アドセンス 1万円。 【初心者】Googleアドセンスで生活費月収20万円を稼ぐ方法やPVの目安は?|ナベヤンのブログ

Google Adsense (グーグルアドセンス)で1万円稼ぐ方法

アドセンス 1万円

プロブロガーを始め、手軽にお小遣いが稼げる方法としてアドセンスの利用者がどんどん増えています。 アドセンスを始めるきっかけは「月数万でいいから副収入が欲しい。 」といったもの。 確かにアドセンスで2. 3万円を1. 2か月の短期間で稼ぐことは可能です。 しかしそれではもったいない。 アドセンスは誰もが知るような大型ニュースサイトやSNSサイトでも利用されています。 企業クラスとなるとアドセンスによる収益は月何百万と稼いでいることでしょう。 そしてこれは一個人でも決して不可能ではありません。 アドセンス実践者ならわかるかと思いますが、サイトのアクセス数に比例してアドセンスの報酬額は増えます。 つまりどうやってアクセスを右肩上がりに増やすことができるか?これがアドセンスで稼ぐための秘訣です。 それでは月100万稼ぐための方法について解説していきます。 もくじ• 100万稼ぐためのステップ まずは月3万円を稼いで基礎を身に着ける 基礎なくして稼げないのはアドセンスも同様で、アクセスを集めるための基礎を理解してきます。 まずサイト運営をしていくことになりますが、有料サイトであるワードプレスを使いましょう。 検索エンジンGoogleからアクセスを集めるために、検索上位に表示させるにはワードプレスは必要不可欠です。 またアクセスを集めるには、需要のあるキーワードを見つけるスキルが必要です。 普段、僕らが何気なく調べるようなキーワードがまさに需要があり、それについての記事をサイトに更新していきます。 この時、記事タイトルに狙っているキーワードを含ませてください。 例えばレバーの栄養について調べたい人はGoogleに「レバー 栄養」と打ち込んで調べます。 そのキーワードで検索上位に表示させるために、「レバーの栄養は鉄分だけじゃない!週に1回は食べよう」などの記事タイトルをつけます。 あとはレバーの栄養についてをまとめた記事を書けばOKです。 あまり詳しくない場合は本やネットで調べたりして学んでください。 ネットで調べる時はコピペはNGです。 以上のような流れで記事を書き続ければ月3万は簡単に達成できます。 ニュースサイトのような記事を書き続けることもなく、情報を書くことで放置していても稼げるようになります。 要約して言えば、「情報を与える代わりに、お金をもらう。 」といったものです。 もちろんお金をアドセンスでもらって、サイト閲覧者さんに知りたいことを記事で解説するということです。 月10万を達成して応用を理解する 月3万円を達成できるようになったら、あとは同じように記事を書き続けるだけです。 あまり需要のないキーワードだったために、検索上位にきてもアクセスが集まらなかったり、単純に記事を書くのが苦痛だった場合は新しいテーマに参入していきます。 この時にどんなキーワードが集まるのかを、自分で調べていくことになります。 自分がネットサーフィンしている時に「あ、このサイト稼いでいるな。 」思ったらどんなキーワードで記事を書いているか研究したり、 ニュースサイトやツイッターなどのSNSサイトで流行っていることなどをリサーチするなど、自分で調査していきます。 以上のリサーチで新しいテーマが見つかったら、新しくサイトをまた立ち上げます。 あとは月3万の基礎編の時と同じことをするだけです。 月3万円稼げたのがたまたまマグレだった、ということもあるので月10万円を稼げるようになったら基礎を理解し、応用もできていると思っていいでしょう。 基礎、応用を理解したら50万に届く 月3万、10万の項目で解説したように、放置していても勝手に収入が入るサイトをどんどんと作ることで、収益を伸ばすことができます。 この理屈でどんどんアクセスの集まるサイトを作っていけば、月50万は届きます。 そして月100万突破が可能というわけです。 