残尿感 生理前。 若い女性が悩む残尿感の原因とは

トイレが近くて困る。生理前や生理中に頻尿になる理由とは

残尿感 生理前

頻尿・尿漏れ・残尿感などおしっこのトラブルって中高年だけの悩みだと思っていませんか?? 頻尿や残尿感も若い人にも見られる症状で特に女性に多い症状なんです。 尿漏れも身体の構造上女性の方が多いトラブルで、妊娠中や産後にも起こりやすく 40代女性では3人に1人、20代女性でも数%の人が尿漏れを経験したことがあるんだそうです。 膀胱に150cc程度溜まると軽い尿意を催し、250cc溜まると強い尿意を催します。 1日にトイレに行く回数の平均は日中が4回から5回、夜間が0回から2回前後です。 日中に2時間我慢出来ない、8回以上トイレに行く、夜中に2回以上トイレに起きる場合は頻尿の可能性が高いでしょう。 頻尿の原因 頻尿の多くの原因は、 膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器に何らかのトラブルが起こっていることが大半です。 頻尿の原因となる病気は、前立腺肥大症・神経因性膀胱・膀胱結石・膀胱炎などです。 しかし、泌尿器系統に問題がなく起こる頻尿もあります。 もともと 膀胱が小さく機能的に長く尿を溜めておくことができない場合や、緊張やストレスなど心因性のものです。 頻尿の多くの原因は膀胱の活動が活発になりすぎる 過活動膀胱です。 過活動膀胱 OAB 過活動膀胱は頻尿だけでなく、 *夜間頻尿(寝ている時にも尿意を催す) *尿意切迫感(急に尿意を催す) *切迫性尿失禁(トイレまで我慢できずに漏らしてしまう) などを引き起こし、おしっこトラブルでも代表的な疾患です。 過活動膀胱による頻尿は、排尿筋が収縮してしまい尿を少ししか溜めることができないのに強い尿意を感じるためトイレの回数が多くなるのです。 通常、膀胱は脊髄の神経を介して脳と連動しています。 膀胱と脳をつなぐ神経でトラブルが起こる神経因性の過活動膀胱と、神経トラブルとは関係のない非神経因性の過活動膀胱があります。 神経因性の過活動膀胱は、脳梗塞や脳卒中、脊髄損傷などで障害が起こることで膀胱へうまく信号が伝わらず頻尿が起こります。 非神経因性の過活動膀胱は、男性の場合は前立腺肥大、女性の場合は骨盤底筋のゆるみから膀胱を刺激し頻尿を引き起こすんだそうです。 男性特有の排尿トラブル 前立腺肥大 前立腺とは男性の身体にのみ存在する臓器で膀胱の下の尿道を取り囲むようにしてあります。 前立腺から分泌される前立腺液は精液の構成成分の1つで、精子が体外に射精された時に精液中の精子を保護する役割があります。 前立腺は男性ホルモンにおおきく関係していて、加齢とともに男性ホルモンの分泌も減っていき前立腺は萎縮していくか肥大していくかに分かれます。 前立腺肥大を発症する原因は加齢。 他にも遺伝的要素・肥満・高血圧・脂質異常など食生活もおおきく影響していると考えられています。 前立腺はクルミ程度の大きさですが、 肥大すると卵・みかんほどの大きさになり、すぐ近くにある尿道や膀胱を刺激して頻尿を引き起こすのです。 妊娠・出産や運動不足、加齢による筋力低下、肥満などが原因で骨盤底筋が緩み、くしゃみや咳、走ったりなどちょっとした腹圧がかかることで尿漏れしてしまったりするのが、骨盤底筋の緩みが大きな原因のようです。 このような症状を骨盤底障害と言います。 悪化すると支えを失った骨盤内の臓器が膣から出てきてしまうことも・・・これを 骨盤臓器脱 骨盤性器脱 といいます。 生理前 PMS 月経前症候群 にも頻尿や残尿感 女性の場合、 ホルモンバランスによっても一時的に頻尿が起こることもあります。 排卵日を境に黄体ホルモンの分泌が増え、身体は水分を体内に溜め込みやすくむくみやすい状態にあります。 余分な水分を体外に排出しようと頻尿なったり、生理が近くなると子宮が腫れてくるので近くにある膀胱も圧迫して残尿感や排尿痛も起こることもあるのです。 おしっこを我慢すると膀胱炎になる。 と聞いたことがあります。 おしっこを長時間我慢することで膀胱が伸びてしまって膀胱の血流量が減り、防御機能が落ちて細菌感染しやすくなる。 