荒野 行動 四 本 指 配置 iphone。 「荒野行動」iPhoneのおすすめボタン配置とボタン配置の変え方など完全解説。

【荒野行動】3本指なのに最強のiPhone勢直伝!〇〇エイムを練習すれば上達できるらしいww

荒野 行動 四 本 指 配置 iphone

なぜ4本指のほうが有利か 通常の2本指操作よりも4本指操作が有利な点は大まかに以下のとおりです。 人によって左右どちらの人差し指で射撃するかというところは異なるのですが、この記事では左手の人差し指で射撃というやり方をスタンダードとします。 エイムから射撃の速度が速い 2本指だと通常操作の時は「左手親指は移動」、「右手親指はエイム」に従事しているため左右の「射撃ボタン」を押すためには必ずどちらかの親指を移動する必要がありました。 4本指操作では左手の人差し指が常に射撃ボタンの近くにあるため瞬間的に発砲できる。 実際の銃で例えるなら2本指操作の場合は人差し指が銃のグリップを握って移動しているのに対して、4本指操作ではつねにトリガーに指がかかっている状態といえます。 移動しながら射撃できる 2本指操作では移動とエイムは同時に出来ても射撃の時にはどうしても一瞬遅れてしまいます。 しかし4本指で操作することによって移動しながらエイムを合わせつつ射撃という一連の動作を同時にこなすことが可能になります。 この動きが威力を発揮するのは中距離での打ち合いの時で、常に移動することによって相手のエイムを合わせずらくすることができます。 画面がすっきりするので視野が広くなる これはある意味副産物的なメリットなのですが、後述する画面カスタム設定にすることによって画面上(特に右側)の余計なボタンがなくなりすっきりとします。 索敵をする時に「視野がすっきりした」と実感するはずです。 ここでのポイントは以下の4つです。 筆者は「 iPhone SE」を使用しているのでその他の機種を使用している方はご自分用に微調整して下さいね。 左射撃ボタン ボタンサイズを最大にして左手人差し指が届く場所に配置してください。 注意点としてはプレイ画面時に花束と重ならない場所に置くということです。 移動ボタン 移動ボタンの場所、サイズは概ねデフォルトで問題ないかと思いますが、機種によっては変更する必要があります。 左で人差し指に添えたまま親指を動かせる場所に移動ボタンを設置して下さい。 スコープボタン スコープボタンを配置する前にまずマップ部分を最小サイズにすることをおすすめします。 その後で右手の人差し指で押しやすい場所に移動しましょう。 ボタンサイズが小さいまま動かしてから最大にすると画像のように上が隠れるくらいの場所に設置することができます。 右射撃ボタン 今回の記事の一番の目玉がこの右射撃ボタンの配置です。 ボタンサイズを一番小さくしてマップに重ねることによって視野が広くなり、エイム時の誤射もなくすことができます。 これは僕だけかもしれませんが、右の射撃ボタンがあることによって一瞬どっちで撃とうか迷いが生じてしまうんですね。 甘えを絶つためにも右射撃ボタンは隠すことをおすすめします。 左手射撃に慣れてきたら手榴弾用、瞬殺モード用として小さくした右手射撃ボタンを中央、または隅っこの(誤射がなく)押しやすい場所に設置するといいでしょう。 4本指(3本指)での操作方法 基本的には4本指も3本指も変わりません。 違うのはスコープを覗くという動作のみです。 4本指操作をやってみると一週間くらいはなかなか慣れずに辛い時期が続くかもしれません。 しかし人間とは慣れる生き物なのでずっとこれでやっているといつの間にかそれが当たり前のように出来るものです。 射撃場で練習するなどして、まずは1キルを目指しましょう! 手首が腱鞘炎になりそうな時はプレイを自粛して下さいね。 スマホコントローラー どうしても4本指操作に慣れないという方はスマホコントローラーを使用してみるのもいいですよ。 こちらは補助器とも言える程度のものですが、スマートフォンに取り付けることによってプレイステーションのLRボタンを押すように射撃ができるようになるというものです。 視野が少し遮られるのが難点ですが、それと引き換えに快適な射撃をすることができるようになります。 使用する時は左側だけ取り付けるのがおすすめですよ。

