河井 あんり 公職 選挙 法 違反。 公職選挙法違反の疑い~業界事情を知らな過ぎた河井案里議員

河井案里氏秘書を聴取へ 広島地検、公選法違反疑惑巡り:朝日新聞デジタル

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

夫の河井克行・前法相とともに公職選挙法違反に問われている河井案里参院議員。 写真は2020年3月の参院本会議(写真:つのだよしお/アフロ) 2019年夏の参院選・広島選挙区(改選数2)での公職選挙法違反事件で、関与を疑われている自民党の河井案里氏(同区選出)と夫の克行氏(前法相、衆院広島3区選出)が、「国会議員として絶体絶命の窮地」(自民幹部)に立たされている。 広島地検が案里氏の公設秘書らを買収罪などで起訴、その後も河井夫妻や周辺関係者の捜査を集中的に進めているからだ。 河井夫妻の後継者探しが本格化 案里氏は、公設秘書の有罪が確定したときには連座制での議員失職が確実視され、選挙活動を取り仕切ったとされる克行氏も「近い将来、買収罪などでの起訴が不可避では」(広島の司法関係者)との見方が広がっている。 自民党広島県連は議員辞職や失職に備えて後継候補探しに着手しており、野党側も候補者擁立作業を本格化させている。 河井陣営の公選法違反疑惑は2019年10月末の週刊誌報道をきっかけに、広島地検が本格捜査に着手。 報道と同時に、当時法相だった克行氏が閣僚を辞任し、その後は案里氏ともども説明責任も果たさず雲隠れを続けたことで、安倍晋三首相を悩ます政権スキャンダルに浮上していた。 ただ、桜を見る会の私物化疑惑や1月末からの東京高検検事長定年延長問題に加え、コロナショックへの対応が重なり、河井夫妻問題は「永田町での話題の片隅に追いやられていた」(閣僚経験者)のが実情だった。 3月24日に起訴されたのは案里氏の公設秘書と克行氏の政策秘書だ。 2019年夏の参院選で河井陣営のウグイス嬢に法定上限を超える報酬を支払った罪に問われている。 広島地検は案里氏の公設秘書が連座制適用の対象となる「組織的選挙運動管理者等」に該当すると判断し、裁判長期化で判決の実効性がなくなるのを防ぐため、100日以内の判決を求める「百日裁判」を申し立てた。 これにより、今後の公判で当該被告の禁錮刑以上(執行猶予を含む)が確定すれば、案里氏の当選は無効となり、参院議員を失職する可能性が大きい。 一連の裁判手続きが順調に進めば、「8月中には決着する」(司法関係者)とみられている。

次の

河井案里氏秘書を聴取へ 広島地検、公選法違反疑惑巡り:朝日新聞デジタル

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

河井あんりTwitterより 昨日おこなわれた代表質問で、河井案里議員および河井克行・前法相の公職選挙法違反疑惑を問われると、「私が任命した大臣が辞任したことは国民のみなさまに大変申し訳なく、責任を痛感している」と従来どおりの説明に終わった安倍首相。 だが、任命責任だけでは済まない事態に発展しそうだ。 というのも、本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が河井議員夫妻についてスクープ記事を掲載。 そこではこんな衝撃的なタイトルが掲げられている。 そこには、自民党本部から案里氏が代表を務める自民党広島県参議員第七選挙区支部に4月15日〜6月10日のあいだに計3回にわたって合計7500万円が、克行氏が代表の自民党広島県第三選挙区支部にも6月10日、27日に2回に分けて同じく計7500万円、ふたり合わせて合計1億5000万円が振り込まれていたことが示されていたという。 そして、克行氏が代表の党支部に振り込まれた分は30万円を残したかたちで案里氏が代表の党支部に移し替えていたことを示すLINEのやりとりも「週刊文春」は入手している。 現在、車上運動員に対して法定上限額を超える日当を支払っていた疑惑によって強制捜査が入っている状態だが、その案里氏の選挙に、安倍自民党は約1億5000万円もの大金を注ぎ込んでいたのである。 「週刊文春」も言及しているが、2016年の参院選の政治資金収支報告書を確認すると、党本部が各支部に対して投下した金額は多くが1500万円。 もっとも選挙資金が注ぎ込まれた激戦区の沖縄では1500万円に加えて沖縄県連を通し1億1000万円がプラスされているが、このとき沖縄選挙区から出馬していたのは、当時の沖縄担当相で現役閣僚だった島尻安伊子氏。 安倍自民党としては、辺野古への新基地建設に反対する「オール沖縄」に絶対に負けられない最重要選挙区であったことは誰の目にもあきらかだが、辺野古新基地建設のような政策的対立があるわけでもないのに、沖縄を上回る巨額の選挙資金を安倍自民党は案里氏の選挙に投入していたのだ。 「週刊文春」の記事では、自民党関係者や自民党のベテラン職員がこう証言している。 広島選挙区選出の溝手氏は第一次政権時の2007年参院選で自民が大敗した際、安倍首相の責任に言及し、さらに下野時代には安倍氏を「過去の人」と発言した人物。