というのが、おしっこを我慢すると膀胱炎になるメカニズムです。 膀胱炎は細菌感染が原因で 男性よりも女性がかかりやすい疾患です。 その理由は、身体の構造上にあります。 更年期になると急に膀胱炎になるひとが増えてきます。 それは、 更年期に伴い女性ホルモンエストロゲンの分泌が低下。 膣粘膜の自浄作用も弱まり感染しやすくなってしまうのです。 排尿時に痛みを伴ったり、残尿感・尿意切迫感・尿が白く濁ったり血尿がでたりするので、適切な治療が必要です。 疾患以外で膀胱炎が起こる原因は大きく3つ。 ・トイレを我慢する事が多い ・不衛生な状態での性交渉 ・温水洗浄便座 ウォシュレット の使用 トイレを我慢すると、 膀胱内の溜まった尿の中で最近が繁殖して炎症を起こすきっかけになります。 また、不衛生な場所での性交渉。 若い女性の急性膀胱炎の原因はこれが多いようです。 予防法としては性交渉の前後には陰部をキレイに洗い流す・性交渉後には排尿して細菌を外に排出することが大切なようです。 膀胱炎を繰り返す慢性膀胱炎はウォシュレットを使用していることも原因と考えられます。 ノズルがキレイに洗浄されていない状態で使用したり、膣粘膜が洗浄されてしまい、防御機能が低下することで膀胱炎を発症してしまうこともあるのです。 最悪の場合、腎盂腎炎まで起こしかねないので注意が必要です。 心因性の頻尿 心因性の頻尿とは、緊張やストレスで尿意を催したりバスの車内などトイレがないところへ行くというときなどに起こる精神的なもの。 ワタシも経験がありますが、トイレがない場所で行く時、直前にトイレを済ませていてもなんだかトイレに行きたくなってしまう・・・ 実際には尿意がなくてももしトイレに行きたくなったらどうしよう・・・という不安感から起こっていたんでしょう。 大事な試験やプレゼンなどの時も、トイレに行っても行っても尿意が治まらないのも心因性の頻尿でしょう。 心因性の頻尿はストレス性で、一時的なものなので原因が取り除かれればなくなることので心配ありません。 頻尿になりやすい生活習慣 体質だけでなく、生活習慣でも頻尿になりやすいかどうかも変わってきます。 身体の冷え 寒さを感じると尿意も感じやすくなります。 寒さを感じると血管が縮まり弾力も失われます。 血管に弾力がなくなると筋肉も弾力を失い、膀胱や膀胱周辺の排尿筋も弱まって溜められる尿量が減りおしっこが近くなるのです。 寒さを感じるのと同様に身体が冷えていると頻尿にもなりやすいです。 溜められる尿量が減ることもそうですが、冷え症の人は新陳代謝も悪く汗もかきにくいです。 汗をかかないということは、体内の水分を排出する方法は呼気からと排尿しかなくなります。 呼気から水分は微量しか排出することができないので、ほとんどを尿から排出することになるため頻尿になるのです。 緑茶にはカテキンが多く含まれ、カテキンの作用で脂肪を分解することから緑茶を飲む人も多いです。 最近TVで見たのは、コーヒーを飲む人と飲まない人では飲む人のほうが死亡率が低く、1日に杯から4杯飲む人が1番死亡率が低いんだそうです。 そんな理由もあり、コーヒーや緑茶を飲む人が増えています。 コーヒーなどに含まれるカフェインには 利尿作用があることは広く知られていますので、頻尿になってもコーヒー飲んだから。 と思えます。 逆に頻尿を改善したいと思えばコーヒーを飲まなければ良い。 ということになります。 同じく利尿作用のあるアルコールやカフェインを含む飲み物は寝る前には避けたいです。 その理由は、 利尿作用によって尿意で睡眠を妨げたり、覚醒作用もあるので睡眠できず夜間頻尿を引き起こす要因にもなるため、寝る前のアルコールやカフェインはなるべく控えめにすることをオススメしたいです。 トランス脂肪酸を多く含むものをよく食べる ドーナツ・ピザ・フライドポテト・ハンバーガー・ケーキ・アイスクリームなどに含まれる トランス脂肪酸は頻尿とも関わりがあります。 一見、何の関係もなさそうですよね? トランス脂肪酸には、天然のトランス脂肪酸と人工のトランス脂肪酸があります。 