比企ヶ谷八幡ss。 八幡「ボッチなおれの学校生活」

比企谷八幡 (ひきがやはちまん)とは【ピクシブ百科事典】

比企ヶ谷八幡ss

八幡「ボッチなおれの学校生活」 ssnote• 八幡「ボッチなおれの学校生活」 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• この作品は執筆を終了しています。 八幡「ボッチなおれの学校生活」• 29049• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• ちこくするからはよ準備しろ」 小町「え? ……今何時? ってやっばぁ!!!!! 」 八幡「良いじゃねぇかよ どうせ遅刻確定だろ」 小町「そうだけど!!! お兄ちゃん」 八幡「おう」 さてと……ゆっくりいくか キコキコ キコキコ キコキコ 八幡 あぁ この土手はやっぱり気持ちいいなぁ キコキコ ガンッ 八幡「うわわわっ!! いこーぜーww」 八幡 zzzzzzzzzzzz• 「………ねぇ 」• 」 八幡 にしてもやっぱり戸部たちはうるさい 八幡 あのレベルになるともはやちょっとした不快害虫だなw 八幡 キンチョー〇で死ぬかなぁ…• がはっ!!! 何かいったか比企ヶ谷?? ぼくはただ先生がいくつになっても美し 平塚「衝撃のっ、ファーストブリットォ!! 」ドゴォ 平塚「全く君は学習能力が皆無だな」 平塚「まぁ いい 次の授業もあるし帰るとしよう」 ツカツカ• 」 雪ノ下「そう。 」 雪ノ下「由比ヶ浜さん、こんにちは」 由比ヶ浜「ヒッキーもやっはろー! 更新遅いですがたのしんでいただけたらです!! 八幡「というかその やっはろーって言うの流行ってんのか? こないだ小町も言ってたぞ…」 由比ヶ浜「えっ! 小町ちゃんが!!? やっぱり小町ちゃんはセンスいいなぁ この挨拶の良さに気付くなんて…」 八幡「え その挨拶ってセンスいいのか? 」 雪ノ下「私もそれに関しては異議を唱えたいわね…」 由比ヶ浜「えぇーー!! やっぱり二人ともセンスないなぁ」• ヒッキーまだそれで呼ぶとか信じらんないし!! 」 八幡「あぁわかったわかった、ごめんってゆいゆい」 由比ヶ浜「あー! 」 八幡「……ああいうののことをキモいって言うんだ、わかるな? なんで我いきなり罵倒されてんの? 飲む飲む!」 雪ノ下「そう。 カチャカチャ トクトク 雪ノ下「はい、由比ヶ浜さん。 できたわ」 由比ヶ浜「わーい! ゆきのんありがとー! 」 雪ノ下「と、そこの腐った目の人 あなたの分よ」㌧ 八幡「! あの雪ノ下が優しい?! やっぱゆきのんの淹れる紅茶はすっごくおいしいよー!! 」 雪ノ下「そう。 」ダキッ! 雪ノ下「あ、あの 由比ヶ浜さん。 暑いのだけれど」• 「八幡!! 」 八幡 この声!! どうしたの? 」 八幡 SA・I・KAだぁー!! 戸塚「もう! はちまん、聞いてるの?? 」 八幡「おぉ、ごめんごめん 考え事してたんだ」• 部活は?」 八幡「あぁ、ちょっと色々あって出てきたんだよ」 八幡「あ そんなに気にするようなことじゃないから」 戸塚「ホント? ホントだ! 八幡と話すと楽しいからすぐ時間が過ぎちゃうな じゃあまたね、八幡! 八幡 よし、行くか! ギコギコ キコギコ 八幡 そういや朝事故ったんだったな 音がする キコギコ ギコキコ• しばらくお待ちください。 あ ヒキオじゃん」??? 「あれ、ヒキタニ君いるのか? 優美子? 」 八幡「は、ひゃい!!! 」ビクゥッ 三浦「てかヒキオ、結衣は? 」 八幡「え…部活じゃ……ないんでしょうか?」 お前が手に持ってるケータイで連絡とれるだろうが… 三浦「ふーん」カツカツ 葉山「ごめんな、ヒキタニ君」サワヤカー• お陰で書ききれました! もしまた見かけたらよろしくお願いします• それ以外は良かったと思います。 話に言わせて貰うと、ありきたりな話だったかなと思います。 長文&駄文失礼しました。 少し前のSSはもう少し見ごたえがあったが……。 あ、ついでに作者さん、死 んでいいよ。 読み応えがあるss見たいなら改善点をあげるなりして良い作品を書いて貰うようにした方が良い思うけど。 もうちょっと頭使ったら?• 本当にありがとうございました。 また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 あき• 1 投稿数• 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」カテゴリの最新記事• 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

