ひぐらし 大石 声優。 竜宮レナ (りゅうぐうれな)とは【ピクシブ百科事典】

鬼隠し編(ひぐらしのなく頃に)

ひぐらし 大石 声優

以下に、ひぐらしのなく頃に・ひぐらしのなく頃に解の重大なネタばれを含みます。 閲覧には十分にご注意ください! CV: 概要 容姿 学校では、普通のカッターシャツと黒ズボンで、中に赤のシャツ。 私服は、えんじ色のベスト?に黒のアンダーウェア、モスグリーンの半ズボンを着ている。 背は原作では魅音より低いが、アニメ版では無視されている? 主人公らしくさっぱりとした外見。 ひょうきんで、ちょっと意地悪な少年といった面持ち。 人物・性格 お調子者で熱血漢な少年。 行動力はあるが暴走し出すと考え足らずになりがちで、一度信じた価値観に短絡的になる部分もある。 そういった行動が裏目に出たり、足元をすくわれる事もしばしばであるが、それもまた彼の魅力であろう。 彼自身は、何物も恐れず熱く行動し、周囲をも巻き込む役割を「赤い炎」と呼んだ。 デリカシーにかける一面もあり、女性の気持ちには疎い。 また、ふとしたことから色々な触れてはならない事に触れてしまう間の悪さも……。 一見不可能だと思われる様な困難な状況にあっても諦める事を知らず、 『運命なんて金魚すくいの紙より簡単に打ち破れる』と言ってのける。 また、都会を離れ雛見沢に来て初めて得た本気で信頼し合う仲間を、何があっても信じ続けると言う熱い男である。 見た目に似合わず勉強はよく出来、小さな村の学校では教わる側よりむしろ教える側に回る事も多い。 それは、受験生であり、自分より年上の魅音に対しても同様であった。 かつて、都会に居た頃は周囲を 見下せる程の優等生だったらしいが、本人はそんな時間を 『灰色の日々』と振り返っており、毎日に新たな刺激が待っている今の活き活きとした生活を、はるかに価値あるものと認識しているようである。 あけっぴろげな性格で、出題編では3編にわたって主人公としてプレイヤー視点で、謎おおき雛見沢で 惨劇に巻き込まれていく。 ただし、都会から寒村への不可解な転校時期やそれ以前の詳しい過去など、 実は彼についても語られていない謎は存在している。 彼が自らの怒りや不安、恐怖に流されそうになる時、 「クールになれ、前原圭一。 」 「いつものクールな俺はどうしたんだ?!」 「氷よりもクールな冷静さが不可欠なのだ。 」 と自戒しながらその頭脳をフル回転させ、クールとはかけ離れた行動で暴走して行ってしまう彼の事を、COOLをもじってファン達がこう評した。 ひぐらしスレpart11の639氏の書き込みが発症とされている。 ちなみに、"K"OOLという表記はもともと英語圏でもCOOLを強調した表現として使われていることがある。 ただし、罪滅し編の活躍以降は彼がKOOLと呼ばれるのが激減。 現在は、上記の彼の行動と同じ様に動く行為に対しての意味が主流となっている。 圭一の俗称。 アニメ版で圭一が北条家本宅で激昂、鉈を振り回しながら鉄平を探し回るときに発した叫び声の一つが このように聞こえる事から。 口先の魔術師とは梨花の評。 彼は口先だけで物事を自分の思う方向に持っていく特技を持っている。 「相手が人で耳がついている限り 中略 思いのままに操ってやるぜ」と豪語する。 その話術が買われ、村祭りではオークションの司会という 大役に抜擢された事もある。 少年野球に参加した際は、相手のプロも注目する甲子園出場投手の亀田君に対しては、園崎家からもたらされた情報をもとにこの話術を展開。 スポーツマンとして小学生にも手を抜かず、全力で勝利を勝ち取るという亀田君のポリシーをいとも簡単に翻させ、亀田君の八百長による沙都子の逆転サヨナラホームランを見事におぜん立てした。 さらに声による演技にも長けており、梨花からは「将来、圭一は声優になるといいのです」と評されている。 話術は、わかった様なわからない様な事を並べ立ててけむに巻く程度のものから、マシンガンの様にまくしたて聴く者を圧倒し、自らの意ののままに操ってしまう程の威力を発揮する場合もある。 フルスロットルで語られる演説は、原作では判読不能な程のスピードをもって大量の文章がノンストップで画面上に高速展開され、プレイヤーをも圧倒する。 これは、周囲の世界を自分の世界に内包し、まさに問答無用の独壇場となることから、固有結界とも呼ばれる。 これは特に、彼が『萌え』論等に関して持論を述べる際に展開される。 その時、まさに彼は昭和に降臨した『萌えの伝導師・K』となり、これを聴く男達全てを素晴らしき新世界の価値観、萌えに開眼させるのである。 この力は、父親のそれを受け継ぎ、さらに増幅した物と考えられている。 ・・とは、萌えの求道者・ソウルブラザーとして、K・イリー・トミー・クラウドと呼び合う仲である。 ちなみに、入江はメイドに特に強い萌えとポリシーを持っている。 ひぐらしのなく頃に解本編においては、エンジェルモートメイド衣装に身を包んだ沙都子が居る中、回転しながら窓ガラスを打ち割り、着の身着のまま飛び込んでくる入江が描かれる。 また、窮地にあって、Kの口先の魔術師にも似た固有結界、『メイドインヘヴン』を発動、対峙した相手を圧倒した事もある。 余談であるが、岐阜県にある前原邸のモデルとなった下水処理施設の、建物内入口正面に位置する階段の番号は、『K1』である。 名言 を参照。 関連イラスト.

