野口 みずき。 野口みずきは現在、上海に移住して中国語ペラペラ!?結婚した夫は関テレカメラマンとの噂!

野口みずき杯 2019 中日三重 お伊勢さんマラソン(三重県 伊勢市朝熊町 三重県営サンアリーナ)

野口 みずき

2004年のアテネ五輪で 金メダルを獲得し、翌2005年には今も破られていない 「日本記録・2時間19分12秒」を打ち立てたマラソン元日本代表の 野口みずき(のぐちみずき)さん。 2016年に現役を引退するまでに、沢山の大会で活躍されてきた野口さんでしたが、 北京五輪の際には怪我でまさかの 5日前の出場辞退となり、当時、世間からは非難の声などを浴びせられたそうです。 そんな世間の反応を受けて、野口さんはなんと1ヶ月の間、失踪をされたそうなのですが、その経緯などについてはこれまで広く語られてきた事はなかったと言います。 という事でこの記事では、そんな野口さんの、• プロフィール・経歴• 北京五輪辞退後の失踪の真相• 結婚と現在 といった話題について、探ってみたいと思います。 野口みずき(のぐちみずき)のプロフィール・経歴 それではまずは初めに、野口さんのプロフィールや現役時代の主な活動歴などをご説明したいと思います。 走った距離は自分を裏切らない。 (野口みずき) — アスリート名言 suportsmeigenn1 野口 みずき(のぐち みずき) 生年月日 1978年7月3日(39歳) 出身地 三重県 血液型 O型 身長・体重 150cm・40kg 学歴 伊勢市立厚生中学校、立宇治山田商業高等学校 活動 陸上競技(長距離走・マラソン)元選手 <主な成績>• 2002年名古屋国際女子マラソン1位• 2003年世界選手権パリ大会2位• 2003年大阪国際女子マラソン1位• 2004年アテネオリンピック1位• 2005年ベルリンマラソン1位(日本記録、当時のアジア記録)• 2007年東京国際女子マラソン1位 など。 野口さんは、三重県出身の現在 39歳の元マラソン選手になります。 友人に誘われた事をきっかけに、中学時代より陸上部に所属した野口さんは、高校に進学すると3000mでインターハイに出場、駅伝などでも活躍を見せました。 高校を卒業後は、ワコール、グローバリー、シスメックスの順に所属。 当初はハーフマラソンで活躍し、その実力は 「ハーフの女王」と呼ばれるほどだったそうです。 そんな野口さんでしたが、2000年7月の札幌国際ハーフマラソンで、 高橋尚子さんと競り合い、後に高橋さんがシドニー五輪女子マラソンで金メダルを獲得した事に影響されて、 「自分も高橋選手のようにオリンピックの女子マラソンで優勝したい」と思うようになったそうです。 そして初のフルマラソンとなった2002年の名古屋国際女子マラソンで見事優勝。 その後も、2003年の世界選手権パリ大会での銀メダル獲得、2004年のアテネオリンピック女子マラソンでの金メダル獲得など、輝かしい成績を収めました。 しかし野口は、アテネ五輪以降、ケガとの闘いに苦しむようになっていきます。 そしてアテネの次の五輪である北京五輪女子マラソンでは、出場予定だったにも関わらず、左足太股の肉離れによって大会開催の5日前に出場辞退を表明されました。 (この時のエピソードは次章でご説明いたします。 ) 野口さんは、その後も怪我に悩まされ、全盛期と同じような力を発揮出来ない日々が続き、ロンドン五輪出場なども目指されていたようですが、達成出来ませんでした。 さらにその後もリオ五輪出場を目指し、2016年3月に名古屋ウィメンズマラソンに出場しましたが、結果は奮わずリオ五輪女子マラソン日本代表選出は叶いませんでした。 そして、2016年4月に現役引退し、5月にはシスメックスを退社されました。 北京五輪辞退後と失踪の真相 北海道で五輪を見ていた? そんな野口さんでしたが、前項で少し説明しました通り、北京五輪前に怪我をし、5日前に出場を辞退されました。 野口さんはこれに伴い、バッシングされ、非難のメールや手紙が殺到、 「非国民」と呼ぶ人の声もあがったと言います。 その後、野口さんは 1か月間、失踪し、人々の前から姿を消していたそうです。 この時、野口さんが何処に身を潜めていたのか、また何故、大事な五輪前に怪我を負ってしまったのか、あまり公には語られる事はなかったようです。 しかし、そんな騒動から9年の歳月が経ち、現在は上海に暮らす野口さんは、当時の事を以下のように語っています。 2個目の金メダルを取りたいという目標があったので、アテネ五輪よりもさらに強い脚力を鍛えようとして、脚のケガに至ってしまいました…。 今だから言えることですけど、極秘で 北海道に身を潜めていました。 引用: そして野口さんは、北京五輪を身を潜めていた北海道のホテルで見ていたそうです。 また、別の記事では以下のような野口さんのコメントも紹介されていました。 本来なら北京五輪へ出場するはずでしたが、故障で出場することができず申し訳ないと思っています。 私が五輪へ出られなくて不満に思う人もいると思うし、監督と広瀬さん(永和・コーチ)を批判する声も出ていましたが、二人は本当に最後まで私を守ってくれました。 故障の原因はやっぱり自分だったので……。 余裕を持ってやっていけばよかった時に、 五輪を意識し過ぎて練習をやり過ぎてしまったんです。 ガンガン追い込んでしまったことで左足に疲労が集中して、それが結果的に故障へつながったんだと思います。 引用: 欠場を決めた時は『悔しい!』と言うのが一番大きかったですね。 監督や広瀬さんも悔しかったと思うけど、二人の判断は正しかったと、今になって痛感しています。 ストップをかけてもらったことは、選手生命という面から見てもよかったと思います。 引用: 欠場発表の直前、野口さんと廣瀬コーチは寮を脱出し、京都市内のホテルに1泊したあと、身を隠すために北海道の別海に向かったそうです。 廣瀬コーチはTシャツ、短パン、サンダル姿で飛行機に乗り、まるで夜逃げのような状態だったのだとか。 また野口さんは、 故障後は1週間ほど休養していたそうですが、また走りたくなってしまい、結局、北海道の自然の中で走っていたと言います。 まだ痛いのに走ってしまって、また悪くなるということを繰り返していた という野口さんですが、それくらい野口さんにとって走る事は日常の一部となっていたとおっしゃられていました。 野口みずきは一般人と結婚し、現在は上海在住 そんな野口さんですが、2016年に現役を引退されてから、同年の7月に三重県伊勢市で、 一般男性と結婚式を挙げた事を発表。 その後、旦那さんが中国の 上海市に仕事の都合で転勤になったことから、野口さん自身も現在は上海市に移住しているそうです。