比企ヶ谷八幡ss

八幡「ボッチなおれの学校生活」 ssnote• 八幡「ボッチなおれの学校生活」 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• この作品は執筆を終了しています。 八幡「ボッチなおれの学校生活」• 29049• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• ちこくするからはよ準備しろ」 小町「え? ……今何時? ってやっばぁ!!!!! 」 八幡「良いじゃねぇかよ どうせ遅刻確定だろ」 小町「そうだけど!!! お兄ちゃん」 八幡「おう」 さてと……ゆっくりいくか キコキコ キコキコ キコキコ 八幡 あぁ この土手はやっぱり気持ちいいなぁ キコキコ ガンッ 八幡「うわわわっ!! いこーぜーww」 八幡 zzzzzzzzzzzz• 「………ねぇ 」• 」 八幡 にしてもやっぱり戸部たちはうるさい 八幡 あのレベルになるともはやちょっとした不快害虫だなw 八幡 キンチョー〇で死ぬかなぁ…• がはっ!!! 何かいったか比企ヶ谷?? ぼくはただ先生がいくつになっても美し 平塚「衝撃のっ、ファーストブリットォ!! 」ドゴォ 平塚「全く君は学習能力が皆無だな」 平塚「まぁ いい 次の授業もあるし帰るとしよう」 ツカツカ• 」 雪ノ下「そう。 」 雪ノ下「由比ヶ浜さん、こんにちは」 由比ヶ浜「ヒッキーもやっはろー! 更新遅いですがたのしんでいただけたらです!! 八幡「というかその やっはろーって言うの流行ってんのか? こないだ小町も言ってたぞ…」 由比ヶ浜「えっ! 小町ちゃんが!!? やっぱり小町ちゃんはセンスいいなぁ この挨拶の良さに気付くなんて…」 八幡「え その挨拶ってセンスいいのか? 」 雪ノ下「私もそれに関しては異議を唱えたいわね…」 由比ヶ浜「えぇーー!! やっぱり二人ともセンスないなぁ」• ヒッキーまだそれで呼ぶとか信じらんないし!! 」 八幡「あぁわかったわかった、ごめんってゆいゆい」 由比ヶ浜「あー! 」 八幡「……ああいうののことをキモいって言うんだ、わかるな? なんで我いきなり罵倒されてんの? 飲む飲む!」 雪ノ下「そう。 カチャカチャ トクトク 雪ノ下「はい、由比ヶ浜さん。 できたわ」 由比ヶ浜「わーい! ゆきのんありがとー! 」 雪ノ下「と、そこの腐った目の人 あなたの分よ」㌧ 八幡「! あの雪ノ下が優しい?! やっぱゆきのんの淹れる紅茶はすっごくおいしいよー!! 」 雪ノ下「そう。 」ダキッ! 雪ノ下「あ、あの 由比ヶ浜さん。 暑いのだけれど」• 「八幡!! 」 八幡 この声!! どうしたの? 」 八幡 SA・I・KAだぁー!! 戸塚「もう! はちまん、聞いてるの?? 」 八幡「おぉ、ごめんごめん 考え事してたんだ」• 部活は?」 八幡「あぁ、ちょっと色々あって出てきたんだよ」 八幡「あ そんなに気にするようなことじゃないから」 戸塚「ホント? ホントだ! 八幡と話すと楽しいからすぐ時間が過ぎちゃうな じゃあまたね、八幡! 八幡 よし、行くか! ギコギコ キコギコ 八幡 そういや朝事故ったんだったな 音がする キコギコ ギコキコ• しばらくお待ちください。 あ ヒキオじゃん」??? 「あれ、ヒキタニ君いるのか? 優美子? 」 八幡「は、ひゃい!!! 」ビクゥッ 三浦「てかヒキオ、結衣は? 」 八幡「え…部活じゃ……ないんでしょうか?」 お前が手に持ってるケータイで連絡とれるだろうが… 三浦「ふーん」カツカツ 葉山「ごめんな、ヒキタニ君」サワヤカー• お陰で書ききれました! もしまた見かけたらよろしくお願いします• それ以外は良かったと思います。 話に言わせて貰うと、ありきたりな話だったかなと思います。 長文&駄文失礼しました。 少し前のSSはもう少し見ごたえがあったが……。 あ、ついでに作者さん、死 んでいいよ。 読み応えがあるss見たいなら改善点をあげるなりして良い作品を書いて貰うようにした方が良い思うけど。 もうちょっと頭使ったら?• 本当にありがとうございました。 また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 あき• 1 投稿数• 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」カテゴリの最新記事• 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

