ノストラダムス 予言 コロナ。 【完全的中】新型コロナを言い当てた3人の予言者たち|気になる今後についても語っていた!

コロナ流行はノストラダムスの大予言?陰謀?感染源やルートは?|マシュとマロのふたりごと

ノストラダムス 予言 コロナ

Contents• 新型肺炎コロナウイルスはノストラダムスによって予言されていた!【訳あり】 この章では、実際に新型肺炎コロナウイルスを予言していると言われている 百詩篇第2巻第53節の原文と英文を紹介し、さらにその訳語を引用しています。 また、なぜそれがコロナウイルスを指すのかについてもふれています。 英文 The great plague of the maritime city will not cease until there be avenged the death of the just blood, condemned for a price without crime, of the great lady outraged by pretense. 日本語訳(山根和郎氏訳) 海辺の都市の大疫病は 死の復讐が遂げられるまで熄まない 無実の罪をきせられた正義の血で 至高の貴婦人は見せかけに辱しめられる 引用: ペストはコロナウイルスを指している? 見ていただいたのが、実際にフランス語で書かれた『百詩篇集』原文と、英訳、日本語訳となります。 百詩篇というのは、4つの行からなる詩でありノストラダムスの予言集として知られています。 この百詩篇第2巻第53節では、「 ペスト」と表記されている箇所ですが、英文では「 plague」と表記されており、こちらはそのまま「ペスト」という意味で訳されることもありますが、より広く、「 疫病、伝染病」と訳されることも少なくありません。 「海辺の都市の大疫病は死の復讐が遂げられるまで熄まない」 こちらの文章に書かれている「大疫病」は、そのまま新型肺炎コロナウイルスのことを指しているでしょう。 そして、「死の復讐が遂げられる・・・」とある通り、かなり被害が大きいものになるのではないかと予想することが出来ます。 「無実の罪をきせられた正義の血で至高の貴婦人は見せかけに辱しめられる」 この一文については色々と解釈の余地があり、「貴婦人」は林鄭月娥(りんていげつが)さんと呼ばれる香港特別行政区行政長官を指しており、「海上都市」が香港、ペストは「SARS」のことだったのではと、予言を解釈する識者もいます。 ノストラダムスの予言が、 SARSや新型肺炎コロナウイルスのどれかを指しているのか、もしくは、そのような感染症の影響で人類が滅ぶことを示唆しているのかについては色々な解釈があります。 しかしながら、16世紀に出版された「予言書」の内容が、解釈の程度はあれ、現実となっていることは事実です。 何れにせよ、 新型肺炎コロナウイルスが、今後の人類の存亡に関わる重大な一つの要因の一つである可能性はありそうです。 ノストラダムス大予言の信憑性について 世紀末に世界を震撼させた、ノストラダムスの大予言。 人類の滅亡という予言は外れたものの(良かったです・・)、これまでに幾度となく予言を的中させてきました。 新型肺炎コロナウイルスにまつわる予言の信ぴょう性を確かめるべく、 近年的中させたとされるノストラダムスの大予言を一つ紹介したいと思います。 スポンサーリンク ノストラダムスの大予言:トランプ大統領誕生 まずは予言の一文をご確認ください。 大胆で 厚顔無恥の大弁士が 軍の親玉に選ばれるだろう 論争の大胆不敵 橋が壊され、都市は恐怖で卒倒する 引用: 厚顔無恥な大弁士であり軍の親玉。 もちろん 世界最大の軍事力を誇るアメリカの支配者として、 ドナルドトランプの誕生を予言しています。 さらに、見ていただきたいのがこの一文で、 狂気を隠すいつわりの トランペットが ビザンチウムにその 法を変えさせるだろう 撤回されることを望む者がエジプトから出るだろう 貨幣とその品位を変更する勅令について 引用: 文中に登場するビザンチウムは、かつて古代ギリシャが作った植民都市。 この都市は 移民問題を抱えており、それは 現在のアメリカのことを指しているのではないかと言われています。 トランプの重要政策の一つは、「移民問題」ですからね。 さらに奇妙な一致が、「 トランペット」という単語。 「 トランペット(trumpet)」と「 トランプ(Trump)」の奇妙な一致は、予言的中と言っても過言ではないのでしょうか。 カードの画像も貼ってますので、その内容を合わせてご覧ください。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 4行詩となっている点や、そもそも500年も前に予言されている内容と言うこともあり、 はっきりと具体的な予言ではありません。 かなり含みを持たせています。 しかしながら、黙って見過ごすわけには行かないほどの単語であったり、内容があるのは事実であり、 実際に的中とも取れる内容が多く存在しています。 流行する新型肺炎コロナウイルスは、話の規模が大きくなりすぎて、色々な情報が錯綜しているのも事実です。 でありながらも、様々な意見や予言、予知を参考にすることも、時に重要かもしれませんね。 ノストラダムス以外にも、様々な予言などがありますので、興味がある方は関連記事もチェックしてくださいね。

