子供 鼻血 続く。 もしかして病気かも?鼻血が毎日出る原因と対処法まとめ

子供の鼻血が就寝中に多いのはなぜ?理由や対処の仕方も

子供 鼻血 続く

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供はよく風邪をひきますが、特に保育園や幼稚園に通い始めると、その回数も増えます。 発熱しても微熱であれば「ただの風邪かな?」と思えても、38度を超える高熱になってしまうと心配になりますよね。 さらに、高熱が続いて下がらない、となればなおさらです。 そこで今回は、子供の熱が下がらないときの原因や対処法についてご紹介します。 子供の熱が下がらない!高熱が続くときはどんな病気? 子供は大人に比べて体温が高いので、普通の風邪でも38度以上の熱を出すことはよくあります。 高熱は体に侵入した病原菌やウイルスを倒すために出るので、それ自体は問題ありません。 ただし、普通の風邪の熱であれば2~3日で治まりますが、高熱が3~4日続いて下がらないときには、以下の原因も考えられるため、早めに小児科を受診しましょう。 最初は高熱以外に症状はありませんが、高熱が下がった後は体中に発疹が出てくるのが特徴です。 発疹はかゆみが伴わないこともあるものの、発疹自体の不快感から不機嫌になり、一日中グズッてしまうことも。 また、高熱が3日以上続いていなくても、解熱したタイミングで発疹が出たときは突発性発疹、あるいは夏風邪などのウイルス感染と考えられます。 関連記事 水疱瘡 主に乳幼児や小学校の時期に発症する感染症で、発疹・水ぶくれが出るとともに、発熱します。 高熱が出たら、着替えのときなどに全身をチェックして水ぶくれがないかを確認してください。 水ぶくれは次第に全身に拡大していき、強いかゆみを伴います。 水ぶくれをかきむしってしまうと、他の部位にうつったり、傷口が膿んで傷跡が残ったりする可能性があるため、子供がかきむしる前に水ぶくれを見つけて対処することが大切です。 こまめに塗り薬を塗ってあげましょう。 口の中に1~5mmの小さな水ぶくれができ、傷つくと潰瘍になって痛むのが特徴です。 夏に流行することが多く、患者の年齢は5歳以下が90%以上を占めます。 関連記事 子供の熱が5日以上、下がらないときはどうしたらいい? 子供の熱が5日以上下がらないのはまれですが、長引く場合は通常の風邪とは異なる病気の可能性もあります。 発熱した時点で一度受診していても5日以上続いているときは、再度、小児科を受診しましょう。 下記は、子供の熱が5日以上下がらないときに疑われる病気の例です。 川崎病 川崎病は原因がわかっていない病気です。 川崎病の場合、高熱のほかに、舌が真っ赤になってぶつぶつができる「イチゴ舌」や唇が腫れ、眼の充血、手足のむくみ、首元のリンパの腫れ、体の発疹、BCGの発赤といった特徴的な症状が合わせて現れるので、これらの症状が見受けられたときは、すぐに受診してください。 関連記事 インフルエンザ インフルエンザの場合、適切な治療をしないと1週間近く高熱が続くことがあります。 高熱が続くため体力の消耗も激しく、熱性けいれんも起こしやすいので、看病中は変化がないか子供の様子に注意してください。 インフルエンザは早期に治療をすれば早く解熱することがほとんどですが、症状が長期化するケースもあります。 子供の熱が下がらないときの病院に行く目安は? 子供の高熱が下がらないときには、どのタイミングで病院に行けばいいか迷うこともありますよね。 基本的に3日以上熱が続くようなら小児科を受診してください。 発熱したタイミングで、下記のような発熱以外の症状もしっかりチェックして受診する目安を把握しておきましょう。 下痢や嘔吐を伴う場合は嘔吐下痢症の可能性があるので、脱水症状には注意してください。 子供は熱が上がりやすいので、40度の高熱が出ても、一瞬で熱が下がって機嫌がよく、食欲がある場合も、受診せず様子をみてもいいでしょう。 また、発疹が見られるときは、何かしらの伝染する感染症の可能性があるので、病院へ行く前に電話して症状を伝えておきましょう。 関連記事 子供が高熱後にけいれんしたときは?対処法は? 発熱後にけいれんが起きた場合は熱性けいれんの可能性があります。 子供がけいれんしていると焦ってしまいますが、激しく揺さぶったり頬を叩いたりなどの刺激を与えてはいけません。 子供の息がつまらないようにするため、顔を横向きに寝かせ、頭を少し後ろへ反らせて気道を確保し、平らな安全なところに寝かせてください。 服がきつそうなときは、ボタンやファスナーなどをゆるめてあげましょう。 熱性けいれんは5分以内で治まるので、その後は安静にしてあげましょう。 けいれんが治まった後も、意識や反応、呼吸が乱れていないか、顔色が悪くないかなどを見守り、落ち着いたら一度小児科を受診してください。 熱性けいれんが起きたときは、「けいれんが続いた時間」と「けいれんが治まってから意識が戻るまでの時間」を計っておき、診断の際に医師に伝えましょう。 重要な情報になります。 ただし、けいれんが5分以上続くときは、救急車を呼んでください。 発熱が原因の熱性けいれんであれば一時的なものですぐに治まりますが、髄膜炎や脳炎など中枢神経の異常の場合は、長く続きます。 子供の熱が下がらないときのホームケアは? 子供の高熱が続いているときは、病院へ行ったあとの家庭でのケアも大切です。 基本的には体を温める 発熱中は、体を冷やすのではなく温めるようにしてウイルスと戦う体をサポートしてあげましょう。 ただし、高熱が下がらず体力が奪われているときは、おでこや脇の下、首の後ろ、足首などを冷やしてあげてください。 こまめに水分補給をする 汗をたくさんかくので、脱水症状にならないよう、こまめな水分補給が重要です。 赤ちゃんの場合は、普段の授乳に加えて、白湯や麦茶を与えるようにしましょう。 関連記事 安静にさせる 子供は熱があっても、普段のように活発に動き回ろうとすることがあります。 しかし、元気であっても安静にさせましょう。 子供の高熱が続くときは冷静に判断しよう 今回ご紹介したように、子供の高熱が続くときは様々な原因があります。 高熱が続くことで夜寝られず、体力を消耗して治りが遅くなってしまう可能性があるため、早めに小児科を受診しましょう。 また、受診しても熱が5日以上下がらないときは、血液検査やレントゲン検査などができる大きな病院をに行くことをおすすめします。 受診時には、熱以外のちょっとした症状も細かく伝えることがポイントです。 病気の原因が特定しやすくなり、適切な対処が可能になりますよ。 子供の熱が続くと焦ってしまうものですが、冷静に対処してあげてくださいね。

