モバイル suica 券売 機 チャージ。 地方行くとモバイルSuicaが最強でカード式がほぼ無力なたった1つの理由。

地方行くとモバイルSuicaが最強でカード式がほぼ無力なたった1つの理由。

モバイル suica 券売 機 チャージ

Garminは素晴らしい。 電池は持つし、トレーニングにも使いやすい! そんなあなたに最高のお知らせです。 特にAndroid端末をお使いのあなた!!! Garmin PayがSuicaに対応しました! これでコンビニでの買物や電車やバスの乗車にもおサイフどころかスマホすら出さずに済んでしまいます!! Suicaが使えるということは... 電車に乗れる! 新幹線にも乗れる! 九州新幹線以外 駅中でお土産も駅弁も買える! これであなたのGarminもSuicaに対応です!! 【現金でもチャージ出来る!2つのチャージ方法】 Garmin PayのSuicaにチャージするには2種類の方法があります。 クレジットカードからチャージ Google Payに対応したクレジットカードでGarmin Connect上からチャージが出来ます。 スマートフォンの操作が必要です。 現金でチャージ 現金を使用して店頭やトレイ型の券売機でチャージが出来ます。 スマートフォンの操作が必要なく デバイスのみでチャージが可能です。 JRE POINTを使用したチャージは非対応になっています。 初回のチャージ金額は上限5,000円です。 一定期間ご利用後にGarminデバイス内の残額とあわせて 最大20,000円までチャージ可能です。 残高や履歴も表示可能です。 【JRE POINTが貯まる】 まずはGarminデバイスに登録したSuicaをJRE POINTのWEBサイトに登録が必要です。 鉄道利用や駅ビル内のお買い物等でJRE POINTが貯まります!ポイントカードの提示もなく使うだけで簡単にポイントが貯まるのも嬉しい! ただし貯めたポイントのGarminのSuicaチャージには対応していません。 【手ぶらで新幹線に乗る!】 GarminデバイスでSuicaが使えるということは… 新幹線にも手ぶらでのることが出来ます!しかし!JRはエリアごとに支社が違うため対応するアプリやサービスが異なってきます。 各エリアごとに使用できるサービスを解説します。 残念ながら九州新幹線には対応していません。 【JR東日本エリアの北海道、東北、北陸、上越東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線に乗る場合】 ・スマホがJR東日本の窓口に!指定席予約も乗車も窓口いらず! 「新幹線eチケットサービス」 事前に予約することで、紙のきっぷを使わずにSuicaだけでJR東日本エリアの新幹線の指定席にも自由席にも乗れるサービスです。 JR東日本のWEBサービスの「えきねっと」に登録をすると 券売機や窓口できっぷを受取ることなく新幹線にチケットレスで乗車できます。 予約の変更もスマホから簡単に行うことが出来ます。 早めの予約で割引になる「えきねっとトクだ値」や指定席の予約時には一律¥200の割引になったりと便利でお得なサービスです。 ただしグリーン券の購入はできません。 ・思い立っても窓口に並ばず新幹線の自由席に! 「タッチでGo!新幹線」 利用開始登録をしてSuicaにチャージをするだけで、新幹線の自由席に乗れるサービスです。 