アドセンス実践者で月100万を超えている人たちが少ないのは、月30万あたりで満足している人たちばかりだからです。 「稼げる理屈は分かっていても、そこまで稼がなくても十分満足している」、というのがほとんどで、これは本当にもったいない。 どうせなら月100万稼いで、なおかつほったらかしで適当に遊んでるほうがよほど楽しいんじゃないでしょうか。 あとは月100万になるまで継続のみ 50万を超えたらあとは100万を達成するだけです。 アクセスの集まるキーワードがうまく見つからない、もしくは効率UPを狙うために外注さんを利用することもできます。 ランサーズなどのアウトソーシングを取り扱うサイトを利用して、ライターさんに記事を代わりに書いてもらいます。 記事を書いてもらった対価に、こちら側がお金を払います。 1記事1000文字600円といったように。 なのでアドセンスで稼いだ一部をさらなる稼ぎとして投資するのが、より早く100万に近づくための手段でしょう。 1人で1日3記事が限界だったのが、外注さんを雇うことで1日10記事更新できるようになれば、すさまじいものです。 もちろん誰も雇わずに100万達成も可能です。 どれだけ需要のあるキーワードかつ、検索上位を狙えそうか、リサーチできるかにかかっています。 以上が月100万稼ぐための方法です。 シンプルかつ現実的で、特別な専門知識を必要とせずに達成できます。 ほんとに。 参考に 100万稼げるまでは早くて6ヶ月、遅くて2年を目安に ワードプレスという有料サイトの特性上、検索上位に表示されるまでには時間がかかります。 およそ3~4ヶ月程度はかかると思ってください。 つまり記事の仕込み期間があるということです。 この期間中の記事数に応じて、アドセンスでの収益が変わってきます。 早く稼ぎたいと思うなら早い段階から外注さんに頼めばいいし、稼げるキーワードを見つけるためのリサーチ次第であっさり100万を突破できたりします。 なので遅くとも2年。 2年もあれば、基礎も応用も理解してサイトも複数運営していることでしょう。 決して果てしなく遠い道でもなければ、簡単に稼げるというわけでもない。 アドセンスで100万稼ぐのは知識と戦略次第です。 企業クラスのサイトだと月100万円を超えている理由 この記事で解説しているように、アクセス数に比例してアドセンスの収益は伸びます。 企業クラスのニュースサイト、SNSサイトではとにかくアクセス数が尋常じゃありません。 誰もが知るSNSサイトであるクックパッドやNaverまとめ、ニュースサイトならGigazine、ロケットニュースが1日に集まるアクセス数は一体いくつなのか・・。 料理のレシピを何万件もあったり、今話題の芸能人について取り上げていたりなど、人の知りたい情報を提供しています。 アドセンスで稼ぐにはアクセス数を。 それに基づいて上記のような大型サイトは月100万どころか何百万もの収益を毎月得ているわけです。 好きなことだけでは稼げない やはり自分の趣味などの好きなことを扱ったサイトを運営したほうが楽しいし、継続しやすいです。 それでアクセスが集まればいいのですが、やはり集まらないのが常です。 ニッチすぎるテーマだったり、記事タイトルのつけ方が悪かったりなど理由は様々で、やはり稼ぐにはいくらかの妥協は必要です。 例えばゲームが好きなら特定のゲームだけを紹介せずに、今話題のゲームについてを紹介するなどをすることです。 アドセンスで稼ぐから!と言っても、自分にとってまったく興味のないことを更新するのはとても苦痛です。 自分の好きなことと、稼ぐために妥協できること、このバランスをうまく見つけることがアドセンスで稼ぐ2つ目の秘訣と言ってもいいかもしれません。 まとめ アドセンスをお小遣い稼ぎで満足しない 今回の記事で月100万を稼ぐための方法を解説していきました。 決して「月1万稼げたらいいや」、なんて満足せずに、その1万稼ぐために身についたスキルを応用してどんどんと収益を伸ばしていってください。 アドセンスは短期間で簡単に稼げるかつ収益を増やせるのに、数万で満足してる人たちが多くて本当にもったいなと思います。