次の

鼻血が止まらない9つの原因【正しい止め方も】大量に出るのは病気?

子供 鼻血 続く

子供の鼻血が就寝中に多い理由は? 子供の鼻の粘膜は大人よりかなり弱く、少しの刺激で簡単に出血するようになっています。 特に鼻の穴の入り口付近は細い血管が沢山集まっていますので、鼻をいじると直ぐに出血してしまいます。 しかし、 子供は自分のやりたいことに従順で、例え就寝中であっても無意識で鼻をいじってしまうため、朝起きてビックリしてしまいます。 又、一度鼻血を出すと傷付いた血管が治るまでは、数日かかるため少しの刺激で鼻血出してしまう状態が続きます。 これが、 就寝中に子供が鼻血を出す大きな理由のひとつです。 又、爪は短く切ってあるし鼻をほじって傷つけたとは考えにくい!という場合は、 アレルギー性鼻炎かもしれません。 アレルギー性鼻炎の子供は鼻の粘膜が弱く簡単に傷つきます。 指を鼻に入れなくても、外側から少し擦っただけでも粘膜を傷つけます。 子供の血管は細いですから、夜間布団で体が温まり血流がよくなったところに擦るという形で粘膜を傷つけ鼻血が出ることがあります。 この場合は一度耳鼻科に行かれるといいでしょう。 スポンサーリンク 子供が就寝中に鼻血を出した時の対処の仕方! 昔から鼻血が出たら 上を向いて首をトントンするといいと言われていますが、実はこれ 間違っています。 上を向くと鼻血は確かに鼻の入り口からは出ませんが、逆に喉へと落ちていきます。 正しい対処の仕方は、 子供を座らせてまず小鼻を抑え下を向きます。 小鼻とは鼻の入り口から凡そ1㎝の辺りです。 このまま圧迫を15分与えることで、鼻血も止まりますよ。 この時、鼻の根本 目頭の辺り を抑えても止血効果はありませんので、間違えないようにしましょう。 もし、喉に血が流れてしまったら飲み込むのではなく、吐き出して下さい。 寝ていてる子の顔に血がついてるのを親が気づいて、子供自身は寝ている時は上半身の下に少しクッション等をいれ状態が斜めになるようにし、拭き取りましょう。 鼻血が出ている最中なら小鼻をつまみましょう。 息苦しくて起きるかも知れませんが、そのまま寝ていても口を開きますので大丈夫です。

