コロナ アルコール 依存 症。 コロナでアルコール依存症が増えた?お酒を美味しく飲むポイント10!

コロナの影響でアルコール依存症が増える?人がお酒をやめられない理由とは|魂を揺さぶるヨ!

コロナ アルコール 依存 症

新型コロナウイルスの影響で、外出の自粛や在宅勤務が長期化している。 働き方や生活時間の変化によるストレスで、お酒の量が増えている人も少なくない。 「巣ごもり」が続き、専門機関はアルコールへの依存に注意を呼びかけている。 「テレワークになって、オンとオフの時間の区別がほとんどなくなりました」 今月4日から在宅勤務を始めた横浜市の会社員の女性(34)は言う。 これまでは帰宅後の午後9時過ぎ、缶ビールなど2本程度を開けていたが、今は早ければ午後4時ごろから料理をしながら酒を口にする。 多い時で缶ビールやチューハイなど5本以上飲む日もあるという。 仕事はなくならないか。 給料が減らないか。 転職しようにも景気の悪化で無理かな……。 「いまの生活に何となく不安を感じて現実逃避したくなる。 だから4本、5本と開けちゃうのかも」 「巣ごもり需要」で家庭向けの缶入りアルコール商品は売れている。 緊急事態宣言が出て約2週間。 SNS上でも「外出が減り、人と会うことが減った。 代わりに酒量と体重が増えた」「2、3カ月に1回しか飲まなかったのに今は週5で飲む」という声があがる。 「生活に大きな変化がある今こそ、お酒とのつきあい方に注意してほしい」。 2013年4月に編集プロダクションから独立すると、在宅の仕事が増え、仕事と私生活の境目があいまいになった。 「酒が自分の生活のなかに細切れに侵食してきた」と振り返る。 フリーの仕事は充実している一….

次の

コロナウイルス騒動でビールの売上が増加!宅飲みでアルコール依存症が増える問題・危険性について|魂を揺さぶるヨ!

