ハイ スクール dd 順番。 アニメ ハイスクールD×D | BS11(イレブン)

【アナザーエデン】初心者おすすめ!序盤の効率的な攻略方法まとめ【アナデン】

ハイ スクール dd 順番

ビーバップハイスクール映画順番とあらすじ ビーバップハイスクール(1作目) 公開:1985年12月14日 監督:那須博之 出演者:仲村トオル、清水宏次朗、中山美穂、宮崎ますみ あらすじ ビーバップハイスクール第1作目の映画、 私立愛徳高校に通うダブりの不良、中間トオルと加藤ヒロシが主人公、 トオルはストレートのリーゼントに、中ラン、 ヒロシはパーマのリーゼントに短ランがトレードマーク、 同じクラスの、中山美穂演じる、泉今日子を取り合っていた。 新たに入学してきた1年の不良のトップ大前均太郎をサッカーの試合でぶっ飛ばしたり、 対立する立花商業の番長の菊永との抗争など、 恋に喧嘩に忙しい毎日を送っていた。 そんな2人だったが、ある2人の不良と喧嘩になるが、 その不良達は戸塚水産高校に通う生徒だった。 戸塚水産は不良学生の吹き溜まりで、 卒業生のほとんどがヤクザになるという極悪学校だった。 2人は、その戸塚の無線課に通う生徒で、 中村竜雄、通称ヘビ次、 中村虎雄、通称ネコ次という凶暴な兄弟の舎弟だった。 舎弟がやられた事に激怒したヘビ次とネコ次は、 トオルとヒロシを狙い、愛徳と戸塚が戦争になる。 トオルとヒロシを探す戸塚は今日子を拉致する。 出典:goo. 今日子が転校させられる事になり、 電車で旅立つところに、トオルとヒロシが駆けつけるのですが、 その電車の中で座っている、 今日子のデカイサングラスとベレー帽姿は最高です。 伝説となっている、 走っている電車の中での戸塚との乱闘は迫力があります。 トオルの蹴りで電車の開いているドアから外に吹っ飛ばされた、 戸塚の不良が池に落とされ、 もう一人も、トオルとヒロシが二人掛かりで、 窓がから下の池に投げ落とします。 タイミングを間違えたら、確実に死ぬという危険な撮影です。 (スポンサーリンク) ビーバップハイスクール 高校与太郎哀歌(2作目) 公開:1986年8月9日 監督:那須博之 出演者:仲村トオル、清水宏次朗、中山美穂、宮崎ますみ あらすじ 大ヒットしたビーバップハイスクールの続編、 愛徳高校と対立する城東工業はボンタン狩りと称して他校の生徒をボコボコにして、 ボンタンを脱がせて奪っていた。 城東のボンタン狩りを指揮していた、 藤本輝夫(テル)は城東の番長の山田敏光に肩を並べる為に過激さを増していき、 トオルを拉致してトオルのボンタンは狩られてしまう。 山田はヒロシを倒し、ヒロシのボンタンを狩り、 テルにボンタン狩りは辞めろと忠告。 城東にやられて落ち込むトオルとヒロシだったが、 ノブオや均太郎達が奮起し城東のボンタン狩りを始める。 今日子を騙してトオルとヒロシを呼び出したテルと山田だったが、 愛徳のメンバーも乱入して、最後の戦いとなる。 出典:goo. このテルの存在感はインパクト絶大で、 ビーバップハイスクールで最も印象に残るキャラクターは?と聞かれて、 テルと答える人が多いのも納得できます。 それ以外には、山田敏光を演じた土岐光明の棒読みのセリフも下手過ぎて、 笑えてしまいます。 特に喫茶店の後ろの席からテルに話しかけるシーンは最高に笑えます。 均太郎も一作目と役者さんが変わってめっちゃデブになっているのも面白いです。 ビーバップハイスクール 高校与太郎行進曲(3作目) 公開:1987年3月21日 監督:那須博之 出演者:仲村トオル、清水宏次朗、宮崎ますみ、五十嵐いずみ あらすじ 前半は、桜ヶ丘の偏差値番長腹巻鉄也達との抗争、 後半は高校無期停学組との抗争が描かれている。 