イオン銀行おまとめローン 口コミ。 イオン銀行の住宅ローン【審査がスピーディ】口コミ&評判

イオン銀行フリーローン※審査落ちしないための事前確認情報

イオン銀行おまとめローン 口コミ

夜9時までだからサラリーマンでも相談して申し込める イオン銀行は朝の9時から夜の9時まで営業しているため、サラリーマンが仕事終わりでも申し込みができます。 さらに土日にも営業しているので、休日でも申し込みできます。 イオンのショッピングモールの中にあるので、家族でショッピングをしながら申し込みができます。 市中銀行は朝9時から夕方の3時までなので、サラリーマンにとって融通がとても効きます。 aeonbank. html? ・定率型・・借り入れ金額の2. 定額型とは、どんなに多額の借り入れをしても一定額の手数料です。 定率型が向いている人は、長期の借り入れで多額の借り入れをする人に向いています。 定額型に向いている人は、少額の借り入れや借り換えをする人で、短期の借り入れの方に有利です。 イオン銀行住宅ローンは、借入額や用途に合わせて最適な融資手数料を選ぶことができお得です。 イオン銀行住宅ローンのメリットデメリット イオン銀行住宅ローンにはとても魅力的なメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。 メリットとデメリットをくらべることで、イオン銀行が向いているかいないかがわかります。 イオン銀行住宅ローンのメリット イオン銀行住宅ローンのメリットは次の6つです。 イオン銀行住宅ローンのメリットを詳しく紹介します。 イオン銀行住宅ローンは保証料無料 イオン銀行住宅ローンは住宅ローンに対する保証料が無料というメリットがあります。 市中銀行は保証料として0. 保証料とは、住宅ローンの返済が滞った時に保証機関が銀行にたいして保証するための保証料です。 金融機関は保証会社に対して保証料を支払うことによって、保証会社から保証を得られます。 イオン銀行から住宅ローンをかりれば、この保証料が無料というメリットがあります。 イオンのショッピングモールやスーパーが近くにある方は、毎日の買い物がとてもお得になります。 例えばイオンで3万円分の買い物をすると、1,500円の割引がされます。 イオン銀行住宅ローンはイオンで買い物をしている人にとって、とてもお得な特典がついてくるメリットがあります。 365日年中無休 イオン銀行は365日無休で営業しているので、いつでも住宅ローンを申し込みの相談をすることができます。 aeonbank. html? 店舗はイオンのショッピングセンター内にある イオン銀行はイオンのショッピングセンター内にあるので、アクセスがとてもよいです。 市中銀行は普通、駅前にあるので駐車場がなかったり狭い駐車場に止めなければなりません。 運転が苦手でなくとも、車で行くには心理的におっくうになります。 しかしイオン銀行は広大な敷地に広い駐車場も完備しているため、車でもすいすいいけます。 ほとんどのイオンは駐車場が無料か、買い物をすると無料になります。 さらにショッピングモールでは、そのままショッピングや食事も楽しめます。 イオン銀行がショッピングモールに入っていることのメリットはたくさんあります。 イオンラウンジが利用可能 イオン銀行で住宅ローンを借りることのメリットは、イオン内にあるイオンラウンジが利用できることです。 イオンラウンジとはイオンモールの中にある、買い物や食事の合間に休憩できるラウンジです。 イオンラウンジでは、無料で飲み物やお菓子を食べることができます。 イオンラウンジを利用できる人は、イオンの株主優待を持っている人か、イオン銀行の住宅ローンを借りている人などん特別な人です。 イオン銀行で住宅ローンの借り入れを行うと、イオンラウンジが利用可能になるのでメリット大です。 つなぎ融資 イオン銀行住宅ローンは、つなぎ融資にも対応しています。 ネット銀行はつなぎ融資に対応していない銀行が多く、工事の前払い金などは2つの銀行に申し込まなければならないデメリットがあります。 しかしイオン銀行はつなぎ融資にも対応しているので、他の銀行につなぎ融資の申し込みをすることがありません。 ネット銀行並に金利が安いのにつなぎ融資にも対応しているのは、イオン銀行のメリットですね。 イオン銀行住宅ローンのデメリット・落とし穴 イオン銀行の住宅ローンにもデメリットがあり、思わぬ落とし穴が待っています。 しかしデメリットを事前に知り、うまく付き合っていけばさほど気になるものではありません。 また落とし穴を知っておくことで、思わぬ損失をさけることができます。 イオン銀行住宅ローンのデメリットは以下の3つです。 ・8大疾病保証やがん保証に金利上乗せ ・審査結果によって金利の優遇幅が変わる ・審査期間が長い の3つです。 イオン銀行住宅ローンのデメリットを詳しく紹介します。 8大疾病保証やがん保証に金利が上乗せ イオン銀行住宅ローンのデメリットは、団信保険の特約をつけるのに金利が上乗せされるところです。 イオン銀行住宅ローンの団信保険は、がん保証特約と8大疾病保証保険を特約としてつけることができます。 しかしがん保証特約は0. 住信SBIネット銀行と比較すると、イオン銀行の住宅ローンは金利が上乗せされるのがデメリットです。 審査結果によって引き下げ幅が変わる イオン銀行住宅ローンは、審査によって適用金利が変わります。 イオン銀行の住宅ローンは、変動金利が0. しかしこの金利は審査の結果で適用された方のみ受けることができる金利です。 ですので審査の結果次第では、もうすこし高めの金利の適用になる可能性もあります。 イオン銀行住宅ローンのデメリットは、審査結果がでるまで適用金利がわからないことです。 審査期間が1ヶ月以上と長い イオン銀行住宅ローンは、審査期間が1ヶ月以上かかることがデメリットの一つです。 早いネット銀行は、審査が10日程度ですむのでスピーディーに借り入れを行うことができます。 その点イオン銀行は審査期間が長いので、急いで住宅ローンを借り入れたい方には不向きです。 イオン銀行の住宅ローンは、審査期間が長く1ヶ月以上かかることがデメリットの一つです。 イオン銀行住宅ローンの口コミ イオン銀行の口コミを紹介します。 イオンでの顔ものがお得な口コミが多数ありました。 イオンが近かったので、こちらの住宅ローンに申し込みをしました。 (38歳・男性・会社員) イオン銀行住宅ローンは、イオンでの買い物を良くする人に選ばれています。 イオン銀行住宅ローンは口コミでも大人気なので、選ぶ人が増えています。 イオン銀行住宅ローンの金利 イオン銀行住宅ローンの金利は、業界内でも最低の水準でお得です。 借り換えと新規借り入れの金利が違うなどの特徴もあります。 ここではイオン銀行住宅ローンの金利について紹介します。 変動は借り換えの金利優遇幅が新規借り入れよりも大きくて有利 イオン銀行住宅ローンは借り換えのばあい、新規借り入れの場合よりも変動金利の優遇幅が大きいです。 