ログイン履歴 twitter。 Twitterログイン履歴|他人からの不正ログイン確認や履歴削除

Twitterのログイン履歴を調べる方法【iPhone/PC】

ログイン履歴 twitter

乗っ取り被害に合っていないか、まずはチェック! 乗っ取られているかどうかは、こういうところでチェックできます。 身に覚えのないログイン履歴がないか Twitterは過去のログインを直近50件程度記録しています。 不審なログインがないか確認してみましょう。 勝手にツイートやダイレクトメッセージを送信されていないか 自分のツイートをすべて表示して、身に覚えのないツイートやダイレクトメッセージを送っていないか確認しましょう。 自分のツイートは、Web版のTwitterや公式アプリの「プロフィール」から確認できます。 勝手にフォロー、フォロー解除、ブロックなどをされていないか 自分のフォロー数やフォロワー数をチェックしましょう。 極端に増えたり減ったりしている場合、勝手に操作されている可能性があります。 Twitterから身に覚えのない通知が来ていないか 「アカウントが乗っ取られている可能性がある」「アカウント情報が変更された」「パスワードが使用できなくなったのでリセットするように」などの通知がTwitterから来ることがあります。 このときはアカウントを乗っ取られている可能性が高いです。 Twitterのアカウントが乗っ取られたときの対処法 アカウントが乗っ取られたら、まずはパスワードを変更して不正なログインを防止しましょう。 アカウントにアクセスできる場合とできない場合で、対処方法が異なります。 アカウントにアクセスできる場合 アカウントにアクセスできるなら、まずはパスワードを変更して、乗っ取った犯人がログインできないようにしましょう。 パスワードを変更したら、連絡用のメールアドレスが変更されていないかも確認しておきましょう。 アカウントにアクセスできない場合 ログインできない場合は、パスワードが変更されていることが多いです。 まずは、パスワードのリセットを試してみましょう。 パスワードを変更する画面で「パスワードをお忘れですか?」をクリックすると、パスワードのリセットをリクエストできます。 フォームに入力したメールアドレスにメールが来るので、その指示にしたがってパスワードを再設定してください。 「パスワードをお忘れですか?」にたどり着けない場合は、下のページからTwitterのサポートに問い合わせます。 ログインを強化する 「ログイン認証(二段階認証)」を利用すると、不正なログインをある程度防止できます。 ログインするときにはパスワードと、携帯電話へのコード送信などの二つが必要になるからです。 パスワードをリセットしたら、ログイン認証をオンにしておきましょう。 アプリ連携を解除する 連携アプリは不正なログインに利用されることが多いので、最小限にとどめてください。 必要ない連携アプリは解除しましょう。 Twitterアカウントの乗っ取りを防ぐ方法 アカウントの乗っ取りを防ぐには、普段から次のような部分に注意しましょう。 アプリ連携は慎重に サードパーティのアプリと連携すると、そこから乗っ取られることがあります。 サードパーティのアプリとは、Twitterが出している公式アプリではなく、互換性のある非純正アプリのことです。 とくに心理テストや診断系のアプリなど気軽にクリックしやすいツイートから乗っ取られることも多いので、注意してください。 また、アプリのインストール時にはアプリに割り当てられている権限に注意し、不要なアプリや怪しいアプリとは連携しないことです。 フォローしている人の不審なツイートに注意 フォローしている人が、連続投稿や唐突な広告など不審なツイートをしていたら要注意です。 そのアカウントは乗っ取られているかもしれません。 そのツイートや、ツイート中のURLをクリックしないでください。 パスワードはしっかり管理 パスワードは推測されにくいものを作成し、誰にも教えないように管理しましょう。 他のSNSでも同じです。 Twitterアカウントの乗っ取りは、何度も起こっています。 あまり警戒せずに使っているユーザーや、乗っ取り被害に合ったことに気づかず、被害者から加害者になっている場合もあるからかもしれません。 しかし、一度被害に遭うと、自分だけでなくフォロワーにも影響するなど意外に大きな影響があります。 周りに迷惑をかけない為にも、今すぐ自分のアカウントをチェックすると共に、対策を知っておきましょう。

次の

Twitterで不正アクセス?簡単にチェックできるログイン履歴確認方法

ログイン履歴 twitter

TwitterはPC版Twitterにログイン履歴の確認ができる「Twitterデータ」機能を新たに追加しました。 同機能では、過去のログイン日時、ログイン場所、IPアドレスなどを確認することが出来ます。 連携アプリのログイン履歴も記録されているので、不振な挙動をしている連携アプリを見つけることにも役立ちそうです。 iPhoneでも簡単に使うことができるので、早速手順を解説します。 ログイン履歴の確認方法 モバイル版をブラウザで開いてログインして、URL欄をタップ。 「デスクトップ用サイトを表示」をタップ。 右上の自身のアイコンをタップして、メニューから「設定」をタップ。 左メニューの「Twitterデータ」をタップ。 パスワードを入力して「確認する」をタップ。 ログイン履歴がリストで表示されます。 必ずしもIP位置が日本になるとは限らないので、注意してください。 連携しているアプリによっては、サーバーを設置している国からのアクセスになるので、上記画像のように「アメリカ合衆国」と表示されることもあります。 ただし、連携した覚えが無いアプリやログインが必要無いであろうアプリなのに、ログイン履歴に挙がっているのであれば、該当の連携アプリを解除した方が良いかもしれません。

次の

Twitterのログイン履歴の確認・削除方法!不審な履歴があったときの対処

ログイン履歴 twitter

メニューの「設定とプライバシー」• ブラウザ版Twitterにログイン(Twitterアプリの場合)• Twitterデータにアクセスするためのパスワード入力• 最後に[アカウントアクセス履歴]よりログイン履歴の確認ができます。 Twitterのログイン履歴は削除できる? 現状では、アプリ版でもブラウザ版でも自分で ログイン履歴を削除することはできません。 確認はできていませんが、ログイン履歴の件数が溜まったら自動で古い順に削除されていくのではないでしょうか。 逆に考えると、意図的にログイン履歴を削除できないので、 不正ログインされたときに足跡を削除されることはありません。 その意味で、ログイン履歴の定期的なチェックは不正ログインの有効な確認手段となりますね。 まとめ 以上、Twitterログイン履歴|他人からの不正ログイン確認や履歴削除についてでした。 新しいログイン履歴はすぐには消えませんので、頻繁にチェックする必要はありませんが、定期的に確認するようにしてみてください! 不正ログインがあった場合、Twitterだけの被害にとどまらず、被害が拡大する恐れがあります。 事前にセキュリティ意識を高く持っておくことが大事ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?.

次の