アメリカに留学した今日子がいなくなりテンションが下がるトオルとヒロシ、 進学校、桜ヶ丘高校、創立以来のワル、腹巻鉄也と揉めた愛徳メンバーだったが、 立花のミノルも巻き込んで大乱闘に発展するが勝利する。 そんなトオルとヒロシだったが、 北高の前川、立花の菊永達といる時に高校を無期停学にされて群れている不良、 須賀良治のグループと揉める事になる。 出典:goo. 翔子役の五十嵐いずみも地味な顔なので、 ヒロインとしては役不足です。 今作で登場する立花のナンバー2のミノルを演じたのが、 前回の作品で山田敏光を演じた土岐光明。 原作のミノルにそっくりで、 ミノルを演じる為に生まれてきた様な男です。 桜ヶ丘高校との乱闘で、ミノルも参戦しますが、 トオルとヒロシとの戦いで、線路の上で戦うことになるが、 電車が迫る中ギリギリで電車をかわすミノルがスリリングです。 ビーバップハイスクール 高校与太郎狂騒曲(4作目) 公開:1987年12月12日 監督:那須博之 出演者:仲村トオル、清水宏次朗、宮崎ますみ、五十嵐いずみ あらすじ 前半は少女隊が演じる中学生達とのからみと、 トオルが真面目な男に変装して、 女の子達と遊びに行く軽いエピソードから始まる。 偶然ヒロシは女子大生まゆみと知り合いになるが、 2人でいるところに、城東工業を退学になった、柴田と西がからんでくる。 トオルも巻き込み、柴田と西達と抗争になる。 柴田に狙いを定め柴田をボコボコにしたトオルとヒロシだが、 歯を折られた柴田は復讐する為に、トオルとヒロシを付け狙う。 出典:goo. 三原山順子役の宮崎ますみ、如月翔子役の五十嵐いずみも登場しますが、 ヒロインとしてのパワーはありません。 また、前半部分で登場する、 中学生トリオ、里子、百合、エミをアイドルグループ少女隊の、 トモ、レイコ、ミホが演じ花を添えました。 最後の柴田と西のバトルで、 捕まったヒロシの救出に馬に乗って助けに来るトオル。 そして、更にそこから、まさかのアニメになって、 丘から飛んで来るというぶっ飛んだ展開は、 伝説と言っても過言ではない。 ビーバップハイスクール 高校与太郎音頭(5作目) 公開:1988年8月6日 監督:那須博之 出演者:仲村トオル、清水宏次朗、宮崎ますみ、立花理佐 あらすじ 相棒のヒロシが検挙され勾留中で1人残された、 愛徳の不良学生トオルは、北高の2年の生徒と揉める。 北高のトップの前川とは友達だったため、 揉めるつもりはなかったトオルだったが、 北高の2年工藤達は、前川の支配に不満を持っていて、 立花や愛徳の生徒を巻き込んで、全面戦争に持って行こうとする。 前川とトオルは戦争にならない様に話し合いをするが、 工藤達北高の2年は、愛徳をどんどん追い込んでいき、 避けられない戦争になる。 出典:goo. 今回の物語は原作の北高との抗争を描いているのですが、 原作のハイライトシーンは映画前半で描かれていて、 一旦工藤達にトオルは原作と同じ流れで勝利するが、 それでも、工藤達は諦めず戦争を仕掛けてくる。 また、今回前回敵だった、 退学組の柴田と西が仲間に加わりトオルと一緒に戦う。 以前敵だった相手が、 仲間に加わるという少年漫画的な要素も加わっています。 後半の抗争は映画オリジナルですが、 前半部分はかなり原作を忠実に再現しています。 ビーバップハイスクール 高校与太郎完結篇(6作目) 公開:1988年12月17日 監督:那須博之 出演者:仲村トオル、清水宏次朗、宮崎ますみ、立花理佐 あらすじ 自分の中学校の後輩カブの喧嘩に介入した均太郎、 そこに立花の菊永も現れた、 カブの喧嘩相手のリョウは菊永と親しかった事から、 菊永はリョウに相手に均太郎が付くなら、 立花の菊永が付くから、カブ達をブチのめせと喧嘩を煽る。 