ファストフードやスナック菓子、ケーキなどに使われているマーガリンやショートニングは人工的に作られたトランス脂肪酸でを増加させ、動脈硬化のリスクも高めると危険視されています。 コレは、トランス脂肪酸による炎症反応で傷ついた部分の炎症を増長させる作用を持っているのです。 前立腺や尿路に炎症を誘発させたり、あるいは炎症を増長させてしまうのでトランス脂肪酸を多く含んだ食品の摂取は控えたほうが良いのです。 夜間頻尿の原因は 多尿・膀胱容量の減少・睡眠障害によるものが考えられます。 夜間頻尿が起こるメカニズム 寝る前に水分を多くとったり寒さで冷えて尿意を催すなど、特に要因がなければ寝ている時にトイレに起きる。 ということは少ないと思います。 睡眠中に尿意を感じず熟睡できるのは、睡眠中に脳下垂体後葉から分泌される 抗利尿ホルモンの働きのおかげなのです。 抗利尿ホルモンはその名の通り利尿を抑えるホルモン。 睡眠中、抗利尿ホルモンは夜間に昼間の約2倍分泌され尿量を抑えてくれます。 夜間は副交感神経の働きも抑えられて膀胱の容量も増加します。 尿量が減り、膀胱容量も多くなることで、トイレに起きなくても朝までぐっすりと眠ることができているのです。 加齢などにともなって夜間頻尿になると、抗利尿ホルモンの分泌のバランスが崩れ夜間の分泌量が減少してしまい、夜間の尿量も減らないために、寝ている時にも尿意を感じトイレに起きることが出てくるのです。 夜中に1回ならさほど問題はないですが、2回以上トイレに起きてしまうと睡眠時間も減ってしまい日中の活動にも支障がでたり、夜間暗い中トイレに起きる事は転倒などケガにもつながります。 夜間頻尿は睡眠の深さにも関係しています。 眠りが浅いと、抗利尿ホルモンの分泌も少なくなり尿意を感じてしまいます。 深く眠れているときは、尿意も感じず朝まで眠れていませんか? なかなか寝付けないときって、トイレに行ってからベッドに入ったはずなのに、なんだかトイレに行かないと眠れない・・・と普段夜中に行くことのない人でも睡眠障害になると夜間にトイレに行くことがあります。 睡眠の深さと夜間頻尿が関係していることがよく分かります。 昼間に摂取した水分は重力で足に溜まってしまっています。 足に溜まった水分は横になることで静脈を通って心臓へ戻ります。 この時に血液に含まれた余分な水分が尿として作り出されるため、夜間頻尿となるのです。 就寝前に足のむくみ 足に溜まった水分 を改善してしまえば、夜間頻尿もなくなる。 ということなんです!! 尿が膀胱に溜まるまでの時間は3時間から4時間。 就寝する4時間前までにむくみを解消してしまいましょう。 足のむくみを解消するには、ウォーキングをする・入浴して温める・リンパマッサージ・足を高くして血液が心臓に戻リやすいようにするなど、自分にあった方法で足に溜まった水分を流してあげればいいのです。 そして、冷えもよくありません。 特に冬場は暖かくして寝ることで、睡眠もしっかりとれるので夜間頻尿を抑えることができると思います。 尿漏れ 中高年の男女が悩む尿漏れ。 自分の意志とは無関係で思わぬ時に急に漏れてしまうことで恥ずかしくて1人で悩んでいる人も多いようです。 歳だから・・・と諦めるてしまっている人もいるかもしれませんが、尿漏れを改善する方法はあるのです!! もしかしたら病気が原因で尿漏れしてしまっていることもあるので、恥ずかしがらず泌尿器科を受診することも必要です。 尿漏れが女性に多い理由 中高年になると、様々な器官が衰えてきて尿漏れ・尿失禁してしまうことも増えてきます。 男性よりも女性の方が尿漏れ・尿失禁が多いって知っていましたか?? 女性の場合、恥ずかしいという思いが強く病院を受診しないでセルフケアで何とかしている人が多いようです。 ドラッグストアなどで販売している尿漏れパッドもパッケージとかみても女性向きのような気がします。 女性の尿漏れは中高年だけじゃない!? 中高年の女性だけでなく、30代・40代の女性も尿漏れに悩んでいるひともいますが、生理用品で対応してしまえるので周りにも気づかれず自分でごまかすことが出来てしまうのです・・・ 恥ずかしい話、ワタシも妊娠中に経験あります(笑) 妊娠中は赤ちゃんが大きくなれば膀胱などの臓器も圧迫しますし、赤ちゃんの重みも加わり骨盤底筋も緩んできています。 