俳句 夏井 いつき。 夏井いつきの俳句の実力と毒舌は本物か?経歴と夫や家族を紹介!

俳句の作り方を知った。夏井いつきの『超カンタン! 俳句塾』

俳句 夏井 いつき

『超カンタン! 俳句塾』:夏井いつき 人気テレビ番組『プレバト』の俳句コーナーで「才能なし!」と辛口の批評で人気の夏井いつきです。 面白いのは、辛口だけでなく、「凡人」、「才能なし!」句を解説、添削修正するテクニックです。 私は俳句を作るのに、まずは季語ありき、と思っていた。 季語の本を見ても、季語からイメージが湧いてこない。 だから一句も作れていない。 俳句に無知な私は、この本を読んで、季語を後付けする「取り合わせ」という作り方があることを知った。 芭蕉の有名な句、 夏草や兵どもが夢の跡 を、もし芭蕉が冬に詠んでいたら、 枯れ草や兵どもが夢の跡 でも成り立ちそうである。 第一部を読みながら、マーキングした箇所の一部の書き出しです。 俳句の作り方に「一物仕立て」と「取り合わせ」がある 紅梅や枝々は空奪ひあひ 鷹羽 狩行 白梅や父に未完の日暮れあり 櫂 未知子 「紅梅」の句が「一物仕立て」、「白梅」の句が「取り合わせ」です。 一物とは季語のことです。 「一物仕立て」には、観察力、観察を続ける根気、そして独自の表現力が要求されます。 一方「取り合わせ」は、ある季語に、それと一見関係ない季語以外の言葉を取り合わせる作り方です。 「一物仕立て」は難しい。 初心者は「取り合わせ」で作る。 私は季語を探して一物で句を作ろうとしていた。 だから一句も作れていない。 「取り合わせ」の基本 [五音の季語] [季語と関係ない十二音のフレーズ(俳句の種)]• 最初に俳句の種を作る。 どんなことでも俳句の種になります。 五感をフルに使い、新鮮でオリジナルティのある発想や自分らしい表現を見つけ(俳句の種)を作る• 「俳句の種」に合うイメージの季語をつけ加える。 十二音のフレーズで伝えたい思いを、五音の季語に託すのです。 茂木健一郎が対談で俳句と脳について述べている 俳句を通して鍛えた脳は、散文を書くのに応用できる。 細かいさまざま変化を見分けることは、人間の脳の進化においてひじょうに大事なことだといわれています。 俳句を通して、日常のちいさなことからひじょうに深い人生の真実までを発見すという経験を積み重ねられた脳は、漱石の場合のように、小説(散文)を書くことにも応用できるのです。 俳句はバイリンガル、認知症になりにくい。 バイリンガルの方は、認知症になりにくいというデータがあります。 日本語のほかに多国語を併用するというのは、それだけ脳内の言語の回路を強く使っているわけなので、認知症になりにくいということなのです。 —-日常のより散文的な日本語と、俳句的な日本語を使うときの脳の領域が異なるのです。 これは、ある種、バイリンガルじゃないかと思いますね。 大目次 はじめに:俳句を知ると世界が変わる! 第一部:俳句こそ人生だ 対談 茂木健一郎x夏井いつき 第二部:辛口先生の俳句道場 第三部:これぞ才能あり!

次の

プレバト俳句の夏井いつき先生著書、おすすめの本5冊紹介!

