エルダー ベリー。 エルダーベリー

エルダーベリー 専門店の果樹苗販売 苗木部 By 花ひろばオンライン通販

エルダー ベリー

エルダーベリーとは ニワトコ属(ニワトコぞく、学名:Sambucus、和名漢字表記:庭常属、接骨木属)はニワトコの果実のことで エルダーベリーは、昔から「万能の薬箱」と呼ばれており、 民間薬だけでなくと食用しても食べれれている果実となります。 エルダーベリーの効能について ・イソケルセチンなどの抗酸化作用が秀でているポリフェノールが豊富 強い抗酸化作用を持つイソケルセチンやルチン、アントシアニンなどのポリフェノールの一種が豊富に含まれています。 さらに、抗酸化物質を含むビタミンAやビタミンCも含まれるため、とても強い抗酸化作用があります。 イソケルセチンには、血液をサラサラにする、アレルギーや脂肪の吸収を抑えるという働きがあります。 ルチンには血管を強化し、血流をスムーズにする働きや血圧を下げる働きがあります。 生活習慣病など血管が詰まることで引き起こされる動脈硬化や高血圧、脂質異常症などの解消に効果が期待できます。 ・目に良いビタミンA ビタミンAは、目に作用する重要なビタミンで、すっきりものを見るためには必要な栄養素です。 疲れ目の予防や改善に働きかけ、視機能を維持する効果があります。 さらに、目、鼻、口などの粘膜の保護、肌や髪、爪を健康な状態に保つ働きもあります。 ・抗ウイルス作用を持つビタミンC ビタミンCは、体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物を撃退する白血球の働きを強化し、 ビタミンC自体にも細菌やウイルスに対抗する力を持っています。 さらにビタミンCは免疫力を向上させ、風邪などの感染症を予防したり、感染症の回復を早めることに効果があります。 ビタミンCにはストレスへの抵抗力を高めるます。 抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成や 神経伝達物質の合成を助ける働きがあるため、ストレスへの抵抗力を強化する効果があります。 ・メラニン色素の沈着を防ぐ 紫外線を浴びると、体内でシミやそばかすの原因となるメラニン色素が生成されますが、 エルダーベリーに豊富に含まれるポリフェノールやビタミンCには、 シミやそばかすの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ効果があります。 そのため、日焼けをした肌を元の白い肌に戻すために力を発揮します。 ビタミンCは、コラーゲンの作るのに必要不可欠なビタミンのひとつです。

次の

【楽天市場】エルダーベリー もみじ葉(細葉) 西洋ニワトコ ポット苗 【珍しいベリーの木】:苗木部 by 花ひろばオンライン

エルダー ベリー

エルダーベリー【Elderberry】~ヨーロッパではとても親しまれている万能ハーブ~ エルダーベリーには昔から色々な逸話がありました。 エルダーベリーの木を切ったり痛めつけると超自然界の怒りを買うと思われていたり、保護のシンボルという事で、家の近くにエルダーベリーを植えると魔女を追い出すと思われていました。 埋葬の時には悪から死者を守るためお棺の周りにエルダーベリーを添えていました。 また、イエスキリストが十字架にかけられた時の十字架もエルダーベリーで作られていたと言われています。 濃い紫色の実のは、食べ物を腐らせない効果があるのでジャムやパンそしてワインに利用したり、化粧品、医薬品としても使っていました。 そして、中世に入るとほとんどの病気を治すと言う評判と共に多くの人が利用するようになりました。 根には腫れを鎮める効果があり、葉は傷のための塗り薬として、花から作られるお茶はし、咳や風邪を治療する目的で使われていました。 エルダーベリーには抗酸化作用の強いが豊富に含まれているので、エルダーベリーから作られるシロップを飲めば風邪が引きにくくなり、もし引いても直りが早く、現在の医療現場では、気管支炎や、くしゃみ、かゆみ、また他のさせるために使われています。 エルダーベリー3倍濃縮シロップ ワイズウーマン社のエルダーベリーシロップは砂糖、蜂蜜も含まれていないので、エルダーベリーの良い香りとほんのり自然の甘味があり、とても飲みやすくなっています。 お子様にも安心して飲んで頂けます。 原料はオーガニック栽培もしくはワイルドクラフトされたエルダーベリーを使用していますので安心です。 ワイズウーマン社には27年の歴史があり、人々の生活の質を向上させるため、自然な方法で作られた優れた品質の植物サプリメントを提供し続けています。 エルダーベリーはニワトコ属の一種で木の高さは3~10mで、葉は細長い楕円形をしていて裏は毛羽立っています。 6月から8月にかけて小さな白い花を咲かせ、マスカットのような甘い香りが特徴です。 その後、ビルベリーによく似た黒色を帯びた紫色の果実をつけます。 エルダーベリーは北ヨーロッパを除くヨーロッパ全域と北米のほとんどの場所で生息しています。 一般的なエルダーベリーは、森林、乾燥した森、川辺、池や湖の回り、畑や庭、または道端でよく見かけることができ、その生息範囲はとても広いです。 風邪やインフルエンザへの利用 エルダーベリーはイギリスのブドウとも言われ、何世紀もの間ワイン作りに利用されていました。 エルダーベリーに含まれるフラボノイドには抗酸化、抗炎症作用があり免疫システムを向上させることから、今ではエルダーベリーから作ったワインは風邪やインフルエンザの特効薬として広く知られるようになりました。 エルダーベリーから作ったシロップをインフルエンザの患者に与えたところ、回復が早く数日で症状がなくなりました。 まだ多くの研究が必要ですが、風邪や他のウイルスに感染している患者の治療に効果があることがわかってきています。 摂り方 シロップの場合、インフルエンザの治療にはエキスの含有量が38%のシロップ大さじ1杯を1日4回。 症状によっては大さじ2杯を1日4回摂るとよい。 トローチの場合は亜鉛とその他のハーブが含まれていて、必要に応じて風邪を引いたときになめる。