次の

河井前法相“本格捜査”で、安倍政権「倒壊」か(郷原信郎)

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

河井あんりのプロフィール• 名前:河井案里(かわいあんり)• 生年月日:1973年9月23日• 出身:宮崎県延岡市• 大学:慶應義塾大学大学院 広島県議会議員に4回当選し、 2019年7月に参議院議員になっています。 参議院選挙では、 自民党の擁立候補を巡ってひと悶着あったことが記憶に新しいです。 2019年10月に週刊文春から 「公職選挙法違反の疑惑!」とスクープされ、一躍話題になっています。 選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。 だが、「週刊文春」がウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、 法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。 公選法に詳しい上脇博之・神戸学院大法学部教授はこう解説する。 「 これは公選法が禁じる典型的な運動員買収です。 買収した人もされた人も、3年以下の懲役・禁固又は50万円以下の罰金に問われます。 候補者本人が与り知らない場合であっても、秘書や出納責任者など一定の立場の人による買収が確定すれば、 連座制が適用され、当選無効となります」 引用元:文春デジタル あくまでも疑惑であって、 違反が確定したわけではありません。 ところが、 自らの文春砲により国会を止めてしまうことにもなりかねません。。。 広島県議に現金を渡した疑いも? 自民党の河井案里氏(46)=参院広島=が 春の広島県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の期間中に現金を持ってきたと、複数の自民党県議が証言した。 7日までの中国新聞の取材に答えた。 いずれも「当選祝い」「激励」などの名目で、その後に返したとしている。 河井氏のこの行為は、公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たるとの指摘がある。 引用元:中国新聞 いずれも(現金が入ったとみられる)封筒は返しているようですが、河井案里が有権者に対して現金を渡したという行為が問題となります。 「今度、選挙立候補するからヨロシクね」という意味で現金を渡したものと疑惑が報じられています。 河井氏の事務所は「公選法に抵触することは一切していない」とコメントしている。 しかし、ウグイス嬢への報酬疑惑も含め、経緯など説明責任を問われることになるでしょう。 河井案里氏、広島県議に現金か 春の選挙中、公選法違反指摘も 国民の役に立たない政治家は当選することが罪なのである 潔く辞めたらどうですか? — 新憂国論 sunseiji 正直、議員としての河井あんり氏の仕事をまだ知りません。 河井あんりに対するネットの声 公職選挙法違反の疑いもあってか、 ネットでは河井あんり氏の評判はあまり良い意見がありません。 河井あんりはっきり言って あたしの周りでもいい噂 聞かなかったけ、やっぱりの 一言だよね。 別に誰を応援しとるってわけでは なかったけど河井あんりだけは 応援せんかった。 やっぱそういうのはちゃんと 見つかるんだな。 — ももてつ GsF9V8ctgK28vyo この河井克行の嫁の河井あんり。 豊田真由子どころの騒ぎじゃないですから。 少なくとも豊田さんは一生懸命仕事しようとしていたけど、あんりは県議時代、まともに委員会で席につけなくて途中退席する常習。 小学生以下の議員様でした。 今までは広島県が給与払ってたけど今は国。 服装もTPOは無茶苦茶で、委員会での質問も礼節を知らないというかで。 