町 中華 で 飲 ろう ぜ。 山路和弘がナレーションのBS

『町中華で飲ろうぜ』坂ノ上茜、「若い世代にも良さを知ってほしい」

町 中華 で 飲 ろう ぜ

概要 [ ] 「町中華」と呼ばれる、どこの町にもあるに、町呑み大好きな出演者がブラリと訪れ、店の一番人気の味・酒・人情に酔いしれる。 ・1本30分の2本立てで放映され、番組前半はが出演。 番組後半の女性編では、モデル・タレントの、女優のが週替わりで出演。 ・放映開始時は他のBS番組と同様、新撮の週と再放送の週で放映されていたが、2019年10月以降は毎週新撮で放映されている。 ・訪問する店は主に東京・・が中心になっているが、時々、名古屋・大阪といった遠方にも訪問することがある。 ・「ゲスト出演者参加」「ジャンル特集総集編」「2時間特番」といった企画も不定期で放映されている。 出演者 [ ]• () - 通称:町中華の黒帯• () - 通称:町中華姐さん• () - 通称:町中華の伝道師 放送日時 [ ] 現在 [ ] BS-TBS• 23:00 - 翌0:00 不定期で、番組宣伝を兼ねた、30分1本の時間外再放送が放映されることがある。 事前に番組twitterで告知される。 ナレーター [ ]• :女性編• :玉袋編 テーマソング [ ] オープニング曲• 「」 エンディング曲• 「」(玉袋パート)• 「」(女性パート) 外部リンク [ ]• - 公式サイト•

次の

町中華で飲ろうぜ

町 中華 で 飲 ろう ぜ

観るに進むにつれ「もしかして山路さん?」になり、 エンディングで「ナレーション山路和弘」を発見。 気づくのが遅すぎる!バカ!私のバカバカ!! 言い訳していいですか。 だって普段は海外ドラマの吹き替えで耳馴染みのある山路さんの声、キャラに合わせて声を作ってるんですよ! (たぶん、いや当たり前だと思われます) 『町中華で飲ろうぜ』のナレーションはちょっと違うんですよ!(声を大 ドラマではハスキーなガサガサ声(褒め言葉ですよ)なのに、このナレーションでは町中華にいそうなおっさん声!! 失礼、 町中華のカジュアルな感じが似合う下町のおじさま声なの。 こちらが素の山路さんに近いのかしら?と勝手に妄想。 普段着に草履ひっかけて近所の馴染みの中華屋に行くあのラフな感じがそのままナレーションの雰囲気なんです。 レポートするのは23歳の坂ノ上 茜さん、そう、 町の中華屋さんと23歳の若い女性をつなぐのが山路さんのナレーション。 「今日も暖簾に誘われ町中華。 ここは俺たちおやじの聖域、やっぱり落ち着くなぁ〜」と始まるナレーション。 紹介しているのは葛飾区堀切(他県民の私にはいまいち町のイメージが湧きにくいのですが)、画面で見ると下町っぽい雰囲気。 紹介している中華屋さんも年季の入ったお店ばかり。 (しかし「町中華」っていい響きですね、料理や店構えが想像できますもん) ハスキーな感じをあまり強調していない山路さんの声、合う!!! ドラマでは刑事や悪役や王様など重めの役が多い山路さんの吹き替え。 だからこそ『町中華で飲ろうぜ』の声はすごく新鮮。 山路さんももしかしたらこんな風に中華屋にいるかも、とまたまた勝手に妄想。 若い女性のお店レポートに、山路さんの声でおやじ味をプラスすると町中華がなんだかもっと親しみやすい感じに。 『HAWAIi FIVE-O』の刑事ダニーが日本に来て20年くらい下町で暮らしたらこんな感じになるかなぁ~というナレーション。 そう、決して『刑事フォイル』の英国紳士フォイルじゃないんです! ドラマの吹き替えではあまりお目にかかれない 明るくカジュアルな山路さんの声になぜかテンションが上がってしまいます。 あっ、もちろん口の中は完全に町中華モードです!.

次の

山路和弘がナレーションのBS

町 中華 で 飲 ろう ぜ

観るに進むにつれ「もしかして山路さん?」になり、 エンディングで「ナレーション山路和弘」を発見。 気づくのが遅すぎる!バカ!私のバカバカ!! 言い訳していいですか。 だって普段は海外ドラマの吹き替えで耳馴染みのある山路さんの声、キャラに合わせて声を作ってるんですよ! (たぶん、いや当たり前だと思われます) 『町中華で飲ろうぜ』のナレーションはちょっと違うんですよ!(声を大 ドラマではハスキーなガサガサ声(褒め言葉ですよ)なのに、このナレーションでは町中華にいそうなおっさん声!! 失礼、 町中華のカジュアルな感じが似合う下町のおじさま声なの。 こちらが素の山路さんに近いのかしら?と勝手に妄想。 普段着に草履ひっかけて近所の馴染みの中華屋に行くあのラフな感じがそのままナレーションの雰囲気なんです。 レポートするのは23歳の坂ノ上 茜さん、そう、 町の中華屋さんと23歳の若い女性をつなぐのが山路さんのナレーション。 「今日も暖簾に誘われ町中華。 ここは俺たちおやじの聖域、やっぱり落ち着くなぁ〜」と始まるナレーション。 紹介しているのは葛飾区堀切(他県民の私にはいまいち町のイメージが湧きにくいのですが)、画面で見ると下町っぽい雰囲気。 紹介している中華屋さんも年季の入ったお店ばかり。 (しかし「町中華」っていい響きですね、料理や店構えが想像できますもん) ハスキーな感じをあまり強調していない山路さんの声、合う!!! ドラマでは刑事や悪役や王様など重めの役が多い山路さんの吹き替え。 だからこそ『町中華で飲ろうぜ』の声はすごく新鮮。 山路さんももしかしたらこんな風に中華屋にいるかも、とまたまた勝手に妄想。 若い女性のお店レポートに、山路さんの声でおやじ味をプラスすると町中華がなんだかもっと親しみやすい感じに。 『HAWAIi FIVE-O』の刑事ダニーが日本に来て20年くらい下町で暮らしたらこんな感じになるかなぁ~というナレーション。 そう、決して『刑事フォイル』の英国紳士フォイルじゃないんです! ドラマの吹き替えではあまりお目にかかれない 明るくカジュアルな山路さんの声になぜかテンションが上がってしまいます。 あっ、もちろん口の中は完全に町中華モードです!.

次の