弔電 文例。 お悔やみ電報文例》弔電例文・お礼・文例集・文章・打ち方/台紙/宛名/宛先

弔電、お悔やみ(ご祖母)電報の例文・文例集

弔電 文例

弔電のメッセージで故人について触れるときは、敬称に気を付ける必要があります。 弔電は「故人に宛てて直接出す電報」ではなく、宛先(受取人)は「喪主」です。 故人に対する敬称は、受取人にとっての故人との関係がどのようなものかを基準に記します。 主な敬称は以下の通りです。 故人が受取人の実父の場合:ご尊父様・お父様・お父上(様)• 故人が受取人の奥様のお父様の場合:ご岳父(がくふ)様• 故人が受取人の実母の場合:ご母堂(ぼどう)様・お母様・お母上(様)• 故人が受取人の奥様のお母様の場合:ご外母(がいぼ)様・ご岳母(がくぼ)様・ご丈母(じょうぼ)様• 故人が受取人の祖父母の場合:ご祖父様・お祖父(じい)様・ご祖母様・お祖母(ばあ)様• 故人が受取人の夫の場合:ご主人様• 故人が受取人の妻の場合:ご令室様・奥様• 故人が受取人の息子の場合:ご令息様・ご子息様• 故人が受取人の娘の場合:ご令嬢様・ご息女様• 故人が受取人の兄や義兄の場合:ご令兄(れいけい)様・お兄様・兄上様• 故人が受取人の弟や義弟の場合:ご令弟(れいてい)様・弟様• 故人が受取人の姉や義姉の場合:ご令姉(れいし)様・お姉様・姉上様• 故人が受取人の妹や義妹の場合:ご令妹(れいまい)様・妹様 間違いやすい例を挙げると、例えば「友人のお兄さんが亡くなった」場合は、その友人が喪主であれば故人の敬称は「ご令兄・お兄様・兄上様」となります。 友人のお父さんが喪主を務める場合は、「ご令息様・ご子息様」となりますので、気を付けましょう。 故人の信仰する宗教を確認する 故人が信仰する宗教によっては、通常の弔電に用いるような文言がふさわしくない場合もあります。 仏教以外の宗教を信仰する人には、仏教用語である「成仏」「冥福」「供養」「往生」「ご愁傷様」といった言葉は使用しないようにします。 よく耳にする「ご冥福をお祈りいたします」は「死後の幸福をお祈りいたします」という意味合いで、神道やキリスト教などを信仰している人には使えません。 可能な範囲で故人の宗教を確認し、それに合った弔電を送るように心掛けましょう。 一般的な弔電の文例 友人や知人が亡くなったときなど、一般的なシーンで使用できる弔電の文例をご紹介します。 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 ご訃報に接し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご遺族の方のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然の悲報に接し、驚いております。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかな旅立ちでありますよう、心よりお祈り申し上げます。 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご遺族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申し上げます。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりましたので、残念でなりません。 共に過ごした日は、今も私にとって大切な思い出です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然の悲しいお知らせに呆然としております。 お元気で働き盛りだった故人の面影が目に浮かび、いまだ信じられません。 ご遺族の皆様もお気持ちを強く持ち、ご自愛ください。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 敬称が入る弔電の文例 自分が遺族の友人や知人という立場で弔電を送るときは、弔電の受取人と故人の関係を踏まえ、敬称の使い方に注意しましょう。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご岳父様のご逝去の報に接し、衷心より哀悼の意を表します。 ご母堂様ご訃報に接し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご岳母様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 お姉様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 お兄様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申し上げますとともに、心より哀悼の意を捧げます。 ご令妹様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご令弟様の突然のご逝去の報に接し、ご遺族様のお嘆きいかばかりかと、拝察申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご主人様のご急逝の報に接し、大変驚いております。 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。 ご令室様の突然のご悲報に接し、お慰めするすべもございません。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、安らかにご永眠されますようお祈り申し上げます。 ご子息様の突然のお旅立ち、ご家族の皆様のお悲しみいかばかりかと、拝察申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご息女様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご両親様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 在りし日のお姿を偲び、心より哀悼の意を捧げます。 最愛のご令嬢様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 在りし日の美しいお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご令息様の突然の訃報に接し、驚きを禁じ得ません。 前途洋々たるときに他界され、ご両親様のご無念のお気持ちはいかばかりかとお察し申し上げます。 心より哀悼の意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご遺族様のお悲しみは計り知れないものとお察しいたします。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福をお祈り申し上げるばかりです。 取引先に送る弔電の文例 仕事の関係先に弔電を送る場合は、会社名や代表者名で送るのが一般的です。 企業によっては異なるので、上司の指示を仰いでから発注すると安心でしょう。 社長様のご訃報に接し、弊社社員一同、衷心より哀悼の意を捧げます。 会長様のご逝去の報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 貴社社長様の不慮のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 謹んで哀悼の意を表します。 天寿を全うされました貴社会長様の在りし日を偲びつつ、社員ご一同様に心よりお悔やみ申し上げます。 貴社社長様のご訃報に社員一同、驚愕しております。 ご功労に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。 貴社会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 謹んで哀悼の意を捧げますとともに、ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のご活躍、ご功績に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからも社員皆様がお力を合わせて励ましあいながら、この度のご不幸を乗り越えられることを心よりお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます。 キリスト教式の弔電の文例 キリスト教式でお葬式が行われる場合、弔電にはキリスト教向けのものを選び、仏教用語を使用しないように注意します。 ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 ご家族の皆様の上に主からの深い慰めと平安がありますよう、お祈りいたします。 安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈り申し上げます。 法要や慰霊祭の弔電の文例 弔電を送る場面は通夜や葬儀だけではありません。 法要や慰霊祭などにおいても、参加ができずに弔電を送る場合があります。 法要に際して送る弔電の文例• この度のご慰霊祭開催に際し、ご尽力いただきました関係者各位に敬意を表します。 ご遺族の皆様のご健勝をお祈り申し上げ、心よりご冥福をお祈りいたします。 親しい人が亡くなったときは思い出もメッセージに 弔電の文面には「忌み言葉を避ける」「敬称の使い方に気を付ける」「個人の宗教に配慮する」といった最低限必要なマナーがあります。 ご紹介した文例を参考にしながら、マナーに気を付けて自分自身でメッセージを考えるのもおすすめです。 ビジネスシーンで形式的に弔電を利用する場合は、一から文面を考えているよりも、すぐに手配することが求められるので文例を用いるのが便利です。 もし親しい友人・知人が亡くなってしまったときは文例をそのまま使うのではなく、「故人との思い出」をプラスして書くのも良いでしょう。 故人のことを偲ぶ気持ちが、より伝わりやすくなります。