次の

アニメ『ひぐらしのなく頃に』放送延期 新型コロナで「制作スケジュールに大きな影響」

ひぐらし 大石 声優

7月より放送予定だったテレビアニメ『ひぐらしのなく頃に』が、新型コロナウイルスの影響で制作スケジュールに大きな影響が出たことから、延期することが公式サイトで発表された。 サイトでは「2020年7月放送を予定していた『ひぐらしのなく頃に』ですが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、当初予定しておりました制作スケジュールに大きな影響が出ていることから放送開始を延期させていただくことになりました」と経緯を説明し「新たな放送開始日につきましては、決まり次第、公式HPやTwitterにてお知らせいたします」と伝えている。 また「応援していただいているファンの皆様には、ご迷惑・ご心配をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。 何卒ご理解いただきますよう、宜しくお願い申し上げます」と理解を求めた。 『ひぐらしのなく頃に』は同人サークル『07th Expansion』が2002年から発表したコンピュータゲーム作品が原作。 昭和50年代後半の架空の村落「雛見沢村」を舞台に、村の習わしである「綿流し」にまつわる連続怪死や失踪事件の真相に少年少女たちが迫るミステリー。 2006年にはTVアニメ第1期、07年には第2期にあたる『ひぐらしのなく頃に解』が放送され、大きな話題に。 そのほかOVAやコミック、小説、実写映画(08年)、ドラマ(16年)、舞台(15年)などあらゆるメディアで展開され、長年にわたり愛されてきた。 今年1月に新プロジェクト始動が発表されており、竜騎士07/07th Expansionが原作を手掛け、キャラクターデザインに「物語シリーズ」などの渡辺明夫氏、プロデュースにインフィニット、アニメ制作にパッショーネらが名を連ねている。 【あらすじ INTRODUCTION】 都心から遠く離れ、色濃く残る自然に囲まれた集落一雛見沢村。 かつて、ダムの底に沈むはずだった村は、 今もなお昔と変わらない姿で、転校生・前願圭一を迎え入れる。 都会で暮らしていた圭一にとって、雛見沢の仲間と過ごす賑やかでのどかな生活は、いつまでも続く幸せな時間のはずだった。 一年に一度行われる村の祭り、綿流し。 その日が来るまでは…。 昭和五十八年、六月。 ひぐらしのなく頃に。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

テレビアニメ『ひぐらしのなく頃に』2020年7月に放送決定。部活メンバーの声優も解禁

ひぐらし 大石 声優

容姿 恰幅のよい体型。 グレーの髪をオールバックにしている。 黒のシャツに赤いネクタイ。 ズボンを赤いサスペンダーで吊っている。 人物・性格 キレ者でねちっこい。 食えない男。 口癖は「よいお年を」「んっふっふ」。 XX県警興宮警察署に勤務する刑事。 雛見沢の謎を昭和53年より以前から追っている。 連続怪死事件の最初の事件の被害者であるダム建設現場監督とは古くからの親友であり、兄とも父とも慕っていた人物だったために、捜査に対して並々ならぬ思いで臨んでおり、執着する要因となっている。 彼の人格形成にも大きく関わった人物であった。 一連の事件は、全て園崎家もしくは村全体が犯人であるとの仮説をもち、捜査を続けている。 幾重もの経験に裏付けられた自信と知識、老獪さで立ち回る、叩き上げのベテラン。 でっぷりとしたメタボリックな体型だが、若い頃は悪タレと呼ばれるほど喧嘩慣れしており、柔道や剣道をたしなんでいることもあり腕っ節は強い。 犯罪に関する嗅覚も非常に鋭い。 独自の情報網を持ち、情報屋や協力者を介して裏社会や村の裏事情にもある程度生通している。 捜査では定年間近ということもあり、事件解決に対して焦りを感じているのか、手段をあまり選ばなくなっている節が見られる。 そのせいかアウトローな手段に訴えることもあり、その刑事独特の雰囲気などが上層部と雛見沢村住人からは疎まれている。 など、村との繋がりが薄いと思われる者に接触し、断片的な情報を与えて泳がせることで真犯人に辿り着こうと目論む。 失踪前の時期に失踪者の周囲につきまとう姿から、「オヤシロさまの使い」と渾名されてしまっている。 しかし、彼の事情を知る者や熊谷勝也を始めとする現場の刑事たちからは、良きまとめ役として信頼されており、素の彼はとても面倒見が良く気さくな人物である。 昭和58年度で定年退職の予定。 はかなりの腕前。 つばめ返しができるレベルであるが、の技量には劣る。 「1年目の祟り」の被害者とされるダム現場監督は父親のような存在だった では、潜入捜査のためやってきたを雛見沢へ案内し、行動を共にした。 夜遊びと酒にも強く、萌えである。

次の