次の

エルダーベリー 基礎知識と効能効果、作用について

エルダー ベリー

果実が食用になり、葉や花に薬効があるところから園芸ではハーブとして扱われます。 葉は細長い楕円形で長さ10cm~30cm、フチにギザギザがあります。 春~初夏になると枝の先端に白い小花がまとめて咲きます。 花にはマスカットのような香りがあります。 秋に果実が黒く熟して食用になります。 八重咲きや葉に模様の入る斑入りなど、多くの園芸品種が知られています。 名前の由来 エルダーの名前はアングロ・サクソン語のエルド oeld:炎 に由来します。 枝の芯を抜き取ってストロー状にしたものが、火をおこすのに利用されたから、といわれています。 英語のエルダー elder:年長者 とは関係ありません。 利用・伝承 葉、枝、根にいたるまで優れた薬効を持ちます。 古代ローマ時代から民間薬として普及しておりその優れた薬効と汎用性『歯痛から疫病まで』といわれたそうです。 イギリスでは古い時代、ハエ避けにトイレの側に植えられていたそうです。 花の利用は現在でも一般的です。 砂糖水とレモン汁の中に、花穂をつけ込んで作るエルダーフラワーシャンパン エルダーフラワー・プレッセ はイギリスの夏の飲み物として親しまれています。 花からイースト成分が溶け出して発酵し、発泡性の飲料になるそうです。 花を砂糖などを加えて煮詰めた濃縮液はエルダーフラワー・コーディアルと呼ばれ、水で薄めて飲みます。 ユダ イエスの十二使徒の1人 が首をくくった木、魔女の木、枝を火にくべると悪魔が見える「悪魔の木」、この木を切ると縁起が悪いなど、ネガティブな俗説・伝承には事欠かない植物です。 高温多湿にやや弱い• 極端な乾燥に注意• 日当たり・置き場所 暑さ、寒さには強いですが、日本の夏の気候 高温多湿 はやや苦手です。 夏は株が蒸れて弱らないよう、鉢植えは風通しのよい半日陰に置きます。 水やり・肥料 乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 また、多湿にも弱いので、土が常に湿っているような多湿状態にならないように気をつけましょう。 肥料はさほどたくさん要りません。 落葉期の冬に化成肥料を適量株元にばらまいておきます。 かかりやすい病害虫 とくにありません。 植え付けと用土 植え付けの適期は3月~4月、もしくは9月です。 水はけのよい、腐葉土や堆肥のたっぷり入った肥沃な土が適しています。 土質はあまり選ばず育ちますが、弱アルカリ性土壌を好みます。 生育が旺盛なので、鉢植えは1年~2年に1回、一回り大きな鉢に植え替えます。 大きくなるので、庭木にする場合はスペースをよく考えて植えましょう。 ふやし方 さし木でふやすことができます。 適期は春~秋です。 元気よく伸びた若い枝を先端から15cmほどに切り取り、湿らせた用土に挿します。 その他の画像• エルダーの花 関連する植物• フェンスに絡ませたりアーチ仕立ても。

次の