テドロス 辞任。 WHOテドロス事務局長は「即座に辞任すべき」。52万筆のオンライン署名が世界中から集まる

テドロス「団結」3連発ツイート、「辞任、辞任、辞任」で返され炎上www

テドロス 辞任

新型コロナウイルスの脅威を過小評価し、世界的な感染拡大を招いたとして批判にさらされている世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長(55)が28日 自身のツイッターで「Solidarity、Solidarity、Solidarity(団結、団結、団結)」とつぶやいたが、コメント欄には「resign、resign、resign(辞任、辞任、辞任)」など反発の声で溢れた。 同事務局長への批判の声は高まっており、インターネット上の署名サイトではテドロス氏の解任を求める電子署名の数が100万人を突破している。 米国のトランプ大統領がWHOが「中国寄り」だとして拠出金の停止を行った。 Solidarity. Solidarity. Solidarity. — Tedros Adhanom Ghebreyesus DrTedros 当サイト内に転載されている動画、画像等の著作権は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的は一切御座いません。 何か問題がございましたら、お手数ですが、メールにてご連絡下さい。 確認次第、適切な処置を致します。 当サイト及びリンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損害及びトラブルに関して当方では一切の責任と義務を負いかねますので予めご了承下さい。 また当サイトに掲載されている情報は、教育や娯楽のための一般的な市場情報としてのみ提供されており、投資アドバイスではありません。 そのような情報の使用または引用、利用から発生する直接的または間接的な損失・利益に対して、一切責任を負うことはありません。

次の

WHO拠出金の条件は「テドロス氏の辞任」 米共和党議員団が提言「WHO指導者としての能力への信頼を失った」

テドロス 辞任

WHOテドロス事務局長と中国の関係は? テドロス事務局長への辞任要求は、現時点で80万人となり、100万人を超えるのも時間の問題であると思われます。 先程ご紹介のページには、以下のような記載があります。 そして今、制御不能の事態に陥る可能性を全世界が恐れています。 これはテドロス氏が事態をあまりにも過少評価していた事が感染拡大を防げなった原因の一つであるのは明確です。 我々はテドロス氏はWHO事務局長として全くふさわしくないと非常に強い憤りを覚えます。 そして即時に事務局長職から退くことを要求します。 WHOは政治的に中立であるべきでした。 ですがテドロス氏は客観的な調査や評価を全く行う事もなく、中国政府から報告されている死亡者、感染者数を鵜呑みにしています。 また台湾はWHOから排除されるべきではありませんが、WHOは依然として台湾の参加を認めておりません。 台湾の持つ最新の医療技術は現在WHOに加盟している多くの国々と比べても進んでいます。 再び国際連合とWHOを信頼するに値する組織にするために、皆様の投票を切にお願いいたします。 テドロス事務局長が中国との関係が濃いということを示唆しています。 テドロス事務局長と中国の関係は、どのような背景があるのでしょうか。 WHOテドロス事務局長は中国から多額の拠出金? テドロス事務局長は、現在起きている状況について、以下のようなコメントをしています。 英国の大学で感染症免疫学の修士号や地域保健学の博士号を取得し、2005年にはエチオピアの保健相、2012年には外相に就任し、国内外で、マラリアやエイズ対策などに取り組んできました。 テドロス事務局長が中国を擁護し続けるの理由は、このようなところであると言われています。 2017年の事務局長選で中国の協力を得て当選した• 中国のWHOへの拠出金の増加 このような背景から、中国擁護の姿勢を見せているようです。 しかし、WHOへの拠出金の四分の一は、アメリカが占めており、このような動きも出てきています。 アメリカのトランプ大統領は、WHO=世界保健機関の新型コロナウイルスへの対応を「極めて中国寄りだ」と批判し、資金の拠出の停止を検討する考えを示しました。 nhk. html テドロス事務局長に対してネットの声は テドロスのやつ何言ってんだろな。 終息後の末路を最期まで見ててやる。 地獄に堕ちろ。 — オチツケ gmgmohuohu 時間を無駄にしたのもWHOのテドロス事務局長。 誰かのせいにしていたのもWHOのテドロス事務局長。 — ふぁるけん falken44 一部からテドロス肺炎って呼ばれてるのか — はすぼー Megapapapad テドロス事務局長の辞任要求署名のやり方は?リコール入力手順方法を解説|まとめ 画像出典:yuruiki. site.