次の

野口みずき 五輪辞退し失踪してた!理由は怪我で北海道に?現在は夫の仕事で上海に

野口 みずき

野口みずき(シスメックス)と渋井陽子(三井住友海上)の対決でハイペースは必至とみられていた東京国際女子マラソン。 雲ひとつ無い青空の下での戦いは、予想外の展開で始まった。 競技場内の1キロを3分24秒で通過した後も、ペースは思ったほど上がらない。 5キロ通過は16分38秒。 1999年の山口衛里の大会記録時の16分24秒どころか、昨年の土佐礼子の16分30秒をも下回る入りになった。 野口は「本当はガンガン行こうかと思っていたけど、向かい風があったので慎重にいこうと思って」と言う。 強い時には4〜5メートルになる向かい風が集団のペースを抑えた。 15キロを過ぎて大南博美(トヨタ車体)と2004年優勝のブルーナ・ジェノベーゼ(イタリア)が遅れ、トップ集団は野口と渋井、サリナ・コスゲイ(ケニア)の3人になるが、20キロまでの5キロは17分13秒に落ち込み、中間点通過も1時間11分18秒。 冷たい雨の中のレースだった昨年より34秒も遅れ、記録への期待が薄れてきた。 「五輪の切符もかかっているし、みんなも調子が良いというから不安でした」と野口は言う。 彼女にとっては2年ぶりのマラソン。 豊富な練習量と順調な調整には自信があっても、精神的には自重せざるを得ない状況だったのだ。 並走する渋井も、どこかリズムに乗り切れない走りだった。 野口の本当の強さが発揮されたのは、追い風になった後半だった。 練習は順調だったが、1週間前の雨中の練習で風邪気味になっていたという渋井の脚色が重くなってきた29キロ過ぎにスパートして渋井を置き去りにしてからだ。 この瞬間、テレビ画面は渋井が若干遅れ始めたかに見えた映像を最後に、約1分30秒のCMに入ってしまっていた。 だが、27キロまでのラップを見ると、1キロを3分25秒ほどで走っていた。 そこから30キロまで、3キロのラップタイムは10分ちょうど。 1キロ平均3分20秒になることになり、スパートした29キロからはそのペースを3分10秒ソコソコまで上げた計算になる。 「30キロまでにはスパートしたいと思っていたから、あの辺で仕掛けないとヤバイなと思って。 周りを見たというより、自分の体の感覚でしたね。 何かが『出ろ!』って降りてきたんですよ(笑)」と話した野口に後で確かめると、「3分10秒までいってなかったけど、10秒台にはなっていたと思います」と言う。 追い風になった5キロを16分39秒に上げた野口の走りは、前半とは違う伸びやかなものになった。 30キロ過ぎも1キロ3分10秒台のペースを維持して5キロを16分26秒とペースを上げ、34キロ過ぎにはコスゲイも離し始めたのだ。 一時は10メートル近く離されたコスゲイは意地を見せて35キロから追いかけ始め、35.4キロ地点ではいったん野口に並んだ。 だが、彼女の頑張りもそこまでだった。 上り勾配になったコースを野口が3分20秒前後のペースで押すと力尽き、徐々に離されていく。 野口が、急勾配の四谷見附の上り坂を3分23秒、3分29秒でカバーすると、そこで完全に勝負は決まった。 上り坂の40キロまでのラップタイム16分56秒は、男子選手顔負けのスピード。 ラスト2.195キロも自己ベストの7分13秒でカバーした。 「大会記録は目標にしていたけど、前半が向かい風だったからレース中はあまり意識しませんでした。 でも、ラスト5キロくらいで行けるかなと思って」 野口は大会記録を35秒上回る2時間21分37秒でゴールして北京五輪代表を確実にしたのだ。 「野口も渋井さんを意識してたから、彼女がズルズル落ちて行ってからは気持ちが楽になったのでしょうね。 上り坂に来たらコスゲイは落ちるだろうと思っていましたから。 ああいうレースでもうまくまとめられたというのは、練習を積み上げてきたという自信があったからだと思います」と、指導する藤田信之監督は評価する。 レーススタート時に18度だった気温は、最高22.5度まで上がった。 これがレース前の天気予報どおりに曇りで最高気温16度程度で、なおかつ風がなければ彼女は2時間20分ソコソコの記録で走っていたのは確実だろう。 日本陸上競技連盟の河野匡男子マラソン部長はこう言う。 「昆明の40キロを2時間22分で走るのはすごいことなんです。 北京マラソンに出場した男子選手でも2時間20分でしたからね。 彼女は今、2時間18分台で走る力を持っているはずですよ。 今回も条件さえ良ければ、日本新は確実だと思っていましたよ」 今年の東京は、期待した「渋井とのハイレベルな競り合い」こそ見られなかったものの、あらためて野口の強さと、アテネ五輪以降の、29歳になっても進化する彼女のすごさを見せつけられたレースだった。 <了>.