初回のみトレイ型の券売機に利用登録が必要です。 その後はチャージ金額が十分にあれば、 予約やきっぷの受取手続きなしでそのまま新幹線の自由席に乗ることが出来ます! 【JR東海、JR西日本エリアの東海道、山陽の各新幹線に乗る場合】 ・スマホが東海道、山陽新幹線の窓口に!指定席予約も乗車も窓口いらず! 「スマートEX」 事前に予約することで、紙のきっぷを使わずにSuicaだけでJR東海、JR西日本エリアの新幹線の指定席にも自由席にも乗れるサービスです。 予約の変更もスマホから簡単に行うことが出来ます。 東海道・山陽新幹線のネット予約サービスの「スマートEX」に登録をすると 券売機や窓口できっぷを受取ることなく新幹線にチケットレスで乗車できます。 こちらにも「早特商品」があり、 早期の予約で割引になります! ただし年会費を払うことによって割引になるエクスプレス予約には対応していません。 【必読!注意ポイント】 ・クレジットカードが絶対必要! 初回登録時にはGoogle Payに対応したクレジットカードからチャージすることによってGarminデバイスで使えるSuicaを発行しますので クレジットカードがないとそもそも登録が出来ません。 ・既存カードや定期の移行はできない! 新しいSuicaを発券するという形をとっているので 既存のカードをモバイルSuicaとしてそのまま利用するということは出来ません。 ちなみにすでにスマホでモバイルSuicaを使用している場合でも、それとはまた別のSuicaを発券します。 スマホ決済用のモバイルSuicaとGarmin決済用のモバイルSuicaを2枚持つということになります。 ・通常のモバイルSuicaより使用制限あり! 非常に残念ながら通常のモバイルSuicaよりも出来ないことがいくつかあります。 定期としての使用が出来ない• オートチャージが出来ない• グリーン券の購入が出来ない この3点には特に注意が必要です!! ・残高の引き継ぎや移動は不可! 機種変更による残高の引き継ぎや、他のカード型やスマホのモバイルSuicaに残高を引き継ぐことや移動は出来ません。 別のGarminデバイスへの移転も不可能です。 基本的にそのデバイスのみでの利用と考えてください。 もし残高をどうしても移行したいその場合は 一度払い戻しが必要になります(手数料として¥200が必要) ・一台のGarminに一枚のSuica Garminデバイス一台に1枚のSuicaカードのみ登録ができます。 Suica機能が搭載されたGarminデバイスを複数台使用の場合は、Garmin Connect Mobileアプリで管理できますが残高の移行や引き継ぎは出来ません。 ・iPhoneでもAndroidにも連携可能! GarminはiOSデバイスにもAndroidデバイスにも対応しています。 Androidユーザーがsuicaを使用できるスマートウォッチは今回、初めての登場なので Androidユーザーには特におすすめです! ・クレジットチャージはApple PayではなくGoogle Payで支払う! Garminでのモバイルsuica利用はGoogle Payで行っています。 そのためiPhoneユーザーでもチャージの際は Apple PayではなくGoogle Payでしか出来ません。 【一言まとめ】.