次の

西洋占星術で見る、新型コロナウイルス発生から終息への道のりとは?/関西/芸能/デイリースポーツ online

ノストラダムス 予言 コロナ

2020年、気持ちを新たに清々しい気分で過ごす人も多いだろう。 だが、人類にとっては、 残念ながら大転換期の破滅を迎えることになりそうだ。 画像は「」より引用 ン・ディクソン(1904年~1997年)は、 、などともに「世界三大予言者」の一人とされ、「カ予言の女王」あるいは「女」と呼ばれている。 ンは、テレパシーから夢占いまで数々の手法を用いて未来を予言することができたという。 ンは、の裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育った。 8歳の時、ンは母に連れられてジプシーの占い女の元を訪れ、占い女から 「あなたは世界的に有名な予言者になる」と告げられた。 そして、ンは占い女から水晶球を授けられ、それを使うことで未来が予知できるようになったという。 やがて、ンの予知能力は世間の評判となっていった。 まだ若い彼女の元に、 ハリウッドスターや高名な政治家などが訪れるようになったのである。 1944年末、の激しい戦いが続いていた頃のことだ。 ンは当時の に呼ばれてに行った。 その時、大統領から余命を尋ねられたンは、大統領をじっと見つめながら「 あと、6ヶ月の命です」と答えたという。 ンが予言したとおり、大統領は約6ヶ月後の1945年4月12日に急死した。 こうしてンはどんどん高名な予言者となっていくが、彼女の名を一躍有名にした予言は、何といっても 大統領暗殺事件である。 画像は「」より引用 1956年5月13日、ンはこう予言した。 「1960年のカ大統領選で、が勝利し、青い目の大統領が誕生する。 だが、その大統領は任期を全うすることなく執務室で暗殺されるだろう」 ンが予言したとおり、青い目の大統領は、ダラスをオープンカーでパレード中に射殺されてしまった。 その後も、 ンは、、など当時の有名人たちの死を次々と的中させた。 彼女が書いた本はベストセラーになり、『世紀の予言者』として世界中に名を轟かせたのである。 脅威の的中率を誇るンは、日本についても予言している。 年に来日した時、バブル好景気に湧き、中国とも友好的な関係を持っていた当時の日本に対し、「好景気も中国との友好な関係も長く続かない」と予言。 ご存じの通り、その後日本はバブルが崩壊し、現在のはの領有権などの問題もあり、戦後最悪とまで言われている。 また、ロシアとの問題については「20世紀中に返還の見込みなし。 は今後、インターナショナルな領土になる」と予言。 予言通り、21世紀になった現在も、は返還されていない。 1962年2月4日、ンは不思議な予知夢を見た。 の王妃ネフェルティティが、王と手を取り合って歩いている姿を見たのである。 王妃ネフェルティティの胸元には、一人の赤子が抱きかかえられていた。 その赤子は豪華な身なりの国王夫妻とは対象的にボロをまといみすぼらしい様子であった。 しかし、ンはその赤子に全世界の未来がたくされていると悟ったのである。 ンによれば、赤子は男の子である。 1962年2月5日に中東のとある場所で生まれているという。 そして、自らの力で奇跡をおこし、人々の心をとらえ、 「新たな」を作るというのだ。 この男の子の成長はキリストのそれと酷似しており、人々はやがて彼を「救世主」としてあがめる。 だが、実際はその男は悪魔の意志をもって生まれた者であり、 人類を破滅に導く「反キリスト(アンチ・キリスト)」だったのだ! この男は米国政府や陰の政府のサポートを受けており、彼の団体の本部はに置かれているという。 この男に、世界中の人々がネットを通じてアクセスしているというのだ。 男は大きな影響力でもって米政府を操り、世界を動かそうとしている。 ネットを駆使して影響料があるということから、このニセ救世主である男は、ひっとして「ユーチューバー」なのか? とも考える。 聖は黙示録の中で、「反キリスト」とも呼ばれる『獣』が海から上がってくる幻視を見ている。 ンによれば、 この男こそが、聖が予言した人類滅亡ハルマゲドンで人類を破滅に導く『獣』なのである。 その男は、ゆるやかなウェーブのかかった黒髪を持った中背の人物なのだという。 彼が1962年に生まれたとすれば、現在57歳か58歳であろう。 しかし、今のところそのような人物は見受けられない。 その男はハルマゲドンが起こるその時まで、陰にひそんでいるのだろうか? もしくは、 予言は時期が多少ズレる場合もある。 1962年よりももっと後に生まれている可能性もも考えられる。 ン・ディクソンは、人類の未来について 「ハルマゲドンは確実に起こる」とし、「ハルマゲドンのクライマックスは2020年に起こるだろう」と予言している。 黙示録に示されたハルマゲドンの戦いにおいて、人類はクライマックスを迎えるというのだ。 ということは、が勃発するという意味なのだろうか? ンはの怪物として中国を恐れており、カやロシアももはや大国ではないと表現している。 カはめざましい中国の宇宙開発に対抗すべく宇宙軍を創設した。 各国もそれにならってどんどん宇宙軍を創設している。 は、宇宙空間で人類が未だかつて経験したことのない激しい戦いを繰り広げることになるのではなかろうか? だがンによれば、 ハルマゲドンの後、本物の 救世主が現れて、には愛と平和のが誕生するという。 ンは日本を訪れた時、こういう言葉を残している。 「まず日本に変化が起こり、それが世界に波及することで、世界の人々は、日本人を畏怖するようになるでしょう。 東洋の神秘的思想は壮大なスケールで全世界を席巻し、世界に大きな変化を与える」 つまり、反キリストというニセ救世主が現れるものの、最終的に日本から本物の救世主が現れ、人類を破滅から救うという予言ではなかろうか? 日本は新・令和の時代になり、2020年はがある。 そんな時にハルマゲドンは起こってほしくないものだ。 愛と平和のには、残念ながら選ばれた善良な人間しか行くことはできない。 2020年以降、大淘汰の混乱は免れないのだろう。 ディクソンは1986年に引退、1997年に生涯を閉じている。 dream-kb.