立花の番長の菊永と均太郎では役者が違う、 すっかり意気消沈のカブ達、当然均太郎も菊永にかなうわけがない。 後輩の前で恥をかかされた均太郎だった。 後日翔子に連れられて、トオルの元を訪れたカブは、 トオルに喧嘩の助っ人を依頼する。 トオルは翔子にいいところを見せる為に、 愛徳がカブの後ろ盾になる事を約束して、 均太郎に喧嘩の指揮を取る様に命令する。 愛徳と立花の喧嘩をみんなの前で宣言するトオルだったが、 ヒロシは喧嘩に反対する。 出典:goo. 初期の作品はかなり映画のオリジナリティがあったが、 セリフもほとんど漫画のセリフそのまま採用している。 キャラクターでは、 ホラ吹きの丸野を演じた我王銀次が赤井英和に似ているのと、 川端純をこの作品では的場浩司が演じています。 的場浩司の登場はこの完結編のみです。 前半ヒロシとの絡みや、立花との喧嘩などで純の活躍がありますが、 なかなかの存在感を放っています。 最後の乱闘は、ヒロシがパラシュートで登場するなど、 相変わらずなめちゃくちゃな乱闘で、作品の歴史に幕を閉じました。 ビーバップハイスクールを見る ビーバップハイスクールの映画シリーズは、 動画サイトU-NEXTの無料お試しを利用すれば、 今すぐ無料で見れます。 お支払い情報の登録は必要ですが、 無料期間のみの利用も可能です。 (スポンサーリンク) 関連記事.

次の

スロット ハイスクールD×D スペック・天井・導入日など

ハイ スクール dd 順番

今何作品?映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの時系列順 現在公開されている「ミッション:インポッシブル」シリーズの映画6作品は、「公開年度順」に並べると、次のとおりです。 『ミッション:インポッシブル』(1996年)• 『ミッション:インポッシブル2』(2000年)• 『ミッション:インポッシブル3』(2006年)• なので「ミッション:インポッシブル」は上記の公開された順番に見ていけば大丈夫ですね。 いまのうちに過去作をチェックしておくのがおすすめですね! 「ミッション:インポッシブル」の概要。 視聴するならココをチェック! 映画『ミッション:インポッシブル』は、アメリカのスパイ組織「IMF」のエージェントであるイーサン・ハントの活躍を描くアクション映画シリーズ。 主演のトム・クルーズだけでなく、ジェレミー・レナー(に出演)やサイモン・ペグ(に出演)などの豪華キャストも登場。 アクションだけでなく、ストーリーや登場人物の会話まで楽しめる最高の映画だと思っています! ミッション:インポッシブルの映画シリーズは「 」という動画サイトで限定配信されています。 ネットですぐ視聴できるので、時間のある人はぜひ見てみてほしいですね。 下記のリンクから視聴できます。 まとめて視聴するのがおすすめですね。 ではミッション:インポッシブルの全作品を「時系列順」でくわしく解説していきましょう。 予習や復習などにぜひ活用してみてください。 映画ミッション:インポッシブル・シリーズ「5作品」の時系列とあらすじ一覧 『ミッション:インポッシブル』(1996年) 映画『ミッション:インポッシブル』のあらすじ イーサン・ハントは、アメリカ中央情報局(CIA)の特殊作戦部・IMF(Impossible Mission Force)でスパイと暗殺を行うエージェントである。 イーサンは、ある日、ジム・フェルプスが率いるIMFチームの一員として、チェコ共和国のプラハでとある任務を命じられる。 その任務の内容は、CIAのシークレット・エージェントのリストが流出した原因を解明することだった。 しかし、謎の邪魔が入り、任務は失敗。 イーサン以外のメンバーが次々に殺されてしまう。 