次の

野口みずきは現在は夫のカメラマンと結婚して上海に移住をしていた

野口 みずき

jaaf. 年齢の離れたお姉さんとお兄さんがいるようで野口みずきさんは末っ子のようですね。 体重は40 kg ありますが現役時代からまた少し変わっているでしょうか。 マラソンで残された成績や記録は素晴らしいものがありますよね、 後で見ていきますね! 野口みずきさんがマラソンを始められたきっかけは友人に誘われたことから始まります。 そして高校時代には3000 M でインターハイに出場され駅伝でも活躍されています。 高校卒業後はワコールに入社されますが、監督が退職をされるということで野口みずきさんも共に退社を決意されます。 (当時のワコール監督は藤田信之さんです。 ) そして1999年にグローバルへ入社され、 ここではハーフマラソンで多くの実績を上げられ犬山ハーフマラソンでは優勝されています。 (ハーフマラソンでは34戦21勝という記録を残されています。 ) 「ハーフの女王」と呼ばれていました。 このハーフマラソンでのスピードはフルマラソンでとても活かされ、 野口みずきさんは150 CM と低めの身長ですがそれを感じさせないとてもダイナミックなストランド走法が野口みずきさんの武器です。 オリンピックでの金メダルや日本記録を達成されたのも努力ゆえですよね。 後にグローバリーの不祥事により陸上部が廃部された事をきっかけに、2005年12月1日付でシスメックスに移籍されました。 livedoor. 野口みずきさんの成績は 2002年に名古屋国際女子マラソンで優勝しています(2時間25分35秒) これが野口みずきさんの初マラソンとなりました。 2003年には世界陸上競技選手権パリ大会に出場し2位の成績を収められています。 (2時間24分4秒) そして2004年のアテネオリンピックでは金メダル、優勝されています。 (2時間26分2秒)当時 26歳です!テレビでみて、 今でもとても感動したのを覚えています。 2005年のベルリンマラソンでも優勝されます。 (2時間19分12秒) これはアジア記録と日本記録を更新した日でした。 そして当時の世界第3位の記録となりました。 (ちなみのこの時の獲得賞金は7万ユーロ・約945万円です) その後2008年の北京オリンピックに向けて練習に励まれていたのですが、怪我で欠場することに。。 アテネ五輪以降は野口みずきさんにとってケガの闘いでもありました。 2006年9月24日のベルリンマラソンへの出場も予定されていたのですが、練習中に左足首の故障のために断念されています。 そして翌年の2007年4月のロンドンマラソンにも出場予定でしたが、左足首(アキレス腱)の故障が再発してしまいました。 怪我は本当に野口みずきさんにとってとっても悔しいことだったと思います。 そして2008年の北京五輪女子マラソン本番前には、帰国しMRIの検査で左足太股の肉離れを起こしていることも判明。 2012ロンドン五輪、 2016リオ五輪への出場は目標として掲げながらも、実現は難しく 2013年世界陸上に出場した際は、無念の途中棄権になりました。 そして、2016年3月の名古屋ウィメンズマラソンの出場が最後となり 2016年4月に現役引退発表されています。 引退の記者会見では、 「ワコールに入社した時『足が壊れるまで走りたい』と言った。 本当に自分が納得する迄走り切れた。 すがすがしい気持ち」「2年前から心と体のバランスが悪くなった。 思うようにトレーニングが出来ず、その辺りから引退が頭の中にあった」 と、話されています。 高校を卒業して実業団に入ったときに、 「足が壊れるまで走りたい」 と決意を述べていた野口みずきさん。 有言実行、本当にかっこいい女性ですね。 最後まで諦めない、なんども挑戦して走り続けた野口みずきさん、本当に素敵な尊敬する女性です!! スポンサードリンク 野口みずき(マラソン選手)さんの現役時代の練習量がエグイ! 野口みずきさんの練習量が本当に半端ないんです。 徹底した練習量によって小柄な野口みずきさんがあんなにもスピードが出る走りを作ることができたんだと思います。 毎日練習で 40km走る野口みずきさんは、アテネオリンピックに出場する前の合宿では1日に平均77kmを走ったとのことなんです。 びっくりですよ、、やばい練習量。 エチオピアの世界記録保持者のベケレ選手はこれを聞いて 「クレイジーだ」と。 77キロってどのくらいなのか、と思って調べましたら, 東京の港区から神奈川の秦野市までいけます。 やばいです。。 野口みずきさんの練習量は国内唯一と言われていました。 「走った距離は裏切らない」 とおっしゃる野口みずきさん。 有言実行で本当にすばらく精神力が強い女性です! こういったきつい練習が後の怪我に影響を及ぼしてしまったのかとは思いますが、スポーツ選手は怪我で悩む方が多いですよね、体を駆使しています。 ですがオリンピックで金メダルを取り、150 CM の小柄な身体であれほどの距離をあのスピードで走れるということをやってきた野口みずきさんは本当にすごい女性ですよね。 ちなみに野口みずきさんの身長が 150cmで高橋尚子さんが 163cmなので、 13cmの差があります。 この差は長い距離を走ると大きな差になりますよね。 ほんとすごいですよね。。 スポンサードリンク.

次の