くしゃみをした反動でチョットでてしまった・・・なんてこともありました(笑) 恥ずかしいから話すことはないと思いますが、妊婦さんや出産経験のある女性は1度くらい経験していると思います。 のところでも少し触れましたが、 骨盤底筋の緩みが尿漏れの原因です。 骨盤底筋とは、子宮や膀胱などの内臓を支える骨盤の底にあるハンモック状の筋肉。 加齢や出産・運動不足が原因で骨盤底筋が衰え、尿漏れしやすくなってしまうのです。 5つのうち、2つ以上該当すると骨盤底筋が緩んでいる可能性が高いです。 1番わかりやすいのは排尿時にとめることができるかどうかです。 腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁 尿失禁は、腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁・溢流性尿失禁・機能性尿失禁の4つのタイプに分かれます。 溢流性尿失禁は排尿障害によって膀胱に溜まった尿が溢れ出てきてしまうこと。 前立腺肥大症の男性に多いタイプの尿失禁です。 機能性尿失禁は、排尿機能は正常ですが身体的な問題でトイレに間に合わない・アルツハイマー病などでどこでどう排尿していいのかわからないことが原因で失禁してしまうタイプ。 中でもで多いのは、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁です。 女性に多い腹圧性尿失禁 尿失禁で悩む人の約半数は腹圧性尿失禁です。 特に女性に多く若い人でも起こりえます。 大笑いやくしゃみ・重いものを持ち上げる・走るなどして、急にお腹に力を入れることで尿が少量漏れてしまうこと。 骨盤底筋の緩み・尿道の長さが関係しています。 女性の尿道は男性より尿道が短く3センチから4センチ程度と言われます。 尿道が短いため、尿が膀胱に溜まっている状態の時に腹圧がかかると尿道が短いため女性は尿漏れしやすいんだそうです。 高齢者に多い切迫性尿失禁 突然強い尿意に襲われ我慢できずに漏らしてしまうのが切迫性尿失禁。 腹圧性尿失禁と比べ、漏れてしまう尿量は多く特に高齢者に多い症状です。 通常の排尿は、膀胱に200ccから250ccほど溜まった段階で尿意を感じ、脳からの指令で我慢するか排尿するかの指令をだして尿道の筋肉を緩めたり締めたりしてコントロールしています。 しかし、切迫性尿失禁の場合 ある程度膀胱に溜まったことを脳が指令を出さないで、急に出す!という指令をだすなど、 膀胱と脳との連携がうまくいかないために、溜まった大量の尿が漏れてしまうのです・・ また、尿道周辺の筋肉の衰えも脳からの指令どおりに動けず失禁してしまうことにもなります。 残尿感 残尿感とは、 排尿しきってもまだ膀胱に残っているような感じがする・出し切っていない感じがするという状況。 実際には膀胱に尿が残っていることは少なく、違和感を感じているだけなのです。 残尿感の原因 残尿感は 神経因性膀胱が原因の場合もあります。 脳や神経の損傷によって上手く指令が伝わらず、残尿感や頻尿といった症状がでてしまうこともあります。 男女によって原因も違いがあります。 男性の場合は前立腺肥大や前立腺炎など。 女性は膀胱炎 急性膀胱炎・慢性膀胱炎 が主な原因としてあげられます。 膀胱炎の症状は、残尿感・何度もトイレに行きたくなる 頻尿 ・排尿痛があるです。 膀胱炎は尿道と肛門が近いなど身体の構造上、女性が発症しやすい疾患です。 男性の残尿感の原因の多くは、前立腺肥大によるもの。 残尿感・頻尿・尿の切れが悪い・尿の勢いが悪くなるなどの症状があります。 残尿感は泌尿器系の病気の症状の1つです。 気になる場合は一度受診してみることをおすすめします。 治らない尿トラブルに隠れる恐ろしい病気 尿トラブルの原因が膀胱とは限りません。 あるTV番組でみかけたのが、 夜中に何度もトイレに起きる夜間頻尿で過活動膀胱と診断・治療を始めたけどなかなか治らない。 大きな病院を受診しなおしたら 「隠れ心不全」と分かりました。 隠れ心不全による尿トラブル 通常、睡眠中は尿を作る量を抑える抗利尿ホルモンが分泌されます。 