次の

【医師監修】何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

子供 鼻血 続く

多くの子供は、成長とともに鼻血が出る頻度が少なくなっていきます。 我が家の息子たちも病気かと不安になるほどしょっちゅう鼻血を出していましたが、成長とともに少なくなっていきました。 よく鼻をほじる…自分の身体が気になり、クセになることも 小さな子どもがよく鼻血を出す原因のふたつめは、「鼻をよくほじる」という点にあります。 大人も鼻の掃除はしますが、子どものように人前でも構わずホジホジ…なんてことはありませんよね。 子どもはまず自分の体に興味を持ちます。 赤ちゃんは目がはっきり見え始めると自分の手に興味を示し、しゃぶったりなめて感触を確かめます。 鼻に興味を持つことは、小さな子どもにとって自然なことです。 さらに子どもの指は細く、爪も薄くて鋭いので、傷つけてしまいやすいですよね。 我が家の息子はスポーツ観戦が趣味なのですが、白熱戦を応援していて興奮のあまり鼻血を噴いたことがあります。 ブシュッと血が噴き出し、そのあとボタボタ垂れた状態になり、とても驚きました。 適切な処置をしたところ、すぐに止まりました。 鼻血が出るメカニズム!子供の鼻血が繰り返す原因を知ろう では、なぜ鼻血は出るのでしょうか。 しょっちゅう出る子どもの鼻血のメカニズムについてご紹介しましょう。 鼻血の90%は鼻の浅い部分で起きている…穴付近にある出血部 鼻血は、ほとんどが鼻の入り口付近、浅い部分で起きています。 90%と言われています。 良く知られているように、鼻は奥の方でのどや耳とつながっています。 入り口は左右でしきられていますが、この前方部分がキーゼルバッハ部と呼ばれています。 キーゼルバッハ部位は鼻の手前部分にあってすぐ指で触れやすいですし、毛細血管は一度傷つくと出血しやすくなります。 また鼻の中に異物感があると子どもは気にして鼻に手を入れるので、ますます鼻血が出やすくなってしまうのです。 一度鼻血が出る• キーゼルバッハ部位の毛細血管が傷つきやすい状態になる• 鼻の中にかさぶたができた状態になり、子供は気になる• 鼻が気になって指を突っ込み、傷つきやすい毛細血管に触れてしまう• また出血する…の繰り返し 子どもの鼻はもともと出血しやすい環境ですが、鼻の病気によって粘膜が弱まるとますます鼻血が出やすくなります。 鼻の粘膜が弱まっているときや、鼻風邪気味で鼻がグズグズいっているときはますます血が出やすいので、余計に繰り返してしまうのです。 片方だけしょっちゅう出るという場合は、利き手でほじるクセがついているのかもしれませんね。 次項からは、鼻血が出やすくなる原因となるさまざまな不調・病気についてご紹介します。 鼻血が出やすくなる原因…よくある病気から怖い病気まで 子どもはもともと鼻粘膜が未熟ですが、病気でますます弱まる傾向にあります。 特に出やすくなるポイントをご紹介します。 風邪や鼻風邪…鼻水やくしゃみの風邪をひいた後はご用心 風邪、特に鼻風邪をひいて鼻水やくしゃみが頻発すると、鼻の粘膜も弱まります。 鼻水が出てくると、子どもは気にしてしょっちゅう拭いたり鼻をすすります。 その結果鼻に傷ができて出血しやすくなります。 また鼻がつまり気味になると、気になって鼻周りに手をやったり穴に指を突っ込んだりしますよね。 鼻血対策のケア 我が家では長男が強いハウスダストアレルギー、三男が花粉症を持っています。 ハウスダストアレルギーは季節を問わないので、長男はしょっちゅう鼻水を出してティッシュを空にしていました。 最近、鼻に医薬用のワセリンを綿棒で軽く塗るとアレルギー鼻炎の症状が緩和するときき、ここ1ヶ月ほど実践しています。 驚くほどくしゃみの回数が減り、それにともない鼻血の回数も減りました。 花粉症など重いアレルギーを持っている場合は、症状が出始める前から薬を飲むと良いとも言われています。 シーズン前からかかりつけの耳鼻科のお医者さんに相談するなど、早め早めに対応しましょう。 