次の

クレジットカードでSuicaをチャージする方法まとめ。ICカードから、モバイル利用まで!

モバイル suica 券売 機 チャージ

答え: 事前にパソコンやスマホなどからポイントチャージを申請。 駅の券売機、モバイルSuica、Suicaインターネットサービスの3つの方法でチャージを受け取ることができます。 (Suica付きビューカードのみ、ビューアルッテで受け取りが可能。 ) 解説: 貯まったSuicaポイントの使い道として、もっとも便利で自由度が高い方法は、Suicaにチャージして電子マネーに換えてしまうこと。 Suicaポイントを使ってSuicaにチャージすることを「Suicaポイントチャージ」といいます。 その手順を以下にご説明していきますね! 貯まったSuicaポイントを、Suicaにチャージする方法: Suicaポイントチャージの条件: まず最初に、ポイントチャージの概要についてまとめておきます。 貯まったSuicaポイントを使ってチャージする「Suicaポイントチャージ」の基本条件は次のようになっています。 ここで覚えておいてほしいことは、Suicaポイントは「JRE POINT」で管理されているということです。 2019年3月31日までは「Suicaポイントクラブ」だったのですが、現在はJRE POINTに統合されています。 そのため、ポイント交換をするためには、まずは JRE POINT WEBサイトで続きを行う必要があります。 Suicaポイントチャージの手順: では、実際にポイントチャージを行う手順を以下に説明していきましょう。 大きな流れとしては、 JRE POINT WEBサイトにログインしてチャージの申請をした上で、期限内に受け取りを行う…という2段階の手順になります。 ステップ1:パソコンなどから申し込む パソコンか、スマートフォン、携帯電話などからJRE POINT WEBサイトにログインしましょう。 ログインすると「ポイント残高照会、利用申込」のメニューがありますので、ここから申請します。 1)交換可能なポイント数が表示されるので確認。 2)交換を希望するポイント数を入力。 3)チャージするSuicaを選択して申込み。 4)完了メッセージが表示されたら終了です。 そのため、チャージするSuicaの残高とチャージ申請額の合計が2万円を超える場合はチャージできません。 おいて事前に残高を確認してくださいね。 申請の操作はここまでで完了。 申請したチャージのSuicaでの受け取りは、次の方法で行います。 ステップ2:Suicaにチャージする: 申請したチャージ分を受け取るには3つの方法があり、ステップ1の申請時にあらかじめ指定しておきます。 駅の券売機で受け取る場合: 駅の自動券売機にSuicaを投入して、チャージしましょう。 1)自動券売機にSuicaを投入。 2)チャージ画面で「Suicaポイントチャージ」を選択。 Suicaポイントをチャージできる自動券売機は、JR東日本の駅にあるSuicaロゴのついた自動券売機または多機能券売機で、チャージできる時間は7時~24時となっています。 モバイルSuicaでの受け取り: ポイント交換を申し込んだチャージをモバイルSuicaで受け取る場合は、交換申し込み当日~8日以内にチャージが必要です。 期限内にチャージされなかった場合は、Suicaポイント口座に戻ります。 Suicaインターネットサービスでの受け取り: 「Suicaインターネットサービス」に登録している人なら、パソコンにICカードリーダー(パソリなど)をつないて、インターネット経由でSuicaカードにチャージを受け取ることもできます。 この場合も、交換申し込み当日~8日以内にチャージ受け取りが必要。 期限内にチャージされなかった場合は、Suicaポイント口座に戻されます。 チャージ受け取りの注意点: チャージ受け取りは期限内に行おう: チャージは期限内に行いましょう。 駅の券売機で受け取る場合は、申請日の翌日~7日以内、モバイルSuicaや Suicaインターネットサービス利用の場合は、申請日当日~8日以内です。 もし、うっかり忘れてしまった場合などでも、期限内にチャージされなかったポイントはSuicaポイント口座にまた戻りますので安心してください。 チャージ申請後も、ポイント有効期限は継続: ただし、チャージされなかった場合で、期限内に有効期限を迎えるポイントはSuicaポイント口座に戻らず失効してしまいます。 つまり、チャージの申請後も、ポイントの有効期限は継続していると言うことになりますので、ここは注意してくださいね。 チャージされなかった場合で期限内に有効期限を迎えるポイントはSuicaポイント口座に戻らず失効します。 以上、貯まったSuicaポイントを、Suicaカードにチャージする方法をまとめてみました。 簡単にできますので、ぜひ ぜひ、ためしてみてくださいね。 この記事に関する参考リンク:•

