通信速度 測定。 速度測定

NURO オリジナル通信速度測定システム

通信速度 測定

例えば「Google」。 スピードテストで検索すると、最上位に「インターネット速度テスト」が表示されます。 説明文の右下にある「速度テストを実行」ボタンを押せば、速度判定が行われます。 回線速度が遅いと感じた場合、理由はいくつか考えられますが、原因特定のためにまずはスピードテストを試してみることから始めてみてください。 利用したサイトによって多少の違いはあるものの、次のような項目が表示されることが一般的です。 ・ダウンロード(下り)速度:サイトの閲覧や動画の視聴、データ受け取りなどをする際のスピード ・アップロード(上り)速度:メール送信やLINEの送信、SNSへの写真アップなどをする際のスピード ・レイテンシ(Latency):伝送遅延時間と呼ばれる「応答速度」のこと。 サーバーにコンタクトしてから送り返されてくるのにかかった時間、通信のタイムラグを示す。 「Ping値」ともいう 一般的には通信速度が遅いか速いかはダウンロード速度を見て判断されることが大半。 サイト閲覧や動画視聴といった利用シーンでの速度を調べる際は、ダウンロード速度をまずチェックしましょう。 オンラインゲームやライブ配信など、データ通信量が多いコンテンツを利用する人は、レイテンシも重要に。 上り・下りの速度とは違い、こちらは数値が高いほどタイムラグが発生しやすくなり、値が小さいほど通信速度が速いと言えます。 これは通信速度の単位である「bps(ビーピーエス)」に、単位表記の「M(メガ)」や「G(ギガ)」を速度に応じて組み合わせて表したものです。 bpsは「1秒間に送信できるデータ量」を意味します。 1秒間に送信できるデータ量が多いほど通信速度が速い、というイメージを持っていればOKです。 メガやギガについては、 ・1,000bps =1Kbps ・1,000Kbps=1Mbps ・1,000Mbps=1Gbps と1,000倍ごとに単位が変化します。 こちらは1㎏が1,000gというように、重量などと照らし合わせることで、理解しやすくなります。 ちなみに、レイテンシは応答までの時間(タイムラグ)を表すものなので、単位は「ms」(ミリセカンド/ミリ秒)を使用。 1msは0. 001秒なので、1,000msで1秒となります。 何を知りたいか、どうして知りたいかなどをポイントにスピードテストを選ぶのも一つの手段。 いくつかケース別に紹介してみます。 気軽に速度判定する ・ 「スピードテスト」「速度 テスト」などで検索すると表示され、「速度テストを実行」を押すと計測がスタート。 手軽な上、レイテンシもわかります。 ・ 下り&上り速度を計測。 測定にはFlashが必要ですが、未対応でも「画像読み込み版」から測定できます。 多くの情報を詳しく調べる ・ 上り&下り速度はもちろん、ピン(レイテンシ)など必要な情報の結果を表示。 結果ページには「自分のエリアの結果を閲覧」というボタンがあるのも便利です。 ・ 必要な計測結果を網羅。 回線の種類や都道府県など、開始前にいくつか項目を選ぶ必要がありますが、速度評価や同地域の平均速度の比較結果などを知ることができます。 ・ 英語サイトですが、ダウンロード、アップロード、レイテンシが計測可能。 「GO」ボタンを押すだけと英語ながら迷わない点&デザインのクールさが秀逸です。 速度判定の注意点 好みや用途に応じてサイトは使い分ければいいですが、速度判定するときは次の点に注意しておきましょう。 ・スピードテストサイトを表示しているブラウザ以外は可能な限り終了させる ・計測する時間帯や曜日などネットワークの混雑具合で結果に影響を受ける ・計測する場所から測定するサーバーまでの距離や時間に依存する これらのことを考慮すると、より正確な結果に近付けるためには、1つのサイトで時間帯や曜日をずらして数回計測する。 または複数サイトで計測を行い、結果の平均をとるのがいいでしょう。 主な目安をまとめてみました。 上記を遅いか速いかの目安の判断の一つにしてみてください。 詳しくはも参考にしてみてください。 速度が遅くなる原因としては、ルーターやLANケーブルが古いもの、回線が混雑など、いくつか考えられますが、それらをクリアしてもまだ満足がいかなければ、 インターネット回線の乗り換えも視野に入ってきます。 乗り換え先としては高速通信ができる光回線がおすすめ。 なかでも回線が混雑しやすい時間帯でも、多くの人が利用している接続方式「IPv4」ではなく、「IPv6」での接続に対応している「」などに注目してみてください。 IPv6はIPv4に比べ、回線の混雑が起きにくい設計になっているため、 通信速度が安定しやすいという特長があります。 詳しくはで解説しています。 のIPv6は基本料金内で利用でき、追加料金が発生しないのもうれしいところ。 もちろん、設定に複雑な操作も必要ありません。 インターネット回線は速すぎても困らないもの。 回線速度が気になる……という人は、スピードテストで速度計測した結果を踏まえた上で、光回線の乗り換えを検討してみるのもいいのではないでしょうか。 人気記事.

