ロールキャベツ。 ロールキャベツ レシピ 山岡 昌治さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

「春キャベツ」主婦の絶品おすすめレシピ、2位ロールキャベツを超えた1位は?

ロールキャベツ

いろいろ試した結果、 「1個丸ごとを使う」「レンジにかけてから葉をはがす」「その後にゆでる」という下ごしらえがいちばん作りやすいと思いました。 キャベツに関しては1個の大きさがまちまちなのですが、 小さめの玉(1kg)ほどを使うと作りやすいと思います。 キャベツはそのまま葉をはがすとバリバリに割れてしまうので、 ラップをして丸ごとレンジで加熱するとよいです。 600Wで5分加熱すれば、1kgのキャベツなら葉を最後まではがしやすくなると思います。 レンジ加熱が終わればラップをはずし、はじめに包丁の切っ先で芯の部分をくり抜きます。 キャベツのいちばん外側の葉がどの茎かを確認してから、外側から順に1枚ずつ葉をはがしていきます。 今回作るロールキャベツは肉だねの分量換算で12~13個分の仕上がりなので、大きな葉は1枚として考え、小さい葉は2枚使うとして、枚数的に少し余裕を持ってはがしておきます。 私が作る時いつも100~150gくらい余ります。 その部分は葉も小さいですし、使いづらいので他の料理に使うとよいです。 キャベツを鍋に落として箸で軽く押さえ、 2~3分ゆでます。 ゆで上がったら箸で茎の部分を持って取り出し(この時水が下からポタポタ落ちるので、その状態で少し水切りするとよいです)、バットに取ります(水に浸けたりはしないです)。 残りのキャベツも同様にします。 キャベツの粗熱が取れたら、まな板の上に1枚ずつ広げ、すりこ木などを使って 茎の部分を何度かたたいて繊維をつぶし、巻きやすくしておきます。 ボウルにすべての材料を入れて、しっかり手で混ぜ合わせます(手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして偏りなく混ぜるようにしましょう)。 しっかり全体が混ざったら、ボウルの中で肉だねを4等分にして、ひと塊を3つの俵型にざっくりと取っておきます。 特に爪楊枝も使わず、きれいな形で煮崩れもしにくい巻き方だと思うので、ぜひ参考にして用意してみてください。 すべて巻き終えたら、鍋やフライパンなど2つくらいに分けてもよいので、 できるだけ隙間がない状態で詰めておきます。 Aを別容器で混ぜ合わせてから、それぞれの鍋のロールキャベツがAで浸かるよう、そそぎ入れます。 鍋を中火にかけ、沸いたら落とし蓋をして火を少し弱めます。 その状態で煮る時間は 45分~1時間ほど、じっくりキャベツが柔らかくなるまでです。 落とし蓋がない場合は、アルミホイルやクッキングシートなどで代用してください。 煮あがれば、器にたっぷりの煮汁といっしょに盛り付けます。 そのまま食べても美味しいですし、ケチャップをたっぷりかけて食べても美味しいです。 *冷凍保存も可能なのですが、その場合は煮汁もたっぷりとそそいだ状態で冷凍するようにします。

次の

「春キャベツ」主婦の絶品おすすめレシピ、2位ロールキャベツを超えた1位は?

ロールキャベツ

ロールキャベツで一番オーソドックスな味付けは コンソメスープです。 材料はシンプルにコンソメ、ブイヨン、塩、胡椒です。 味付けはあっさりしているので、中には、ロールキャベツの上にケチャップをかける人もいます。 次に トマトスープは子供にも人気があります。 トマト缶を使えば簡単にできるし、トマトの味がひき肉にピッタリです。 そして、トマトソースと同じく クリームソースも人気があります。 シチュー感覚で食べられるので、付け合わせに温野菜などを入れる人もいます。 また日本独特の味として、 和風だしを使ったロールキャベツもあります。 おでんの具材としてロールキャベツを入れるお店もあるので、ボリュームたっぷりでこちらもおすすめです。 ロールキャベツは、上手くタネを巻くことが見た目の完成度を左右します。 子供がいれば、出来るだけ楊枝も使いたくないと思います。 キャベツの葉だけで巻くポイントは二つです。 ひとつ目は、大きいキャベツの葉を使う場合は、 芯をそぎ落としてなるべく平らにして巻くことです。 ふたつ目は、 小さいキャベツを何枚も重ねて隙間をなくすことです。 最後に、キャベツを巻いた後は、両端をキャベツを破らないように 指で押し込んでしまえば完成です。 鍋にはロールキャベツ同士隙間が出来ないように入れれば煮崩れしません。 また、そぎ落とした芯は、千切りにしてロールキャベツのタネの材料にしてしまえばキャベツを余すことなく使い切ります。 その他にちくわとごま油で炒めればもう1品できます。 万能な野菜なので、捨てずに活用してください。 ロールキャベツの簡単アレンジレシピで最も人気が高いのが 「巻かないロールキャベツ」です。 その名の通り、タネをキャベツに巻かないで、トマト缶を使ったソースと絡めるだけの時短レシピになります。 紹介したのは、炊飯器を使って作る巻かないロールキャベツですが、お鍋やフライパンを使っても出来ます。 お鍋やフライパンを使うときは、くりぬいたキャベツにタネを入れ、トマトソースの中に タネが見える方を下にして煮込みます。 取り出すときにフライ返しなどを使って崩れないようにお皿に盛りつけるのが難しいかもしれませんが、見た目のボリュームは満点です。 その他に、 ミルフィーユのように作る巻かないロールキャベツもあります。 キャベツの葉に小麦粉をまぶし、その上にタネを平らに伸ばすようにのせます。 それを何枚か重ねて行い、お鍋やフライパンに隙間なく敷き詰め、お好みのトマトソースを作れば完成です。 「スコップ」というのは、 一つの大皿料理をみんなでつついたりすくって食べる料理のことを言います。 ロールキャベツもスコップレシピがあり、こちらもキャベツを巻かずにグラタン風に仕上げているトマトを使ったスコップ料理になります。 ちょっとした自宅での 持ち寄りパーティーやキャンプなどでも大活躍できるレシピです。 超コスパのレシピにするなら、 トマト缶ではなくトマトジュースを使ったり、ヘルシー志向にしたいのなら、 合いびき肉を鶏肉に変えるなど、アレンジは沢山あります。 他のロールキャベツのレシピより失敗が少ないので、初めておもてなしをするなら、トマト缶を使ったスコップロールキャベツレシピを覚えておくとお得だと思います。

次の

ロールキャベツの上手な巻き方のコツ!人気のレシピもこれでイイ

ロールキャベツ

作り方• 鍋にお湯を入れ中火にし、沸騰したらキャベツを入れ、2分経ったら取り出します。 粗熱が取れたら芯を削ぎ取ります。 ボウルに肉だねの材料を入れ、粘りが出るまで混ぜ合わせたら、4等分にし俵型に成形します。 1の内側に、茶こしで薄力粉を振ります。 手前に、2を置きます。 手前からひと巻きし、左右の葉を内側に折り込み、きっちりと奥まで巻いたら、巻き終わりの部分2cm程を内側に折り込み、楊枝で留めます。 巻き終わりを下にして鍋に入れたら、スープの材料を入れ中火で煮込みます。 煮立ったら弱火にして、蓋をして30分ほど煮込みます。 この時、灰汁が出る場合は取り除きます。 キャベツが柔らかくなったら、楊枝を外して、器に盛り完成です。

次の