固定金利は2,3,5,7,10年とフラット35 イオン銀行住宅ローンの固定金利は、2,3,5,7,10年固定とフラット35があります。 またイオン銀行の住宅ローンは、フラット35にも対応していて、金利も低いです。 金利変更手数料無料 イオン銀行住宅ローンの金利は変更手数料が無料でお得です。 変動金利から固定金利に変更するときの手数料がかかりません。 イオン銀行住宅ローンの審査 イオン銀行住宅ローンの審査基準や審査期間を紹介します。 イオン銀行の住宅ローンの借り入れの厳しさを口コミの評判をもとに判断します。 またイオン銀行住宅ローンの借り入れ条件を紹介します。 審査期間は1ヶ月〜1ヶ月半と長い イオン銀行住宅ローンの審査期間は、1ヶ月〜1ヶ月半以上かかるのでとても長いです。 支払いまでの期間がとても短い方にとって、イオン銀行の住宅ローンは不利になります。 審査が1ヶ月から1ヶ月半かかるので、申し込みには余裕をもちたいです。 厳しさ年収は100万円以上から借り入れの審査が可能 イオン銀行の住宅ローンの年収の借り入れ条件は、年収が100万円以上ととてもハードルが低いです。 他のネット銀行と比較すると、例えばソニー銀行住宅ローンや楽天銀行住宅ローンは年収が400万円以上ないと申し込みをすることができません。 他のネットバンクに比べると、イオン銀行は100万円の年収があれば申し込むことができます。 ただ、年収は低ければ低いほど審査には不利になりますし、適用金利の条件も悪くなります。 申し込みのハードルは低いからといって、住宅ローンの審査を申し込むには年収は高いに越したことはありません。 いずれにせよイオン銀行の住宅ローンは年収が100万円あれば申し込みが可能です。 会社役員・自営業は事業開始から3年以上経過 会社の役員や自営業者のイオン銀行住宅ローンの申し込みの条件は、事業を開始してから3年が経っていることが要件となります。 事業を開始した日から正式に申し込む日までに3年経っていれば申し込むことができます。 ただ自営業者は、過去3年以内の平均所得か直近年の所得が100万円を切っていると申し込みができませんので注意が必要です。 ・過去3か年の平均または直近年のいずれか低いほうの所得金額(売上から経費を控除した後の金額)が100万円以上ある方。 aeonbank. html? aeonbank. html? 派遣社員の方がイオン銀行住宅ローンの申し込みをするには、健康保険か厚生年金保険の被保険者である必要があります。 健康保険・厚生年金保険の被保険者であり、雇用保険への加入が確認できることが条件となります。 aeonbank. html? 転職したてての人は、6ヶ月が経過した後に申し込みをしましょう。 aeonbank. html? 次のいずれの条件も満たすものがご融資対象となります。 ・お申込本人が所有する建物(土地先行融資の場合は、土地)であること。 aeonbank. html? さらに借地上の建物や店舗やアパートなどと併用している物件も融資の対象とはなりません。 イオン銀行では、以下の物件については、原則としてお取扱いしておりません。 建築基準法およびその他の法令に合致していないもの 2. 借地上の建物(定期借地権を含む) 3. aeonbank. html? イオン銀行はリフォームローンに対応している イオン銀行の住宅ローンは、リフォームに対応しています。 増築や改築のどちらの用途にも対応しています。 また、無担保でのリフォームローンにも対応しているので、担保がなくてもリフォームのローンを組むことができます。 つなぎローンにも店舗のみ対応している イオン銀行住宅ローンは、店舗のみの取り扱いですがつなぎ融資に対応しています。 住宅の工事の前金にが必要になったときや、土地費用に対して住宅費用とは別に先に必要にお金が必要になります。 その時につなぎ融資として、住宅ローンの融資より先にお金を借りることができます。 イオン銀行住宅ローンはつなぎ融資にも対応しているので、安心して手続きをすすめることができます。 イオン銀行でつなぎ融資を申し込みをする際には、イオン銀行のコールセンターにまずは連絡します。 コールセンターでつなぎ融資の申し込みの手続きがあります。 仮審査と本審査 イオン銀行住宅ローンには仮審査と本審査があります。 仮審査はネットからも申し込むことができます。 仮審査では、提出された年収や勤続年数や会社の規模などをもとに、大まかに審査をします。 仮審査の審査期間は3日〜7日で審査結果がでます。 仮審査に通過したら本審査に申し込みをします。 本審査では物件の概要や個人の信用情報を元に審査をします。 個人の信用情報に傷があると、本審査でも落ちることがあります。 さらに本審査で適用金利を決定します。 本審査は書類到着から1〜2週間程度で結果が出ます。 イオン銀行住宅ローンは諸経費に対する融資もでる イオン銀行住宅ローンは、諸経費に対する融資もでます。 住宅ローンの借り入れには、融資手数料や登記費用、さらに印紙代などの費用がかかります。 イオン銀行の住宅ローンは諸経費にたいしても住宅ローンがおりるので、諸経費に対する頭金がなくても申し込みをすることができます。 イオン銀行住宅ローンの返済 イオン銀行住宅ローンは返済も含めてお得です。 イオン銀行住宅ローンは繰上げ返済ができ、一部繰上げ返済手数料は無料です。 イオン銀行の住宅ローンの返済方法や繰上げ返済について紹介します。 イオン銀行住宅ローンの一部繰上げ返済手数料は無料 イオン銀行住宅ローンの一部繰り上げ返済手数料は無料でお得です。 返済金額は一万円から返済することができます。 申し込みは前日までに申し込みをするば、次の日に一部繰上げ返済ができます。 楽天銀行の住宅ローンと繰上げ返済の比較をするととても柔軟に繰上げ返済ができます。 楽天銀行住宅ローンは繰上げ返済をする日の1ヶ月前までに申し込みをしなければなりません。 その点イオン銀行は前日までなので突然の臨時収入が入った時などに1ヶ月待つことなくすぐに返済できます。 実際に1ヶ月まっていたら返済する分の利息がかかるのでとても損です。 イオン銀行住宅ローンの一部繰上げ返済が前日の申し込みでできることはとてもお得です。 一部繰上げ返済は店舗とネットで申込日と最低返済額が違う 店舗での繰上げ返済の申し込みとネットからの申し込みは最低返済額や申し込み日が異なるので注意しましょう。 ネットから 前日までの申し込み 返済金額は一万円から 店舗で 15日前までの申し込み 50万円から 全額繰上げ返済(完済)手数料は54,000円 イオン銀行住宅ローンは全額返済(完済)をするときは、54,000円の手数料がかかるので注意しましょう。 イオン銀行は一般のネット銀行と違って完済手数料に関しては費用が発生します。 たとえば住信SBIネット銀行やじぶん銀行は完済手数料が無料です。 