次の

弔電、電報の例文・文例集

弔電 文例

まずは、弔電を送るにあたり必要となる情報をご紹介します。 突然の訃報であっても落ち着いて、先方へ確認しましょう。 通夜・葬儀・告別式の日時と場所 弔電は、受取人の住所ではなく、通夜・葬儀・告別式の会場へ直接送ります。 そのため、お届け先となる斎場名と住所を必ず確認しましょう。 また、弔電は告別式で読み上げられるのが一般的とされています。 葬儀・告別式の数時間前までには間にあうよう手配しましょう。 故人と喪主のお名前、続柄 弔電の受取人は、故人ではなく喪主とするのが一般的とされています。 訃報を受けた際には故人だけではなく、喪主のお名前(フルネーム)もしっかりと確認しましょう。 また、喪主と故人の関係性によって弔電における敬称が変わってくるため、故人と喪主の続柄も必ず確認するようにしましょう。 先方の宗教 弔電には、故人が信仰していた宗教によって、使用を避けるべき用語があります。 また、同じ宗教でも宗派によって使える言葉が変わるので、注意が必要とされています。 <仏教の場合> 葬儀は「故人を仏弟子にし、浄土へ送る儀式」とされるため、故人の魂が浄土へたどり着けないことを連想させる言葉は避けましょう。 また、「天国」は他宗教の概念のため、同じく避けたほうがよいでしょう。 (例)「迷う」「浮かばれない」「天国」 <キリスト教や神道の場合> 葬儀は「故人が召されていったところにおられる神への礼拝の儀式」とされるため、キリスト教・神道で信仰される神以外に祈りを捧げることを意味する他宗教の用語は避けましょう。 (例)「冥福」「供養」「成仏」「往生」「弔う」「仏」「合掌」 喪主が知人ではない場合の宛名 前述の通り、弔電は喪主宛に送るのが一般的です。 ただし、喪主が自分の知人であるとは限りませんし、その場合、喪主ではなく知人本人に弔電を送りたいという方もいるでしょう。 しかし、斎場に送ることを考えると、喪主でも故人でもない知人の名前宛の弔電が届いてしまうと、受取側を混乱させてしまいかねません。 喪主以外の方に弔電を送りたい場合でも、喪主のお名前を確認した上で、宛名は「〇〇(喪主のお名前)様方 〇〇(渡したい知人のお名前)様」としましょう。 弔電を送る際の注意点 差出人の情報はなるべく詳細に 弔電に限らず、電報の文面には差出人の情報を記載します。 お名前のみでも可能ですが、式で電報を披露される場合に司会者の方が読みやすいように、氏名等に電報 太郎(でんぽうたろう)といったように、読み仮名をつけておくと親切です。 ご遺族が把握しやすいよう、学校名、団体名、会社・部署名などの所属や肩書なども記載しておくと丁寧です。 併せて、ご遺族の方がお礼状などを出す際に手間がかからないよう、住所や連絡先も記載しておくことが望ましいです。 また、連名の場合は目上の方から順に名前を並べますが、人数が多い場合(目安として5名以上)は「〇〇一同」とするとよいでしょう。 宛名には喪主のお名前を 前述の通り、弔電は喪主宛に送るのが一般的です。 もし、喪主がどなたか分からない場合は、「(故)〇〇 ご遺族様」「(故)〇〇 ご遺族様」と記載しましょう。 また、社葬の場合は、会社宛になるケースがあったり、受取人様も会社の代表者や葬儀委員長宛にされる場合もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。 送り先は通夜・葬儀・告別式の会場 こちらも前述の通り、弔電は通夜・葬儀・告別式の会場へ直接送ることになります。 