なんと任務の本当の目的は、IMFにひそんでいる「裏切り者」をあぶり出すことだったのだ。 最後に生き残ったイーサンはその裏切り者として「密告者」の容疑をかけられるも、なんとか逃亡。 イーサンは、唯一生き残った仲間のクレアと共に、IMF内部にひそむ「裏切り者」を探そうとするのだが…。 第1作目『ミッション:インポッシブル』の見どころは、映画の中盤以降、侵入不可能のCIA本部に突入するシーン。 トム・クルーズとジャン・レノの共演は、それだけで見ごたえがありますね。 クレア役の女優・エマニュエル・ベアールが、ものすごく美人で、そこも良い。 エジプト人やギリシャ人、イタリア人などの血を引くハーフだからでしょうね。 続編となる『ミッション:インポッシブル2』以降は登場しません。 ちなみに1作目『ミッション:インポッシブル』は、アクションは少なめ。 でもストーリーや展開がほんとに最高なので、どうぞお楽しみに! 『ミッション:インポッシブル2』(2000年) 映画『ミッション:インポッシブル2』のあらすじ オーストラリアのバイオサイト製薬会社は、感染後20時間で治癒不可能となるウイルス「キメラ」を開発していた。 ある日、研究員のネコルヴィッチ博士は、キメラを自らに投与し、その治療薬「ベレロフォン」と共にアトランタへ向かおうとする。 護衛役として、IMFのエージェント・イーサン・ハントが同乗していたが、なんと彼はニセモノだった。 イーサンに変装していた男・ショーン・アンブローズは、博士は飛行機ごと墜落させて殺害。 この事件を受け、IMF本部はイーサンに「キメラ」と「ベレロフォン」の奪還を命じる。 イーサンはまずショーンの元恋人で、盗みのプロであるナイア・ホールを仲間にし、アンブローズの元に潜入させる。 すると、ショーンの目的が判明。 なんとショーンは、治療薬を販売して金儲けするため、バイオサイト製薬会社の社長と取引をしていたのだ。 イーサンはキメラをばらまく計画を阻止しようとするが、ショーンの元に戻ったナイアに恋をしてしまい…。 第2作目『ミッション:インポッシブル2』の見どころは、前作の何倍も色っぽく、かっこよくなったトム・クルーズの演技ですね。 ヒロイン・ナイア役の女優タンディ・ニュートンとの相性もバッチリです。 1作目から4年も経っていますが、アクションも映像も格段に進化しています。 クライマックス辺りの「バイク・アクション」も、疾走感バツグンでたまりませんね〜。 ただし、あの予想を裏切る前作のようなストーリー展開はありません! 前作で活躍してくれたルーサー役の俳優・ヴィング・レイムスも登場です。 ルーサーは、このあとの続編にも頻繁に出演するレギュラー・キャスト。 名前と顔は覚えておきましょう! 『ミッション:インポッシブル3』(2006年) 映画『ミッション:インポッシブル3』のあらすじ CIAのスパイ組織IMFの諜報員であるイーサン・ハントは、現在、現場からは退き、教官として後輩の指導・育成をしている。 ただ婚約者のジュリアやその家族には、仕事のことを内緒にせざるを得なかった。 そんなある日、イーサンに、かつて指導していた教え子のリンジー・ファリスが捕らえられたという情報が届く。 ジュリアのことを想い、現場には戻りたくないイーサンだったが、リンジーを助けるために出動。 だがリンジーは頭に埋め込まれた爆弾によって死んでしまう。 悲しみに暮れるイーサンだったが、彼女が死ぬ前に作成した隠しメッセージが届き、これを解読する。 すると、IMF指揮官のブラッセル局長が闇の密売人オーウェン・デイヴィアンと繋がっているという事実が判明した。 結婚式をすませたイーサンは、真相を明らかにするため、再び招集した仲間とともにヴァチカン市国のとあるパーティに潜入し、デイヴィアンを拉致、拘束。 