胃 が キリキリ 下痢。 胃が痛い時の下痢や吐き気の対処法は?すぐに出来る対策5つ

食後【胃痛の原因】みぞおちがキリキリ痛む理由や対策は?下痢の時は?

胃 が キリキリ 下痢

胃痛と下痢が同時に起こる原因とは? 胃痛は日常生活で頻繁に遭遇することが多く、 胃薬が手放せないという人も多いのではないでしょうか。 胃痛だけなら良いのですが、下痢も同時に起こることもあり、困ってしまうこともあります。 では、何故下痢までもが一緒に引き起こされてしまうのか、その原因について調べてみました。 スポンサーリンク 胃痛と下痢が同時に起こる場合に一番考えられる原因は、急性胃腸炎です。 その名前の通り急性のものですから、突発的に胃痛、吐き気、下痢、発熱などを引き起こし満足に動くことができないほど苦しくなります。 自然と治るのを待つと、違う病気が発生する危険性もあるので、いつもとは違う胃痛を感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。 急性胃腸炎は、ウイルスが体内に入り込むことで、 胃腸内部を炎症させることにより引き起こされます。 食物に付着したウイルスによって発症すると考えられていますが、その原因が不明なものも少なくありません。 どういった経緯であれ、非常に激しい胃痛と下痢に見舞われるので、大変です。 スポンサーリンク 胃痛と下痢が同時に起こる場合には、すぐに急性胃腸炎だと考えることができるのですが、原因はこれだけではありません。 最近日本人女性に胃痛と下痢が同時に起こる症状を引き起こしている人がとても多いと言われています。 その原因はストレスです。 日本人女性も世界の先進国に比べればまだまだ遅れてはいますが、社会進出が目覚しくなりました。 それにより、以前に比べて多くの女性が社会から受けるストレスを感じ取り、 飲酒や喫煙をする人が増えてきています。 胃はストレスやアルコール、タバコなどに大きく影響を受けることが考えられており、すぐに炎症を引き起こしてしまうのです。 ストレスにより、胃の活動が低下してしまうと、満足に消化ができなくなり、それが腸に流れることでそこでも消化不良が引き起こされます。 そのため胃痛から下痢という流れになってしまうのです。 急性胃腸炎だけでなく、最近はストレスによって 胃の活動が低下しその過程で下痢が発生することが多くなってきました。 原因が分かれば対策するだけですが、ストレスを感じない生活を送ることが現実的ではなくなってしまった現代社会では、胃痛と下痢を発生させることを、確実に抑えることが難しくなったのです。 原因を特定し、自分で出来る範囲のことからはじめるのが懸命でしょう。