次の

グーグルアドセンスのクリック単価が1円!広告単価が下がる原因は?

アドセンス 1万円

こんにちは、あすてるです。 クリック報酬型広告といえば『google adsense(グーグルアドセンス)』ですよね。 誰でも簡単に導入でき、クリックされるだけで収益になるためアフィリエイト初心者やブロガーに人気があります。 ただ、月5000円や1万円といったお小遣い程度の金額でいいなら特に考えることもないのですが、それ以上に大きな額を稼ぎたいとなるとまた話は変わってます。 アドセンスだけで10万円~20万円以上といった本業並みの金額を稼いだり、もっと上を目指してそれだけで食べていこうとなるとしっかりとした戦略が必要になります。 そこで今回は お小遣いレベルを超えて、アドセンスで月10万、20万、30万、50万、そして100万円…と稼ぐにはどうしたら良いのか?ということについて考えていきます。 つまりアドセンスで 月に3万円稼ぎたいなら月間10万PV・1日辺り約3300PVを集めるサイトを作れば良いということです。 月に10万円ならその3倍ちょっとで月間30万PVほど、1日1万PVもあれば到達ラインということになります。 また美容の専門サイトを運営しているなら、集客するユーザーの属性が絞られる(=美容の興味のある人ばかりが集まる)のでアドセンスのクリック率も上昇するでしょう。 ただジャンルを絞った分アクセスの絶対数は減りますし、属性の濃いユーザーを集められるのであればアドセンスじゃなく成果報酬型の物販広告を扱ったほうがより効率的に収益を伸ばせる可能性も高いので、そのときどきでの判断が欠かせません。 ともかく、ここではノンジャンルで雑多なブログを作った場合は上記の数字が大体目安になるということだけは抑えておきましょう。 アドセンスで月10万円を稼ぐには? さて、それでは本題。 アドセンスで月10万円を稼ぐためにはどうすれば良いか?という話になります。 これはさきほども説明した通り、非常におおざっぱに計算すると1日1万PVを集めるサイトを作れば良いわけです。 ただ、1日1万PVを稼ぐというと簡単ではありません。 めちゃくちゃ難しいかと言われると決してそんなことはないのですが、特に初心者の方にとっては未知の世界で高い壁に感じることでしょう。 たとえば参入するジャンルや狙うキーワードを間違えると検索ボリュームが足りずにどう頑張っても到達不可能…なんてことも起こり得ます。 1日1万PVは決して難しくはないが簡単でもない、絶妙なラインなんです。 まずは月1万円を稼ぐことを目標に でも、じゃあ初心者は稼げるかわからない不安を抱えたままひたすら記事を更新するしかないのか…というともちろんそうではありません。 いきなり10万円なんて目標を高く掲げるから理想と現実のギャップに悩まされ挫折してしまうんです。 月100万円だとか、1000万円だとか、この業界のことを知れば知るほど現実味のない金額ばかり目にするようになるので錯覚してしまいますが、冷静に考えてブログやサイトで月10万円を稼ぐことってめちゃくちゃすごいことです。 もっというと月1万円でもかなりすごいことです。 知らない人からすれば ネット上に自分の文章をアップするだけで万単位のお金が入ってくるなんて魔法のようでしょう。 でも、事情を知っている私たちなら1万円くらいであれば全く難しいことはありませんよね? 1万円ならさきほどの10分の1ですから、1日1000PVのサイトで良いわけです。 1日100PV集めてくれる記事があるならそれを10個書けばいいだけですし、50PVでも20記事、たとえ10PVしか集められなくても100記事書けば1000PVです。 1日10PV程度の記事なら難しくはないですよね。 そうしたらあとはそれを100個頑張って書くだけです。 だから ブログで月収1万円は、極論毎日記事を書くだけでも到達してしまうようなレベルなんです。 大学受験をしようと思っていきなり高校3年の勉強から始める人はいないでしょう。 高校3年の勉強を理解するためには高校2年の勉強を、高校2年の勉強を理解するためには高校1年の勉強を理解しなければいけません。 もっといえば中学生レベルまで遡ることだってときには必要です。 アフィリエイトも全く同じことで、 一足飛びしようとするから上手くいかずに挫折するんです。 まず今稼げていない人は10万円ではなくその手前の1万円を稼いでみてください。 そうしたらあとはそれを10倍にするだけですから。 10万円のブログを1個か1万円のブログを10個か 1万円を稼げるようになったらさきほどもお話したようにあとはそれを10倍にするだけなのですが… 10倍といってもやり方は色々です。 1つのブログやサイトの更新を続け1万PVを狙うのも良いでしょう。 スキルが付いてくれば全く不可能な話ではありませんから。 ただそもそもジャンルによっては難しかったり、ノンジャンルでも中々壁を超えられないこともあります。 であれば、あらたに別のジャンルやキーワードでサイトを作ったほうが早いし簡単なこともあります。 1万円くらいならセンスなんて一切なくても気合いで到達できるレベルですから、気合いをあと9回出して1万円のブログを10個作っても良いわけです。 中には1万円と言わず3万円、5万円と稼ぐブログやサイトも出てくるでしょうから、そうすればもっと10万円達成までの距離や時間は短くなります。 1サイトで10万円稼ごうが、10サイトで1万円ずつ稼ごうが全く同じことです。 これは月20万円、30万円、50万円、そして100万円と稼ぐことを考えても変わりません。 1サイトで100万円を稼ぐより、10サイトで10万円ずつのほうが簡単ですし、100サイトで1万円ずつのほうがもっと簡単です(少なくともサイトの限界やアクセスの天井的な面を考えたときには)。 たった1回で、たったひとつのサイトで大当たりを出そうと高望みするから駄目なんです。 複数のサイトに分けておけばリスクヘッジにもなります。 堅実に、現実的に小当たりを連発していきましょう。 おすすめのブログ・サイトのジャンルは? ここまで話してきた内容を踏まえて、じゃあ結局どんなサイトを作れば良いのか?というお話になるわけですが… 結論から言うと 何でもいいです。 どんなサイトを作ろうがよっぽど的外れなことをしていない限り1円も稼げないなんてことは有り得ませんから。 