斎場名と住所は正確に把握しておきましょう。 弔電ならではの書き方マナー 最後に、弔電の文面におけるマナーについて。 文例や、避けるべき忌み言葉、弔電ならではの敬称をご紹介します。 文面は故人との関係に合わせる 弔電のメッセージは、故人との関係性によって変わってきます。 <親族や友人に送る場合> シンプルな一文のみでも構いませんが、故人と親しい間柄だった場合は、思い出や人柄がわかるエピソードなどを盛り込んだメッセージにすると、偲ぶ気持ちが伝わりやすいでしょう。 また、ご遺族を労う一言を添えるのもよいでしょう。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。 いつもうれしそうな笑顔で迎えてくれたおばあちゃん。 私達をどんなに大切に思ってくれていたか、いつも胸の中にあります。 おばあちゃんのように優しく、力強く生きていきていきます。 天国から見守っていてください。 ありがとう、おばあちゃん。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 優しく明るいお人柄であっただけに、ご遺族の皆様のご心痛はいかばかりかとお察し申しあげます。 お力落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを強く持たれますよう心よりお祈り申しあげます。 <職場の上司や取引先の方に送る場合> 仕事で関わった方に対しては、会社全体か所属部門、担当グループなどの連名で送る場合が多いため、個人的な感情ではなく、簡潔に弔いの意を伝えましょう。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 また、文面にお悩みの際は、D-MAILサイトの「文例一覧」をご活用ください。 様々なパターンの文例から、最適なものをお選びいただけます。 さらに、文例をベースにオリジナルメッセージを作成することも可能です。 故人への哀悼の想いに加え、ご遺族をいたわる一文も添えてみてはいかがでしょう。 【ご遺族をいたわる気持ちを伝える一文】 喪主様はじめ、ご遺族の皆様方におかれましては、お力を落とされることのございませんよう、時節柄、どうぞご自愛くださいませ。 ご家族の皆様、お力落としのことと存じますが、体調をくずされないようどうぞご自愛 くださいませ。 ご家族の皆様におかれましては、お疲れの出ませんよう、どうぞご自愛くださいませ。 忌み言葉は使わない 弔電で使用を避けるべき忌み言葉として、直接的な「死去」といった言葉や、不幸が繰り返すことを連想させる重ね言葉「重ね重ね」「再び」、死や苦労を連想させる言葉「死」「苦しむ」、数字「四」「九」などがあります。 詳しくは、下記ページをご参照ください。 敬称は間違わないよう慎重に 敬称とは、相手への敬意を示す言葉。 「〇〇様」「〇〇殿」などが一般的ですが、弔電には特有の敬称が使われます。 さらに、故人と喪主(または弔電の受取人)の続柄によって使う敬称が変わるため、注意が必要になります。 (例) <故人が喪主の父の場合>ご尊父(そんぷ)様、お父様 <故人が喪主の母の場合>ご母堂(ぼどう)様、お母様 <故人が喪主の祖父の場合>ご祖父様、御祖父(おじい)様 <故人が喪主の祖母の場合>ご祖母様、御祖母(おばあ)様 詳しくは、下記ページをご参照ください。 最後に.

