宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ ミニ。 宝ニュース詳細|宝ニュース【宝くじ公式サイト】

年末ジャンボ宝くじ・ミニ・2018!当選番号や発売期間、抽選日、購入術を紹介

宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ ミニ

ジャンボミニ5000万 Sponsored Links 2019年第819回のジャンボミニ5000万円当選番号と発売日をお知らせします!ジャンボミニの抽選結果は12月31日大晦日です。 抽選日当日に当選番号を発表いたします! 1等3000万円が72本、前後賞合わせて5000万円のチャンス! 2等100万円も1800本当たる年末ジャンボミニの宝くじ情報です。 年末ジャンボプチはありません。 昨年の1等賞金と同額の3000万円プラス前後賞1000万円。 今年は2等1000万円が100万円にダウン。 4等の1万円の本数が大幅に増量されています。 年末ラッキー賞2万円はなくなりました。 宝くじ券の当選番号を調べる際には、間違えないように注意が必要です。 2種類それぞれの番号を慎重に確認しましょう。 抽選日は12月31日おおみそか。

次の

年末ジャンボのはずれくじが再抽選で復活する「宝くじの日」とは?

宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ ミニ

キーワード :• 1等前後賞合わせて史上最高額、10億円が当たる年末ジャンボ宝くじ。 今からワクワクするが、当選しても諸手を挙げて喜べないところもある。 税務署は、高額当選した人の情報を一生残しているのだ。 今年最後の運試し、1等前後賞合わせて史上最高額10億円が当たる年末ジャンボ宝くじ 第688回全国自治宝くじ。 「ドリーム」や「サマー」なども含めたジャンボ宝くじのこれまでの最高額は7億円だから、一気に3億円アップだ。 内訳は、1等賞金が7億円、1等の前後賞がそれぞれ1億5千万円。 史上最高額に夢見る人も少なくないが、ジャンボ宝くじで不満なのが、2等賞金が1千万円と、1等とあまりにも差があること。 1千万円が当たればそれはそれで嬉しいが、「2等なのに前後賞より額が少ないってどうよ」と、当たったこともないのだがいつも思っている。 ところで、最近はよく知られてきているが、宝くじの当選金は非課税扱いだ。 税金が掛からないので、10億円当たれば、そのまま10億円をいただける。 これは本当に嬉しい。 すでに10億円をどう使おうかと、ウキウキしている人もいるだろう。 10億円貰えるなら、多少のことは許せそうだが、覚えておきたいのが、10億円当選したら、税務署に一生その情報は残されているということ。 どこからそんな情報が税務署に伝わっているのかとういうと、高額資金が動いたら金融機関から税務署に情報が行くことになっている。 つまり、相続が発生するまで当選者は監視されているというわけだ。 監視というと大げさだが、相続が発生して、銀行口座に現金が残り少なければ、その使途を調べられる。 別に何に使おうが個人の自由だが、マイホームを購入していれば相続財産になるし、妻や子どもに多額のお小遣いを上げていれば、贈与税の申告があったかなど確認される。 いい気分はしないが、それが現実だ。 今回、ジャンボ宝くじを、仲間うちで共同購入した人もいるだろう。 共同購入した宝くじが見事1等前後賞の10億円をゲットしたときは要注意だ。 知らないで、代表して誰か1人が当選金を受け取りに行ったら面倒なことになる。 10億円ともなれば、銀行振り込みになるだろうから、共同購入した場合の手続きは面倒になりそうだが、たとえば、後で山分けしたら、当選金を受け取った人から分けた人への贈与とみなされ、「贈与税」の課税対象となる可能性もでてくる。 代表して当選金をもらった人は税金を取られなくて、他の人は高額な贈与税が取られたら、これは揉めごとになりますよね。 半分以上税金で持ってかれることになる。 この共同購入で一番ありがちなのが、兄弟や夫婦での購入のケース。 共同購入した宝くじの当選金を非課税とするためには、面倒だが当選金は共同購入者全員で受け取ったという証明をもらう。 受取人名義に全ての名前を書くか、署名押印した委任状を用意して、分配者全員の存在をはっきりさせておくことだ。 購読を希望される方は下記フォームよりご登録ください。