虫眼鏡やサジェストのキーワードを狙ってしっかりとしたコンテンツを作っておけば黙っていても数か月後には順位が上がってそこそこのアクセスが集まってきます。 だからブログやサイトのテーマなんて何でもいいわけですが… それではこの記事を書いた意味も無くなってしまいますので、いくつかジャンルの決め方などをお話していこうかと思います。 私がおすすめするブログ・サイトのジャンルはというとズバリ、• 青天井• 軌道修正の楽さ ですね。 ジャンルを決めないので、アクセスさえ呼べれば本当に何を書いても良いわけです。 たとえば今放送している話題のドラマのことを書いても良いし、次の記事では選挙や政治ついて書いても良いわけです。 メインジャンルやキーワードという概念がないため、手あたり次第人を呼び込めそうな記事を書けば良いだけなので非常に楽で、初心者の人でも続きやすいのが最大の特徴でありメリット。 何を書けばいいかわからない…というブログ初心者の人はテーマを絞らず雑記で始めることをおすすめします。 ただどうしてもキーワードによっては専門的なサイトに負けてしまう傾向があるので、徐々に特化型のサイトと並行、移行していくのがベターになります。 健康・美容 健康や美容のジャンルは不変不滅のジャンルで、年中需要が無くなることがありません。 老化やダイエットなど、誰もが気になることなので検索ボリュームも比較的大きく、安定してPVを稼ぐことができます。 また広告も多いためアドセンスの単価も高くなりやすく、より少ないPVやクリックで大きな金額を稼ぐことも可能です。 ただし何故クリック単価が高いかということを考えれば本当はアドセンスだけではなくASPの広告も併用していくべきなのですが… 今回はあくまでアドセンスに限定した話として考えると、高単価・高CTRが狙える美容健康もおすすめです。 また、医療健康だけではなくその後のもGoogleのアップデートが定期的にあり、美容や金融など稼げると言われているジャンルは 『YMYL(Your Money or Your Life』ということで、人の人生に大きな影響を与えるとしてこちらも個人のブログやサイトは上位表示が難しくなっています。 もちろん究極的にはクエリ(キーワード)次第ですし、抜け道も無くはないですが、基本的にはこうしたジャンルは 2019年現在は上位表示は相当厳しいです。 また今はセーフな領域でも、いつまたアップデートがありアウトになるのかわかりませんから、 これから本格的に稼いでいきたいという初心者が健康や美容といったYMYLジャンルに取り組むのはおすすめできません。 ファッション ファッションは男女問わず興味のある分野で、年齢層も幅広いのでPVを非常に集めやすいジャンルです。 キーワードや切り口も性別や年齢のほかに価格やブランド、シーズンやシチュエーション(TPO)に合わせたコーディネート、体型別の悩みなどなど…キーワードが無限と言っても過言ではないくらいに存在します。 さきほど説明したYMYLという観点からも、ファッションは遠い(と考えられる)ので今後のアップデートを考えてもおすすめのジャンルです。 季節イベント 季節のイベント系のキーワードはノンジャンルと同じく初心者でも取り組みやすく、かつ稼ぎやすいのが魅力です。 たとえば『クリスマス』というキーワードであれば12月に爆発的なアクセスが来ることはわかりきっていることで、うまく上位表示できるかは別としてもジャンルやキーワードとしては外しようがありません。 だから事前に計画を立てておいて需要のピークが来るときに狙いを定めておいて記事を仕込んでおくことができるんです。 ただし季節ネタも定番中の定番でライバルは比較的多く特化サイトなども多いので、相手をよく分析して負けない記事、サイト作りをしていかなければいけません。 またシーズンが終われば一年間はアクセスが全くと言っていいほど来なくなるので、安定して稼ぐには四季それぞれのネタを満遍なく書いて1年分の記事を入れる必要があります。 (メジャーな)趣味 自分の趣味のジャンルを選ぶというのは、検索ボリュームというよりは 続けやすさという観点から特に初心者の方におすすめです。 『好きこそものの上手なれ』という言葉があるように、やはり人間ですから好きなものには熱も入ります。 全く興味のないジャンルに苦痛を感じながら書くよりも長続きしやすいですし、自然と記事のクオリティも高いものに仕上がります。 そうして気がつけばいつの間にかそこそこ稼ぐブログが出来上がっていた…という感じでまさに趣味と実益を兼ねた資産がネット上に出来上がるわけです。 ただし注意しなければいけないのは そこそこメジャーな趣味じゃなければいけないということ。 たとえばあなたが野球やサッカーが好きというのであれば、あなたが好きなように日本全国どころか世界中に同じ趣味を持った人が無数にいるので必然的に検索需要も高くなりますが、あまりにマイナーな趣味だとほとんどの人は存在を知りもしないのでそもそも検索されることが絶対にありません。 同じスポーツでもたとえばカバディは日本での競技人口が約5000人、セパタクローは日本で約2000人と言われていますから、どれだけあなたがカバディやセパタクローが大好きで詳しいとしても、大きく稼ぐことは難しいでしょう(やりようによっては化けるかもしれませんが…現実的ではないですね)。 趣味とは言ってもあくまでマネタイズが目的なわけですから、そこの優先順位やバランスは間違えないようにしましょう。 まとめ 今回はアドセンスで月に10万円、20万円、30万円、50万円、そして100万円という大きな金額を稼ぐためにはどうすれば良いか?ということについてお話ししてきました。 これは何もアフィリエイトに限ったことではありませんが、いきなり大きい目標を掲げて無理をするとほぼ確実に挫折します。 大きな目標を達成するためには何が必要なのか?を考え、その途中にある小さな目標をひとつひとつクリアしていきましょう。 そうして気づいたときには最初からは考えられないほど遠く、高い場所に辿り着いているはずです。 0から月収10万円を達成するメール講座! アフィリエイト初心者でも ゼロからアフィリエイトを体系的に学べるメール&動画講義を作成しました。 登録者限定のプレゼントもご用意していますのでぜひ活用してくださいね。