次の

会社から送る弔電の文例を紹介!|差出人・同僚・上司・お礼|終活ねっと

弔電 文例

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 弔電とは、 お世話になった方やそのご家族の訃報に際し、送る電報のことです。 お通夜や葬儀に参列しなければならないけれど、どうしても参列できない場合に、喪主や親族にお悔やみの気持ちを示すために送ります。 弔電は、一般的に葬儀の中で紹介されることが多く、 お通夜の日には斎場に届くように送るのが常識とされています。 到着が早すぎても受け取れないことがあるので、もし弔電を送るときにはお通夜や葬儀の日程と、斎場の場所、そして喪主の氏名をしっかり確認しましょう。 尚、 弔電は故人の名前宛てに送るのではなく、喪主宛てに送ります。 会社関係者などではなく一般的な弔電の送り方、文例については以下のリンクの記事で解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。 重ね言葉 「かさねがさね」・「いよいよ」・「くれぐれも」などは不幸が重なることを連想させる言葉なので、使わないようにしましょう。 繰り返しの不幸を連想させる言葉 「再び」・「引き続き」・「次に」なども、不幸が繰り返すことを連想させるものなので、使用を避けたほうが無難です。 直接的な表現 「死」・「死去」といった言葉は、直接的すぎるため「永眠」や「他界」といった言葉に言い換えると良いでしょう。 また、 電報では句読点は使わず、読点が必要な箇所はスペースを空けるようにします。 簡潔でシンプルな弔電で構わない 弔電を送ることになったとき、オリジナリティを出そうと思って凝った文面を考えてしまいがちですが、 会社から送る弔電は簡潔でシンプルな文面のほうが好まれます。 凝った文面を考えると、逆に誤って忌み言葉などを入れてしまうことがあるので、お悔やみの文例集などから合うものを探したほうが無難で、なおかつふさわしいものを送ることができるでしょう。 会社から送る弔電の文例 それでは、 会社から送る弔電の文例はどんなものがあるのでしょうか? いくつかご紹介していきたいと思います。 今度は会社から送る弔電ではなく、社内の方の訃報を受けたときに、 個人で弔電を送る場合はどのような文面にしたら良いのかについて解説します。 社内でお世話になった方であれば、可能な限りお通夜か葬儀のいずれかに参列するのがマナーです。 しかしながら、どうしても参列が叶わない場合には、弔電を送るようにしましょう。 今回は、上司や同僚の方が亡くなった場合の弔電についてご紹介します。 上司にしても同僚にしても、現役世代の方がお亡くなりになったということで、より悲しみや驚きが強いことを率直に表した例を挙げてみます。 上司宛の弔電の文例 もし、お世話になっていた上司宛に弔電を送ることになった場合には、どんなことを書いたら良いのでしょうか? 社内の方であれば、故人との関係にもよりますが 会社として送る弔電よりも個人的な感情を表して良いでしょう。 社員の家族にご不幸があったときは、会社から弔電を送るのが一般的です。 もし、ご自身の家族の葬儀に会社から弔電が届いたとき、お礼をする必要はあるのでしょうか? 多くの会社では社員の家族の訃報を受けると、総務部や人事部の担当者が会社から弔電を送ります。 また、所属している部署からも「〇〇部一同」といった形で、弔電を送ることがあります。 いずれも、あくまで業務の一環として送っているものですので、 返礼品などを用意する必要はありません。 ただ、 葬儀のための休みが終わって職場に戻るときには、担当の方や部署の方にはお礼の挨拶をするようにしましょう。 尚、いただいた弔電にお礼状を出す場合については以下のリンクの記事で詳しく解説していますので、気になった方はぜひそちらの記事をご覧になってみてください。 弔電とは、お通夜や葬儀には参列できないけれどお悔やみを伝えたいとき、葬儀の会場に送る電報のことです。 会社から送る弔電とは、会社関係者の訃報に際し、会社の規則に則って送られる電報のことです。 具体的には、「社員が亡くなったとき」・「社員の家族に不幸があったとき」・「取引先や関係会社で不幸があったとき」のいずれかの理由で送られます。 会社名を差出人としますが、規定通りに正式名称で書くようにします。 会社から送る弔電では、会社の名前を傷つけないように、個人で送る弔電よりもよりマナーを守るようにしたいものです。 まず、文面には忌み言葉や句読点を使わないようにします。 内容はわかりやすくシンプルな文面のほうが良いので、送る際は文例集を参考にしてみるのが良いでしょう。 もし、社内でお世話になっている上司や同僚の訃報を受けた場合には、可能な限りお通夜や葬儀に参列するのがマナーです。 しかしながら、参列ができない場合には、個人で弔電を送るようにします。 故人との親しさの度合いや関係性にもよりますが、親しい間柄であればあるほど堅苦しい言葉づかいではなく、故人との思い出や現在の心境を率直に書いたほうが、お悔やみの気持ちが伝わる弔電になります。 ご自身の家族に不幸があり会社から弔電を送ってもらった場合、特別に返礼品などを準備する必要はありません。 ですが、次に出社されたときに、担当者や所属部署の上長などにはお礼の挨拶をすると良いでしょう。 以上が、会社から送る弔電の文例についてのまとめです。 今回「終活ねっと」で紹介した文例にはマナー違反になる忌み言葉は使っていませんので、会社として弔電を送らなければならず文面について困ってしまったときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。 「終活ねっと」では他にも弔電に関する記事を多数掲載しております。 以下の記事では弔電を送る際の金額相場について詳しく解説しておりますので、気になった方はぜひあわせてお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の