは島で得た情報から、依頼主の正体はCIAであり、真の目的はガルザ将軍ではなく、彼と協力している元CIAのエージェントであるジェームズ・モンローであることを知る。 一旦は仕事を断ろうとするバーニーであったが、ツールとの会話を通してサンドラを救うことを決意する。 そして独りで島へ戻ろうとするバーニーに対し、クリスマスは割に合わないとして反対するが、ヤンは助力を申し出る。 空港へ向かうバーニーとヤンを、モンローの部下達が襲撃し、その中には、チームをクビにされたガンナーもいた。 激しいカーチェイスの末に、ガンナー以外の排除に成功したバーニーらだったが、容赦ないガンナーに追い詰められる。 そしてヤンがガンナーに殺られる直前、バーニーはあえて急所を外してガンナーの胸を撃ち、彼を諭した上で重要な情報を情報を聞き出す。 アクシデントを解決して空港へやってきたバーニーとヤンだったが、クリスマスら残りのメンバーが既に待っており、結局、チーム全員で島へ向かうこととなる。 島へ再潜入したバーニーらは、見張りを排除しつつ宮殿の地下に爆薬を仕掛けていく。 一方、ガルザ将軍は兵士たちを鼓舞し、モンローとの決別を準備していた。 モンローはガルザの命令を一旦は受けるものの、兵士への演説中に彼を撃ち殺した上で島からの脱出を図る。 バーニーらは大勢の兵士らに包囲され絶体絶命のピンチに陥るものの、サンドラの無事を確認した上で爆薬を起動させ、その混乱の中で起死回生を計る。 サンドラを連れて脱出を図るモンローをバーニーは追跡し、遂にはモンローの殺害とサンドラの救出を果たす。 そして、バーニーはサンドラにヴィレーナを復興するためとして自分の大金を彼女に託し、島を出る。 ニューオーリンズに帰ってきたチームはツールの店で任務達成を祝う。 その中にはガンナーもおり、共に祝った上で、セラピーに通うことを仲間たちに誓う。 クリスマスとツールはナイフ投げの勝負を行っており、最後にクリスマスが大遠投して的にナイフを刺したところで物語は終わる。 スタッフ [ ]• 監督・脚本:シルヴェスター・スタローン• 共同脚本:デイヴ・キャラハム• 製作総指揮:ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート、ボアズ・デヴィッドソン• 製作:アヴィ・ラーナー、ジョン・トンプソン、ケビン・キング• 音楽:ブライアン・タイラー• 撮影:ジェフリー・L・キンボール• 衣装:リズ・ウルフ• 編集:ケン・ブラックウェル、ポール・ハーブ• 美術:フランコ・ジャコモ・カルボーネ キャスト [ ] キャラクターに関しては、キャストそれぞれの実生活のエピソードや事件を元にしており、当人のパロディが数多く登場する。 銃器などの火器の扱いから格闘、航空機などの乗り物の操縦まで何でもこなす戦闘のエキスパート。 愛車はバイクと防弾性抜群のピックアップ・トラック。 バーニー・ロスは偽名で本名や国籍などは不明。 トレンチいわく。 元隊員であり、ナイフ術のエキスパート。 クナイ型の両刃投げナイフを愛用する。 自身の頭髪が薄いことを他メンバーからよくネタにされる。 他メンバーがアメリカンタイプのバイクを愛用する中、只一人16RRに乗っている。 などの使い手。 自身の身長が低いことを他メンバーからよくネタにされる。 何かと理由をつけてはギャラアップをロスにせがむ。 必要のない殺しや暴力は嫌う。 ガンナーとはあまり馬が合わず、度々対立する事が多い。 射撃の名手で空手技なども使う。 戦闘ではなどの重火器を好んで使っている。 戦闘におけるストレスからに陥っており、ソマリアにおける作戦にて交渉中に独断で攻撃を行ったりまだ息がある海賊の一味を処刑しようとするなど暴走したため、チームから放逐される。 その後、ロスらの標的であるガルザ将軍、モンロー一味の側に付き、バーニーとヤンを襲撃するが返り討ちに遭い、バーニーに肩を撃たれ、モンロー一味に関する自分の知りうる情報をすべて話した。 しかしバーニーの温情で命を取られる事はなく、彼らと和解した後、ラストでは薬物依存症を克服してチームに復帰した。 破壊工作のプロ。 元レスラーであり、格闘技も得意としている。 見た目に反してナイーブな性格でロスらの勧めでを受けている。 