俳句 夏井 いつき

『プレバト俳句査定ランキング!』でおなじみの夏井いつき先生。 TBSの番組、プレバト!!では、芸能人が本気で取り組み、夏井先生の良い評価をもらうとこの上ない嬉しそうな顔になり、俳句の魅力が伝わってきます。 番組内でも夏井先生は「私の本で勉強してください」と、冗談交じりにおっしゃいますが、どんな本があるのでしょうか? 俳句の楽しさを広める活動をされています。 俳句の作り方、俳句の楽しみ方、入門書からやや難しいもの、沢山の著書があります。 本がどのような内容だったかを詠んだ本からご紹介しますので、何を買ったらよいか迷っている方の参考になればうれしいです。 (にわかファンで、俳句入門以下の私がおすすめするのもおこがましいですが・・) 説滅寸前季語辞典 俳句の勉強というより、読み物として。 夏井先生がおすすめしている本 新版 20週俳句入門 『世界一わかりやすい俳句の授業』の本の中で、夏井先生がおすすめしています。 基本の型を「世界一わかりやすい俳句の授業」で学びますが、 レベルの高い『取り合わせの型』が載っています。 歳時記とは? 歳時記とは、もともとは四季の事物や年中行事などをまとめた書物のことでしたが、現在では俳句の季語を集めて分類し、季語ごとに解説と例句を加えた書物のことを指します。 だれかが編集すれば、歳時記ができあがります。 いろいろな出版社が編集していますし、ポケットサイズから辞典くらいものもまでいろいろあります。 季節ごとに分かれているものも、全部で1冊になっているものも、写真が豊富なものも、いろいろ。 夏井先生は「最初はどんなものを買ってもいい。 基本情報はそんなに違わないので大きさと値段で決めればいい」とおっしゃっています。 合本俳句歳時記 第五版 角川書店編 こちら文庫本サイズ。 角川書店編の「」は1年分すべて入っていて情報量がおおいです。 第四版は2008年発行で、この第五版は11年ぶりに改訂されて、2019年に発行したばかりです。 一生ものとして使えますね。 活字を大きくした単行本サイズもあります。 「 」 カラー版 新日本大歳時記 こちらは夏井先生の愛用の歳時記。 カラーで写真がのっていて読んでいて楽しいらしい。 大きいので持ち歩き用ではありません。 絶版しているので、Amazonで中古品なら手に入ります。 プレバト俳句の他の記事もあわせてご覧ください。 プレバト俳句の記事まとめページはです。 過去の最高得点の俳句、鈴木光ちゃん全俳句やプロフィール、フルポン村上さんの俳句などのリンク集です。

次の

夏井いつきの俳句の実力と毒舌は本物か?経歴と夫や家族を紹介!