次の

アドセンスのクリック単価で1円とか2円が出る理由!基本的に気にしなくてよし!|おひさまアフィリエイト

アドセンス 1万円

Googleアドセンスの仕組みは、クリック型やインプレッション型です。 ですので、Googleアドセンスで稼ぐには、とにかく自分のブログがたくさんの人に見てもらえた方が稼げるわけです。 そのためには、 PV数が重要なので、かなりPV数は気になるポイントです よね。 と言うことで、どれくらいのPV数があればいくらくらいの報酬になるかの目安を表で分かりやすくまとめました。 PV数(月間) 報酬目安 〜100PV 30円程度 100〜1,000PV 300円程度 1,000〜5,000PV 1,000円〜1,500円程度 5,000〜10,000PV 3,000円程度 10,000〜30,000PV 5,000円〜9,000円程度 30,000〜50,000PV 15,000円程度 50,000~100,000PV 30,000円程度 100,000~200,000PV 50,000円程度 200,000~400,000PV 100,000円程度 この表はあくまでも目安です。 アドセンスは、表示される広告によって単価が変わるので、もっとたくさんのPV数が必要な場合もあるし、その逆もあると言うわけです。 ですので、 アドセンスで1万円目指すには、30,000〜50,000PVは必要かなぁと言う感じです。 このように、アドセンスに関してまとめてきましたが、よくアドセンスに関して聞かれるのでまとめてみました。 で、わたしがブログでアドセンスがメインでなければ、何を目的としているかと言うと・・・ わたしのブログ自体は、自分のサービスのための集客として構築しています。 ブログを構築している人の多くが、ブログにいろいろな目的を持っていると思います。 ですので、この記事を読まれているあなたは、ブログでアドセンスをしていこうとしていると思うのですが、アドセンス一つに絞ってしまわなくて良いと思います。 アドセンスだけだと、かなりPV数を意識するのが大変なのは、今読んでいただいた内容で分かってもらえたと思います。 わたしは、ブログで集客して、ちゃんと毎月安定した収入を得ています。 PV数を稼がなくても、毎月10,000円以上の収入を得ることは可能なんです。 ご訪問ありがとうございます! 当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。 パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。 当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

次の