しかし、心不全の場合血液循環が悪くなり、日中は重力で下半身に血液が溜まってしまいます。 夜、 布団で横になると一気に心臓に戻ってくる為、急激に血液量が増えたから尿として排出しようと利尿ホルモンを分泌し、夜間頻尿を引き起こしていたのです。 隠れ脳梗塞による尿トラブル また 「隠れ脳梗塞」の場合にも尿トラブルが現れることもあります。 膀胱に尿が溜まると、膀胱から脳へ信号が送られ「尿意」を伝えます。 近くにトイレがない・行けるタイミングじゃないことを判断し、前頭葉が尿をコントロールしています。 この 前頭葉の血管に血栓ができて詰まってしまうと、排尿にブレーキをかける信号が弱まり頻尿や尿漏れなどの尿トラブルが起こるのです。 尿トラブルが大きな病気のサインの可能性もあります。 なかなか治らない尿トラブルは、歳のせいだから仕方がないと思わず、医師の診察を受けることを勧めます。 頻尿・尿漏れ・残尿感・・・ 排尿トラブルを改善しよう!!! 病気が原因で起こる排尿トラブル以外は セルフケアで改善することができます。 骨盤底筋を鍛える 骨盤底筋を鍛えることは尿漏れにとても有効的です。 骨盤底筋を鍛えるには、 お尻の穴と膣を交互に力を入れたり抜いたりします。 おしりの穴に力を入れるコツは、おならを我慢する要領で行うと簡単に出来ます。 膣を締めるときは、お腹に力がはいるのが分かります。 もっと簡単な方法は 排尿中に途中で止めること。 しっかり止めることができればOK!! これなら毎日数回行うことが出来ますし習慣化しやすいでうね。 骨盤底筋を鍛えることで、 生理時の経血コントロールも出来るようになります。 骨盤底筋はインナーマッスルです。 鍛えることで腹圧で下腹部が引込み、背筋も伸び胸も自然にはり、バストアップにも。 また骨盤の歪みも整いヒップアップ効果もありスタイルが良くなる効果もあります!! また、膣の締まりもよくなりSEX 性交渉 時の感度もUPしてパートナーを喜ばすこともできます(笑) 膀胱訓練 膀胱訓練は頻尿を引き起こす過活動膀胱を改善するのに有効的です。 できるだけ排尿を我慢して膀胱に多くの尿を溜め、トイレの回数を減らす訓練です。 行きたくなったらすぐ行くのではなく、最初は5分・10分とい少しずつ長くしていき我慢する時間を長くしていきます。 いつでもトイレに行ける環境でおこなうのがBESTなので自宅が1番リラックスしてできるしょう。 1日中トイレを意識することもストレスになるので、1日のうちの2. 3回我慢してみるだけでも効果があるそうです。 膀胱訓練をしているからと、水分を制限しないで1日に1. 5Lを目標に摂取しましょう。 そして、尿量や排尿回数などをメモしておくことで、改善したかどうかもわかるのでチェックしてみてもいいですね。 生活習慣改善 何気なくおこなっている生活習慣を帰ることで排尿トラブルを緩和することも出来ます。 *冷えを改善して血行をよくする 頻尿には身体の冷えはよくありません。 身体を常に温め血行良くすることで緩和されます。 カフェインやアルコールなど利尿作用がある飲み物や、大量の水分を寝る前に摂らない。 また、塩分は水の約7倍の水分を体内に溜め込むので、塩分の控えめにしたほうが良いでしょう。 4つのことを気をつけるだけで排尿トラブルを少しは緩和することも出来ます。 悩むだけでなく、できることから始めることも大切です。

次の

頻尿・尿漏れ・残尿感・尿意がおさまらない原因は?トイレの悩みをなくす対処法【おぎないびと】

残尿感 生理前