次の

つらい下痢と胃痛・腹痛の症状、何が原因?医師537名に聞いてみました

胃 が キリキリ 下痢

胃のむかつき・吐き気・下痢…長引く時は病気の可能性も 一時的な症状は心配なし 年末年始の飲み会などで、胃のむかつきや下痢の症状が現れることがあります。 これは、ほとんどが一時的なもので、食生活を見直せば大体おさまります。 長引く場合は要注意 食習慣を改善してもおさまらない場合は、病気の可能性も考えられます。 注意が必要なケースをいくつかご紹介しましょう。 発熱を伴う下痢 胃のむかつきや下痢が続き、発熱も伴う場合は、「感染性腸炎」の可能性があります。 腸に病原菌が感染することによって引き起こされる「食中毒」で、高齢者や乳幼児は悪化しやすいため注意が必要です。 慢性的な下痢 繰り返し下痢が起こり、2週間以上続くことを「慢性下痢」と言います。 「クローン病」や「潰瘍性大腸炎」、「腸結核」など難病に多く見られる症状です。 腹痛や発熱を伴い、血便が出る場合もあります。 下痢や便秘が頻繁に起きる 腸を検査しても異常がないのに、下痢や便秘が繰り返される時は、「過敏性腸症候群」が疑われます。 食後にお腹が痛くなり、緩い便が出ますが、排便後はおさまるのが特徴です。 急激な下痢や吐き気を伴う胃のむかつき 突然、激しい下痢や嘔吐、腹痛などの症状が出た場合は、「急性胃腸炎」が考えられます。 主な原因は、細菌やウイルスによる感染ですが、それ以外にも要因になるものがあります。 刺激物の摂り過ぎや暴飲暴食• 服用中の薬剤の副作用• ストレス過多 症状が続く場合は、病院を受診するのをおすすめします。 胃のむかつきや吐き気を伴う下痢…急性胃腸炎とは 急性胃腸炎とは 吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などの症状が現れる病気です。 急な胃のむかつきから、吐き気を覚え、激しい嘔吐に襲われるのが特徴です。 細菌やウイルス、原虫などが感染して発症することが多く、化学物質やアレルギーが関係する場合もあります。 病原菌に汚染された食べ物を摂取することで感染するケースが多いのですが、感染源が分からない場合も少なくありません。 海外旅行をして、現地の食材や飲み水で感染したり、ペットからうつったりすることもあり、感染ルートには様々なものが考えられます。 急性胃腸炎は、数日でおさまることがほとんどですが、感染した人の免疫力が低下している場合は、症状が長引くこともあります。 また、感染が腸管にとどまらず全身に広がり、肝炎や脳炎、腎炎や心筋炎など深刻な炎症を起こす恐れもあり、注意が必要です。 胃のむかつきや吐き気、下痢などの消化器症状…適切な対処法とは 水分補給で脱水を防ぐ 急性胃腸炎などで嘔吐や下痢が続くと、体内の水分が失われ、脱水を起こしやすくなります。 脱水の初期症状として唇や肌が乾燥し、喉が渇いて尿が出ないことがあります。 予防には、効率よく水分補給ができるスポーツドリンクや常温の水を少しずつ摂ることが大切です。 胃のむかつきがひどく、吐き気がして水分を摂れない場合は、病院を受診しましょう。 症状がおさまるまで下痢止めや吐き気止めは飲まない 細菌やウイルス感染による急性胃腸炎の時に現れる嘔吐や下痢は、 体内の病原菌を排出しようとする体の防御反応です。 症状がある時に、下痢止めや吐き気止めなどで無理に抑えると、かえって治るのが遅くなってしまいます。 