しかし最後の最後で何者かの邪魔が入り、デイヴィアンを逃してしまう。 やがて怒り狂ったディヴィアンは、ジュリアを誘拐し、彼女を人質として謎のブツ「ラビット・フット」を持ってくるように脅迫してくる。 48時間以内というジュリアが殺されてしまうタイムリミットが迫るなか、イーサンは突然現れたIMFの局員たちに拘束されてしまい…。 第3作目『ミッション:インポッシブル3』の見どころは、めちゃくちゃテンポよく進むストーリー展開とその緊迫感ですね。 過去作と比べてもとにかくテンポがいい。 ぐいぐい引き込まれてしまいます。 また、スパイであることを妻に隠しているが、妻が敵に連れ去られてしまい助けに行く。 というストーリーも「王道」でかなり楽しめますね。 あとアジア系の女優であるマギー・Qやヒロイン役のミシェル・モナハンなど美しい女優の活躍シーンが目立ちます。 『ミッション:インポッシブル』シリーズはこの3作目にして、演技、アクション、ストーリーの3点が過去最高レベルのクオリティになってると思いました。 ロシア情報局の核戦略担当者・コバルトに渡されるはずのその極秘ファイルがモローに盗まれてしまったのだ。 一方、ベテラン諜報員となっていたイーサン・ハントはモスクワ刑務所に収監されていた。 そこで故ハナウェイの所属していたチームのリーダー・のジェーン・カーターと、内勤から現場諜報員に昇格したベンジー・ダンがイーサンをイーサンを脱獄させる任務を受ける。 自らの脱出に合わせ、おなじく収監されていた情報屋のボグダンを脱獄させたイーサンは、IMFに戻り、旧ロシア帝国の宮殿クレムリンに潜入し、コバルトの正体を探ることに。 だがそこにコバルトの組織も現れ、証拠隠滅のためにクレムリンを爆撃される。 爆破に巻き込まれたイーサンは、搬送された病院でロシア諜報員のアナトリー・シディロフに「爆破テロの首謀者」だと疑われるも、隙を見て逃亡し。 IMFに助けを求める。 ところが、迎えに来たIMF長官は、新たな任務をイーサンに告げた後、シディロフの舞台の奇襲を受けて死亡。 ついに「エージェントが逮捕、殺されても政府は一切関与しない」というゴースト・プロトコルが発動してしまい、IMFのサポートを失ってしまったイーサンらは、失敗すれば「核戦争を先導するテロリスト」の汚名を着せられてしまうリスクのなか、「コバルト」というコードネームを名乗っていた核戦争論者のカート・ヘンドリクスの計画を阻止しなければいけなくなり…。 これぞミッション:インポッシブルという騙し合いが楽しめます。 インドでの最終バトルも最高に熱いです。 相棒のルーサーはほとんど登場しませんが、代わりにベンジーが活躍。 ベンジーの方がコミカルで面白い演技をしてくれるので面白いですね。 ネタバレになるので書きませんが、イーサンと妻のジュリアに関するエピソードは泣けます。 ミッション:インポッシブルシリーズで一番感動したかも。 だが、新たな指令を受けようと訪れたIMFのロンドン支部で、謎の犯罪組織「シンジケート」のワナにかかり、拘束されてしまう。 そこで出会った謎の美女イルサに助けられ、なんとか脱出するイーサン。 一方、CIA長官アラン・ハンリーは、IMFの過去の危険な捜査を理由に、米国政府の特別委員会に「IMFの解体」を提案していた。 IMF分析官のブラントの必死の抵抗もむなしく、IMFの解体は承認され、CIAに組織ごと取り込まれることが決定。 そしてハンリー長官は、シンジケートを「イーサンがでっち上げた架空の犯罪組織」とみなし、彼を反逆者として指名手配してしまう。 やがて、独自に捜査を続けたイーサンは、シンジケートが各国の元諜報員たちによって構成された犯罪組織だと突き止める。 