副鼻腔炎…蓄膿症とも呼ばれる、鼻が詰まった状態の病気 ちょっと前まで「蓄膿(ちくのう)」と呼ばれていた病気です。 副鼻腔という空洞にうみがたまり、常に鼻がつまったり鼻水が出ている病気です。 いつも鼻がグズグズしている• のどにタンがからんで常に気持ちが悪い• 鼻周辺が臭う 鼻血が出やすい…つまり鼻粘膜が弱っていることに加え、上記のような症状がある場合は副鼻腔炎が疑われます。 慢性的に起きているもののほか、花粉症や風邪・インフルエンザなどがきっかけで起こる一時的なものもあります。 鼻血対策のケア 子どもの場合は多くが自然に半年ほどで治ります。 ただし、他の病気の可能性もあるので、必ず受診してくださいね。 鼻血対策はいつもより出やすい状態になっているので、鼻に手を入れないよう注意してあげましょう。 小児白血病…子どものがんでは最も多く治る子が増えている 小児白血病は、小児がんでもっとも多い病気です。 子どものがんのうち、40%は小児白血病で、さらにそのうち9割が急性白血病です。 小児急性白血病は、2種類に分けられます。 リンパ性白血病…長期生存率80%以上• 急性骨髄性白血病…長期生存率70%以上 いずれも最近は非常に長期生存率がアップしており、大人に比べて治療後の状態は非常に良いと言われます。 とはいえ、子どものがんは非常に不安な病気ですよね。 白血病は血液のがんです。 骨髄で血液細胞が作られますが、その過程でがん化してしまいます。 鼻血が20分以上止まらない• あざができやすい• 疲れやすい• 発熱 こうした症状が初期に出ます。 病院で血液検査などの精密検査をして診断されます。 鼻血対策のケア 血友病は、血液の凝固因子の活性度によって重症から軽症が決まります。 主治医と相談して治療を行い、鼻血が出たときの対応も相談しましょう。 鼻血の正しい止め方をマスターし、すぐに止めてあげましょう みなさんは鼻血の正しい止め方を知っていますか。 実は知らない人がけっこう多いんです。 この機会に、正しい止め方をマスターしましょう! 鼻血の止め方の基本!座って下を向かせ鼻をギュッとつまむ 鼻血は、まず椅子に座らせて落ち着かせ、下を向かせます。 脱脂綿を軽くつめてから、鼻の穴の近く(小鼻)を5分ほどギュッとつまみます。 手順をわかりやすくご紹介します。 ティッシュなどで血をおさえつつ椅子に座らせる• 子どもがパニックになっていたら落ち着かせる• 座ったまま前かがみになって頭を下に向かせる• 脱脂綿やティッシュを無理のない大きさに軽く丸めて鼻に入れる• 鼻の穴の近くをギュッとつまむ• そのまま、前傾姿勢で5分ほど安静にしている これだけで、たいていの鼻血は止まります。 出血は、一般的に出血部位を心臓より高い位置にあげた方が止まりやすくなります。 そのため、横になるよりも椅子などに座った方が止まりやすくなるのです。 出血しているキーゼルバッハ部位は鼻の穴の入り口付近なので、その部分をギュッとつまんで止血しましょう。 なぜ脱脂綿やティッシュは軽めが良いのか、またなぜ前傾姿勢が良いのかは、次項でご紹介します。 やってはいけない「間違った止め方」!頭トントンは迷信です 昔から言われている「鼻血の止め方」の中には、やってはいけない方法や、なんの効果もない方法もあります! ティッシュを硬く丸めてギュウギュウに詰める ティッシュをギュウギュウに丸めるとかなりの硬度になります。 これを鼻に無理やり詰めると、出血部位だけでなく他の毛細血管まで傷つけかねません。 できれば脱脂綿を軽く湿らせたもの、なければティッシュを軽く丸めたものをそっと入れて血を受け止めましょう。 止血のために強く詰め物を突っ込むのではなく、流れ出す血の受け皿としてティッシュを使いましょう。 上を向かせる 上を向くと、流れ出した血がのどの方へ行ってしまいます。 咳き込んだり、血をたくさん飲み込むと気持ちが悪くなり、吐き気や嘔吐する場合もあるので絶対にやめましょう。 正しい止血方法で頭を下に向けるのは、流れ出した鼻血がのどに行くのを防ぐためなのです。 