次の

【荒野行動】iPhoneで効率よくプレイする裏ワザ! 【KNIVES OUT】

荒野 行動 四 本 指 配置 iphone

4本指のほうが有利な理由 通常の2本指操作よりも4本指操作が有利な点は大まかに以下のとおりです。 この記事では左手の人差し指で射撃ボタンを押し、右手人差し指でスコープボタンを押す、というやり方をスタンダードとします。 4本指操作では左手の人差し指が常に射撃ボタンの近くでスタンバイしているので即座に発砲できます。 動きながら撃つことができる 2本指操作だと移動とエイムは同時に出来ますが、射撃をする時にはどちらかの指を離すのでどう頑張っても一瞬遅れてしまいます。 しかし4本指で操作することによって移動しながらエイムを合わせながら射撃するという一連の動作を同時にすることができるようになります。 中距離での撃ち合いでは移動しながらエイムを合わせることができるので、常に相手のエイムを合せづらくする効果があります。 視野を広くすることができる 4本指操作ではカスタムパネルを使用することによって余計なボタンを隅に配置することができるので視野を広くすることができます。 索敵をする時に「視野がすっきりした」と実感するはずです。 ここでのポイントは以下の4つになります。 筆者は比較的小さいサイズである「 iPhone SE」を使用しているのでその他の機種を使用している方はご自分用にボタンの位置を微調整して下さいね。 左射撃ボタン ボタンサイズを最大にして左手人差し指で押すことができる丁度いい場所に配置して下さい。 iPhone SEではユーザー名の位置を中央に寄せる事によって丁度押しやすい所に配置することができます。 移動ボタン 移動ボタンの場所、サイズは概ねデフォルトで問題ないかと思いますが、機種によっては変更する必要があります。 左で人差し指に添えたまま親指を動かせる場所に移動ボタンを設置して下さい。 ダッシュボタンが左射撃ボタンと被らないように注意が必要です。 スコープボタン スコープボタンを配置する前に「設定、ボイス」関連のボタンを邪魔にならない場所に移動しましょう。 その後でボタンサイズを最大にしてマップのすぐ左辺りに配置すれば誤動作を防ぐことができます。 右射撃ボタン ボタンサイズを一番小さくして中央に配置することによって視野が広くなり、エイム時の誤射もなくすことができます。 左右に射撃ボタンがあるとどちらで撃とうか一瞬迷いが生じることがあります。 どちらの指で射撃しようかという迷いを断ち切るためにも敢えて中央に配置して「 手榴弾専用ボタン」として使用することをおすすめ致します。 4本指(3本指)での操作方法 基本的には4本指も3本指も変わりません。 違うのはスコープを覗くという動作のみです。 3本指での操作• 左手の親指 = 移動• 左手の人差し指 = 射撃• 右手の親指 = エイム、視点の移動、スコープを覗く 4本指での操作• 左手の親指 = 移動• 左手の人差し指 = 射撃• 右手の親指 = エイム、視点の移動• 右手の人差し指 = スコープを覗く 4本指操作を練習しはじめてから一週間くらいはなかなか慣れずに辛い時期が続くかもしれません。 しかし不思議なもので、あきらめずにそのままプレイしているといつの間にかそのボタン配置が当たり前のようになってくるものです。 さらに慣れてくれば敢えてスコープオンの時は左手親指で射撃するなどの応用も効くようになってきますので、是非頑張ってみてください。 スマホコントローラー 4本指操作がどうしても難しいという方はスマホコントローラーを使用してみるのも一つの手です。 一般的に使用されているスマホコントローラーは補助器とも言える程度のものですが、スマートフォンに取り付けることによってプレイステーションのLRボタンを押すような感覚で射撃ができるようになります。 右左のスマホコントローラーを使用するとかなり視野が遮られるので、左射撃ボタンのみを使用することをおすすめしますよ。

次の

【荒野行動】iPhoneでの4本指配置で強くなるには秘訣とルールがある!!【0から行荒野】

荒野 行動 四 本 指 配置 iphone

おすすめの記事 四本指のメリット 同時操作が可能 四本指にすることにより、移動・エイム・スコープ・射撃を同時に行うことができます。 指を早く動かす必要もなく、敵を倒す動作に移りやすく、敵を倒しやすいです。 四本指おすすめ配置 射撃ボタンは左上に配置 左射撃ボタンを左上にしましょう!右射撃ボタンと違い中距離以降の敵に弾を当てやすくなります。 画像では消えていますが、右射撃ボタンは近距離に強いので、残しておくのもおすすめです。 スコープボタンは右上に配置 スコープボタンは右上にしましょう!スコープボタンを使う頻度が多いので、常に使えるようにしておくのがおすすめです。 リュックは右側に配置 リュックは右側におきましょう!リュックを右側に置くことで、止まらずにリュックを開くことができます。 また、リュックの中身を整理しながら動くことも可能です。 ジャンプボタンは右側に配置 ジャンプボタンは右側にしましょう!ジャンプボタンが右側にあることで、横や後ろにジャンプすることが簡単になります。 伏せるボタンは左側に配置 伏せるボタンは左側の少し上がおすすめです。 前移動が多いことから、この場所に置くことにより伏せうちがやりやすくなっています。 設定・VCボタンは真ん中下に配置 設定ボタンなどは、下の真ん中におきましょう。 使う頻度が少ないことや、戦闘に直接関わらないので、邪魔にならず押しやすい真ん中下がおすすめです。 まとめ 四本指の魅力について少しは伝わりましたでしょうか。 慣れるまでは大変ですが、非常に強いのでおすすめです。 各種設定については以下の記事を参考にしてください。 最新情報 最新イベント情報• ガチャシミュレーター• 最新スキン情報• 大会情報• ランキング• レジャー攻略• お役立ち情報 始める前に確認!• ゲームシステム• 初心者向け・基本操作• アイテム関連• 引き継ぎ・システム• アタッチメント• スキン• マップ•

次の