エーユー ウォレット 使い方。 解約後に au WALLET(Pay) 残高を確認し使い切る方法とは?コンビニでは使い切ることができるのか?

au PAY(エーユーペイ)のお得な使い方!便利なスマホ決済を徹底解説

エーユー ウォレット 使い方

au PAYはKDDIが提供するスマホ決済サービス au PAYというのは、大手携帯キャリアauを運営するKDDIが提供する新しいスマホ決済サービスです。 このau PAYは 2019年4月からサービスが提供される予定 です。 KDDIは楽天と業務提携をしているので、このau PAYは 楽天ペイと使える加盟店を共有できる ようになっています。 楽天ペイは約120万店舗で使うことができるので、au PAYも同じ数の店舗で使えるということです。 楽天と提携していることでau PAYへの期待が高まります! 決済方式にはQR決済コード決済とバーコード決済を採用 au PAYは「楽天ペイ」「LINE Pay」「PayPay」などのスマホ決済サービスと同じく 「QRコード決済」と「バーコード決済」を採用 しています。 「QRコード決済」というのは、店舗のレジに用意された決済用のQRコードを読み取ることで支払いをすることができるというもの。 「バーコード決済」というのは決済用のバーコードをスマホに表示させ、それを店舗スタッフに読み取ってもらうことで支払うようになっています。 この「QRコード決済」と「バーコード決済」はよく使われる支払方法で、 難しい操作は何もなく誰でも簡単に支払いを完了 させることができます。 au PAYのメリットとデメリットについて au PAYの最大のメリットは、 スマホをかざすだけで支払いが終わってしまう ということです。 レジで財布を探してお金を出して支払いをするという工程が不要になります。 急いでいる時でも 素早く支払いができる のでとても便利です。 また 財布を持ち歩く必要もない ですし、財布を忘れてしまっても支払いをすることができます。 一方au PAYのデメリットには、現金払いやクレジット払いのように 紙のレシートが発行されない ということがあります。 レシートを保存したいという考えの人は注意が必要です。 またスマホの操作が苦手な人だと、初めは使い方が分からずスムーズに支払いができないことも。 この他にも スマホの充電が切れてしまった場合は支払いができないというデメリット も考えられます。 au WALLETとの違いについて au PAYはスマホを使って決済するサービスですが、au WALLETというのは必要な金額分だけ現金やポイントからチャージして使う電子マネーであり、 au PAYとau WALLETは全く別のもの なのです。 しかしau PAYは「au PAYアプリ」というような新しいアプリができるわけではなく、今現在リリースされている au WALLETアプリの機能のひとつとして登場する予定 です。 au PAYの提供が始まるときにau WALLETアプリが大型アップデートされ、au PAYを使えるようになる予定です。 新しいアプリをダウンロードする必要がなく、 これまでau WALLETアプリを使ってきた人にとっては扱いやすい でしょう。 またau PAYを利用することで au WALLETポイントが貯まるだろう と言われています。 au PAYの使い方は? au PAYを使うには au WALLETアプリをダウンロード する必要があります。 auユーザーであればすでにau WALLETアプリをダウンロードしている人も多いのではないでしょうか。 最初にも紹介しましたがau PAYは「QRコード決済」と「バーコード決済」を採用しているので、 スマホを店舗のレジの端末にかざすだけで支払いを完了させることができる ようになっています。 コード決済で利用したお金については、サービスによって違いはあるかもしれませんが、一般的に現金をチャージして支払う「先払い」・登録した銀行口座から引き落とされる「即時払い」・紐づけたクレジットカードから引き落とされる「後払い」を使って支払うことができます。 au PAYがどうなるかはまだ分かりませんが、 au Walletプリペイドカード・au Walletクレジットカード・じぶん銀行を利用した支払いができる と予測されています。 またauユーザーであれば、 毎月の携帯料金と合わせて支払いすることもできる と考えられています。