完済手数料がかかるということは、イオン銀行から他の銀行にかりかえる時に余分なお金がかかってくるということです。 もし将来的にイオン銀行から他の銀行にかりかえる可能性があるのであれば、完済に関しては手数料がかかるので注意しましょう。 全額繰上げ返済(完済)の申し込み日は店舗とネットで違う イオン銀行住宅ローンの全額繰上げ返済の申し込み日は、ネットと店舗では違います。 ネットは前日までの申し込みで完済をすることができますが、店舗は15日前までに申し込みをする必要があります。 イオン銀行は店舗とネットで完済の申し込みがちがいますので注意が必要です。 ネットから 前日まで 店舗で 15日前まで 引き落とし口座はイオン銀行の普通預金口座 イオン銀行住宅ローンの返済の引き落とし口座は、イオン銀行の普通預金口座からの引き落としになります。 もしイオン銀行のキャッシュカードを持っていない方は、住宅ローンの借り入れまでに作成しておく必要があります。 ただイオン銀行はイオンにあるATM手数料が無料などお得な特典があるので、普通預金口座の作成はおすすめです。 イオン銀行のキャッシュカードはたくさん特典がありお得 イオン銀行のキャッシュカードは、イオン銀行のATMで24時間365日ATM手数料が無料でお得です。 そのほかにも入出金手数料が無料のイオン銀行提携金融機関のATMが全国にたくさんあります。 aeonbank. 返済日は10、20、30日から選べる イオン銀行住宅ローンの返済日は、10,20,30日の3日から返済日を選べます。 給料日などの都合に合わせて返済を選びましょう。 イオン銀行住宅ローンの保険 イオン銀行住宅ローンは、団体信用生命保険や火災保険の加入は必須です。 団体信用生命保険は借主にもしものことがあった時に備える保険です。 イオン銀行住宅ローンの団信保険や団信の特約、そして火災保険について紹介します。 aeonbank. 団信保険は借主が死亡した際や重度の障害をおった場合に、住宅ローンの残債を借主の代わりに全額支払ってくれる保険です。 借主が死亡した際に住宅ローンだけ残ると、遺族は住宅ローンの支払いができない可能性があります。 残された家族のための保険が無料でついてくるのは、とても安心です。 ワイド団信 ワイド団信とは、糖尿病や高血圧やうつの方でも加入することができる保険です。 ワイド団信に加入するには、0. イオン銀行の住宅ローンは、団信の加入が借りれ条件なので、持病があり団信保険医入れなければ借り入れができません。 そこで加入の条件が緩めのワイド団信に加入します。 ワイド団信に加入することで、持病を持っている型でも住宅ローンの借り入れを行うことができます。 持病がある型でも団信保険に加入することができるので、安心して住宅ローンを申し込むことができます。 aeonbank. がん保証特約は、生まれて初めてがんと診断された時に、住宅ローンの残高が0円になるという保証です。 がんは2人に1人がかかる病気と言われているので、がん保証特約をつけておくととても安心できます。 さらに現在は生存率がとても高いので、がんにかかっても元気になる可能性が高いです。 がん保証特約付き団信は、がんが心配な方にとって非常に頼りになる保険です。 8大疾病保証は金利0. 8大疾病保証はがんと診断されたときや、脳卒中や急性心筋梗塞で60日以上所定の状態が続いたときに保証を受けることができます。 さらに糖尿病や高血圧症などで職業不能状態が12ヶ月続いた場合に住宅ローンの支払いが免除になります。 金利を0. 失業信用保証保険0. 1ヶ月以上自主的でない失業が続いた場合に、最長6ヶ月まで住宅ローンを保証してくれます。 なにかのきっかけでリストラされたときに、住宅ローンが支払えないということがなくなります。 転職するまでの期間を保証してくれる、とても頼りになる保険です。

次の

イオン銀行で評判の良い商品、評判や口コミの悪いサービス

イオン銀行おまとめローン 口コミ

記事の目次• イオン銀行のおまとめローンを検討している方におすすめの記事です 今回の記事は以下の人に、おすすめの内容です。 イオン銀行でおまとめローンを検討している人• おまとめローンの審査のポイントを知りたい人• イオン銀行おまとめローンの口コミが気になる人 イオン銀行のおまとめローンはなぜ人気なのか? イオン銀行にはおまとめローンとして使える、フリーローンがあるため、おまとめローン検討者に人気があります。 まずはこのフリーローンの基本的なスペックを紹介し、借り換えにどのように適しているのか見ていきます。 ネットフリーローンのスペック紹介 イオン銀行のネットフリーローンの基本スペックは、限度額が10万円~700万円、金利が3. おまとめローンがある銀行は珍しいため、おまとめローンとして、フリーローンを利用できることも人気のポイントです。 名称 フリーローン イオンアシストプラン 金利 3. 8~13. 目的ローンやマイカーローンは、使用目的を明確にし、目的以外で利用はできません。 それでは、イオン銀行カードローンの借入れ金は、どのようなことに使うことができるのでしょうか。 借入金の用途は原則的自由 カードローンの用途は、原則的に自由とされていますので、イオン銀行のカードローンも おまとめ以外の目的で利用が可能です。 また、フリーローンと違い、カードローンは利用限度額内であれば何回でも利用することができます。 ただし、便利な反面、必要以上に借りてしまう恐れがあるので、注意が必要です。 他社の借入金返済に使える イオン銀行カードローンは、他社借入金返済にも使うことができます。 一般的に他社借入を1つにまとめるときは、おまとめローンを利用することが多いのですが、イオン銀行のカードローンは、用途自由で限度額が800万円まで、金利も低いので、おまとめローンではなく、イオン銀行カードローンを利用する人が増えています。 低金利ローンに変えると返済が楽になる カードローンの返済が大変だと言う人は、低金利のカードローンに変えると、返済が大分楽になる可能性があります。 金利が高いカードローンは、利息の返済ばかりでなかなか元金が減らず、全部返済するまで時間がかかることや、総返済額が多くなる可能性があるのです。 その点、金利が低いと利息も安くなりますので、元金を早く減らせることから、返済期間の短縮や総返済額を少なくできるメリットがあります。 このように、なるべく早く無理なく返済をしたいという人は、低金利のカードローンへの借り換えも検討しましょう。 消費者金融のおまとめローンとの違いは? イオン銀行カードローンと、消費者金融のおまとめローンは金利や限度額の以外にも違いがあります。 まずは、返済方法です。 イオン銀行カードローンと消費者金融ともに、ATMや口座振替などに対応している点で同じですが、イオン銀行カードローンの場合、返済方法をいつでも変えることができます、 インターネット上のカードローン専用窓口から行いますので、面倒な手続きが必要ありません。 