あいみょん さよならの今日に ロケ地。 さよならの今日に

あいみょん「さよならの今日に」PV/MVロケ地!撮影場所は渋谷?

あいみょん さよならの今日に ロケ地

クレヨンしんちゃんのエンディングテーマでしたね。 ホントに。 グリーンラベル新CMのロケ地はオークランド このCMのロケ地はニュージーランドのオークランドです。 あいみょんが言ってました。 実はあいみょんはツイッターでニュージーランドの写真を載せていました。 — あいみょん aimyonGtter この画像だけでニュージーランドと分かってしまい、話題となります。 ファンって凄いです。 グリーンラベルのCMでは、2年前の桐谷美玲さんと野田洋次郎さんの時もニュージーランドでした。 ニュージーランドはロケ地として有名ですね。 ロードオブザリングやナルニア国物語でも使われています。 ロケ地ツアーなどもあるようです。 スポンサーリンク 汽車の走っている場所や名前は? CMの中で出てくるあの汽車が気になりますね。 これはサウスオークランドのグレンブルックにある、glenbrookvintagerailwayによく似ています。 撮影の時は列車をCM用に1車両をカスタマイズした上で貸し切って撮影したそうです。 このglenbrookvintagerailwayのHPでは、こう記載されています。 美しい田園地帯を抜け、マヌカウ港にある歴史的な町ワイウクまで15 kmのノスタルジックな旅に戻り、昔の本格的なレクリエーションを体験できます。 まさに美しい田園地帯を抜けていますね。 グレンブルック周辺にはこんな場所があります。 この辺りを走っているのかもしれません。 グリーンラベルを飲むきっかけの元カレとは あいみょんはもともとグリーンラベルが好きで飲んでいたそうです。 以前は別のビールで太ってしまったので糖質70%オフが魅力とも話しています。 キッカケは昔付き合っていた人が好きだったからとか。 ドッキリ発言ですね。 あいみょんはクリープハイプの尾崎世界観さんと熱愛報道が出ています。 【FLASH報じる】あいみょん、クリープハイプ尾崎世界観と交際報道 あいみょんの所属事務所は「プライベートは本人にまかせています」とコメントしている。 — ライブドアニュース livedoornews でも昔付き合っていたという言い方だと、もっと前の事でしょうか? 年下ですが、大下ヒロトさんという俳優とも仲が良いですね。 2人とも売れる前からの付き合いで、一緒に居酒屋に行く事もあるそうです。 大下ヒロトさんとの熱愛の噂はありません。 元カレは公表しないですね。