コロナ アルコール 依存 症

新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークや外出自粛など家で過ごす日々が続いている。 外に行けないと家での一杯が至福のひと時という人も多いことだろう。 巷ではオンライン飲み会も流行しており、お酒を飲む機会が増えている人もいるのではないだろうか。 また、ストレスで飲酒量が増えている人もいることだろう。 そんなときに気を付けたいのが「アルコール依存症」だ。 家飲みが増える今、どのようにアルコールと付き合っていけばよいのか、精神保健指定医で精神科専門医の髙木希奈医師に話を伺った。 家飲みはアルコール依存症になりやすい? 家飲みは依存症の第一歩? ずっと家にいることで、ストレス発散や不眠の対処として飲酒をするようになり、流行りのオンライン飲み会に誘われ、飲酒の機会が多くなり、さらに、店で飲むよりも安く済むことや、帰宅、終電などを考えなくてよいし、飲酒を止める人もいないので心ゆくまで飲むなど、飲酒量も増えていくといったことが予想される。 「依存症の患者さんの中では、仕事を退職してから何もすることがなくなり、これといった趣味も出かけるところもなく、家でお酒を飲んでばかりいて依存症になってしまったというケースが少なくありません。 髙木医師は家飲みが続く危険性を指摘する。 「依存症の患者さんは、大体の方が家で飲んでいることがほとんどです。 私たちも家飲みの機会が増えてくれば、アルコール依存症に移行する可能性があります」 ストロング系は飲みすぎ注意 ここ最近、ストロング系チューハイの危険性がニュースではよく取り上げられている。 ストロング系チューハイは安価で誰でも手に入れやすく、飲みやすい割にアルコール度数が高いのが特徴だ。 一気にたくさんの量を飲むことができてしまうため、アルコール中毒や異常酩酊が起こりやすいことが問題となっている。 一気に摂取するとアルコールの血中濃度が急激に上昇して、泥酔、昏迷状態に陥ったり、脱抑制となり衝動性が高まり、興奮して大声を出す、怒りっぽくなる、暴れたり物を壊したりとトラブルを起こしやすくなる可能性がある。 また、自傷行為や他害行為にまで至ってしまう危険性もあるといわれている。 「通常のお酒よりも、ストロング系チューハイは、問題行動が多く出現している印象があります。 依存症の患者さんが飲んでいるお酒を見てみると、『安くてアルコール度数が高く、少量でもすぐに酔える』お酒を飲んでいることがほとんどです。 高級ワインやアルコール度数が低いお酒を飲んでいる人はほとんどいません」 髙木医師によると、安価なもの、酸化防止剤や保存料、酸味料、香料、着色料などの添加物が多いもの、合成酒、質の悪い醸造酒などは避けたほうが賢明だという。 アルコール依存症になりやすい人は? 依存症かどうかを測る最も分かりやすい飲酒パターンとして、小宮山分類という分類方法がある。 A型 : 機会飲酒 飲み会、宴会、会合など、何かの機会があるときだけ飲酒 B型 : 習慣性飲酒 晩酌や寝酒など習慣的に飲酒するが、飲む量や時間帯が概ね決まっている飲み方 C型 : 少量分散飲酒 一人で週2日以上連続して、日常生活の合間合間に少量ずつちょこちょこと飲酒する D型 : 持続深酩酊飲酒 一人で週2日以上連続して、飲んでは寝て、起きてはまた飲む、を繰り返す A、B型は正常、C、D型はアルコール依存症とみなされる。 実際には、BとCの中間くらいのグレーゾーン 例えば、仕事が終わって家に帰ってきてから寝るまでずっと飲み続ける、連続していないものの、週2日以上、C型もしくはD型飲酒があるなど の人もかなりいることが予測されている。 依存症になるかならないかは、個人のアルコールに対する脳の感受性によって決まり、驚くべきことに、お酒が全く飲めない人でも依存症になる。 正常域から依存症になるまでは、早くて数年、長いと20年~30年かかります。 このため、若い方でも依存症になりますが、飲む頻度が多く年数が長い中高年のほうが多くなります。 ちなみに、人間が200歳くらいまで生きることができれば、全員依存症になるといわれています」 アルコール依存症になったらどうなる? アルコール依存症になったら現れる症状には以下のようなものがある。 ・精神依存 快楽を得るため、または量を減らすことによる苦痛 離脱症状など から逃れるために、「有害である」ことを知りつつも「連続的あるいは周期的に摂取したい」という自分の意志では抵抗できない強い欲求が起こり、飲酒せずにはいられなくなった状態 身体疾患のため飲んではいけないことを知っているのに飲酒する、社会生活上飲んではいけないことを知っているのに飲酒するなど となり、強化された摂取・探索行動 飲むために嘘をつく、隠す、脅す、泣き落とす、約束を破るなど をとる。 ・身体依存 アルコールが体内から消失したときに出現する、離脱症状や遷延性退薬症状 ・耐性 アルコールを飲み続けることにより、同じ量の飲酒でも効果が弱くなり 酔えなくなるなど 、同一の効果を得るために飲酒量が増えていく状態 ・アルコール性脳障害 ウェルニッケ脳症、コルサコフ症候群、前頭葉委縮、小脳変性、認知症、慢性硬膜下血腫、幻覚、嫉妬妄想、気分障害 躁・うつ 、不安障害、睡眠障害など ・アルコール性身体障害 脂肪肝、肝炎、肝硬変、心筋症、膵炎、食道静脈瘤破裂、胃潰瘍、ガン 口腔、咽頭、食道、肝臓など 、糖尿病、高血圧、末梢神経障害、性機能障害など 正しいお酒の付き合い方は? アルコール依存症の危険性は誰しもがあるもの。 しかし、お酒好きにとっては全く飲まないというのは難しいだろう。 髙木医師は、飲む量や時間を決めることが大切だと語る。 「家にいるからといってダラダラ飲むのではなく、夕食時だけ、休みの日だけ、といったように時間や1日の摂取量を決めて飲むことが大切です」 飲酒量については、「健康日本21」の中の「節度ある適度な飲酒」において、「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20g程度である」と定義されているため、これを参考にするとよい。 ただし、性別、年齢、基礎疾患などで個人の適正量は変わってくるため、注意が必要だ。 「ストレス発散や不眠の対処法として飲酒だけでなく、ほかに何か気分転換できることを見つけたほうがよいでしょう。 家にいてもできる楽しめること、趣味などを見つけたり、軽い運動や散歩、ストレッチなどを取り入れたりしながら、規則正しい生活リズムとバランスのよい食生活を送ることが何よりも重要です」 監修者: 髙木希奈 たかぎきな 精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医。 長野県出身。 聖マリアンナ医科大学卒業。 精神科病院及び産業医として企業に勤務。 一般社団法人 予防医療研究協会の理事等を務める。 趣味は海外旅行とスキューバダイビング。 オフィシャルブログは。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