広島県庁で好きな人は皆無というくらいの嫌われ者らしいです。 河井あんり氏、選挙のとき自動音声の電話がかかってきて失礼にもほどがあると思って絶対に票は入れないと思ったけど本当に入れなくてよかった。 河井あんりの地元・広島では票が割れていた 河井あんり氏が広島から参議院議員に立候補した際には、自民党内陣営が揉めていました。 というのも、 広島選挙区は自民党現職(当時)の溝手顕正氏が立候補され、当選してきました。 バトルの背景の1つには自民党本部VS自民党広島県連がある。 県連幹部は「党本部による溝手さんいじめ」と憤りを隠せない。 広島では、自民公認候補が13、16年と続けて2番手の野党候補に倍以上の得票差をつけてトップ当選。 党本部は「2人区でも2議席独占できる」と、今年3月に河井氏を2人目の公認候補として発表した。 引用元:日刊スポーツ 要約すると、• 当選枠は2人。 溝手顕正氏の選挙区に河井あんりも立候補• 自民党の候補が二人いたら票が割れる!(自民党広島県連)• 大丈夫、2議席独占できるよ!(自民党本部)• 地元・広島では どちらの自民党候補を応援していいかパニック• 結果、票が割れる• 野党連合候補がトップ当選。 河井あんり氏のみ当選して、溝手氏は落選。 自民党本部のせいで溝手氏は落選した!(自民党広島県連) 自民党本部と広島県連との連携がかみ合わず、 結果的に2議席確保も実現できませんでした。 前回、 溝手氏が獲得した得票数の半分近くが河井あんり氏に流れてしまいました…。 地元・広島では自民党本部に対する憤りが少なからず残っていると思われます。 その怒りの矛先が河井あんり氏に向かうことも予想されますね。 文春砲で河井あんりの今後は? もし、 公職選挙法違反の疑惑が真実だったとすれば、河井あんり氏は当選無効となります。 (仮定です) 当選無効となると、 溝手顕正氏が繰り上げ当選となるはずです。 広島県民(特に自民党派)は 「あそこまで選挙区荒らしといてなんてザマだ!」と不満の声が上がってくることは間違いないでしょう。 答えはですね、安倍氏や菅氏に者を申すと広島選挙区のようになるからです。 長年自民党の為に尽くした現職議員に今回問題の みたいな人格に問題のある候補者をぶつけてお金と権力という圧力で落選させる。 今思えば俺に刃向かったらこうなるぞ!という見せしめでしたね。 河井あんり氏の選挙活動中には、河井克行氏が事細かく活動方法を指示していたと言われています。 ポスト安倍を巡って、自民党要人の色々な思惑が空回りしていった結果なのかもしれません。 事務所捜査も「辞めない」発言(追記) 河井案里議員の陣営が、去年7月の参議院選挙をめぐって、ウグイス嬢に法律の規定を上回る報酬を支払っていたとして、広島地検は15日、 公職選挙法違反の疑いで広島市の河井議員の事務所を、また関係先として夫の河井克行前法務大臣の事務所などを捜索しました。 引用元:NHKニュース 2020年1月15日、この疑いに対して河合案里は 「捜査機関に対して全面的に協力しながら、洗いざらい調べていただき、真実を明らかにしていただきたい。 そのための協力を惜しまない方針です」 と答えています。 さらに、離党も議員辞職も考えていないということです。 河井案里会見。 15 夜 自民党 河井案里 批判的な記者が物理的に来れないよう、30分前に突如設定して記者会見。 疑惑発生以来、初めて公の場に。 (左) インタビュー中 (右) 終了して退散中 (=大笑いしながら帰っていくのを、カメラに抜かれてしまう) — さよなら昨日の私 SaYoNaRaKiNo 県議時代には知事の講演会のお金の問題について「私なら、もう辞めています。 なぜなら、それが政治家の良心ではないかと思うからです。 」と発言していた過去があります。 大きなブーメランが自分に跳ね返ってくる事態となっています。

次の