次の

【簡単】テドロスWHO事務局長の辞任を求める署名のやり方を解説!!【コロナウイルス・中国】

テドロス 辞任

この記事では、 テドロス事務局長についてご紹介します。 WHO 世界保健機関 が2020年3月11日に パンデミック 世界規模の流行病 を宣言。 これは、 ウイルスの拡大を防ぐことが 不可能になったことを意味しています。 テドロスは無能で中国の犬?リコール要求が殺到する理由 テドロス・アダノム事務局長は、 2017年5月23日にWHO 世界保健機関 の事務局長に選出されました。 気になる 任期期間はなんと、2017年7月1日から 5年間!!!!! つまり、 2022年7月1日まではWHOの事務局長を続けるというわけですよ。 任期期間の終了まで人類が生存できればの話ですが…。 テドロスが中国の犬と呼ばれる理由は、これまでさんざん新型コロナウイルスの発祥地である中国を擁護する発言ばかり繰り返してきたため。 そのあまりにも露骨なヨイショがひどすぎたのか、タイ代表者がテドロス事務局長を隔離して 武漢で会議をしようというブラックジョークが飛び出すほど! 【WHOテドロスを隔離し 武漢で会議しよう】タイ代表「新型コロナの旅行制限令は無視されている。 旅行制限令と隔離を確実に実行するなら中国を訪問したテドロスを隔離した上、彼とハグ・握手したりした参加者を隔離すべき。 特に議長はずっと彼の隣に座っているので一番危険です」 微笑みのタイが吠えた — たかりん。 テドロス事務局長の神経はいったいどうなっているのでしょうか? 実は、 中国から 多額の寄付をもらっていたことが判明しました! 🔻このテドロスをいち早く解任 させろと叫んだが、この男の祖 国エチオピアは完全に中国共産 党に支配された国家である。 Tatewaki yamato1959449 テドロスは お金で動く人物で、WHOトップの立場を悪用して、 黒でも白と言い換えるような真似ばかりしているのです。 これでトップが務まるのですから、 WHOという機関がもはや 形骸化して機能不全に陥っていることは疑いの余地がありませんね。 新型コロナウイルスのパンデミック化で、様々なイベントが次々中止になっています。 世界フィギュアスケート選手権や、春の選抜甲子園など楽しみにしていた方も多いはず。 全世界は中国とテドロス事務局長に、 損害賠償をすることを検討すればよいのではないでしょうか? 2020年の東京オリンピックが中止に追い込まれるのも、もはや時間の問題なのかもしれませんね。 テドロス事務局長の緊急事態宣言が遅れた理由=インフラ投資でしっぽを振る犬? テドロスは新型コロナウイルスの拡散状況を一番よく知る立場にいて、それでも 緊急事態宣言を時期尚早と見送って来ました。 「渡航や公益を制限する理由は見当たらない」 この無責任な発言の影響で、世界各地に新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増加! 感染者数は日ごとに急増し、死者数も大幅に増えたころ、 ようやく緊急事態宣言したのが 2020年1月31日のことでした。 「WHOテドロス事務局長が「中国からの入国禁止は、やりすぎ」って何度も言ってた。 言いつけを守らなかった国々では、初期の感染の広がりを抑えたのは事実。 言いつけを守った「日本」「韓国」「イラン」「イタリア」では感染が広がってしまった。 コイツの言った通りにやると、ろくなことはない。 」 — うまやど🇯🇵 umayado17 遅きに失したテドロスの緊急事態宣言の内容は以下の通り。 緊急事態宣言は中国への不信任投票ではないことを明確にしたい 中国政府は感染拡大防止に並外れた措置をとった などなど、あくまでも中国を擁護する内容に終始したのです。 テドロス事務局長は エチオピア国の出身で、中国が提唱する巨大経済圏構想 「一帯一路」のモデル国家。 つまり 莫大なインフラ投資を受けているという背景があったんですね! 自国の繁栄のためなら全世界に迷惑をかけても構わないという考えなのでしょうか? 自国に投資してくれている中国に対して、忖度しまくりな不信な態度の真相は パトロン国家にしっぽを振った犬だったため。 こんな事実が明るみになりますと、当然のように 辞任要求が出されるのもうなづけます。 世界保健機関というのは、いったいいつから中国に擦り寄るような体質に変わってしまったのでしょう? 名前を WHOから CHO 中国保健機関 にでも改名された方がふさわしいですよね? テドロスは中国癒着疑惑に逆ギレしていた!中国がウイルス開発で世界的テロ国家に? この不都合な事実を指摘されると、あろうことかテドロスは逆ギレを起こしました。 「中国のしたことを認めて何が悪い!」 「中国を認めて何が悪い!」批判呼ぶテドロス事務局長の中国擁護 長年にわたるWHOと中国の蜜月 から — 高須克弥 katsuyatakasu 先ほどの放火のたとえを再び適用すると、 世界中に火をつけて回った放火犯のしたことを認めて何が悪いの?という解釈になります。 盗人猛々しいという言葉がありますが、テドロス事務局長の発言はまさにコレ! 問題となった新型コロナウイルスは、野生動物から発生したものではなく、 武漢の細菌研究所から流出した 人造細菌兵器だという説もあるんですね。 