新型コロナによる在宅勤務や社会不安から「アルコール依存症」を増やさない・早期改善のためにできること。|一般財団法人ワンネスグループのプレスリリース

コロナ アルコール 依存 症

家からあまり出ずに過ごしている方も多いだろう。 その弊害の1つとして、アルコール摂取量の増加がある。 家ですることがない、在宅勤務になった、などの理由により、飲酒量が増えたという声が少なくない。 筆者は新宿ゴールデン街でバーを経営しており、周囲にはお酒好きの人が多い。 現在、お店は休業中だが、SNSなどを通じて数名から生の声を聞くことができた。 在宅時間が長くなり、飲酒量が増える人多数 会社員のAさん 40代・女性 は、4月上旬からリモートワークになり、飲み始める時間が早くなったという。 「会社に出勤していたときは、20時ころから飲み始めていましたが、今はずっと家にいて、仕事量も減ったので、17時ころから飲み始めてしまいます。 まだ身体や生活に悪影響はないですが、このままではアル中一直線だと思って、慌ててノンアルコールビールを買ってきました。 人の道を踏み外したくないです」 Bさん 40代・女性 が働く会社も、在宅勤務になった。 始業から終業まで決まった時間に仕事をしているが、通勤時間がなくなった分、自由な時間が増え、飲酒量の増加につながっていると話す。 「翌日も始業時間までに起きればいいので、たくさん飲んでも大丈夫だろう、と思うようになってしまっています。 本当は増えた自由時間を、勉強や読書など有効なことに使いたいと思っているのですが、夜になるとついお酒の缶を開けてしまう。 こんな時間の使い方は間違っている、と自覚してはいるのですが」 芸能関係の仕事をしているCさん 40代・男性 は、休みの日が多くなったため、飲酒量も飲酒の時間も増えた。 「毎日かなり酔うまで飲んでしまっている。 今後は飲まないと眠れなくなりそうで怖い」と不安を吐露する。 フリーライターのDさん 30代・男性 は、対面での取材や打ち合わせがほぼなくなり、1日中家にこもる日々だ。 もともとお酒好きだったという同氏の飲み方は、聞いているだけで心配になる。 「コンビニで買った500円くらいのワインを、夜に1本開けて、酔っ払って眠ります。 朝起きたらコンビニに行き、またワインを買って飲み干して寝る。 夜に起きてまたワインを……そんな繰り返しです。 ウイスキーを飲むこともありますが、1瓶を1~2日で開けるのが当たり前。 さすがに自分でもやばいと思っています……」 このように、明らかにアルコール摂取量が増えたという人が少なくない。 いったいその危険性をどう理解し、対策をしたらいいだろうか。 アルコールなどの依存症対策に取り組む、特定非営利活動法人アスクの代表・今成知美さんに聞いた。 今、お酒に関する悩みは増えていますか? 過去、大きな災害の後に、アルコール依存症の人が増える傾向がありました。 阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震のときもそうでした。 被災していない方も、自粛ムードを受けて家にこもるようになり、お酒好きの方はつい酒量が増えてしまうのです。 今回は災害ではありませんが、それ以上に影響がある状況です。 外出できないだけでなく、自粛要請がいつまで続くかわからないため、人々のストレスはたまる一方です。 こうしたとき、アルコール依存症になる危険は高まります。 会社員の方は、リモートワークに切り替わる人が多く、「何時に出社する」「人に会うのでお酒の匂いをさせたらまずい」などの制限がなくなるため、飲酒の歯止めが効きにくくなりがちです。 定年退職した後に、朝からお酒を飲む人が増える傾向がありますが、それに近い状況になってしまいます。 現在、アルコール依存症に該当するのは約100万人ですが、疑いがある予備軍は約300万人います。 さらに依存症や健康被害だけでなく、深酒による暴言や暴力、ネグレクト、翌朝の飲酒運転などにつながるような、多量飲酒をしている人は約1000万人います。 こういった人たちが、コロナを機に、一気に飲酒量が増えてしまう危険性があります。 特に今は、アルコール度数の強いお酒が、コンビニなどで安く手軽に買えてしまうので、注意が必要です。 アルコール摂取量が増えると、免疫力が低下します。 さまざまな病気にかかる可能性が高まりますし、今ですと、新型コロナウイルスへの影響も心配です。 運動不足にもなるので、健康面にも大きな悪影響が出ます。 喫煙をしている方はなおさらでしょう。 家族で暮らしている方は、周囲に大きなストレスを与えてしまいます。 昼からお酒を飲んでいるのを、心配した家族がやめさせようとして、ケンカになってしまうかもしれない。 子どもの前で怒鳴りあいや暴力が始まることも。 家庭崩壊につながりかねません。 1日の飲酒量の上限を決めて、日々記録していくことが大事です。 飲酒量の上限は、厚生労働省のガイドラインである、純アルコール1日20グラムを目安にするのがよいでしょう。 この量であれば、健康リスクがそこまで高くありません。 肝臓を休ませる意味で休肝日と言いますが、脳にもいい影響があります。 毎日飲んでしまうと、脳がアルコールを欲するようになり、依存症への近道です。 また、お酒なしでは眠れない状態にもなってしまいます。 これらを踏まえて、カレンダーなどに、日々の飲酒量を記録していきます。 ほかにはどんなことが効果的ですか。 お酒の代わりに炭酸水や冷たい麦茶を飲むと、飲んだ気になって気がまぎれます。 お酒を飲むとしても、「19時より前には飲まない」など、開始時間のルールを設けることも効果的です。 あとは、お酒の買いだめをしないこと。 家にたくさんあると、ある分だけ飲んでしまいかねませんから。 ストックがある場合でも、その日に飲む分だけ冷蔵庫で冷やすようにしましょう。 飲む前にご飯を食べて、おなかいっぱいにしておくことでも、飲みたい気持ちを抑制できます。 お酒を控えたいと思っている方は、読みたい本を読んだり、見たい映画やDVDを見たり、資格試験の勉強をしたりと、今だからできることに目を向けてみてはどうでしょうか。 外に出られなくても、お酒以外の楽しみを見つけ、目標を持って過ごせば、日々にメリハリが生まれやすくなります。 それでも、どうしてもお酒を減らすことができなかったら、お近くの精神保健福祉センターへ早めに相談してください。

次の