次の

【コロナウイルス 】予言者ノストラダムスの百詩篇で予言【訳あり】

ノストラダムス 予言 コロナ

Contents• コロナ流行はノストラダムスの大予言? ノストラダムスの大予言とは、 「1997年7月に人類が滅亡する」という非常に有名な予言です。 この予言をしたのは、ミシェル・ノストラダムスです。 彼は16世紀に生きた医師で、当時、ヨーロッパで流行していたペストの治療に尽力し、そのかたわら占星術の研究や詩の執筆も行っていたそうです。 「恐怖の大王」という言葉のインパクトの強さから、隕石、核兵器、疫病などさまざまな解釈がなされましたが、実際は1997年7月には特に大きな出来事はありませんでした。 この予言から約20年が経過していますが、世界的なコロナウイルスの流行はある意味、遅れてやってきたノストラダムスの大予言ではないでしょうか? ノストラダムスの大予言なのでは?と思っている方が結構いるようですね。 — omiso. cjc2oan2H20aw1G 新型コロナの感染力凄まじいなぁ ノストラダムスの大予言はもしや新型コロナを予兆していたのではないだろうか🤔 感染者に対する死亡者が約0. 2割ほどだから、もし日本人全員が感染することになれば300万人近くの人が亡くなるかもしれない 恐ろしすぎる ブルブルッ… — 神無月 OqG3HTWxoWMSNYc スピリチュアルのことは立証しづらいですが、予言が遅れてやってきた可能性はありそうですね。 コロナ流行は陰謀? 生物兵器によるウイルスの蔓延だと唱える方もいます。 新型コロナウイルスは、中国の生物兵器である、もしくは、米軍が武漢に持ち込んだものであるといった陰謀説があるようです。 ディフェンス リサーチ センター研究委員の横山氏の考察によると、 中国科学院武漢病毒研究所において新型コロナウイルスの研究が実施され、生物兵器を製造・保有している可能性は否定できないと結論づけています。 米軍によるウイルスの持ち込みの陰謀については、否定しているようです。 コロナ流行の感染源やルートは? 動物からヒトへウイルスが移ったことがコロナの感染ルートだと言われているようです。 「ネイチャー・メディシン」に発表されたアンダーセン氏らの論文によると、 新型コロナウイルスが2019年11月頃に動物からヒトへ飛び移ったことが示唆されています。 アンダーセン氏によると、ウイルスは験室で培養されたのではく、生きた免疫系と戦ってきた跡があるとしており、人的なウイルスばらまきを否定しています。 また、 中国湖北省の武漢市で発生した新型コロナウイルスは、 中国に生息するアマガサヘビやタイワンコブラが感染源だった可能性を指摘する論文も発表されています。 このことからも、動物が感染源であることが濃厚だと思われます。

次の