なお、返済方法の変更は借入前と借入後では反映時期が異なりますので、注意が必要です。 その他、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入をまとめるだけにしか利用することができませんが、イオン銀行カードローンは使いみち自由ですので、おまとめローン以外にも利用可能です。 ただし、即日融資可能な消費者金融とは違い、審査期間が長いので、すぐに借入れをしたい場合は不向きと言えます。 イオン銀行のおまとめローンの申し込み方法は? イオン銀行は、ネット申込もできるため、店舗に出向いて申込書を記入する時間がない人や、抵抗がある人におすすめの銀行です。 インターネットから申込みを行うことのメリットや、申込みを行う方法など解説していきます。 WEB完結のインターネットバンキングが利用できる ネットフリーローンの借入を行う場合、イオン銀行の口座を持つことが必須となりますが、イオン銀行は運転免許証を持っている場合、書類の受渡しがないWEB完結で申込みができます。 通常、銀行で口座開設を行う場合には、銀行の支店に向かうか、郵送で書類や本人確認書類の送付が必要です。 しかし、イオン銀行は運転免許証があれば、キャッシュカードの受取時に本人確認ができるため、手続の手間を省くことができます。 また、イオン銀行に普通預金口座を開設することで、インターネットバンキングの利用も可能になります。 インターネットバンキングではいつでもどこでも借入や返済が可能になる他、繰上げ返済にかかる手数料が無料となるメリットがあります。 イオン銀行のローンの審査は、2段階に分かれていますが、14時までに申込みを行えば最初の仮審査の回答を即日で受けられます。 さらに、書類の送付がその日に行われるため、申込書類の送付がうまく行けば書類到着から1週間ほどで入金も可能です。 しかし、カードローンのように、即日入金ができるわけではないため、申込から実際に利用できるまでに、10日程度時間に余裕を持って申込するようにしましょう。 返済額シミュレーションでどのくらいメリットがあるか試算しよう イオン銀行でおまとめローンを利用するときの大きなメリットは、やはり金利の低さにあります。 今回は50万円を借りた場合でシミュレーションしてみます。 「たった1,850円?」と思うか「1,850円も安くなるの?」と思うかは、人それぞれですが、1円でも利息負担が少ない方が、元金を減らせるスピードが速くなります。 したがって、当たり前の話ですが同じ金額を返済するなら、当然金利が低い方が完済までのスピードが速いということになります。 関連記事をチェック! 審査前に確認すべき5つのポイント では、イオン銀行カードローンを借り換えで利用したい場合、審査時のチェックポイントを含め、どんな点に注意すべきなのでしょうか? ここでは、注意すべきポイントを大きく5つに分けて紹介します。 審査のポイントも共通していますが、特にカードローンの返済状況は審査で要チェックされると言って間違いないでしょう。 借金の返済ができず滞納した状態で、おまとめローンを利用したり、以前の滞納が2か月以上の長期滞納であったりすると、審査に悪影響をあたえてしまうため通過しづらくなります。 自分の個人信用情報に問題がないかを確認してから、イオン銀行のフリーローンに申込みしましょう。 審査を行っている会社がイオン銀行ではないことが、審査に大きく影響をあたえることは基本ありません。 しかし、以前オリックスクレジットが審査を行う、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた経歴がある場合、信用情報や属性が改善されていなければ、再び審査落ちをする可能性があるため気を付けましょう。 フリーローンの申込資格として、原則200万円以上の収入が必要であるため、フリーターや派遣社員で年収が満たない場合、審査に通ることは難しいでしょう。 また、年収が200万円以上であったとしても、おまとめ前の借入金額によっては年収が原因で審査落ちをすることもあります。 しかし、収入の少ない自営業者やアルバイト、また収入がない専業主婦な場合でも、イオン銀行カードローンであれば審査に通ることがあります。 少し話がそれますが、専業主婦の場合は特に、配偶者貸付制度というものがあり、配偶者の収入があると認めてもらえるため、申込み可能です。 利用限度額は少なくなりますが、イオン銀行は最大50万円までカードローンで借入を行える可能性があります。 アルバイトやパートを行っている場合、借入額が上がる可能性もあるため検討してみると良いでしょう。 カードローンでもフリーローン(イオンアシストプラン)でも、最初は個人名で勤務先に電話がかかってきます。 なお、審査の内容によっては、在籍確認が省略されることもありますが、在籍確認があると考えて申込みをすると、事前に心構えができていいでしょう。 在籍確認で本人が勤務している情報が確認されなかった場合、審査落ちとなる可能性もあります。 」という対応をされたときには、「イオン銀行の」ということで銀行名を名乗るのですが、電話をかけてくるのは保証会社のオリックス・クレジットになっています。 在籍確認があるとは言うものの、申込者本人が電話に出る必要はなく、「席を外している」「外出中」などという答えで、記入した勤務先に勤めていることが確認できれば在籍確認が終了します。 関連記事をチェック! イオン銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合 イオン銀行カードローンをおまとめローンとして利用すると、低金利で高額な借入れが可能なメリットがあります。 しかし、必ず審査は行われ、審査に通過できないと当然のことながら利用はできません。 そこで、イオン銀行カードローンをおまとめローンとして利用するときの、審査難易度について解説していきます。 基本的には審査の難易度は変わらない イオン銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合も、審査難易度は普通のカードローン申し込みと特段変わりはありません。 「他に借金などなければ主婦でも審査は通ります。 」(YAHOO!知恵袋より引用) したがって、普通にカードローン審査に通る条件さえ満たしていれば、審査に通過できます。 借入額が高額なので審査は厳しめ 数社からの借入となると、おまとめローンとして必要な額は合計100万円を超えてしまう可能性もあります。 このような場合、おまとめローンとしてイオン銀行カードローンを利用するときは、希望限度額を高く申し込まなくてはなりません。 しかし、カードローン審査は、希望する限度額が高くなれば高くなるほど審査が厳しくなりますので、場合によっては審査に通過できない可能性もあります。 申込内容は正直に記入する カードローンの申込書には、住所や氏名などの基本情報の他にも他社借入額や件数を記入する箇所があります。 