八幡「ボッチなおれの学校生活」

比企ヶ谷八幡ss

net 店長「八幡ちゃん~!4番テーブルと5番テーブルお好み焼き追加でたのむ!」 八幡「あいよ!」 大学2年も半ば、長い夏休みを目前とした俺は資金確保のためにアルバイトをしていた。 642 ID:4O0KhLv0M. net 店長「いや~八幡ちゃんたすかるわ~いっそ大学卒業したら正社員になんない~?給料はずむわ~ん」 八幡「い…いや、まあその卒業して職がなかったら…」 クラスメイト「おーい!ハチ!バイト終ったら帰りアパートで飲もうぜー!」」 八幡「ったく、昨日も飲んだばかりだろ…まあいいけどさ」 大学で友達もできた。 net 八幡「ただ酒飲めるなら参加してもいいけど俺は別に女目的で参加なんぞしないからな」 クラスメイトA「ったくお前はいつもこーなんだから。 でもそんなお前が俺は好きだけどな」 八幡「おいおい、俺はそっちの毛は無いぞ!」 ああ楽しい。 net そして翌日合コンにて 海老名「比企谷君…好きです…付き合ってください」 八幡「悪りぃ…俺さ、今が好きで…そう言う気がおきねーんだ…」 合コンで海老名と再会した 高校の頃は腐ではあったが可愛くスクールカースト上位にいたこいつだが 大学デビューしてからは漫画研究会に入り高校の時よりも若干地味な印象になった。 203 ID:pu1dvCF00. net 八幡のアパートにて 正直もう鬱陶しくて面倒でなにもかもが嫌になったんだっけ… 雪ノ下と由比ヶ浜の傍に居ると精神が磨り減る。 めんどくさい考察で相手の感情を読んだり期待したり… そんな事するだけで時間の無駄だったんだなって今ははっきりわかる。 net 八幡「久々に会ったんで俺からのおごりだ」 つ(生ビール2つ) 三浦「マジ!?つーかあんた変わったよなああのヒキヲだろ~?マジしんじらんねー!」 葉山「なんか気を使わせてしまって悪いな」 八幡「気にすんなよ。 成長すりゃ嫌でも人間変わるよ」 三浦「あんた姫菜振ったんだってね?」 八幡「っ…やっぱ耳に入るわな」 三浦「でも今のあんたなんつーの?腐ってないっつーかわりといい男だしさー。 net バイト終了 店長「あーら八幡ちゃん。 ありがたくっ」 クラスメイトA「ハチ、悪りぃ…彼女から呼び出しうけちまったわ…」 八幡「おーおーリア充はつらいねぇ。 net 八幡「失礼します」 ??「どうぞ…」 八幡「ソーセージ盛り合わせとビールジョッキ中。 お待たせしました!」 ??「…」 八幡「うげ…」 ピシャ 戸を閉めて去ろうとした瞬間強引に開け帰された。 net 店長「もう~八幡ちゃんたら~長ったらしくお客さんとお話してちゃだめよ…ってあらあらまぁまぁ…」 八幡「すみません店長。 すぐもどりま」 店長「なによもう~八幡ちゃんも隅に置けないわね~いいわ。 今日は働き責めで休憩とれてないんでしょ?少しお知り合いと一緒にお話でもしてなさいな」 八幡「ちょ!ちが!」 雪乃「あら、素敵な店長さんね。 net 雪乃「ひさびさね…」 八幡「ああそうだな」 雪乃「それだけ?」 八幡「ああ、それだけだ。 net 雪乃「できちゃってね…結婚したのよ」 八幡「うわ…マジか…それでそんな元気ないのなお前」 雪乃「私じゃないわ…由比ヶ浜さんよ…」 八幡「なおさらうわぁ…だ…一体何があったんだか…」 雪乃「大学デビューしてね。 チャラチャラしてたけど根は優しい男とやらに告白されたらしくてね。 そのまま付き合ってたら妊娠しちゃったらしいの」 八幡「だ…大学は?」 雪乃「当然やめたらしいわ…とび職で旦那が生活を支えて由比ヶ浜さんは内職で生計を立ててるとか」 八幡「ま…まあいいんじゃね?男は逃げずに由比ヶ浜を支えてるだけマシじゃ…」 雪乃「内心引いてるでしょ…?」 八幡「いやもう俺の態度みりゃわかるだろ…今更だけどな…まああいつの人生だし…」 雪乃「案外達観してるのね。 948 ID:xg0CXY71a. net 雪乃「良かった…ねえ…私たちって…どこからおかしくなったのかしらね…」 八幡「元からおかしくなってねえよ。 先のことなんてわからねえ。 606 ID:xg0CXY71a. net 八幡は大学へ顔を出す事がだいぶへった… 友達は心配するもいつもの八幡で変わりなく安心していた。 082 ID:jTktNtxh0. net 結衣「旦那が働かなくなった…御仲の子供は流産し、体中痣だらけ…」 そう、私に幸せなんてなかった。 旦那はパチンコ三昧で私は必死に稼いでいる 逆らえば髪を引っ張られ殴られる 帽子をしているが実はそれはストレスで髪の毛が抜けたためだ。 674 ID:2mnMivi60. 757 ID:5gjacukBd. 135 ID:xg0CXY71a. 2ch.

次の