チームのムードメーカーであり、武器のスペシャリストでもある。 を主に使用し、ナイフの代わりにを携帯している。 元「エクスペンダブルズ」メンバーの一人でロスとは古くからの戦友。 現役を退いたとはいえ、ナイフ投げはクリスマスと同等の技術を未だに失っていない。 これまで51人の女性と交際してきたが、付き合っては直ぐに破局してしまう。 女性交際のエピソードはミッキー・ローク自身のパロディ。 であるガルザ将軍の娘でありながらとなったヴィレーナの平和を取り戻すため、ロスらに積極的に協力する。 絵を描くのが趣味で、ロスに自作の絵をプレゼントするのだが、この絵がロスにとってのキーアイテムとなる。 ヴィレーナ国民の命を全く重要視しておらず、国民の処刑などに一切の躊躇はない。 エクスペンダブルズの総攻撃の前に壊滅状態となったヴィレーナ軍を尻目に、サンドラを人質に逃亡しようとしたが、最期はバーニーの射撃とリーのナイフ攻撃を受けて、死亡する。 格闘術のエキスパートでも得意とする。 で女を殴るのにもまったく躊躇しない。 そのパワーはバーニーをも圧倒する程。 最後は炎の中でトールとのとなり 、服に引火して火だるまになり悶えているところに鉄拳を叩き込まれ死亡した。 マーシャルアーツの達人。 サディストでペインと同じく拷問を得意とする。 ペインと共に脱出しようとしたバーニーとサンドラを捕らえるが、救出に駆けつけたエクスペンダブルズとの混戦の末にリーとヤンに倒され、死亡した。 過去にモンローと結託し、を起こして島の全権を手に入れる。 逮捕者の処刑に躊躇したり、娘であるサンドラを遠ざけることで命を助けようとするなど、モンローと違って非情になりきれない所がある。 サンドラと同じく絵を描くのが趣味で、劇中後半では戦化粧を施した戦士の絵を描き、直属の精鋭部隊の隊員達はこれに倣って戦化粧をした。 終盤、サンドラに手をかけようとしたモンロー達との決別を決意し、部下達にモンロー達の排除を呼びかけようとしたが、直後にモンローに射殺されてしまう。 付き合いだして一年近く経つにもかかわらず、殆ど会えないばかりか職業すら明かさないリーに対して嫌気がさして浮気してしまい、それがリーにバレて愛想を尽かされそうになる。 しかし、その後浮気相手に顔を殴られて痣が出来てしまい、それを知って怒ったリーが浮気相手とその仲間達を一網打尽にした光景を目の当たりにして、彼が何者なのか垣間見る。 ロス等にガルザ将軍の排除を依頼する。 チャーチの名前はロス等との接触場所が教会だったことに因んで付けた偽名。 かつてはロスらと同じく傭兵をしていたが、商売敵だからか現在はあまり仲が良くない。 ロスと同じく、チャーチからガルザ将軍の排除を依頼されるが自殺行為であるとあっさり断ってしまう。 ロス曰く「になる予定で忙しい」という。 製作 [ ] 主要場面はよりとので撮影される予定だった。 彼らとパートナーになれて、またジェイソンやジェットと共演できてハッピーだ」と語った。 また日本での試写会インタビューにてスタローンは、本作のコンセプトについては監督の「七人の侍」を参考にしていると語っている。 には、スタローンなどが撮影場所となるへ入国したことを現地新聞が報じた。 にはでの撮影が開始されたことが報じられた。 撮影チームは6月までここで撮影を行う予定とされている。 また、が予定されていた知事のについては、既にカリフォルニア州で撮影が終了していることも伝えられた。 出演者の曰く、製作費は8000万ドル。 キャスティング [ ] スタローンとラングレンの再共演は『』以来、実に25年ぶりとなる。 ミッキー・ロークが本作への出演を決めた最大の理由は、自身が役者として低迷してきた時期に、スタローンが主演作『』の敵役に起用してくれた恩返しであると語っている。 当初はがミッキー・ローク演じる武器商人トゥールの恋人役に抜擢されていたが、キャラクター自体が脚本から削除されたことに伴い降板した。 登場人物の一人であるヘイル・シーザーは、スタローンが『』で共演したが演じることを想定して創造された が、後に用に書きなおされた。 その後、ウィテカーがスケジュールの都合により降板すると、が候補に挙がった が、最終的にのに決まった。 にカメオ出演が依頼されたが、プロデューサーのアヴィ・ラーナーと過去に苦い経験があったことから断られた。 