しかし、審査に他社の借入があると不利になると思い、ウソの申告をしてしまうと、信用が失われ、すぐに審査落ちになります。 カードローンの審査では、信用が最も大切です。 他社借入れ件数や借入額は、信用情報機関に照会すればすぐにわかりますので、必ず正直に記入するようにしましょう。 基本的に使い道は自由なカードローンですが、金額が多くて不安という人は特に、正直に借入金返済資金に利用すると申し込むことで、審査に通りやすくなる可能性があります。 借り入れが5社以上あっても審査に通過する方法 借入先が5社以上の複数である場合、残念ながらイオン銀行のおまとめローンを利用することは難しいです。 借入先の件数が多すぎると、返済の信用能力が低いと認識されてしまうため、フリーローンやカードローンを利用した借り換えは、厳しいと考えておきましょう。 しかし、借入先が5社以上と複数ある場合でも、イオン銀行のおまとめローンの審査に通過する方法は残されています。 それは、他社のおまとめローンを利用してから、イオン銀行のおまとめローンを申込みする方法です。 金融機関にもよりますが、消費者金融の借り換え専門の、おまとめローンであれば、借入先が5社以上の複数であっても、審査に通過する可能性があります。 したがって、一度他社のおまとめローンの審査に通り、借入先を減らすことができれば、続けてイオン銀行のおまとめローンの審査に通過しやすくなります。 消費者金融のおまとめローンは、イオン銀行のおまとめローンよりも、金利が高いことが多いため、ひとつの手段として検討してみてください。 おまとめローンの審査に通るコツ これまで、おまとめローンの審査でのチェックポイントについて確認してきましたが、同時に審査に通るコツも確認しておきたいところです。 ここからは、おまとめローンの審査に通るための、具体的なコツを紹介します。 なるべく少ない金額で融資を申し込む おまとめローンの申込額は、既存の借入の合計額となりますが、その金額が年収を超えるような多額の金額であれば審査に通る可能性は低くなります。 銀行は総量規制の対象外と言っても、一般的に申込額が年収の半分を超えると、返済力を超えていると判断されてしまう可能性があるからです。 2017年以降銀行は貸し過ぎを抑制するために、個人向け融資、特にカードローンを年収の3分の1以上利用させないように、自主規制を行っています。 過剰な借入金額で審査に落ちた人は、少しでもローンの本数と金額を減らしてから、再び申し込みをすることを検討しましょう。 クレジットカードや他社返済の遅延をしない 審査に落ちた人は、借換え前のローンに遅れがないか確認しましょう。 先ほどの審査のチェック項目でも紹介しましたが、滞納や遅延の情報は審査に大きく影響します。 支払を滞納してしまった情報は、1~2日と短期間であっても個人信用情報機関という法人に登録されてしまいます。 登録された情報は、提携している金融機関に共有されてしまうため、審査時に確認される可能性が高いです。 返済日より1日や2日遅れるのは、審査に大きな影響が出ない可能性がありますが、2か月以上の遅れがある場合は、審査に通る可能性が低くなります。 返済の遅延があると分かっていて審査に落ちた人は、遅延の情報が消えてから、再度申込するのもひとつの手段です。 借金が多すぎると落とされる可能性も 他社からの借金の金額が多すぎることも、審査に落ちてしまう原因となりやすいです。 先ほどの紹介の通り、カードローンやクレジットカードで年収に対して3分の1以上の借入が既にある場合、返済が滞るだけでなく最終的に債務整理を行われてしまう危険性があるため、イオン銀行であっても審査に通りにくいです。 また、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、カードローン以外にも借金が多くある場合も、審査落ちの危険性が高いので注意が必要になります。 他社からの借入残高を把握し、少しでも減らしてから、申し込むことをおすすめします。 おまとめローンの利点と欠点 おまとめローンは金利も低く、借金をひとつにまとめることができるため、メリットだけしかないように見えますが、実はデメリットも幾つか存在しています。 そこで、イオン銀行のおまとめローンの利点と、欠点について詳しく確認していきましょう。 利点は来店不要で担保や保証人も不要なところ イオン銀行のフリーローンは、来店不要で借入ができることが利点です。 申込みに関しては全てネットと郵送で行うことができるため、店舗に訪問する必要がありません。 また、担保や保証人を用意することなく、利用できるフリーローンであることも利点のひとつです。 フリーローンのような証書貸付の場合、担保や保証人が貸付条件であることもあるため、イオン銀行ならではのメリットです。 即日融資ができないのが欠点 一方、このフリーローンは証書貸付となっていますので、実際に現金が振り込まれるまで一定の期間が必要です。 カードローンのように「申込日の内に即日融資」、ということはできないので気を付けましょう。 また、証書貸付であるため、一度融資を受けると1年以上8年以内で返済する必要がありますし、追加の借り入れはできない欠点もあります。 関連記事をチェック! 利用者の口コミ評価を見てみよう 200万円消える前に、イオン銀行のおまとめローンでまとめたら良かったのになぁ~Y口君よ — 任意整理すぺさん hiikun74 イオン銀行でおまとめローンの意味として、お金を借りるにはカードローンやフリーローンを申し込みことになります。 カードローンやフリーローンに申込みをするには、インターネットから申し込みすることになるのですが、気軽にパソコンやスマホから手続きができるため口コミも、WEB上に様々な情報を見ることができます。 イオン銀行に申込みをするときに、気になるものひとつがこの口コミ情報で、商品を選ぶときの参考にしている人もいるでしょう。 しかし、口コミ情報は飽くまでも他人が申し込みをしたり、利用したりしたときの感想です。 したがって、自分と置かれている「立場」「収入」「職種」「世帯構成」などが違うため、申し込みや審査の結果については余り参考にするものではないのです。 イオン銀行の審査の口コミを見ると、次のようになっています。 審査までのスピードが速い• 審査までのスピードが遅い• 審査が厳しい• 借金をしていると内容を細かく聞かれる• 対応が丁寧 「審査のスピードが速い」と、「遅い」と真逆の口コミがあります。 これは、立場によって感覚が異なるということを物語っています。 置かれている状況や、立場によってすぐにでもお金が欲しい人と、1週間程度の余裕がある人では審査の結果がくるまでに時間の流れる感覚が変わっています。 イオン銀行は3営業日ほど、審査にかかるようになっています。 3日より審査が短くなることは、「速い」という答えになるはずですが、「遅い」と答えている人がいます。 