SARSは北京のウィルス研究所から漏れたもの。 WHOの調査で最も疑わしいとの事。 今回の武漢ウィルスは武漢の細菌研究所の所長が実験動物を市場に横流ししていたとの証言がある。 ソースはfangさんツイートから。 WHOのテドロスは中国の犬になってます。 真相は闇の中に。 — ヒロ二世 DOJ msiro104nisei これがもし、本当だったとしたら中国は巨大テロ国家で、テドロスはそのテロ国家を擁護するような発言ばかり繰り返してきているわけですよ。 いくらなんでも、 WHOのトップが巨大な テロ国家の陰謀に加担していたとしたら…? 人間の健康を基本的人権と解釈して、その達成を目的として成立したというWHOのバックボーンが根こそぎ倒れてしまいかねません! これでは まるで 製薬メーカーがウイルス特効薬どころか、 ウイルスそのものを販売しているようなもの。 テドロスの責任を問う声は日増しに高まっていますが、どのように責任を取るつもりなのでしょう????? ようやくWHOがパンデミックを宣言。 誰が考えても1ヵ月以上遅い。 中国に忖度して初動が遅れた結果、世界中に蔓延して簡単に封じ込めが出来なくなった。 「武漢ウィルス」として歴史に名を記すだろう。 — 加藤清隆(政治評論家) jda1BekUDve1ccx テドロスは無能?有能?評判を集めてみた!辞任要求ページへのリンクも発見! 「たいしたことない、警報を出すほどではない」と楽観的発表を繰り返したWHOのテドロスさんが対策を遅れさせて大惨事を引き起こした主犯だと思います。 — 高須克弥 katsuyatakasu 高須クリニックの 高須克也院長も、テドロス事務局長を非難する声を上げ続けています。 世界で一番ウイルスの拡大を防止できる立場にいる人物が、楽観的な声明を上げ続けて パンデミックという 最悪な状況に全人類を陥れたのですからね! 知りませんでした。 日本はまたWHOに4600万㌦(46億円)を拠出したようです。 いつもテドロス事務局長からの謝辞で日本がWHOに出したお金の額を知るのですが、この話、日本のメディアで報道されているのでしょうか。 個人的には国内対策も増税なしで賄えるのか心配しているところです。 — 村中璃子 RIKO MURANAKA rikomrnk 急に日本を擁護するような声明を出したテドロス事務局長。 裏では日本政府が 4 600万ドル 約46億円 という巨額な寄付をして、テドロス事務局長のご機嫌を取るような真似をしていたんです!! なぜか日本のマスコミは一切報道しませんが…。 新型コロナウイルスの拡大で、観光業界や旅行業界だけでなく、イベント業界や小売業など数多くの日本の産業が壊滅的状況に陥る結果になりました。 人類史上最も世界中に迷惑をかけているテドロス事務局長に46億円もの大金を支払うくらいなら、 被害を受けた 日本人の生活保障にこそ費やすべきではないでしょうか? WHOテドロス事務局長の辞任を求める署名活動。 世界中から賛同者が殺到しています。 高須院長も署名しています。 以下のキャンペーンに賛同をお願いします!「United Nations: Call for the resignation of Tedros Adhanom Ghebreyesus, WHO Director General」 から — 憂国わんこ popocci テドロス事務局長の辞任を求める署名活動も盛んです。 賛同される方は、 テドロス辞任キャンペーンに参加してみましょう! 日本語訳:WHO事務局長のテドロス・アドハノム・ゲブレイェサスの辞任を求める まとめ 以上、テドロス事務局長についてご説明いたしました。 新型コロナウイルスの発生源である中国に対し、徹頭徹尾かばいだてし続けているテドロス事務局長。 結局のところ、テドロス事務局長の出身国である エチオピアに中国が大規模な投資をしているという裏事情があったからこそでしょう。 感染拡大防止を務める立場にありながら、その元凶となった中国をかばいだてしたテドロス事務局長の独断で、世界的に 人類が初めて体験する 未曽有の危機が訪れようとしています。 パンデミックには 100年周期説というものがあり、世界的規模で大流行してしまった感染症が、これまでにも大量の死者を出してきた様子。 1720年 ペスト 1820年 コレラ 1920年 スペイン風邪 2020年 新型コロナウイルス 上記の通り100年周期で人類滅亡の危機が訪れているわけですが、ウアリンはどう考えても 2020年の新型コロナウイルスからは 作為的な存在を感じざるを得ません。 中国が世界を破滅に導くような意志があったのかどうかは、知るところではありませんが、その 片棒を担ぎ続けてきた テドロス事務局長の責任は重大。 中国が殺人ウイルスとワクチンの開発が極秘裏に成功していたのなら、 ワクチンの提供を見返りに中国を擁護する発言を繰り返しているのかもしれませんね。 こんな危険人物は一刻も早く辞任されるよう、協力していきたいですね。 日本語訳:WHO事務局長のテドロス・アドハノム・ゲブレイェサスの辞任を求める 新型コロナウイルスの感染拡大がどれほど長く続くのか? この問題は引き続き調査していきたいと思います。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の