テン コマンド メンツ。 RAVE (漫画)

エルザ・スカーレット

テン コマンド メンツ

第1の剣 鋼鉄の剣「アイゼンメテオール」 通常形態。 ハルは普段はいつもこの形態で持ち歩いている。 魔法が一切かかっていない形態であり、そのため魔道士との戦いでは威力を発揮する(魔法では物理的な攻撃を直接ガードできないため)。 剣同士の打ち合いの際にも多用されるが、かなりの重量を誇るため振り回すにはそれなりに力が必要になる。 基本形態であるために、レイヴの使用が不可能な者であっても、この形態であれば誰でも扱うことができる。 レイヴェルトになった後は主に防御に用いられた。 第2の剣 爆発の剣「エクスプロージョン」 斬ることはできないが、爆発させて打撃ダメージを与えられる剣。 ハルが最も好んで使う剣だが、自身にもかなりの衝撃が走るので、そう何回も使えるわけではない。 後半では他の剣との連携でよく用いられた。 第3の剣 音速の剣「シルファリオン」 スピードに特化した超軽量の剣で、高速度での移動と攻撃が可能になる。 ただし使用者の体も軽くなり一撃の威力は小さくなる。 そのスピードを活かし「エクスプロージョン」など他の剣と連携することで弱点を補うことも可能。 音速と言うのは高速の例えであり実際に音速が出るわけではない。 第4の剣 封印の剣「ルーン・セイブ」 物質以外のものを斬る剣で、主に魔法防御に用いられる。 その他、「魔法」「魔力」「自分の心」などを封印することも可能。 普通の物質は斬れず、刃はそのまますり抜けてしまう。 ハルはこの剣を使い、自分の心やエリーのエーテリオンを一時的に封印したことがある。 第5の剣 双竜の剣「ブルー=クリムゾン」 炎と氷の属性を持った2つの剣を使う。 炎と冷気による遠隔攻撃も可能で、2つを組み合わせることで多彩な攻撃ができる。 しかし、ハルは両利きではないので完全に使いこなすことはできない。 ルシアはこの剣でブルーガーディアンズの戦闘員多数を殺害している。 第6の剣 真空の剣「メル・フォース」 剣から突風を起こし、相手を吹き飛ばしたり自分を飛ばしたりすることができる。 剣圧によって地割れを引き起こすことや、風圧による衝撃で相手の動きをとめることも可能である。 余談だがメル・フォースの「メル」はメル・ギブソンから取られている。 第7の剣 重力の剣「グラビティ・コア」 「シルファリオン」と反対の性質を持った剣で、凄まじい重量と破壊力を誇る。 また、ハルは重さにまかせて海中を高速降下するというトリッキーな使い方もしている。 第8の剣 太陽の剣「ミリオンサンズ」 光の属性を持っていて、闇属性に対して有効な攻撃が可能。 剣そのものを強く発光させることが可能なので、目くらましとして逃走手段にも使える。 しかし、登場するのが遅かったことや、性質上ルシアが一度も使わなかった(闇の力を持つルシアがこの剣を使いこなせるかどうかは不明)こともあってか、テン・コマンドメンツの中では特に使用頻度が低かった剣である。 なお、この剣のみ他の9つの剣と異なり、逆手で持っている。 第9の剣 羅刹 らせつ の剣「サクリファー」 闘争心以外の全ての感情を封じ、文字通り"羅刹"の如き戦闘力を発揮する剣。 そのため使用者の自我を蝕み、最終的には命まで奪ってしまう。 また強い殺戮衝動に駆られることで、敵味方の区別もつかなくなっていく。 使用中はあらゆる身体能力が強化され、雄叫びによって魔法などを掻き消すことも可能。 テン・コマンドメンツはもともとシバのために作られた剣だったため、ハルはこの剣を制御できず、体を侵食されてしまい、我に返った瞬間、後遺症で一時的に剣を握れなくなってしまった。 (ルシアは制御できたが、本人の台詞から、ルシアでも長時間の制御は不可能と思われる)。 「シバの」テン・コマンドメンツを使用したハルの能力は、ここで限界となった。 仲間であるはずのプルーさえ殺そうとしたこの剣を、ハルは封印して二度と使わないことを誓った。 その後、レイヴェルトを手に入れてからも(制御は可能になったかもしれないが)実際に最後まで使うことは無かった。 第10の剣 聖剣「レイヴェルト」 ハルが使うべき第10の剣が存在しないことを知ったムジカによって、改めてハル専用に鍛えられた剣。 以後この剣が基本型になる。 テン・コマンドメンツとは別の物であるが、レイヴをはめておけば、記憶されている第2~第9の剣は引き続き使用可能。 ラストバトルではこの剣を使う場面が多かった。 また、パンクストリートの町を、ジェロの呪いから解き放ったことから、邪悪なる魔力を打ち破る力があることが判明する。 ムジカから受け取った後に頬ずりをしたり、結婚式では花を結んで飾られていたりと、ハルはこの剣に非常に愛着を持っているようである。 コピペですけど.