このような、イオン銀行のホームページに記載されていることだけで分かるような、情報に対しての口コミは余り参考に値しない情報になるでしょう。 借金をしているとその内容を詳しく聞かれるのは、どこの金融機関でもあり得ることです。 イオン銀行に限ったことではありませんのでえ、やはり余り参考にはなりません。 参考になる情報としては、「対応が丁寧」という情報だけになるでしょう。 口コミを参考にするよりも、イオン銀行の商品内容をよく理解することが、申込みをするときにすることが大事になります。 イオン銀行のフリーローンは、おまとめローンとして活用できる融資商品です。 上手に活用すれば、金利の低下も図ることができます。 おまとめローンを活用する方の中には、毎月の返済が苦しく、とにかく返済額を下げたいと思っている方は少なくありません。 そこで、低金利で借り換えたい場合と、毎月の返済金額を抑えて借り換えたい場合でのポイントを紹介します。 低金利に借り換えたい おまとめローンで低金利に借り換えを行って、総返済額や利息を少しでも減らしたい場合には、金利が少しでも低いおまとめローンやフリーローンを見つけることが重要です。 また、借入金額によっては表示されている上限金利よりも低く、金利を設定してもらえることがあるので、借入金額に対する目安の金利を調べておくと良いでしょう。 また、おまとめローン契約時に返済期間の再設定を行いますが、この期間が短いほど総返済額を減らせるので、無理のない範囲で設定し直すと良いでしょう。 月々の支払を減らしたいなら 毎月の返済が高額で首が回らなくなってしまった場合、低金利なおまとめローンを見つけるだけではなく、返済期間の調整を行うことが大切です。 低金利のおまとめローンに借り換えができたとしても、返済期間がおまとめ前よりも短い場合、毎月の返済額が増えてしまう可能性があります。 これでは、おまとめローンを行ったにもかかわらず、毎月の生活が楽になることがありません。 イオン銀行のフリーローンは、返済期間が最長8年間までにできます。 長くし過ぎると利息が増えてしまうため、ちょうど良い期間を考えて申込みしてください。 また、月々の返済額を少なくしても、繰り上げ返済を行うことができますので、返済期間の短縮が可能です。 イオン銀行では、約定返済日の前日までに、ATMやインターネットバンキングで約定返済額より多めの金額を入金すると、多く入金した分が繰上げ返済になります。 利用残高を少しでも減らすことができれば、返済期間も短くなりますので、余裕のある時は積極的に利用するようにしましょう。 カードローンとおまとめローンの4つの相違点 イオン銀行にはカードローンと、おまとめローンとして使えるフリーローンの2種類があります。 しかし、具体的にどのような細かい違いがあるか知りたい人もいると思いますので、相違点を4つに分けて解説します。 カードローンの場合、最初に限度額の設定があるため、限度額の範囲内であれば何度でも追加で借入を行うことが可能です。 しかし。 おまとめローンは証書貸付であるため、最初に決定した枠内の以外で借入を行いたい場合、再度申込みを行い、審査を受けなければなりません。 手軽に追加の借入が行いたい場合には、カードローンの方が利便性に優れていると言えます。 しかし、おまとめローンの場合、契約時に毎月の返済額や返済期間も全て決められているため、追加返済を行うことが基本的にできません。 しかし、イオン銀行のフリーローンであれば、半年に一度増額返済にも対応しているため、一部繰上げ返済を行うことができます。 インターネットバンキングであれば、気軽に繰上げ返済が行えるので、是非口座を開設してみてください。 また、インターネットバンキング以外にも、ATM返済や提携金融機関口座振替でも、繰上げ返済が可能です。 約定返済日の前日までに、入金をするだけで完了しますので、積極的に利用するようにしましょう。 消費者金融の金利が18. おまとめローンはカードローンのように、返済や借入方法を詳細に決めていますが、その分金利が優遇されていることが多いです。 また、借入金額が高額になりやすいことも、金利が低くなる要因のひとつです。 おまとめローンとして利用できるフリーローンは、700万円が限度額であるため、借入限度額だけで比較するとカードローンの方が有利です。 ただし、大きな金額を借入するためにはそれなりの収入が必要であり、どれほど多くても実際に借入できる金額は、年収の半分程度と考えるといいでしょう。 消費者金融のおまとめローンも検討 消費者金融系のカードローンを数社利用しているなら、同じ消費者金融でもアコムやプロミスが提供しているおまとめローンを利用する方法もあります。 消費者金融のおまとめローンについて詳しく確認していきましょう。 アコムのおまとめローンの特徴 ここではアコムのおまとめローンの概要をご紹介したいと思いますが、アコムのおまとめローンは最高限度額が300万円まで、金利は審査により決定されるということになっています。 ただし、おまとめローンの場合は、他社カードローンを返済することが必須となりますので、一度アコムから融資を受けてその場で返済をするか、アコムから本人名義で他社カードローンを返済する方法が一般的です。 ただし、審査結果次第では金利がそれほど低くならないケースもありますので、詳しくはアコムへ直接相談されることをおすすめします。 おまとめローンは総量規制対象の例外 アコムやプロミスは消費者金融のため、通常のカードローンは総量規制の対象になるのが普通です。 しかし、消費者金融が扱うこれらの「おまとめローン」については、総量規制の例外となりますので、返済に問題がないと判断された場合には、年収の3分の1を超えてのおまとめも、認めてもらえる場合があります。 詳しくは総量規制に関する、リンクを掲載しておきます。 おまとめローンは、総量規制の例外の中の、「顧客に一方的に有利になる借り換え」に該当するのです。 関連記事をチェック! 銀行も総量規制を意識している? 金融庁が銀行に規制を促した影響で、2017年3月から銀行業界で自主規制を始めました。 この規制とは、銀行の過剰な融資が自己破産を招いているとの理由で、総量規制のなかった銀行に自主規制を促すものです。 すでに大手メガバンク三社では、カードローンの上限金額を引き下げる自主規制を行っています。 同時に収入に対して高額になる融資も抑制しているため、高額なおまとめローンの審査は通りにくい可能性が高いです。 今後は銀行のローンだけではなく、消費者金融系のおまとめローンも比較対象として検討をして、自分に合った金融機関を選んでいきましょう。 おまとめローンお役立ち情報 おまとめローンはイオン銀行のフリーローンを利用する以外にも、消費者金融や他の銀行で行う方法もあります。 そこで、おまとめローンを利用するときのお役立ち情報も、詳しく紹介します。 イオン銀行のおまとめローンは、実際にはおまとめではなく、一般的な「フリーローン」であるということはご理解いただけたかと思います。 