秋田 イオン タピオカ。 秋田初!?『飲むたぴおかプリン』11月16日(土)発売 生産者直営たまご専門店「たまごの樹」で年間10万個を売り上げる人気商品「たまごプリン」がタピオカとマリアージュ!|有限会社瀧田養鶏場のプレスリリース

【秋田市】イオンモール秋田にタピオカドリンクのお店「FOOD BOAT cafe」オープン!(12/13)

秋田 イオン タピオカ

オリジナルタピオカがなんとSサイズ240円より! フードボートカフェはタピオカの卸事業も手掛けている会社ということもあり、 Sサイズ240円からと 業界最安値レベルの価格設定になっています。 ミルクティー• ウーロンミルクティー• ほうじ茶ミルクティー はSサイズ240円。 Mサイズ310円。 Lサイズ380円。 タピオカマンゴージュース• タピオカガヴァジュース• タピオカブラッドオレンジ• タピオカパインジュース• タピオカライチジュース• タピオカパッションジュース• タピオカマンゴーブラッドオレンジ• タピオカパッションオレンジ• タピオカマンゴーパイン• タピオカパッションマンゴー はSサイズ350円。 Mサイズ420円。 Lサイズ490円。 それぞれ• +30円で氷少なめ• +50円でタピオカ多め• +50円でホイップクリーム増量 することができます! タピオカは一番小さいサイズでも量が多く、後半少し飽きてしまったり、残してしまったりすることもあるのですが、飲みやすいSサイズからラインナップされているのがとても嬉しいですね。

次の

【タピオカ開店7月】秋田県大仙市のイオンモール大曲に「サハンジ/SAHANJI」がオープン!おすすめメニューや場所なども紹介

秋田 イオン タピオカ

出典: オリジナルタピオカ もちもちのブラックタピオカを使った「オリジナルタピオカ」シリーズは、Sサイズが248円、Mサイズが324円、Lサイズが410円! 「タピオカ増量(プラス50円)」や「ホイップクリーム(プラス50円)」、「氷少なめ(プラス30円)」にカスタマイズすることもできます。 その他、トロピカルジュースを使ったものや、アップルやブルーベリーなどのフレーバーが入ったものもあります。 タピオカ自体に味が付いていて、その上にフレーバーソースがかけられています。 芯まで味が染みこんだタピオカとドリンクの組み合わせを楽しむことができますよ。 他には「抹茶」や「チョコレート」「キャラメル」などもあります。 人気No. 1は「ブラックティー」のミルクティーだそうです。 ミニメルツアイスクリーム 『FOOD BOAT cafe』では、つぶつぶアイスの「ミニメルツアイスクリーム」も食べることができます。 マイナス196度の液体窒素で瞬時に凍らせて作っているという、小さくてカラフルでポップな球状のアイスですよ。 出典: 「レインボーアイス」や「レモンライム」「コットンキャンディー」など、いろいろな味があります。 価格は1個356円。 プラス50円でホイップクリームもトッピングできます。 出典: HPPジュース 果汁ジュースの「HPPジュース」もあります。 加熱殺菌ではなく「冷圧殺菌」という製法で作られていて、果物の香りや味わい、色合いをできるだけ守っているそうです。 出典: こちらの人気No. 1はキウイとホワイトグレープをミックスした「キウイミックス」です。 甘酸っぱい風味と種のつぶつぶ感を楽しめます。 出典: 他には「ベリーミックス」と「グリーンベジタブルミックス」「ストロベリー」「マンゴーミックス」もあります。 (Sサイズ399円、Lサイズ820円) HPPジュースにタピオカをトッピングすることもできますよ。 メニュー表 どのドリンクもアイスも美味しそうで気になりますね。 ショッピングモールの中なので、駐車場や天候をまったく気にすることなく、買い物ついでに気軽にタピオカを楽しめるのも嬉しいところ。 12月13日のオープンの日を楽しみに待ちたいと思います! 詳細情報 店舗名:FOOD BOAT cafe オープン日:2019年12月13日(金) 営業時間:9時~21時 場所:イオンモール秋田1階(秋田県秋田市御所野地蔵田1丁目1-1) 関連情報:.

次の

【タピオカ開店12月】イオンモール秋田にフードボートカフェがオープン!人気メニュー紹介

秋田 イオン タピオカ

秋田県の生産者直営のたまご専門店「たまごの樹」 有限会社瀧田養鶏場、代表取締役:瀧田 稔、秋田県秋田市、URL: では、2019年11月16日 土 より、たまご専門店『たまごの樹』で大人気の「たまごプリン」がタピオカとマリアージュした、秋田で初!?の『飲むたぴおかプリン』を販売します。 秋田で初!?飲むプリン!! 2. 純国産鶏種「もみじ」の新鮮卵を贅沢に使用した飲めるプリン!! 3. この純国産鶏種「もみじ」は、日本全体の採卵数の僅か6~7%と希少な卵です。 鶏に食べてもらう餌や水にもこだわり、天然の植物やヨモギ、海藻、にんにく、唐辛子、ワインの搾り粕等、贅沢にも人間が食べられる食材を飼料として使用しております。 そして地下25mから引き上げる秋田の井戸水を使用し、自家処理したイオン水を使用することで元気で美味しいたまごが産まれてきます。 そのもみじ卵は採卵後24時間以内に「たまごの樹」各店へと配送され、新鮮な卵をふんだんに使用したプリンが店舗スタッフにより心を込めて毎日作られています。 通常よりカラメルの苦みを強くしたことで甘いプリンを最後まで飽きずに召し上がっていただけるよう調整し、秋田美人にも大人気のブラックタピオカも入れてみました。 また、フェアトレードで生産者からの適正価格での仕入れを続け、商品の高品質を維持するため今後も消費者への直接販売を続け、直営店での販売をメインに事業を進めてまいります。 「うれしい」「楽しい」「ありがとう」「感謝」をモットーに皆様に喜んでいただけるようにこれからも邁進し、たまごを販売することでお客様に幸せをお届けします。

次の