つらくて薬を飲みたいという人は、 乳酸菌やビフィズス菌が配合された整腸剤を処方してもらいましょう。 これ自体に下痢を止める作用はありませんが、腸内環境を整え症状を和らげる効果が期待できます。 服用する時は、必ず受診して医師の指示に従うようにしてください。 症状が落ち着くまで食事は控えめに 嘔吐や下痢は、ほとんどの場合、1〜2日ほどでおさまりますが、症状が出なくなったからと言って、すぐにいつも通り食事をしてはいけません。 おかゆのような柔らかくて消化の良いものを少しずつ、1日5〜6回に小分けして食べましょう。 脂っこいものや冷たいものは、胃腸の負担になるので、落ち着くまでは控えてください。 毎食後の吐き気を伴う胃のむかつき…原因はストレスの場合も ストレスが原因で胃もたれになることも 吐き気を伴うような胃のむかつきは不快なものですよね。 特に、ドカ食いや食べ過ぎているわけでなく、食事に気をつけているのに胃もたれすると、病気かもしれないと気になることもあるでしょう。 そして、市販薬を飲んだり、あっさりした軽いものを食べたりしているのに改善されなくて悩む人も少なくないようです。 実際、仕事が忙しくなった頃から、毎食後に胃もたれするようになり、悪化しているように感じて病院に行った人の話をご紹介します。 診察した医師によると、「ストレスで胃の働きを制御している自律神経が乱れているのが原因」だということでした。 それから、趣味の時間を増やして好きなことを楽しんだり、お風呂にゆっくり入ってリラックスしたりする時間を作るようにしたら、症状が改善されたそうです。 胃もたれと言うと、食べる量が多かったり刺激物を食べたりすることが原因だと考えがちですが、実はストレスのせいかもしれません。 最近、胃の調子が悪いと感じたら、普段の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。 胃に優しい生活とは?気をつけたい4つのポイント 胃と腸はつながっているので、胃のむかつきや吐き気などの症状から下痢や便秘になることもあります。 そして、食べ物がきちんと消化されず、便秘になると、アレルギーや吹き出物などの原因になり、肌も荒れてしまいます。 このように、胃腸の調子が悪く、冷えや肩こり、頭痛なども伴う場合は、自律神経失調症の疑いもあるので、早めに受診して相談してください。 胃に優しい生活を送るポイントは以下のとおりです。 たっぷり睡眠をとる 睡眠を十分にとって日々の疲れやストレスを解消するよう心掛けることが大切です。 自律神経の働きを整えて胃腸の調子を整えましょう。 食事の時間は規則正しく 食べる時間が決まらず、夜遅くに食べたりしていると、胃腸に負担がかかってしまいます。 食事の時間を決め、食事の間は適度にあけ、空腹感を覚えてから食べるようにして、胃の働きを回復させましょう。 3.食事はよく噛みゆっくりと 忙しいと、あまり噛まずに飲み込んでしまいがちですが、胃への負担を考えると改める必要があります。 よく噛めば、唾液が分泌され、消化を助ける酵素の働きが活発になり、胃の働きを改善することもできます。 4.脂肪分や糖分は控えめに 疲れてくると、脂っこいものや、甘いお菓子などを食べたくなりますが、消化しにくく胃に負担をかける食べ物です。 胸焼けの原因にもなりますので、できるだけあっさりしたものを適量食べるようにしましょう。