トイレにいったのに、まだ残っている感じがする… このような 残尿感に悩む人は多く、また人に相談しにくい悩みであるため不安になることも多いかと思います。 残尿感の原因はさまざまですが、 男女でその原因が全く違うことが特徴です。 女性の場合は膀胱炎が原因であることが多く、男性の場合は前立腺肥大症が原因であることが多いといわれています。 男女どちらの場合も残尿感の症状は 泌尿器科で診察を行っていますが、女性の場合は 産婦人科を受診するのも良いでしょう。 特に 生理前後や 更年期、 妊娠中の残尿感の場合は産婦人科に相談してみてください。 しかし軽い残尿感の場合や、しばらく自宅で様子をみたい場合などは 市販薬で対処することもひとつの方法です。 そこでこの記事では、残尿感を改善する市販薬やおすすめのサプリメントを紹介していきたいと思います。 女性は男性に比べて尿道が短くまっすぐであるため、膀胱に細菌が侵入する可能性が高くなっています。 さらに トイレを我慢する生活がつづいたり、 疲労や冷えが原因で免疫力が落ちるなども膀胱炎の原因になります。 残尿感のほか、 排尿の際に痛みを感じたり、 尿の色が白っぽかったりする場合は膀胱炎の可能性が高いです。 特に生理前は妊娠に備えて子宮のサイズが大きくなっていくため、膀胱が圧迫されて刺激が与えられ残尿感を感じることが多くなるようです。 さらには、ストレスが原因で過活動膀胱という膀胱活動の異常が起こっていたりすることがあります。 いずれの場合にも、慢性的な残尿感が長く続く場合には一度泌尿器科や産婦人科を受診してみると良いでしょう。 男性ホルモンのはたらきが関与して前立腺が肥大し、残尿感や頻尿などの尿トラブルを起こします。 比較的若い30~40代の男性に多く見られる疾患で、残尿感や頻尿のほか下腹部の痛みをともなうことがあります。 残尿感を改善する効果のあるおすすめの市販薬を紹介していきます。 残尿感など泌尿器の不調に対する市販薬には漢方薬が多いですが、中には膀胱の動きを抑えるような西洋医学の薬もあるため、自分の目的に合ったものを選んでください。 フラボキサート塩酸塩という、膀胱の収縮を抑制して排尿回数の増加を抑える成分が配合された市販薬です。 残尿感は尿を溜める器官である膀胱の感覚が過敏になっていることでおこるため、膀胱機能を調節して残尿感を改善する効果があります。 約1週間ほどで効果があらわれ、残尿感などの尿トラブルに効果を発揮します。 また、妊娠中の使用に関しても安全が確率されていません。 男性や妊娠中の人は服用しないようにしてください。 サプリメントや健康食品は「医薬品」とは違い、症状に直接効果があるわけではありません。 サプリメントはあくまで食事などでの栄養成分の不足を補うことを目的に使用されるものです。 残尿感に良いとされる栄養成分を摂りたいが、そういった成分の食材を探すのは大変という方は、まずはサプリメント等を利用するのも一つの手です。 なお、排尿痛などの他の症状を伴っている場合は、まずは病院を受診するようにしてください。 ファインエイドのすっきりさわやか習慣 男性で頻繁にトイレに行く方におすすめな、ノコギリヤシを配合したサプリメントです。 さらに女性の残尿感にも良いとされる西洋カボチャも配合されているため、男女両方の残尿感におすすめのサプリメントです。 購入: 残尿感のある方やトイレの回数が多い方におすすめの西洋カボチャのほか、抗炎症作用を持つグランベリーが配合されたサプリメントです。 残尿感を改善するための、薬やサプリメント以外の方法を紹介します。 原因が膀胱炎の場合も、ホルモンバランスの崩れの場合もストレスをためずに規則正しい生活を送ることが大切なため、生活習慣には気を付けるようにしましょう。 水分を多くとろう! 残尿感の原因が膀胱炎であった場合は、水分を多くとり 尿を多く出すことが一番の改善方法になります。 残尿感があるときはつい水分をとることを避けてしまいがちですが、菌を体外に排出するために水分を多く摂るように意識しましょう。 このとき、 コーヒーや 紅茶などはカフェインが作用して残尿感の原因になることがあります。 カフェインの利尿作用がトイレの回数を増やす原因にもなるため、水分をとるときには カフェインを含まないものを飲むようにしましょう。 また、男性の残尿感の場合は前立腺炎の予防のためにも アルコールの摂取は控えるようにしましょう。 衛生面に気を付けよう! 膀胱炎は膀胱に細菌が入り込むことで起こるため、患部の周辺が不衛生だと発症する確率が上がり、再発する危険性も高くなります。 下着は必ず毎日替えるようにするとともに、 生理用ナプキンなどもこまめに取り換えるようにしましょう。 また、 性交渉の際に菌が侵入することも多いため、性交渉の前には自分もパートナーも陰部を良く洗い清潔にするよう心がけましょう。 