にはスタローンが電話で直々に出演を依頼したがスケジュールの都合で断られている。 ヴァン・ダムは後に「2」のヴィラン役で出演している。 他に、にも出演依頼がされたが、「アンサンブル・キャストによる出演には興味が無い」として、断られた。 今回カメオ出演に留まったは、当初は本人役のカリフォルニア州知事としての登場が予定されていた。 詳細は本人の項を参照。 「エクスペンダブルズ」と対決する南米独裁国家の精鋭部隊の中に「PRIDE」で活躍した日本でも有名なブラジル出身の総合格闘家、ノゲイラ兄弟(と)が出演している。 出演に至る経緯は「本物の肉弾戦にしたい」とのこだわりからスタローン自らノゲイラ兄弟の家に赴いてのオファーだった。 演出・事故 [ ] エクスペンダブルス撮影に伴いアクションをこなす出演者達はトレーニングを行った上で撮影に臨むのだが、スタローンと撮影スタッフ以外の出演者たちはトレーニングを行っているのかを秘密にしていた為、スタローンは「本当にトレーニングしてるのか? 」と疑問を抱き始め、自分以外の出演者たちにトレーニングをやるよう促す為にに自身のトレーニング映像を投稿した。 後に、当時その映像を見たドルフは必死の形相でジムに向かいトレーニングを行った事を告白している。 スタローンはスティーブ・オースティンとの格闘シーンの撮影中に首の骨にヒビが入るケガを負った。 公開 [ ] 北米で8月13日に公開され、週末3日間で約3482万ドルを記録し、初登場1位となった。 これは、シルヴェスター・スタローンの監督作、及び主演作としても最高の成績である。 またスタローンは史上初めて、1970年代、80年代、90年代、2000年代、10年代と、5つの年代で主演と脚本を務めた映画が北米公開初週末興行成績1位を達成した人物となった。 公開2週目には、スタローン主演のアクション映画としては『』(1993年)以来17年ぶりとなる2週連続1位を達成した。 公開36日目にはスタローン主演としては『』(1985年)以来25年ぶりとなる北米興行収入1億ドル超えを達成した。 最終的には全世界累計の興行収入が約2億5千万ドルに上るヒット作となった。 日本では2010年10月16日に公開された、日本版主題歌は「」。 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 1 21:00 - 23:10 130分 9. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ]• 2010年10月16日閲覧。 Livedoorニュース 2008年11月7日. 2010年8月15日閲覧。 アメリカでは (17歳未満は保護者の同伴が必要)。 番外戦ながら、アメリカ本国におけるプロレスと格闘技の両雄対決となった。 ただし、当初は続編である『エクスペンダブルズ2』のキャストにオースチンが含まれていたので完全に死亡したかどうかは不明である。 WWL, Monday, 11 May 2009 6:00AM (英語)• SuicideGirls. com 2009年5月31日. 2009年6月2日閲覧。 MovieWalker 2009年7月14日. 2010年8月15日閲覧。 シネマトゥデイ 2009年6月20日. 2010年8月15日閲覧。 2008年12月16日. 2009年3月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2009年3月24日. 2010年8月15日閲覧。 Sneider, Jeff 2009年3月19日. MTV. 2009年3月20日閲覧。 Aintitcool. com 2009年3月21日. 2009年4月8日閲覧。 eiga. com — 2008年12月2日• — 2010年8月18日• Daily Mail — Jan 5, 2009• 2010年10月6日閲覧。 2010年10月6日閲覧。 2010年10月6日閲覧。 2010年10月6日閲覧。 2010年10月6日閲覧。 続編 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の