新日本無線 倒産。 オーディオ専用の“SiCダイオード”を発売

オーディオ専用の“SiCダイオード”を発売

新日本無線 倒産

上場企業 電気機器業の平均年収は640万円、平均年齢は41. 8歳です。 年齢別平均年収を推計する では、上記過去平均の数値をベースに、国の統計データに基づく賃金傾向を利用して年齢別平均年収を推計することにします。 新日本無線の年齢別平均年収(単位:万円) 年齢 年収 月収 賞与 30歳 445 30. 9 74. 1 31歳 459 31. 8 76. 4 32歳 473 32. 8 78. 8 33歳 487 33. 4 85. 2 34歳 501 34. 4 87. 6 35歳 514 35. 3 89. 9 36歳 528 36. 3 92. 3 37歳 541 37. 1 94. 6 38歳 557 37. 9 101. 0 39歳 575 39. 2 104. 3 40歳 594 40. 5 107. 8 41歳 612 41. 7 111. 0 42歳 630 42. 9 114. 3 43歳 648 43. 6 123. 6 44歳 666 44. 9 127. 0 45歳 684 46. 1 130. 4 46歳 701 47. 2 133. 7 47歳 719 48. 4 137. 1 48歳 731 48. 6 146. 9 49歳 738 49. 1 148. 3 50歳 744 49. 5 149. 5 新日本無線の年収は高いのか、低いのか?公式データを加工・活用して、年齢別平均年収、ランキング、年収偏差値などを算出しました。 クチコミ・評判に依存せず、中立な立場で評価できる情報を発信しています。• 上場企業 電気機器業では偏差値47. 2であり、中位約68. 全国統計に基づく偏差値は52. 7であり、中位約68. 残業時間、休暇 によると、新日本無線の一か月あたりの平均残業時間は、22. 1時間 でした。 長時間労働是正のための企業の取り組みとしては以下のとおりです。 ・フレックスタイム制度の採用 ・フレックス利用要件に育児・介護を追加 ・定時退社日の設定 ・勤務間インターバル制度導入.

次の

日清紡HD、新日本無線の完全子会社化に関する株式交換契約を締結 :日本経済新聞

新日本無線 倒産

「変化 」 を捉え 、 「進化 」 に繋げる チャレンジャーを求めています! 私たち新日本無線は、グループ全体で半世紀以上に亘り電子デバイス、マイクロ波製品の提供によってエレクトロニクス社会の発展に貢献してきました。 今日では自動車・スマートデバイス・衛星通信等様々な分野で当社の製品は採用され、これからもIoTやAIを活用した超スマート社会の実現に向け、キーデバイスを提供し続けたいと考えています。 これらは言葉にすれば簡単かもしれませんが、成し遂げることは簡単ではありません。 だからこそ、チャレンジ精神が旺盛で、「変化」を捉え、それを「進化」に繋げて行くことが期待できる人財を求めています。 私たちと一緒に「チャレンジ」してみませんか? また、私たちはいきいき働くためには「健康」が重要であると考え、「健康」をキーワードとして「ヘルシーカンパニー」の実現に向け様々な取り組みを行っています。 是非、私たちの会社のドアをノックしてみて下さい。 心からお待ちしています。 新日本無線の採用サイトにようこそおいで下さいました。 はじめまして!私たちが皆さんと新日本無線の橋渡し役です。 よろしくお願いします。 私たちの役割は、多くの方に新日本無線をご理解いただき、「ぜひ入社したい!」と感じていただくことと、選考・入社までのお手伝いです。 新日本無線のビジネスはBtoBなので、当社の製品が皆さんの目に触れることは殆どありませんが、実はスマートフォンや自動車等多様な製品に採用され、意外と身近な所で皆さんのお役に立っています。 当社はこれからもIoTそして超スマート社会を、高品質な「電子デバイス製品」と「マイクロ波製品」で支えていきます。 新日本無線に少しでも興味を持って下さった方、まずはマイナビでエントリーをお願いします。 あとは私たちがナビゲートしますね。

次の

新日本無線

新日本無線 倒産

オーディオ機器用SiC-SBD「MUSES7001」 SiCは、パワー半導体分野におけるシリコンに変わる次世代半導体材料として注目を集める。 シリコンに比べ、耐圧が高く、高速スイッチング特性に優れるなどの利点があり、電力変換損失を低減できるなどの効果が期待できるためだ。 SiC-SBDも、シリコンによるSBDに比べ、逆回復時間が短く、逆回復電流も少なくでき、スイッチング素子の動作を高速化できるとい特長を持つ。 新日本無線では、SiCを用いたパワー半導体を開発を進める中で、得意とするオーディオ分野向けのSiCデバイスの開発も実施。 オーディオ機器の電源を、より高速スイッチングさせ、電源ノイズの音質への影響を抑制できるSiC-SBDを、オーディオ機器メーカーなどとも連携しながら開発。 2011年ごろから、特定顧客向けにオーディオ機器用SiC-SBD製品を量産してきた(関連記事:)。 高音質デバイスシリーズ「MUSES」に位置付け サンプル出荷を開始したMUSES7001は、初の一般向けに販売するオーディオ機器用SiC-SBDとなる。 高い音質を追求したデバイス製品シリーズでこれまでオペアンプなどを展開してきたMUSESシリーズの1製品として位置付け、「音質重視のSiC-SBD製品」というイメージを打ち出した。 銅太線ボンディング技術採用 関連記事• 新日本無線は、デンソーからライセンス供与を受け、スーパージャンクション構造を持つパワーMOSFET(SJ-MOSFET)を量産する。 従来工法のSJ-MOSFETと比べて、単位面積当たりのオン抵抗を半減したことが特徴である。 新日本無線がアルミニウム電極への銅太線ワイヤボンディング量産技術を発表。 低損失で環境性能も高い銅製ワイヤの配線によるパワーデバイスの量産技術が確立された。 インバータなどの電力効率を高める次世代パワーデバイスの用途で期待されているSiCデバイス。 このSiCデバイスを搭載することにより音質を高めたカーオーディオ用パワーアンプが「東京モーターショー」に出展されている。

次の