しかし、その他の消費者金融や銀行で取り扱われているおまとめローンについては、総量規制の範囲を超えていても、借り換えが可能になる場合があります。 これは、貸金業法の総量規制に関するルールでも、きちんとした「総量規制の例外」として認められていることであり、以下の日本貸金業協会サイトの中にも総量規制の例外ローンとして、「顧客に一方的有利となる借り換え」という一文があります。 ただし、幾ら総量規制の対象外だったとしても、本人の返済能力を超えた貸付は行われませんので、審査次第ではおまとめや借り換えができないケースもあり得ます。 イオン銀行のフリーローンは別として、他社返済を必須条件とした借り換えローンやおまとめローンは、銀行も消費者金融も取り扱っています。 では、結局のところ各々の違いは何なのでしょうか? ひとつ目の違いは「審査の厳しさ」です。 銀行カードローンはやはり銀行独自の審査と、保証会社の審査が入りますので、それなりの時間もかかりますし、審査も厳しめです。 一方、消費者金融の場合は、そのような保証会社の存在もなく、金利も高めですので、その分審査は厳しくないケースが多いようです。 ふたつ目の違いは、審査スピードです。 銀行の場合は「即日審査」「即日借り換え」というのはできませんが、消費者金融のおまとめローンについては、カードローンほどではありませんが、店舗契約をすれば即日借り換えも可能です。 また、以上の他にも、利用できる人の条件や必要書類など、各々のローンには若干の違いがありますので、細かな部分については各金融機関に確認されることをおすすめします。 支出管理に関するお役立ち情報 ここまで、イオン銀行カードローンが借り換えに適しているかどうか…、さらにはイオン銀行カードローン以外の借り換えに適したローンなどのご紹介をしてきました。 しかし、そもそも借り換えを検討している…ということは、生活費から返済金を捻出するのが厳しい、ということでもあるはずです。 そこで、家計の支出管理にも役立つ情報を、幾つかお伝えしておきます。 5週家計管理法とは、その名の通り1か月4週間を5週に分けて家計を管理するという方法です。 やり方は簡単で、1か月に使える生活費を5つに分けて、各々封筒に入れ、1週ごとにそれを使うだけです。 こうするだけで1か月が終わった時点でひとつの封筒が余る計算になりますので、それを繰り上げ返済に回して、完済までのスピードを速めることができます。 光熱費は電力やガスの自由化…、通信費は格安SIMの変更と、費用を幾らでも下げることは可能ですが、まだまだ「面倒くさいから」という理由や、「それほど安くならないから」という理由だけで、契約を変更していない人がたくさんいます。 確かにそのような気持ちも理解できますが、みすみす高い料金を支払うのももったいない話ですので、是非一度検討してみることをおすすめします。 参考までに、通信や光熱費をまとめることができるサービスについて、幾つか参考リンクを掲載しておきますので、参考になさってください。 まとめ この記事でご紹介した通り、イオン銀行フリーローンは上限金利も若干低めですので、借り換えにも利用することは可能です。 しかし、何度かお伝えした通り、借換時にはこれまで借りていたローンを「必ず一括返済して解約する」ということがとても重要です。 中には「いざという時のために、限度枠だけ置いておこう…」と、以前契約したローンを解約せずに置いておく人がいます。 確かににその気持ちは理解できますが、このような行為は借り換えで残債を減らすどころか、借りいれをさらに増やしてしまう原因にもなりますので、注意するようにしましょう。 カードローンの申込時の状況について 主な借入用途 [必須]• 生活費• 商品・サービスの購入費用• 趣味・レジャー・旅費• 冠婚葬祭• 教育資金• 医療費• 投資・投機・ギャンブル• 事業資金• 借入金の返済用• その他(借入用途を以下に記入) 当初借入金額 [必須] 申込から借入までにかかった時間 [必須] 借入をする際に一番重要視した点 [必須]• 借入金利• 借入スピード• 借入の容易さ• 返済の容易さ• 借入限度額• 会社の知名度・信頼性• 口コミ・評判• 配偶者• 友人、知人• 会社の同僚、上司• 配偶者• 友人、知人• 会社の同僚、上司• 電子メール• 郵便物• 電話(自宅)• 電話(職場)• 電話(携帯)• 無人店舗への来店• 有人店舗への来店• 遅延なく返済• 電子メール• 郵便物• 電話(自宅)• 電話(職場)• 電話(携帯)• 自宅への訪問• 職場への訪問•

次の

イオン銀行住宅ローンの口コミ評判や金利や審査基準の厳しさ比較

イオン銀行おまとめローン 口コミ

クリックできる目次• ブラックでも絶対通るおまとめローンはある? 「必ず借りれる」「誰でも通る」は存在しない 金融ブラックに限らず、誰でも必ず借りれるおまとめローン(借り換えローン)はありません。 特におまとめローンは必然的に審査のハードルが高くなります。 おまとめローンは複数ある借入を一本化するもので、1社から高額の借入をすることになるからです。 ローンの一本化による金利の引き下げはメリットとなりますが、審査難易度も上がります。 銀行や大手は必ず審査落ち ブラック(申し込みブラック)の方は、銀行や大手消費者金融(プロミス、アイフルなど)で、審査に通るのはまず不可能でしょう。 通常のカードローンですらブラックだと審査落ちなので、よりハードルの高いおまとめローンは必ず審査落ちになるという道理です。 銀行よりも審査が柔軟とされるところに労金がありますが、ブラックの人の審査通過は厳しいのが現状です。 しかし、ブラックの人でも借りれる可能性のあるおまとめローンがあるとすれば、狙い目は中小消費者金融になります。 「小口で多くの人に融資」がメイン 中小消費者金融は、ブラックリストだからといって門前払いしない代わりに「小口で多くの人に融資」という姿勢の業者が多いです。 そのため最初の利用限度額も5万円~20万円ほどに設定されるのが一般的です。 特にブラックの人は安定収入だけでなく、職種や勤続年数などの重要な項目が細かく審査されることになります。 おまとめローンと小口融資は正反対の性質 つまり中小消費者金融の融資に対する姿勢は、おまとめローンの高額融資とは基本的に正反対なのです。 そのため、ブラックの方がおまとめローンを利用するのはハードルが高く、「ブラックOK・おまとめローンあり」という数少ない業者を知っておかなければいけません。 新規で借入を申し込むなら、延滞中の支払いを済ましてからでないといけません。 絶対借りれるところはありませんが、次に紹介する中小消費者金融なら、少しでも審査通過の可能性が高くなると思います。 ブラックでも借りられるおすすめ消費者金融 ブラックでも借りられる可能性のあるおまとめローン(借り換えローン)は、中小消費者金融の商品となります。 「ブラックOK・おまとめローンあり」の中小消費者金融4社を以下に紹介します。 