次の

入金(チャージ)|利用方法|Suica:JR東日本

モバイル suica 券売 機 チャージ

Garminは素晴らしい。 電池は持つし、トレーニングにも使いやすい! そんなあなたに最高のお知らせです。 特にAndroid端末をお使いのあなた!!! Garmin PayがSuicaに対応しました! これでコンビニでの買物や電車やバスの乗車にもおサイフどころかスマホすら出さずに済んでしまいます!! Suicaが使えるということは... 電車に乗れる! 新幹線にも乗れる! 九州新幹線以外 駅中でお土産も駅弁も買える! これであなたのGarminもSuicaに対応です!! 【現金でもチャージ出来る!2つのチャージ方法】 Garmin PayのSuicaにチャージするには2種類の方法があります。 クレジットカードからチャージ Google Payに対応したクレジットカードでGarmin Connect上からチャージが出来ます。 スマートフォンの操作が必要です。 現金でチャージ 現金を使用して店頭やトレイ型の券売機でチャージが出来ます。 スマートフォンの操作が必要なく デバイスのみでチャージが可能です。 JRE POINTを使用したチャージは非対応になっています。 初回のチャージ金額は上限5,000円です。 一定期間ご利用後にGarminデバイス内の残額とあわせて 最大20,000円までチャージ可能です。 残高や履歴も表示可能です。 【JRE POINTが貯まる】 まずはGarminデバイスに登録したSuicaをJRE POINTのWEBサイトに登録が必要です。 鉄道利用や駅ビル内のお買い物等でJRE POINTが貯まります!ポイントカードの提示もなく使うだけで簡単にポイントが貯まるのも嬉しい! ただし貯めたポイントのGarminのSuicaチャージには対応していません。 【手ぶらで新幹線に乗る!】 GarminデバイスでSuicaが使えるということは… 新幹線にも手ぶらでのることが出来ます!しかし!JRはエリアごとに支社が違うため対応するアプリやサービスが異なってきます。 各エリアごとに使用できるサービスを解説します。 残念ながら九州新幹線には対応していません。 【JR東日本エリアの北海道、東北、北陸、上越東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線に乗る場合】 ・スマホがJR東日本の窓口に!指定席予約も乗車も窓口いらず! 「新幹線eチケットサービス」 事前に予約することで、紙のきっぷを使わずにSuicaだけでJR東日本エリアの新幹線の指定席にも自由席にも乗れるサービスです。 JR東日本のWEBサービスの「えきねっと」に登録をすると 券売機や窓口できっぷを受取ることなく新幹線にチケットレスで乗車できます。 予約の変更もスマホから簡単に行うことが出来ます。 早めの予約で割引になる「えきねっとトクだ値」や指定席の予約時には一律¥200の割引になったりと便利でお得なサービスです。 ただしグリーン券の購入はできません。 ・思い立っても窓口に並ばず新幹線の自由席に! 「タッチでGo!新幹線」 利用開始登録をしてSuicaにチャージをするだけで、新幹線の自由席に乗れるサービスです。 初回のみトレイ型の券売機に利用登録が必要です。 その後はチャージ金額が十分にあれば、 予約やきっぷの受取手続きなしでそのまま新幹線の自由席に乗ることが出来ます! 【JR東海、JR西日本エリアの東海道、山陽の各新幹線に乗る場合】 ・スマホが東海道、山陽新幹線の窓口に!指定席予約も乗車も窓口いらず! 「スマートEX」 事前に予約することで、紙のきっぷを使わずにSuicaだけでJR東海、JR西日本エリアの新幹線の指定席にも自由席にも乗れるサービスです。 予約の変更もスマホから簡単に行うことが出来ます。 東海道・山陽新幹線のネット予約サービスの「スマートEX」に登録をすると 券売機や窓口できっぷを受取ることなく新幹線にチケットレスで乗車できます。 こちらにも「早特商品」があり、 早期の予約で割引になります! ただし年会費を払うことによって割引になるエクスプレス予約には対応していません。 【必読!注意ポイント】 ・クレジットカードが絶対必要! 初回登録時にはGoogle Payに対応したクレジットカードからチャージすることによってGarminデバイスで使えるSuicaを発行しますので クレジットカードがないとそもそも登録が出来ません。 ・既存カードや定期の移行はできない! 新しいSuicaを発券するという形をとっているので 既存のカードをモバイルSuicaとしてそのまま利用するということは出来ません。 ちなみにすでにスマホでモバイルSuicaを使用している場合でも、それとはまた別のSuicaを発券します。 スマホ決済用のモバイルSuicaとGarmin決済用のモバイルSuicaを2枚持つということになります。 ・通常のモバイルSuicaより使用制限あり! 非常に残念ながら通常のモバイルSuicaよりも出来ないことがいくつかあります。 定期としての使用が出来ない• オートチャージが出来ない• グリーン券の購入が出来ない この3点には特に注意が必要です!! ・残高の引き継ぎや移動は不可! 機種変更による残高の引き継ぎや、他のカード型やスマホのモバイルSuicaに残高を引き継ぐことや移動は出来ません。 別のGarminデバイスへの移転も不可能です。 基本的にそのデバイスのみでの利用と考えてください。 もし残高をどうしても移行したいその場合は 一度払い戻しが必要になります(手数料として¥200が必要) ・一台のGarminに一枚のSuica Garminデバイス一台に1枚のSuicaカードのみ登録ができます。 Suica機能が搭載されたGarminデバイスを複数台使用の場合は、Garmin Connect Mobileアプリで管理できますが残高の移行や引き継ぎは出来ません。 ・iPhoneでもAndroidにも連携可能! GarminはiOSデバイスにもAndroidデバイスにも対応しています。 Androidユーザーがsuicaを使用できるスマートウォッチは今回、初めての登場なので Androidユーザーには特におすすめです! ・クレジットチャージはApple PayではなくGoogle Payで支払う! Garminでのモバイルsuica利用はGoogle Payで行っています。 そのためiPhoneユーザーでもチャージの際は Apple PayではなくGoogle Payでしか出来ません。 【一言まとめ】.

次の