次の

宝ニュース詳細|宝ニュース【宝くじ公式サイト】

宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ ミニ

西銀座チャンスセンターでの発売初日の幸運の女神さん 第731回年末ジャンボ宝くじ1等10億円の当選番号発表 等級 当選金額 組 当選番号 1等 7億円 165組 186859番 1等の前後賞 1億5,000万円 前後の番号 1等の組違賞 30万円 組違同番号 2等 1,000万円 組下1桁4組 133153番 3等 100万円 各組共通 194314番 4等 10万円 各組共通 184793番 4等 10万円 各組共通 152618番 4等 10万円 各組共通 144606番 4等 10万円 各組共通 145961番 4等 10万円 各組共通 100987番 4等 10万円 各組共通 188864番 4等 10万円 各組共通 193880番 5等 1万円 下3桁 973番 6等 3,000円 下2桁 57番 7等 300円 下1桁 5番 念の為みずほ銀行で確認して下さい 等級 当選金額 本数 1等 7億円 25本 1等の前後賞 1億5千万円 50本 1等の組違賞 30万円 4,975本 2等 1,000万円 500本 3等 100万円 5,000本 4等 10万円 35,000本 5等 1万円 500,000本 6等 3,000円 5,000,000本 7等 300円 50,000,000本 西銀座チャンスセンターで宝くじ購入代行サービス 第732回年末ジャンボミニ1等7000万円の当選番号発表 等級 当選金額 組 当選番号 1等 5,000万円 52組 117905番 1等 5,000万円 48組 151439番 1等 5,000万円 29組 162080番 1等 5,000万円 05組 186502番 1等 5,000万円 38組 182778番 1等 5,000万円 24組 133131番 1等 5,000万円 85組 154734番 1等の前後賞 1,000万円 前後の番号 2等 1,000万円 組下1桁0組 129592番 3等 100万円 各組共通 147945番 4等 10万円 下4桁 3741番 5等 1万円 下3桁 527番 6等 3,000円 下2桁 87番 7等 300円 下1桁 2番 念の為みずほ銀行で確認して下さい 等級 当選金額 本数 1等 5,000万円 105本 1等の前後賞 1,000万円 210本 2等 1,000万円 150本 3等 100万円 1,500本 4等 10万円 15,000本 5等 1万円 150,000本 6等 3,000円 1,500,000本 7等 300円 15,000,000本 天赦日に西銀座チャンスセンター 発売初日の西銀座チャンスセンター ポカポカ陽気で絶好の宝くじ購入日和となった西銀座チャンスセンターは、流石に年末ジャンボ宝くじ発売初日という事で一番窓口の長い行列も健在となりました。 8時になると、毎年恒例の男らしさを感じる迫力のある和太鼓パフォーマンスで売場の前の広場を盛り上げます。 サンタの衣装を着た宝くじらのく〜ちゃんや、イメージキャラクターの夢〜たんも登場して寒い中熱く盛り上がります。 8時半近くになると、幸運の女神さんが登場して年末ジャンボ宝くじの概要を説明します。 お上手な口上でしたね。 8時半になると多くのお客さんや大勢のマスコミ各社が窓口に殺到致します。 物凄い大混雑で皆さんもテレビのニュースなどでご覧になった事でしょう。 西銀座名物の1番窓口の行列は、ほぼ駅前まで繋がっており、約4時間待ちの状態となりました。 7番窓口もかなり混雑していて1時間待ち位の状態ですね。 有楽町大黒天売場は、2年連続で年末ジャンボ宝くじ1等10億円を出しているので、今年も期待が大きくなりますね。 今回西銀座チャンスセンターでは、11月27日発売初日・12月1日大安&一粒万倍日・12月3日天赦日・12月13日大安に年末ジャンボ宝くじ購入代行サービスを致しました。 ちなみに、西銀座チャンスセンターでは毎年連続1等10億円が1本、有楽町大黒天売場では3年連続1等10億円が今年は2本20億円も飛び出しました。 日本全国で1等10億円が2本も出た売場は、有楽町大黒天売場だけです。 西銀座チャンスセンターの一番窓口の行列最後尾 大安の名駅前チャンスセンター 東京を朝一番に出発して、朝っぱらから大音量ガンガンマイク宣伝で盛り上がる名駅前チャンスセンターには10時頃に到着となりました。 売場が始まってから23年連続で年末ジャンボ宝くじの1等を出している売場ですから、多くの老若男女で窓口は大混雑の様子です。 凄く寒い中でも皆さん熱く気合いが入って血走った目で10億円を目指してますね。 本日は平日なんですが、宝くじ発売期間中最後の大安という事で、名鉄デパートの前の歩道にもはみ出る位の大行列になっています。 まだ朝10時なのに。 この大混雑の中で売場のスタッフの方と売場の端っこに行って宝くじの枚数確認をします。 こそこそやっているんですが、お客さんの人波が凄くて最後の記念撮影する頃には行列に飲み込まれてしまいました。 大混雑の名駅前チャンスセンターでした。 これから新幹線のホームにある立ち食いのきしめんでも食べて温まって、次の宝くじ購入売場の新大阪を目指します。 大安の名駅前チャンスセンター 大安の大阪駅前第4ビル特設売場 年末ジャンボ宝くじ発売期間中最後の大安に大阪にやって参りました。 それでも去年の年末ジャンボの大混雑から比べると、お客さんは少なくなったようですね。 売場の横には大阪名物10億円ディスプレイが見事に鎮座しており、写真を撮りたいのですが写メってるお客さんが多くて中々難儀しちゃいます。 大阪駅前第4ビル特設売場に来る前には、南海なんば駅構内1回売場で宝くじを買いに行ってきましたが、大阪の宝くじ売場はどの売場も大盛況です。 大阪名物の開運スタンプ押し場も長い行列が発生中で、オッチャンおばちゃんがバンバンスタンプを押していました。 今回の大阪駅前第4ビル特設売場では、約17000枚の年末ジャンボ宝くじ購入代行サービスとなりました。 バック1個が20キロ位の重さになり、無茶苦茶重いっす。 これからたこ焼きを食べながら新幹線に乗って、宿泊地の佐賀県唐津を目指します。 12月19日は、宝くじのご利益が有る事で有名な、佐賀県唐津市の宝当神社で年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願に行ってきました。 いっぱい御利益を頂いて来ました。

次の