またしてもIMFの後ろ盾がなくなったイーサンは、CIAの厳しい追跡の目をかいくぐりながら、シンジケートのボス・ソロモン・レーンやMI6(イギリス秘密情報部)の長官アトリーを追いつめなれけばいけなくなり…。 だれが「敵」で、だれが「味方」なのか、ちゃんと見てないと分からなくなります。 その点は、1作目に近いかもしれませんね。 そして、アクションも相変わらずかっこいいです。 初っ端から「即死級」のアクションを見せつけてくれて、銃撃戦や格闘戦も見てるだけで楽しいですね。 イルサやレーン、アトリー、ハンリー長官あたりは必須。 顔と名前を覚えられない人には難しい映画かもしれません。

次の

ミッション:インポッシブルはこの順番で見よう:シリーズ6作品の時系列とあらすじを一覧解説【トム・クルーズ】

ハイ スクール dd 順番

今何作品?映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの時系列順 現在公開されている「ミッション:インポッシブル」シリーズの映画6作品は、「公開年度順」に並べると、次のとおりです。 『ミッション:インポッシブル』(1996年)• 『ミッション:インポッシブル2』(2000年)• 『ミッション:インポッシブル3』(2006年)• なので「ミッション:インポッシブル」は上記の公開された順番に見ていけば大丈夫ですね。 いまのうちに過去作をチェックしておくのがおすすめですね! 「ミッション:インポッシブル」の概要。 視聴するならココをチェック! 映画『ミッション:インポッシブル』は、アメリカのスパイ組織「IMF」のエージェントであるイーサン・ハントの活躍を描くアクション映画シリーズ。 主演のトム・クルーズだけでなく、ジェレミー・レナー(に出演)やサイモン・ペグ(に出演)などの豪華キャストも登場。 アクションだけでなく、ストーリーや登場人物の会話まで楽しめる最高の映画だと思っています! ミッション:インポッシブルの映画シリーズは「 」という動画サイトで限定配信されています。 ネットですぐ視聴できるので、時間のある人はぜひ見てみてほしいですね。 下記のリンクから視聴できます。 まとめて視聴するのがおすすめですね。 ではミッション:インポッシブルの全作品を「時系列順」でくわしく解説していきましょう。 予習や復習などにぜひ活用してみてください。 映画ミッション:インポッシブル・シリーズ「5作品」の時系列とあらすじ一覧 『ミッション:インポッシブル』(1996年) 映画『ミッション:インポッシブル』のあらすじ イーサン・ハントは、アメリカ中央情報局(CIA)の特殊作戦部・IMF(Impossible Mission Force)でスパイと暗殺を行うエージェントである。 イーサンは、ある日、ジム・フェルプスが率いるIMFチームの一員として、チェコ共和国のプラハでとある任務を命じられる。 その任務の内容は、CIAのシークレット・エージェントのリストが流出した原因を解明することだった。 しかし、謎の邪魔が入り、任務は失敗。 イーサン以外のメンバーが次々に殺されてしまう。 なんと任務の本当の目的は、IMFにひそんでいる「裏切り者」をあぶり出すことだったのだ。 最後に生き残ったイーサンはその裏切り者として「密告者」の容疑をかけられるも、なんとか逃亡。 イーサンは、唯一生き残った仲間のクレアと共に、IMF内部にひそむ「裏切り者」を探そうとするのだが…。 第1作目『ミッション:インポッシブル』の見どころは、映画の中盤以降、侵入不可能のCIA本部に突入するシーン。 トム・クルーズとジャン・レノの共演は、それだけで見ごたえがありますね。 クレア役の女優・エマニュエル・ベアールが、ものすごく美人で、そこも良い。 