次の

あいみょん、4月から弾き語りツアー&10月からアリーナ・ワンマン・ツアー開催を発表。新曲「さよならの今日に」MVプレミア公開も決定

あいみょん さよならの今日に ロケ地

3か月に及ぶ自身最大規模の全国ツアー「AIMYON TOUR 2019 —SIXTH SENSE STORY-」を全公演ソールドアウトで走り抜けたあいみょん。 ホールやアリーナならではの照明や映像演出もさることながら、ライブ中盤ではステージに一人残って弾き語りでじっくりと歌を聴かせ、後半では一転して広いステージを駆け回り、ロックスターのようなパフォーマンスを見せる場面もあったりと、アーティストとしての確かな成長を刻むツアーとなった。 あいみょん:全国各地一本一本全然違うライブができたなって。 一期一会を大事にして、その日にしかできひんライブをっていうのは常に思ってるので、それをお客さんみんなが楽しんでくれたら何より。 でも、不思議な感じもします。 ライブ終わった後にみんながタグ付けしてくれてるのを見に行くと、いろんな世代の人が「あいみょんのライブが~」って書いてくれてて、すごいことやなって思うし、ホントにありがたいなって。 これだけ大きいツアーは初めてだったし、「とりあえず、やったことないことをやってみよう」っていう感じで、ホールはホール、アリーナはアリーナで自分に合ったやり方を探って、いろいろ気付きはあったんですけど……やっぱり私は歌を歌うことしかできないから、もっともっと上手く歌いたい。 パフォーマンス的なことよりも、感動してもらえる歌を歌うことが私にとっては一番やなって、それは日々思ってます。 「ニュースを『じぶんごと』に」という番組テーマを元に書き下ろされた一曲で、「サブスクの女王」とも言われるあいみょんだが、配信オンリーのシングルは意外にも初となる。 あいみょん:ニュースってどうしても「ひとごと」になってしまいがちだから、「ニュースを『じぶんごと』に」っていうテーマはめちゃめちゃいいなって。 ただ、今回は書き下ろしだけど書き下ろしじゃない感じっていうか、ドラマや映画みたいに台本があるわけじゃないから、ホンマに素直に、今の自分の感じを書かせてもらって、ひさびさにこういう曲が出せて嬉しいです。 渋谷駅桜丘口地区の再開発エリアを舞台に撮影されたミュージックビデオや、鋭い眼光を全面にフィーチャーしたアートワークも含め、決してただポップなだけではない、あいみょんが持っているエッジーな側面を改めて伝える仕上がりとなっている。 あいみょん:ギターがジャキジャキしたロックっぽい感じがいいなっていうのは最初から考えてました。 「さよなら」がテーマだから、最後はフェイドアウトにして消えていく感じにしたり、ストリングスに関してもいろいろ注文させてもらって、レコーディングはめっちゃ楽しかったです。 わりと温度感がずっと低めで、その感じもいいなって。 <切り捨てた何かで今があるなら/「もう一度」だなんて/そんな我儘 言わないでおくけどな/それでもどこかで今も求めているものがある>というサビの歌詞からは、ニュースで切り取られる「今日」に簡単にはさよならを言うことができずに、どうしても過去に捉われてしまう心情が浮かぶ。 あいみょん:私たちは日々何かを切り捨てて生きてるじゃないですか?同時に誰かからご飯に誘われて、片方を断った結果、鬼つまんない方に行っちゃって、「あっちを選んでたらどうなったかな?」とか思うのって、「選んだの自分自身じゃん」ってわかりつつ、それでも「もう一回あの分かれ道に戻れたらな」と思ってしまう。 同じように「音楽の道を選んでなかったら、どうなってたかな?」って思ったときに、自分が憧れてたロックスターとか、かっこいい人たちだったら、どういう選択をしてたのかなって……メジャーデビューから3年経って、「これでいいのかな?」って思ったりすることもあるし、みんな明日をどうやって生きようと思ってるんやろうなって。 <不滅のロックスター/永遠のキングは/明日をどう生きただろうか><伝説のプロボクサー/謎に満ちたあいつは/明日をどう乗り越えたかな>という印象的なラインは、「思うがままに書いたらこうなった」とのことだが、あいみょんがかねてより「憧れ」と公言するアーティストからの影響が反映されているようだ。 あいみょん:「永遠のキング」は私の中ではマイケル・ジャクソンで、「謎に満ちたあいつ」はうっすら尾崎豊なんですけど、「不滅のロックスター」は特に誰っていうのはないです。 「伝説のプロボクサー」も、プロボクサーってヒーローっぽいから書いただけで、特に誰っていうのはなくて。 ちなみに、「明日」というキーワードから、「<伝説のプロボクサー>は矢吹丈(『あしたのジョー』の主人公)なのでは?」という指摘には、「全く意識してなかった」という。 あいみょん:ミュージックビデオの最後で椅子に座ってるのも『あしたのジョー』を意識したわけじゃなくて、私の中ではホアキン・フェニックスだったんですよ(笑)。 まあ、どっかヒリヒリしてたいんでしょうね。 みんなに緊張感を与えたい。 ボクシングも、ヒリヒリするじゃないですか?自分もみんなをヒリヒリさせたいし、何かざわつく感じを与えたい。 鳥肌が立つ、涙が出る、モヤモヤする……何でもいいから、聴く人の中に何か変化があればそれでいいんです。 「感動してもらえる歌を」というあいみょんの想いをよりストレートに、生々しく体験できる、絶好の機会になるはずだ。 あいみょん:弾き語りツアーは私が「やりたい」って言って組んでもらったんです。 「ツアーを組んでください」なんて、これまで一回も言ったことなかったし、正直前までは弾き語りのワンマンってあんまり好きじゃなかったんですよ。 武道館に関してはやりたくてやったんですけど、そもそもはあんまり好きじゃない。 「飽きさせてしまうんじゃないか?」とか、いろいろ考えちゃうんで。 でも、最近はずっとバンドセットだったせいか、今は弾き語りがめちゃめちゃ楽しみなんです。 まあ、あんまり気張り過ぎるのも好きじゃないんで……「集い」みたいな感じっていうか。 ナチュラルな感じで、でも歌はしっかり歌いたいなって思います。

次の

あいみょんのカップリングおすすめ曲は?隠れた名曲をチェック!