次の

胃痛と下痢が同時に起こる場合

胃 が キリキリ 下痢

Sponsored Link 下痢や吐き気を伴う胃の痛みの原因は? 下痢や吐き気を伴う胃痛の原因は色々と考えられますが、基本的には 何かしらの原因で胃腸に炎症を起こしている可能性が高いと言えるでしょう。 いわゆる 「胃腸炎」ですね。 胃腸炎は大きく分けると、胃腸への刺激によって起こる胃腸炎と、細菌やウイルスによる胃腸炎に分けられます。 アルコールやカフェイン、香辛料などの摂りすぎ• 冷たいものや熱いものの摂りすぎ• 痛み止めや解熱剤、ステロイドなどの使い過ぎ• タバコの吸いすぎ• 生活習慣の乱れ• インフルエンザ• ノロウイルス• ロタウイルス• アデノウイルス• 食中毒 胃腸炎は大抵の場合、無理をしなければ自然と治る病気です。 原因にもよりますが、無理をしなければ数日ほど、長くても1週間前後で良くなることがほとんどですからね。 つまり、胃の痛みとそれに伴う下痢や吐き気を早く治すには、自然治癒を妨げないことが大切になります。 自然治癒を助けるような対処法を中心に行いつつ、体に負担のかかる間違った対処法を行わないことがポイントと言えるでしょう。 Sponsored Link 下痢や吐き気を伴う胃の痛みの正しい対処法5つ 繰り返しになりますが、胃の痛みを伴う下痢や吐き気を早く治すには、対処法を間違えないことが大切になります。 具体的には、以下の5つの対処法をチェックしておくと良いでしょう。 熱が無くても安静にする• 水分補給をこまめに行う• 胃に優しい食事を摂る• 下痢や吐き気は無理に止めない• 症状がひどい時は薬を使う 熱が無くても安静にする 熱などが無く胃が痛いだけだと、ついアレコレと動いてしまう人が多いのですが、 早く治すには出来るだけ安静にしておきましょう。 免疫力を高めるには、他のことにエネルギーを割かないことが大切になります。 むやみに動いてしまうと、それだけエネルギーを消費してしまいますからね。 また、無理に仕事をしてストレスがかかってしまうと、症状が悪化してしまう可能性もありますので、 出来るだけ会社なども休むようにしてください。 水分補給をこまめに行う 胃痛に加えて発熱や下痢、吐き気・嘔吐などの症状がある場合は、脱水を起こしやすくなっています。 脱水症状を起こすと症状が悪化してしまいますので、 水分補給はこまめに行うようにしましょう。 水分補給で気を付けたいポイントは、 胃腸に負担がかからない飲み物を選ぶことと、塩分も合わせて摂ることです。 おすすめは塩分などのミネラルを豊富に含んでいる 「経口補水液OS-1」ですね。 手元にない場合は、 ポカリスエットなどのスポーツドリンクでも大丈夫ですよ。 胃に優しい食事を摂る 胃痛や下痢、吐き気などの症状が出ている時は、胃腸がとても弱っている状態です。 胃腸に余計な負担をかけないためにも、食事には注意する必要があると言えるでしょう。 基本的には、 消化が良く、胃腸に刺激を与えないものを選んで食べるようにしてください。 飲み物なども同じで、 刺激になるアルコールやカフェインなどは避けるようにしましょう。 ただし、 吐き気や嘔吐がある時には無理に食事を摂らなくて大丈夫です。 水分補給だけ続けて、吐き気が落ち着いたら徐々に食事を再開するようにしてください。 胃が痛い時の食事については、で詳しく説明していますので、合わせてチェックしておきましょう。 下痢や吐き気は無理に止めない 胃腸炎などで起こる下痢や吐き気は、胃腸の異常をこれ以上悪化させないために起こる防御反応のようなものです。 体に良くないものを出そうとしている状態なので、 下痢や嘔吐は基本的には無理に止めない方が良いと考えておきましょう。 特に感染性胃腸炎の場合は、下痢や嘔吐によって体外に細菌やウイルスを出そうとしているので、出来るだけ止めないようにしてください。 症状がひどい時は薬を使う 下痢や嘔吐は無理に止めないのが大前提ですが、 下痢や嘔吐をしすぎて体力を奪われすぎてしまっては元も子もありません。 あまりに症状がひどい場合には、胃薬や下痢止め、吐き気止めなどを使うことも検討するようにしましょう。 ただ、薬の中には胃腸に負担をかけてしまうものもありますので、市販薬を選ぶ際には薬局やドラッグストアで薬剤師に相談するようにしてくださいね。 Sponsored Link 胃腸の環境を整えることも大切 胃痛の原因となる胃腸炎は、日々の生活習慣やストレスなどによって胃腸にダメージが蓄積されることで起こる症状でもあります。 そのため、 胃腸炎を繰り返さないためには、常日頃から胃腸の環境を整えておくことも大切と言えるでしょう。 特に気を付けておきたいのが、毎日の食生活ですね。 特にアルコールの飲みすぎや脂っこいものの食べすぎなどは、うっかりやってしまいがちなので注意しておきましょう。 ただ、1人暮らしの社会人の場合などは、 日々の生活で手一杯で、なかなか毎日の食事にまで手が回らないという人が多いのも事実です。 コンビニ弁当やカップ麺などが続いてしまう、飲み会の席でついつい暴飲暴食をしてしまうといったことも少なくはありませんよね。 もしあなたがこういった悩みを抱えているのであれば、 腸内環境を整えるサプリメントなどを使うようにしましょう。 毎日手軽に摂ることが出来ますし、下手に食事にこだわるよりはお金もかからないことが多いですよ。 まとめ 以上が、胃が痛い時に下痢や吐き気が出てきた時のよくある原因と対処法ですね。 対処法について、もう一度簡単にまとめておきましょう。 熱が無くても安静にする• 水分補給をこまめに行う• 胃に優しい食事を摂る• 下痢や吐き気は無理に止めない• 症状がひどい時は薬を使う• 繰り返さないように胃腸の環境を整える どれも重要な対処法ですので、 時間があれば全ての対処法をもう一度よく見直しておくようにしましょう。 特に、なんとなくで下痢止めや吐き気止めの薬を飲んでしまうと、治療にかかる期間が延びてしまうこともありますので注意が必要です。 市販薬は、体力的に辛い時やあまりに症状がひどい時など、状況を選んで服用するようにすると良いでしょう。 胃痛自体を早く治したい場合には、で詳しくご紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。 また、明らかに症状が辛い場合には、別の病気の可能性も考えられます。 で他の原因もチェックしてみましょう。 あとは、症状がひどいのであれば一度検査を受けておくことも大切になります。 我慢をせずに、消化器内科のある病院を受診するようにしてくださいね。 Sponsored Link•

次の