エジプト人やギリシャ人、イタリア人などの血を引くハーフだからでしょうね。 続編となる『ミッション:インポッシブル2』以降は登場しません。 ちなみに1作目『ミッション:インポッシブル』は、アクションは少なめ。 でもストーリーや展開がほんとに最高なので、どうぞお楽しみに! 『ミッション:インポッシブル2』(2000年) 映画『ミッション:インポッシブル2』のあらすじ オーストラリアのバイオサイト製薬会社は、感染後20時間で治癒不可能となるウイルス「キメラ」を開発していた。 ある日、研究員のネコルヴィッチ博士は、キメラを自らに投与し、その治療薬「ベレロフォン」と共にアトランタへ向かおうとする。 護衛役として、IMFのエージェント・イーサン・ハントが同乗していたが、なんと彼はニセモノだった。 イーサンに変装していた男・ショーン・アンブローズは、博士は飛行機ごと墜落させて殺害。 この事件を受け、IMF本部はイーサンに「キメラ」と「ベレロフォン」の奪還を命じる。 イーサンはまずショーンの元恋人で、盗みのプロであるナイア・ホールを仲間にし、アンブローズの元に潜入させる。 すると、ショーンの目的が判明。 なんとショーンは、治療薬を販売して金儲けするため、バイオサイト製薬会社の社長と取引をしていたのだ。 イーサンはキメラをばらまく計画を阻止しようとするが、ショーンの元に戻ったナイアに恋をしてしまい…。 第2作目『ミッション:インポッシブル2』の見どころは、前作の何倍も色っぽく、かっこよくなったトム・クルーズの演技ですね。 ヒロイン・ナイア役の女優タンディ・ニュートンとの相性もバッチリです。 1作目から4年も経っていますが、アクションも映像も格段に進化しています。 クライマックス辺りの「バイク・アクション」も、疾走感バツグンでたまりませんね〜。 ただし、あの予想を裏切る前作のようなストーリー展開はありません! 前作で活躍してくれたルーサー役の俳優・ヴィング・レイムスも登場です。 ルーサーは、このあとの続編にも頻繁に出演するレギュラー・キャスト。 名前と顔は覚えておきましょう! 『ミッション:インポッシブル3』(2006年) 映画『ミッション:インポッシブル3』のあらすじ CIAのスパイ組織IMFの諜報員であるイーサン・ハントは、現在、現場からは退き、教官として後輩の指導・育成をしている。 ただ婚約者のジュリアやその家族には、仕事のことを内緒にせざるを得なかった。 そんなある日、イーサンに、かつて指導していた教え子のリンジー・ファリスが捕らえられたという情報が届く。 ジュリアのことを想い、現場には戻りたくないイーサンだったが、リンジーを助けるために出動。 だがリンジーは頭に埋め込まれた爆弾によって死んでしまう。 悲しみに暮れるイーサンだったが、彼女が死ぬ前に作成した隠しメッセージが届き、これを解読する。 すると、IMF指揮官のブラッセル局長が闇の密売人オーウェン・デイヴィアンと繋がっているという事実が判明した。 結婚式をすませたイーサンは、真相を明らかにするため、再び招集した仲間とともにヴァチカン市国のとあるパーティに潜入し、デイヴィアンを拉致、拘束。 しかし最後の最後で何者かの邪魔が入り、デイヴィアンを逃してしまう。 やがて怒り狂ったディヴィアンは、ジュリアを誘拐し、彼女を人質として謎のブツ「ラビット・フット」を持ってくるように脅迫してくる。 48時間以内というジュリアが殺されてしまうタイムリミットが迫るなか、イーサンは突然現れたIMFの局員たちに拘束されてしまい…。 第3作目『ミッション:インポッシブル3』の見どころは、めちゃくちゃテンポよく進むストーリー展開とその緊迫感ですね。 過去作と比べてもとにかくテンポがいい。 ぐいぐい引き込まれてしまいます。 