あいみょん さよならの今日に ロケ地

『傘』は2019年10月11日より配信リリースされた楽曲。 坂口健太郎さんが出演している ブルボン「アルフォート」のCMソングとして新規に書き下ろされました。 10月3日に『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)』にて初の全国オンエア。 多くのファンが新曲に歓喜の声を上げました。 ところで、坂口健太郎さんといえば『イノセンス 冤罪弁護士』の主演を務めていた俳優です。 実は『白日』が同ドラマにタイアップされていたことがあるので、以前から関わりがあったことがわかりますね。 そんな人物と奇しくももう1度コラボするような形となり、話題沸騰中だったKing Gnuがさらに注目されることとなったようです。 歌詞の考察が盛ん 同曲はCMに書き下ろされたことで話題となりました。 しかし、 歌詞に込められた意味についてもファンの間では様々な憶測がなされたそうです。 「さよなら」という別れの言葉から始まる『傘』。 「もっと話したいんだ」、「もっと近付きたいんだ」と、中盤にはそういった誰かに対する想いがつらつらと流れます。 しかしラストには「 曇りガラス越しのあなたにはもうなにも届いちゃいないんだ」、と物悲しげに締められて終わる内容。 これに対し「失恋の歌なのかな?」と感想を呟く方が多かったのですが、中には気になる考察が。 その考察というのが、「 『傘』は別れの歌なんかじゃなくて、本当は愛に満ちた始まりの歌なのでは?」というものでした。 というのも、CMソングとして書き下ろしたのはブルボンの「アルフォート」。 このアルフォートは当然造語なのですが、語源としては• ロマン といったポジティブなイメージがあるからなんだそうです。 そのため、前述したような 希望に満ちた考察がされているというわけなんですね。 とはいえ、これらはあくまでファンの憶測なため歌詞に込められた真意を知ることはできません。 いずれインタビューなどでKing Gnuのメンバーから歌詞についての回答を貰えると良いですね。 今は不明ですが、こちらも気になるところです。 気になるロケ地は? そんな『傘』ですが、2019年8月20日に公開されたブルボンCMのスペシャルムービーのロケ地が話題となっているようです。 MVは男性がベンチに座っているところからスタート。 手にはアルフォートを持っており、誰かを待っている様子に見えます。 ベンチは2つの真っ白な洋風の柱に挟まれており、なんだか日本でないような印象を受ける風景。 カメラが切り替わると今度は広い空間が映し出され、駅かホテルのようなイメージ。 最後は男性がアルフォートを食べ、商品パッケージが表示されるところで終わります。 しかし、このロケ地は一体どこなのでしょうか? 調査してみると、撮影場所は 千葉県木更津市にある『かずさアカデミアパーク』であることが判明しました。 かずさアカデミアパークは、木更津市・君津市・富津市及び袖ケ浦市の市街地を母都市として整備されたエリア。 どうやらバイオテクノロジーを中心とした 先端技術産業に特化した研究開発拠点で、会議室やホールなども揃えられているようです。 以前からドラマやMVの撮影場所として使われていたそうで、元々ロケ地として有名な場所なんだとか。 白を基調とした広い空間の中に一定の距離を保って柱が造られており、MVでの薄暗い様子はまるで神聖な宮殿のよう。 あるいは、見る人によっては結婚式場のようにも思えるかもしれませんね。 逆に明るい時には近未来的な印象がグッと増し、SF映画などにも出てきそうな雰囲気です。 明度によってイメージが変わるため、MVなどにも非常に使いやすいということなのでしょう。 まとめ 『傘』の他にも現在は様々なCMに楽曲を提供しているKing Gnu。 今後も活躍が期待されており、一体どのような曲を生み出すのか今もっとも注目のアーティストです。 特に2020年にはアリーナツアーが決定しており、ますますファンが増えることが予想されます。 全国を回ると宣言しているので、地方住みのファンも安心なのではないでしょうか。 どう活動していくのか、これからも応援し続けていきたいものですね。

次の