大腸に生息する菌類が膀胱に入り込むことで膀胱炎が起こることがあるため、トイレのあとの拭き方には注意しましょう。 規則正しい生活で免疫力を高めよう! 免疫力が弱ることで、普段は感染しない菌類にかかりやすくなっている場合があります。 膀胱炎による残尿感を感じた場合には、しっかり睡眠をとるようにしましょう。 また残尿感の原因が膀胱炎でなく 自律神経やホルモンバランスの乱れである場合も、睡眠不足が症状を悪化させることがあるため、注意してください。 お風呂にゆっくり浸かるなどして下半身をよく温め、冷やさないようにしましょう。 おわりに なかなか人に相談しにくい残尿感ですが、症状が軽い場合には対処が可能な市販薬も販売されています。 早めに対処するとともに生活習慣などに気を付け、改善していくようにしましょう。 また、慢性的な残尿感やトイレに行く回数があまりにも多い場合などは一度病院を受診するようにしてください。

次の

PMSのはなし

残尿感 生理前

トイレに行ってもなんだかスッキリしない、尿が残っている感じがする…そんな感覚を『残尿感』と言います。 残尿感は、男性よりも女性の方が引き起こしやすい傾向があります。 この記事では、そんな残尿感の原因や治療法を解説します。 女性は残尿感が起こりやすい? 1. 残尿感は、実際に尿が残っていなくても生じる! トイレで用を足したばかりなのにスッキリしない、尿が出しきれていない感じがする、尿が残っている感じがするという症状を残尿感と呼びます。 もともとは40歳以上の女性に多くみられる症状でしたが、最近では20代くらいの女性もストレスや尿意を我慢してしまうことで、残尿感に悩む機会が増えたと言われています。 残尿感が気になると何度もトイレへ行くことになり、日常生活に支障をきたすこともあります。 実際に尿が残っているわけではない 残尿感は 残尿の有無にかかわらず生じるものです。 そのため残尿感をおぼえても、実際に尿が残っているわけではないというケースが大半です。 女性は残尿感を起こしやすい 男性より、 女性の方が残尿感を起こしやすいとされています。 理由は、男性の尿道が14~18センチであるのに対し女性は3~5センチほどしかないため、雑菌が膀胱へ入りやすいためです。 用を足したときの拭き方に注意 排尿や排便時に間違った拭き方をすると(後ろから前に向かって拭くなど)、尿道口に菌を付けてしまうことがあり、そのまま放っておくと菌が増殖して膀胱炎などの病気になることがあります。 温水洗浄便座の使用に注意 意外に思われるかもしれませんが、温水洗浄便座も女性が膀胱炎を起こす原因の一つです。 洗浄ノズルが不衛生だと雑菌が侵入しやすくなるほか、過剰な洗浄によって必要な粘液すらも洗い流すことがあるためです。 身体の防御機能を持つ粘膜が洗い流されてしまうと、大腸菌などの細菌が尿道に入り込む可能性が高く、膀胱炎にかかりやすくなります。 性交渉も原因のひとつ 清潔でない状態での性交も、残尿感を引き起こす原因のひとつです。 不衛生な状態で性交渉を行うと細菌に感染しやすくなるため、注意が必要です。 女性の残尿感の原因となる病気や生活習慣 女性が残尿感を起こす原因には、女性特有の病気を含め様々なものがあります。 膀胱炎 女性の残尿感は、膀胱炎が主な原因です。 外部から尿道を通って 膀胱内に細菌が入ると、膀胱炎が引き起こされます。 膀胱炎は慢性化しやすいので、早めに病院に行くようにしましょう。 尿路感染症 尿路感染症とは 尿の通路が細菌感染により炎症を起こしている状態で、女性に多くみられる病気の一つです。 膀胱炎と似たような頻尿や残尿感、排尿痛がみられるほか、尿のにごりや蛋白尿などの症状が現れます。 尿路は腎臓・尿管・膀胱・尿道・尿道口の5つを指し、このどこに炎症が起きても尿路感染症と診断されます。 排尿障害以外にも様々な症状がある 排尿以外でも、症状は全身に現れることが多いです。 ・腰や背中に痛みを感じる• ・吐き気がある• ・食欲がない• ・発熱 3. 骨盤性器脱 年とともに骨盤底筋などが弱まり、あるべき場所に膀胱をとどめておけなくなる女性特有の病気です。 