順位 会社 実質年率 1位 9. 30%~18. 00% 4位 10. 2chやネット掲示板などの口コミ、公式サイトを参考に、1社ずつ解説します。 トライフィナンシャルサービス 最大限度額500万円 トライフィナンシャルサービス 旧エス・ジー・ファイナンス は最大500万円と申し分ない融資限度額です。 フリーローンは審査時間が最短30分ですが、高額融資となるおまとめローンともなれば通常よりも審査時間がかかると考えられます。 他社の借入が多くても相談できる 公式サイトのトップページでも「他社の借り入れ件数が多い方もお気軽にご相談ください」とおまとめローンをアピールしています。 金利も9. 85%~14. 85%と、最高金利が低いのがメリットです。 アロー ブラックでも借りれたという口コミ多数 ブラックでも借入できたという口コミが特に多いアローでは、「貸金業法に基づく借換ローン」という商品で200万円までの借り入れが可能となっています。 誰でも通るわけではありませんが、金額としても十分で、頼りになる存在ですね。 審査の時にはブラックになってしまった経緯や、現在の返済能力をアピールするなど信用を勝ち取ることが重要になります。 アローの金利 しかし、アローは金利が15. 00%~19. 94%で、最低でも15. 00%というのが少し厳しいところです。 おまとめローンで本当に返済が楽になるのか、審査通過後に提示される金利できちんと計算しましょう。 フクホー 大阪で有名な中小消費者金融のフクホーにも「貸金業法に基づく借換ローン」という商品が用意されています。 創業40年以上の実績ある会社 フクホーは創業40年以上の実績のあるところなので、悪徳でないことはもちろんのこと、利用者にとっても信頼できる会社です。 200万円までの借り入れが可能で、最低金利が7. 30%ととても低く、おまとめでの金利引き下げ効果が期待できます。 誰でも通るわけではない 過去に延滞や債務整理をした経験のあるブラックの方でも借りれるフクホーですが、無職の人はもちろんのこと、自営業の方も申し込みをすることができません。 一般のサラリーマンの方にとっては審査が甘めの会社といってもいいでしょう。 中央リテール(おまとめローン専門) 最大融資限度額500万円・金利10. 95%~13. 00%とおまとめローンの条件として文句の付けようがありません。 しかも中央リテールは「おまとめローン専門」の消費者金融です。 当然、他社借り入れ件数が多い方の申し込みを前提としているので、借り入れ件数の多さで門前払いをされてしまう可能性はかなり低いでしょう。 ユーファイナンス おまとめローン専門 おまとめローンの専門業者ではユーファイナンスも有名です。 ユーファイナンスは不動産担保ローンもやっているので、不動産を担保として用意できるなら、ブラックの人でも審査通過のチャンスがあります。 限度額が700万円のビッグローン、限度額が3000万円の不動産担保ローンがある、中小のなかでも規模の大きい会社です。 公式サイトには返済シミュレーションのページもあるので、返済プランを立てる際に役立ちます。 そこで、どうしてもお金が必要という場合、ハードルが高いおまとめローンを避けて、通常のフリーローンに申し込むことを考えてみましょう。 フリーローンで返済の実績を積み重さねれば利用限度額が上がり、おまとめローンの代わりに使うことが期待できます。 以下に紹介する消費者金融は、ブラックの人でも審査通過の可能性があると評判の中小消費者金融です。 1社ずつ見ていきましょう。 セントラル 債務整理をしてブラックである方でも、「現在の」返済能力が十分だと見なされれば審査に通ることができます。 フリーローンでありながら融資限度額が300万円と非常に大きくなっています。 延滞などなく、返済をしっかり積み重ねていけば、利用限度額の増額によって、おまとめローンの代わりになる大きな金額を借り入れできる期待が持てます。 会員サイトから簡単に増額申請できるという大手顔負けのシステムからも、「信用が積み重なれば積極的に増額している」姿勢が分かります。 ライオンズリース 初回の利用限度額が5万~10万円になることが多いのが特徴ですが、他社借り入れ件数に対しては4件・5件の方でも審査に通過しています。 おまとめローンを考えている方は当然ながら他社借り入れ件数が多いので、このようなスタンスは非常にありがたいですよね。 「生活が厳しいから少額の借り入れでもお願いしたい」というブラックの方にはおすすめです。 エイワ 利用限度額は50万円までと決して高くありませんが、これは ・ブラックの方でも無理のない返済ができるように ・小口で多くの方に融資したい という姿勢の現れでしょう。 その証拠に「他社で断られたのですが、借りられますか?」という質問に対して、エイワは「現在の状況をご確認させて頂き、ご融資を検討します」と答えています。 また、エイワでは必ず店舗(全国に23店舗)での聞き取り審査をする「対面与信」があります。 「面倒だな」「緊張する」と思ってしまいますが、これはブラックの方にとって、現在の返済能力をアピールできるチャンスでもあります。 返済の負担が軽くなる おまとめローンは複数社から借りているローンを、1社からの高額融資で完済をして、残った1社のローンを返していくものです。 1社から高額のお金を低金利で借りることで、複数あった返済の負担を軽くすることができます。 金利が下がる可能性があるだけでなく、返済先が一つになることで心理的にも楽になります。 返済期限や毎月の返済額によっては、おまとめローンの効果が薄れることもあるので、プランの組み方はよく考えましょう。 おまとめローンは総量規制対象外 おまとめローンは総量規制の対象外となります。 総量規制は借り主の借り過ぎを防止するためのぜったいのルールですが、おまとめローンの目的は「借り主の借金を減らすこと」です。 おまとめローンの利用自体が「借主が一方的に有利になる契約」となり、総量規制の目的を果たすことにもなるため、総量規制の対象外となるのです。 総量規制には ・貸金業業界そのものが縮小してしまう ・違法金融の横行につながる など批判的な意見もありますが、おまとめローンのように返済専用という目的によって対象外になっているのは評価できるところです。 参照: 2社100万円の返済を一本化する例 例えば、年収300万円の人が、A社から50万円・B社からも50万円借り入れているとします。 すでに年収の3分の1である100万円を借り入れているので、総量規制によって絶対に消費者金融からは新たな借り入れはできません。 しかし「おまとめローン」の場合は 1. C社からおまとめローンとして新たに100万円を借り入れる。 借りた100万円でA社・B社の返済を済ます。 C社への返済だけをしていく。 という方法が認められています。 このように他社の借り入れ分を融資することから、おまとめローンは必然的に高額の借り入れとなります。

次の