俳句 夏井 いつき

「まつやま俳句ポスト365」にも投句とともに、様々な質問・疑問が届きます。 角川書店『俳句』の「令和俳壇」夏井担当の頁にも沢山沢山届きます。 ラジオ『夏井いつきの一句一遊』も同じです。 それらの質問は、毎回繰り返される定番質問もあれば、 この質問に答えようとしたら本一冊書かないと無理・・・というタイプのもあります。 YouTubeを始めて、まだ2ヶ月なんだけど(え?まだ2ヶ月か) 次々に「あれもやりたい」「これについても語らねば」と、 やるべきリストがどんどん膨らんできてます。 俳句前夜の皆さん、初級・中級の皆さんを生徒と見立てて、 さまざまな動画を適宜アップしていく予定です。 絵や工作が苦手な正人を見るに見かねて、 ほぼ家族会社夏井&カンパニーには美術班ができ、 仕事の合間、ハサミ片手に工作してるのがなにやら微笑ましいです。 ということで、舞台はいつものここ。 それかい?ははは! 埼玉の令ちゃんから、小さな俳句の種蒔き報告とどきました。 今朝の生放送で発表したNHK『ぎゅっと四国』兼題「オリーブ」。 ホームページの結果発表、見てくれたんですね。 組長!! いつもありがとうございます!! 初めて、お便りします。 埼玉のいつき組裾野の、令ちゃんです。 私の俳句の種まきで、今やすっかり俳句にハマった友人がいます。 家にテレビは置 かない方で、携帯持たず、もちろんパソコンも無いので、私がせっせと代理投句してい ます。 私が挑戦する兼題を、彼女に伝えると、すぐに何句も送って来ます。 それ は、俳句歴半年の、彼女の歴史でもあります。 初心者なので、季重なりのオンパレードか、無季の句も多い。 逆に知らない言葉も 沢山! それらひとつひとつをチェックしてから、電話で話し合います。 プレバトの組 長の添削を見習って、彼女自身の言葉を引き出すよう、気をつけています。 そうやって 、あーでもないこーでもないと、話し合う事は、私自身も楽しく、大変勉強になります。 今回、松山放送の「四国めぐり」の「オリーブ」で、ふたり揃って[秀作]にとっ て頂きました! 組長!本当にありがとうございます!! 友人も大喜びです! 「これはグ リコのオマケ」だから、これからも、コツコツやって行きましょう!一緒に頑張りまし ょうと、盛り上がりました。 コロナで、大好きな趣味や観劇もできなくなり、自宅におこもりの日々ですが、俳 句のお陰で、毎日が楽しいと、その友人も大喜びです。 また、ひとりでいても、俳句で 誰かと繋がっている、と言う事も嬉しいです。 これからも、俳句を杖として「新しい日常」を、どう過ごしてゆくか、考えて行き たいです。 小池令香 日土さえずり句会の桃子ママから、追加のレポートです。 先日の蘇鉄の若葉の投稿に沢山のコメントありがとうございました。 面白がってくだ さっていて、嬉しかったです。 赤味噌代さんの書き込みに、質問がありました。 お返事をどこに送ればいいのかわから ないので、ここに送ります。 何でも五感で楽しまなくては! 触ってみると 全体に硬いのですが、短? い産毛がオレンジっぽい茶色のところは、 フワフワしてます。 が、強く握ると硬さを感じます。 匂ってみると 何にも匂いはしません。 こすっても匂いません。 先日の投稿から4日経った葉っぱを見ると、こうやって広がるのだとよくわかります。 勇気が無く、舐めてはいません。 まとむ母さんなら舐めたかなあ? 季語になってる「蘇鉄の花」は残念ながら咲いてません。 蘇鉄の若葉はみなさんのコ メントにもあったように連想力満点ですね。 赤味噌代さん、お役に立てたでしょうか? 桃子ママ 道後の社員寮の裏の小さな畑は、お庭番の烏天狗くんが造ってくれたもの。 私たちが旅から旅を続けている間は、色々お世話してくれるのだが、 コロナ自粛生活のおかげで、自分たちで畑の世話をするようになった。 カラスくんは、ものすごく広い田を請け負って稲作をしてるので、 今どきは、ものすごく忙しいだろうし、 私たちの小さな小さな畑ぐらいは自分たちでと思ったのが、きっかけなんだけど、 やってみると楽しい。 先月植えたミニトマトに青い実がなった。 可愛くてたまらない。 トマトもカマキリも、小さくてもトマトだしカマキリなんだよな、と眺めるだけで愛おしい。 今、雨が降り出した。 青いトマトも濡れてるに違いない。 いよいよ梅雨が始まるか。 いつもお世話になっています。 鯛飯です。 先日、松山市内のとある公園へ、木曜カルチャーの有志でアオバズク吟行という名の息抜きに出かけました。 今年もいつもの木にいつもの予定で渡って来て子育てをしています。 (写真1 アオバズク) 7月後半にはヒナの姿が見られるかもしれません。 カルチャー教室の句会も 3カ月休講で久々の再会でしたが、おばさまメンバーは元気一杯でありましたよ。 (あまり大勢に呼びかけるのもまだ気が引けるので数名としました。 句座の方々すみません。 ) 小一時間の観察と木陰での顔をそむけあった昼食後、えらい場面に遭遇しました。 (写真2) アオバズクと我々の目の前でカラスと蛇の闘いが繰り広げられました。 一羽のカラスが睨みあってる隙にもう一羽が尻尾をくわえて引っ張ります。 最初はいたずらかと見物してましたが、何度も執拗にくりかえすうちに蛇の反撃が弱くなります。 一羽は飽きたのか飛び去りましたが、独り占めしたカラス Aは、ぐったりした蛇を涼しい木陰まで引きずりこんで…嗚呼あとは言えない… 句会に参加出来ない日々ではありますが、コロナ対策、暑さ対策をしっかりやって、ミニ吟行を楽しみたいと思います。 43 recent comment.

次の