症状として残尿感が現れることがあります。 ただし、骨盤性器脱を患ったすべての女性に残尿感が出るわけではありません。 神経因性膀胱 神経因性膀胱は 神経の障害によって尿意がうまく働かなくなる状態で、残尿感や尿漏れ、失禁などの症状が現れます。 脳障害や神経変性、末梢神経障害などが原因で発症します。 きちんと治療しないと膀胱炎を引き起こしたり、腎機能の低下に繋がったりする可能性があります。 冷え性 自律神経の乱れや代謝の低下により体温が下がると、膀胱や尿管を収縮して残尿感が現れることがあります。 自律神経と冷えのかかわり 自律神経とは自分の意思とは関係なく働く神経で、代謝や体温調節といった生命維持に欠かせない活動を支える部分です。 この神経はストレスやホルモンバランスによって乱れやすいのですが、そうなると体温調節がうまくいかず冷えにつながります。 睡眠不足 睡眠不足は自律神経を乱します。 自律神経が乱れると残尿感を覚えることがあります。 排尿も上記と同様、自律神経の影響を受けています。 そのため睡眠不足によって自律神経が乱れることで、排尿に関する指令が正常に行われなくなり、残尿感を覚えます。 ストレス ストレスがたまりすぎると、体の機能に異常が出ることがあります。 ストレスによって自律神経や尿を排出する機能に異常が出ると、残尿感が現れることがあります。 そのほかの病気 そのほか以下の病気でも残尿感が引き起こされることがあります。 ・膀胱結石• ・糖尿病• ・子宮筋腫• ・膀胱がん• ・性病 9. 妊娠が影響している可能性も 妊娠が成立すると同時にホルモンバランスに変化が起こり、黄体ホルモンが分泌されるようになります。 黄体ホルモンには胎児が成長しやすいよう子宮を膨張させる働きがあり、 子宮に近い膀胱が圧迫されます。 これにより頻尿が引き起こされ、尿のきれも悪くなるため残尿感を覚えやすくなります。 タイミングとしては、妊娠初期に起こりやすくなると言えるでしょう。 女性の残尿感の治療法 1. 何科を受診する? 残尿感がみられたら、泌尿器科を受診しましょう。 最近は女性の先生も増えていますが、抵抗がある方は婦人科などを訪ねるのも良いでしょう。 病院での検査方法 まずは、残尿感があらわれた時期や具体的な症状について問診が行われます。 その後次のような検査を行い、細菌や血が混ざっていないかを調べます。 ・尿検査• ・血液検査• ・血圧測定• ・超音波検査 膀胱炎の場合は血液検査や超音波検査は行わず、問診や尿検査だけで診断を確定することが多いですが、尿検査の結果によっては別の検査が必要になる場合もあります。 残尿感の治療法は? 残尿感の原因が膀胱炎である場合、抗菌剤が処方されます。 薬を飲むと症状はすぐにおさまるため、その後は飲む必要性を感じなくなるかもしれません。 しかし途中で服用をやめてしまうと、体の中から菌を完全になくすことができず、慢性化してしまうこともあります。 そのため出された分は用法容量を守って、全て飲み切りましょう。 普段の生活で気をつけること 規則正しい生活を 規則正しい生活と食習慣を心がけ、ストレスをためないようにしましょう。 また、きちんと入浴することも大切です。 睡眠もしっかり取ってください。 用を足した時は拭き方に注意 用を足したときは前から後ろへ拭いて、清潔にしましょう。 トイレは我慢しない トイレは長時間我慢せず、こまめに行くようにしましょう。 腸内環境を整える 腸内環境を整えることも大切です。 特に次の栄養素が効果的なので、これらが含まれる食材を積極的にとりましょう。 ・乳酸菌:ヨーグルトや納豆など• ・食物繊維:きのこやキャベツなど• ・オリゴ糖:ごぼうやたまねぎ、はちみつなど 刺激物を控え、免疫力をつける 残尿感がある時は、香辛料やアルコールなどの刺激物を取り過ぎないようにしましょう。 また、 ビタミンCを摂って免疫力をアップさせると効果的です。 まとめ 女性の残尿感の多くは膀胱炎が原因ですが、きちんと治療すればすぐに症状が治まり再発も防げます。 自分でできる残尿感の解消法も試してみて、それでも改善がみられない場合は病院を受診しましょう。

次の