また、スパイであることを妻に隠しているが、妻が敵に連れ去られてしまい助けに行く。 というストーリーも「王道」でかなり楽しめますね。 あとアジア系の女優であるマギー・Qやヒロイン役のミシェル・モナハンなど美しい女優の活躍シーンが目立ちます。 『ミッション:インポッシブル』シリーズはこの3作目にして、演技、アクション、ストーリーの3点が過去最高レベルのクオリティになってると思いました。 ロシア情報局の核戦略担当者・コバルトに渡されるはずのその極秘ファイルがモローに盗まれてしまったのだ。 一方、ベテラン諜報員となっていたイーサン・ハントはモスクワ刑務所に収監されていた。 そこで故ハナウェイの所属していたチームのリーダー・のジェーン・カーターと、内勤から現場諜報員に昇格したベンジー・ダンがイーサンをイーサンを脱獄させる任務を受ける。 自らの脱出に合わせ、おなじく収監されていた情報屋のボグダンを脱獄させたイーサンは、IMFに戻り、旧ロシア帝国の宮殿クレムリンに潜入し、コバルトの正体を探ることに。 だがそこにコバルトの組織も現れ、証拠隠滅のためにクレムリンを爆撃される。 爆破に巻き込まれたイーサンは、搬送された病院でロシア諜報員のアナトリー・シディロフに「爆破テロの首謀者」だと疑われるも、隙を見て逃亡し。 IMFに助けを求める。 ところが、迎えに来たIMF長官は、新たな任務をイーサンに告げた後、シディロフの舞台の奇襲を受けて死亡。 ついに「エージェントが逮捕、殺されても政府は一切関与しない」というゴースト・プロトコルが発動してしまい、IMFのサポートを失ってしまったイーサンらは、失敗すれば「核戦争を先導するテロリスト」の汚名を着せられてしまうリスクのなか、「コバルト」というコードネームを名乗っていた核戦争論者のカート・ヘンドリクスの計画を阻止しなければいけなくなり…。 これぞミッション:インポッシブルという騙し合いが楽しめます。 インドでの最終バトルも最高に熱いです。 相棒のルーサーはほとんど登場しませんが、代わりにベンジーが活躍。 ベンジーの方がコミカルで面白い演技をしてくれるので面白いですね。 ネタバレになるので書きませんが、イーサンと妻のジュリアに関するエピソードは泣けます。 ミッション:インポッシブルシリーズで一番感動したかも。 だが、新たな指令を受けようと訪れたIMFのロンドン支部で、謎の犯罪組織「シンジケート」のワナにかかり、拘束されてしまう。 そこで出会った謎の美女イルサに助けられ、なんとか脱出するイーサン。 一方、CIA長官アラン・ハンリーは、IMFの過去の危険な捜査を理由に、米国政府の特別委員会に「IMFの解体」を提案していた。 IMF分析官のブラントの必死の抵抗もむなしく、IMFの解体は承認され、CIAに組織ごと取り込まれることが決定。 そしてハンリー長官は、シンジケートを「イーサンがでっち上げた架空の犯罪組織」とみなし、彼を反逆者として指名手配してしまう。 やがて、独自に捜査を続けたイーサンは、シンジケートが各国の元諜報員たちによって構成された犯罪組織だと突き止める。 またしてもIMFの後ろ盾がなくなったイーサンは、CIAの厳しい追跡の目をかいくぐりながら、シンジケートのボス・ソロモン・レーンやMI6(イギリス秘密情報部)の長官アトリーを追いつめなれけばいけなくなり…。 だれが「敵」で、だれが「味方」なのか、ちゃんと見てないと分からなくなります。 その点は、1作目に近いかもしれませんね。 そして、アクションも相変わらずかっこいいです。 初っ端から「即死級」のアクションを見せつけてくれて、銃撃戦や格闘戦も見てるだけで楽しいですね。 イルサやレーン、アトリー、ハンリー長官あたりは必須。 顔と名前を覚えられない人には難しい映画かもしれません。

次の