次の

インターネット回線が遅い…そんな時は「スピードテスト」で速度測定! 使い方&見方を解説

通信速度 測定

・TIPS「」 ・TIPS「」 ネットワークの速度(ここでは単に、単位時間当たりの最大転送量の意味とする)を測定するにはさまざまな方法があり、本TIPSでも右上の関連記事のような方法を紹介してきた。 これ以外にも、ファイルをコピーしてその所要時間から速度を割り出したり、ルーターなどのネットワーク機器が備えるパフォーマンスカウンター値をモニターしたりするなどの方法もある。 だがこれらの方法は、あらかじめ相手側のサーバー上で何らかのサービスを動かしておいたり、ツールを準備しておくなどの必要があり、いつでもどこでも利用できるという方法ではない。 厳密なパフォーマンスを測定するのならば、そのような方法でもよいだろうが、単にネットワーク回線がつながっているかどうかを調べたい場合や、その回線が混雑しているかどうかを大まかに知りたいだけならば、もっと簡単な方法がある。 pingコマンドを利用する方法である。 それと同時に、パケットを送信してから返ってくるまでの所要時間が表示される。 ICMPやEchoパケットの詳細については、右上の関連記事を参照していただきたい。 Windows OSのデフォルトでは、pingで送信される「データサイズ」は32bytesである。 ただしこれは、ICMP Echoのデータ部として渡される部分だけであり、実際に送信されるパケットでは、それに加えて、ICMP Echoヘッダーが8bytes、IPヘッダーが20bytes追加される。 さらに下位のデータリンク層/物理層のヘッダーなども加算されるので(例:イーサネットならヘッダーが14bytes、PPPoEなら数十bytes)、もっと長くなる。 ・Winネット基礎「」 つまりpingを1回実行すると、これだけのサイズのパケットが往復することになるので、それと所要時間からおおよそのネットワークの速度を計算できる。 ヘッダーやIPフラグメント化(元は1つだったIPパケットが複数に分断されること。 右上の関連記事参照)のオーバーヘッドなどを全て無視すると、次のようになる。 またパケットサイズが小さいと、他の通信トラフィックなどの影響を大きく受けるので、正確な値にはならない。 だがそのことを理解して利用すれば、十分意味のあるデータを収集できる(ただし当該ホストがpingに応答するように設定されていなければならない)。 場合によっては(他の方法と比べると)1〜2割程度の誤差でネットワーク帯域を調査できる。 ただし誤差の入り込む余地が多いため、精度を上げるにはなるべくテストで使用するデータサイズ(pingの-lオプションで指定する値)を大きくするといった注意が必要である。 これでは正確な値は計算できない。 経験的には、最低でも10ms、可能ならば数十ms以上になるように、データサイズを大きくするのが望ましい。 また、デフォルトのデータサイズでは、データ部分のサイズに対してヘッダー部分のサイズが大きく、誤差が入りやすい(ヘッダー部分はネットワークの媒体に依存して変わるため)。 ヘッダー部分の相対的なサイズを下げるため、例えば5Kbytesとか10Kbytes、可能ならば(pingコマンドで指定できる最大サイズに近い)60Kbytesなどに設定するとよいだろう。 ただし場合によっては(セキュリティなどのために)フラグメント化したIPパケットの通信が禁止されている場合があるので、その場合はフラグメントを起こさない最大サイズに近い1400bytes程度にするのがよい。 しかし、自分で管理している機器なら対処方法はある。 例えばWindows PCの場合、何も設定していない状態でpingを送信しても、応答がなくタイムアウトのエラーが発生することがある。 多くの場合、これはWindowsファイアウォールでpingの応答が禁止されているせいである。 これを許可するには、Windowsファイアウォールの「 ファイルとプリンターの共有 エコー要求 - ICMPv? 受信 」という受信規則を有効化する必要がある。 詳細は次のTIPSを参照していただきたい。 (TIPS) Windows 7以降のWindows OSでも、おおよそ同じ手順でpingの応答を許可できる。 example. jp www. example. jp [aaa. bbb. ccc. ddd]に ping を送信しています 60000 バイトのデータ: aaa. bbb. ccc. bbb. ccc. bbb. ccc. bbb. ccc. bbb. ccc. これから計算されるネットワークの帯域はだいたい次のようになる(ヘッダー部分などは無視している)。 ルーターなどでのオーバーヘッドの他に、高度なフロー制御を持つTCPと、何も制御されていないIPやICMPプロトコルの差なども影響していると考えられる) 同様のテストを、ローカルのLAN上のコンピューターに対しても行ってみると、次のようになった。 168. 51 192. 168. 51 に ping を送信しています 60000 バイトのデータ: 192. 168. 168. 168. 168. 168. ただし、回線が(あまりにも)高速だと、別の要因(テストに使用する機器のパフォーマンス不足や、TCPのような高度なフロー制御機能の不足など)により、大きく値がずれることがあるので、注意していただきたい。 どちらかというと、イーサネットなどの有線LAN回線ではなく、無線LANやWAN、インターネット接続回線における速度測定に向く方法だといえる。

次の

知ってると便利!おすすめスピードテスト/回線速度測定サイト8選

通信速度 測定

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の