次の

RAVEのイラスト

テン コマンド メンツ

RAVEのイラスト ここにあるイラストはすべて自作です。 (最初に書いた奴 第2形態。 爆発の剣「エクスプロージョン」です 第3形態。 音速の剣「シルファリオン」です(一番の自信作(かなり時間かかってますw 第4形態。 封印の剣「ルーン・セイブ」です 第5形態。 双竜の剣「ブルー=クリムソン」です(剣が二つ 第6形態。 真空の剣「メル・フォース」です 第7形態。 重力の剣「グラビティ・コア」です 第8形態。 太陽の剣「ミリオンサンズ」です コメント 制作時間(およそ) 鉄の剣 最初に作っただけあって少し時間がかかった・・ 1時間30分 爆発の剣 これは見た目の割に意外と早くできましたw 1時間 音速の剣 これが一番時間かかってます・・・左右平等じゃないのでw(そういう問題か 2時間30分 封印の剣 模様が大変ですね・・見た目どおりw 1時間15分 双竜の剣 かなり簡単でしたw 左右平等が2本あるだけなので(ぉぃ 25分 真空の剣 だいぶ慣れてきました グラデーションは自分でやったので大変なのはそこかなw 38分 重力の剣 鎖がうまくできなかったw 色が変かも・・・ 55分 太陽の剣 久々に書いてみました。 ちょっと形おかしいかも・・。 1時間 ユリウスの氷の魔法剣「アマ・デトワール」です 色が不明なので適当に塗ってみました(ぉぃ 暇なので書いてみました ラカスの「マラカス」です(笑 DC旧最高司令官キングの「デカログス」です 六祈将軍:ジェガンの「大剣」w(そのまんま かなり最初の方の敵:獣剣のランスの「獣剣」です。 (古っ コメント 制作時間(およそ) アマ・デトワール 色が不明なので「感じ」で塗ってみましたw 意外と簡単w 40分 マラカス 書いたらおもしろいかなって思って書きました 当然時間はかかってないw 15分 デカログス 真ん中の変なのにてまどった(汗 50分 大剣 これは・・・簡単すぎ・・・(ぉぃ 15分 獣剣 かなり前に書いて・・・存在忘れてました(爆 不明 ソラシドの「聖なる十字架」です コメント 制作時間(およそ) 聖なる十字架 剣っぽくしましたw(当たり前 20分 [PR].

次の

ミナモザ

テン コマンド メンツ

RAVE とは、にて号~号まで連載された作品である。 連載前の中 り では『最新 は1人と1匹・・・? 』といった も使われていた。 からにかけてによってされている。 概要 初代 から石を受け継ぎ、となった の活躍を描いた冒険活劇。 「 ング」という特殊なを持った敵達と戦うが。 やや荒削りな面もあるものの、作品としてはりに奇麗にまとまっており、特に関連の・演出は非常に評価が高い。 初回は「の新連載攻勢第2弾」として巻頭掲載という連載作としては異例とも言える高待遇だった本作だが、そののり自体は決して坦なものではなかった ちなみに、第1弾は「」のでおなじみ、史上のと名高い「」 不定期連載からの格上げ であった。 特に後半のはJIやといったや、のといった現代劇が流で、絵柄ものような路線が好まれる傾向にあり、本作のようなそのものの絵柄で展開される想をにしたが連載されること自体が異例のことだった。 そのため、初期は面で苦戦し、いつとなってもおかしくない状態であったが、初めての生命のを描いたとのを描いたからが急上昇。 以降、な絵柄とは裏に「生と死」をに据えたな作へと方向転換されていき、のルや六祈ナの死は、登場人物にこの後大きくを与えることになる。 の戦~ドリュー戦の頃にはも較的好調に推移し、化もされるなどを迎え、この頃には一挙2話掲載、1話丸々20P掲載なども行われている。 ドリュー戦以降はの核心に迫る内容となり、敵味方問わず多くの人物が命を落とす描写が描かれた。 心しかけたところをされた、身体を理矢理化されたチ、年の間の為に闘い続けたなどその描写に心打たれたは多い。 の死が描かれた回以降は更にその内容もーになっていき、初期のような描写は以外ではど見られなくなっていった。 前述のの最期が描かれたへのはの記憶、が何故をと決意したのか、といった重要な場面が描かれ、、との最終に至る。 最終前の宴会が実質最後の回となり、以降は最終でほぼ命を落とすという展開だった。 しかし、それではあんまりだとしてが助かった理由として描かれたのがのである。 なお、この最終は各所でが行われたものの、のの話数計算のにより描写は簡素なものになっている。 その代わりに要人物同士のやり取りが多く描かれる結果になった。 本作は自身「話が」としており、その反省点が次回作『』で「登場人物を極殺さない」という点と「話を陽性に展開させる」という点で生かされる形となっている。 版はで終わったが、発売の『』巻でに発表され、大好評だった両作品のがされることが決定し、実に11年ぶりに動くたちが見られることとなった。 なお、版RAVEはの絵柄が不安定だった中期をにされたため、顔が違っている。 後期からにかけての絵柄でされるのはこの作品が初めてである。 会社はFTのA1 tesになり、は以外のままである。 近々やで放送される日も近い? には、者の自宅から第一話のが書のような状態となって発見されている。 きちんと読める品質のままで現存する事自体驚きであるが、これによると、印的なの初登場は設計図段階でほぼ固まっていたことが伺える。 登場人物• 本作の。 ージュの。 の時、との出会いがきっかけで、の意志をついで二代となる。 は10個の様々な特殊を持つ「」。 の宿敵。 本作中盤から登場する、同じに生まれたとは対極の存在。 終盤ではこのそのものを消滅させる為にと同化する。 はのTと同じく10の姿にする「デグス」• 本作の。 記憶を失ったの。 本作の。 い体にのような鼻を持つの。 作品「の」では役を務める。 本作のその2。 通称「グ」。 一言でいえば汚い。 はらしい。 一言で言えばな。 本作の。 たちとは奇妙な関係にある。 の親友。 どんなでも操れる術師 クマー。 元王宮守五の一で、魔界出身の人 ス。 時の番人。 を守る為に壮絶なを送る。 特別部隊を率いる六祈の一で、の。 後に頼れるに。 関連動画 関連商品 版は。 関連項目•

次の