横になる 心臓よりも鼻が高い位置にあった方が血が止まりやすくなるので、これもタブーです。 さらに鼻血がのどに回りやすくなります。 椅子に座るなどして休ませましょう。 後頭部や首の後ろをトントン叩く お年寄りなどに信じている人が多いのですが、医学的になんの根拠もなく、効果も全くありません。 刺激を与えることになりますし、気分が悪くなったり頭が痛くなる可能性もあります。 やめておきましょう。 正しい鼻血の止め方を実践しても止まらない場合は、キーゼルバッハ部位ではなく鼻の奥からの出血の場合もあります。 また白血病や鼻の腫瘍など、非常に珍しい病気が潜んでいるケースもないわけではありません。 止血処置をしたまま、すぐに耳鼻科や小児科へいきましょう。 鼻血が出にくい体作りのために…食生活や治療・クセ改善 子どもに鼻血はつきものといっても、やっぱり何とかしてあげたいですよね。 成長を待つだけでなく、今できる予防法を探してみました。 粘膜を強化する食生活に気を付ける• 鼻の病気・不調をケア・治療する• 鼻のほじり癖を緩和する• 寝ている時に暑くならないよう注意する 詳しく説明していきますね。 粘膜を強化する…粘膜の健康・成長に欠かせない栄養素 鼻の粘膜が弱まっていると鼻血が出やすいので、粘膜を強化する食生活に注目してみましょう。 粘膜を強化する 栄養素 多く含まれる食べ物 ビタミンA 緑黄色野菜・チーズ・卵・レバー・うなぎ・味付け海苔など 脂溶性のビタミンなので、油と炒めるなどすると効果的に摂取できる。 皮膚や粘膜の細胞を作ったり、組織を構成するために役立つ ビタミンC 生野菜・みかん・キウイなど生の果物・いも類など 皮ふや粘膜の健康を維持するために役立つ ムチン 納豆・オクラ・なめこ・モロヘイヤ・さといも・レンコンなど 多糖類の一種で、野菜のネバネバ成分。 粘膜にもたくさん含まれ、うるおい保持にも役立つ ビタミンB2 卵・納豆・乳製品・レバー・うなぎ・葉物野菜など 水溶性のビタミンB。 代謝に欠かせない必須栄養素。 皮ふ・粘膜の機能や成長にも必要不可欠 ビタミンB6 さんまやまぐろ・かつおなどの魚・大豆製品・レバー・バナナなど タンパク質の分解や合成に欠かせないため、 皮膚・粘膜の健康維持や成長に必須の栄養素 亜鉛 うなぎ・ほたて・納豆・卵・レバー・かき(貝)など 酵素の材料になったり、骨や粘膜の成長にも欠かせないミネラル これらをすべて毎日とるのは難しいですよね。 そこでおやつを生の果物にしてみたり、朝ご飯をパンから納豆ご飯にしてみるなどちょっとずつ工夫してみましょう。 お味噌汁になめこを入れたり、サラダに星形が可愛いオクラを入れるなど、子供が喜ぶメニューをいろいろ考えてみると良いですね。 鼻の病気を治療・ケアする…耳鼻科医に相談してみよう アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの慢性疾患があると、どうしても鼻粘膜が弱まります。 しっかり治療して鼻をスッキリさせましょう。 鼻の治療に関しては小児科でも診てくれますが、長期戦になるアレルギーや蓄膿症は専門家の耳鼻科が良いケースもあります。 抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤・抗菌剤もいろいろ種類があり、合う・合わないがあります。 無理にやめさせようとすると、ストレスがたまって余計に悪化したり、チックなど別の症状が出てしまうこともあります。 まずは鼻の不快を起こす症状を先に改善し、そのうえで「ダメもと」で試したい方法をご紹介します。 鼻口周りに手をやったら手を抑えて意識させ、やめさせる• 鼻ほじりが頻発するときはマスクや手袋などで予防する• 指先にミントオイルなど刺激のある香りをつけておく これらの方法を試しても、どうしても鼻をほじってしまう子はいるものです。 でも、思春期になれば恥ずかしさを自覚して自然とおさまっていくケースがほとんどでしょう。 のぼせを解消!子供は暑がり、特に就寝中は涼しめに調整 寝ている間の鼻血には、暑くてのぼせて出血というケースもあります。

次の