次の

au WALLETとは?使い方や使えるお店、プリペイドカード・クレジットカードの種類・特典を解説

エーユー ウォレット 使い方

auウォレット(au WALLET)は携帯電話キャリアのauが管理しているプリペイドカードです。 通称「ワレカ」です。 いわゆるブランドプリペイドカードと呼ばれるタイプのカードで、事前にチャージをした金額の範囲内でMasterCardが使えるお店(加盟店)でクレジットカードと同じように決済をすることができます。 近年では、auウォレットのようなブランドプリペイドカードも多数登場していますが、特典や特徴、メリット、デメリット、活用術などをわかりやすくまとめていきます。 なお、au WALLETにチャージをしたお金はスマホ決済サービスの「au Pay」としてもご利用いただけます。 2019年8月29日以降はauユーザー以外の方でもau IDを取得できるようになったため、このカードも全ユーザーが利用可能になっています。 事前にチャージ(入金)をして利用する• クレジットカードと同様のカード番号が発行されている• 国際ブランド(auWalletはMasterCard)のお店で使える• インターネットでのお買い物(ネット決済)にも対応• クレジットカードのような審査はない• タッチ決済(Felica)には対応していない• 残高はau Payでの決済(QRコード決済)も可能 事前にチャージして利用するというのは「」や「」「」のような電子マネー・交通系ICカードと似ています。 その一方で、利用することができるお店はMasterCard加盟店(クレジットカード支払いに対応しているお店)となっています。 また、au WALLETアプリではau PayというQRコード決済も利用することができます。 この場合はカードレス(アプリのみ)で決済が可能です。 au WALLETの基本スペック• 年会費:無料• チャージ時ポイント:1. 0%(auかんたん決済利用時)• ショッピングポイント還元:0. 5% 特徴的なのはチャージをするとき、実際に利用する時の2回に分けてポイントが貯まるということですね。 合計すれば1. 5%ということになるわけですのでかなり還元率は高いです。 後述しますが、上手に利用すればかなりポイント還元はお得です。 ちなみに貯まるポイントはWALLETポイントというauのポイントとなります。 なお、2020年5月にWALLETポイントは共通ポイントの「」と統合する予定となっており、利用のはばが広がりそうですね。 au WALLET(カード)はどこで手に入れることができる? au WALLETのカードは「auショップ(携帯ショップ)」「auの取り扱いがあるお店」で入手可能です。 また、au WALLETの公式サイトやアプリからも請求することができます。 au WALLETは何歳から使えるの? auウォレットが利用できるのは12歳以上となっています。 つまり、中学生からでも利用できるということになります。 一般的なクレジットカードだと18歳以上というのが最低ラインですが、それ以下の年齢でも使えるというのは、事前に入金をするプリペイド対応だからですね。 子どもにクレジットカードみたいなカードを持たせるのは怖いと思うかもしれませんが、au Walletはあくまでもチャージした範囲でしか利用できないので、使いすぎの心配はないです。 最近ではスマホゲームなどの課金をする中高生も多いと聞きますが、そうしたカードはネット決済(クレジットカード決済)もできるのでお小遣いとして渡す方法も手かと思います。 au WALLET(カード)の使い方 手元にau WALLETが届いてもすぐに使えるわけではありません。 まずは利用手続き(初回のみ)とチャージ(入金)が必要です。 まずはauウォレット利用手続きをしよう au WALLETの利用手続きをする必要があります。 パソコンやスマートフォンなどを使ってカードとアカウント(au ID)のひも漬けなどの手続きをします。 チャージ(入金)をする au WALLETはプリペイド(事前払い)の決済カードです。 初期状態では1円もチャージされていないので、最初に使う分を入金しておく必要があります。 チャージ方法はau WALLETのウェブサイト・スマホアプリでインターネットを利用して簡単にチャージが可能です。 auショップで現金チャージ• auかんたん決済(月々の料金と合算)• クレジットカードチャージ• WALLETポイントからチャージ• じぶん銀行の預金残高からチャージ お勧めはau WALLETのウェブサイトかスマホアプリを使って、「auかんたん決済」「じぶん銀行」「クレジットカード」を使ってチャージするというものです。 クレジットカードを通じてのチャージであれば後述しますが、クレジットカードのチャージ時のポイントとauウォレットの利用時のポイントの二重取りが可能になります。 入金後はクレジットカードと同じように使える チャージをしたらあとは普通に利用することができます。 お店で使う時の注意点として「au WALLET払いで」と説明してもわかってもらえないと思います。 普通に(クレジット)カード払いでといって、支払回数を聞かれたら1回を選択してください。 これで買い物できます。 使い方もクレジットカードと同じようにクレジットカードリーダーを使って決済します。 au WALLETのメリット、活用方法 ここではau WALLETを活用するメリットや上手な利用方法を紹介していきます。 審査不要で12歳以上でauユーザーならだれでもカードが作れる• ポイントの二重取りができてポイント還元率が高い クレジットカードが使えるお店で使えて審査もない auウォレットは左の画像を見てもらうとわかる通り、クレジットカードそっくりです。 MasetrCardというカードブランドのロゴものっていますよね。 一般的に電子マネーの決済方法は非接触ICチップを利用した方法(タッチして決済)が多いのですが、auウォレットはクレジットのカードリーダーを通して行います。 世間的には電子マネーリーダーよりもクレジットカードリーダーの方が多く普及しているので使えるお店の数は格段に多くなります。 電子マネーが使えないお店でもMasterCardのクレジットが使えるお店なら電子マネーとして使えるので使える店舗数が多いです。 (一部店舗では利用できないお店もあるそうです) 使えるお金は事前チャージの範囲内のため、クレジットカードのような審査も不要です。 どちらかというと事前チャージ式の「ブランドデビットカード」といったようなイメージに近いですね。 なので未成年の方でも作れるわけです。 また、過去にクレジットカードやローンなどで遅延などを起こしてしまい、クレジットカードが作れない状態の人(いわゆるブラック)でも、審査なしで作れます。 ポイント還元率が高い。 チャージや支払いでザクザクポイントが貯まる au WALLETを利用する 一番のメリットはやはりポイント還元率高いことでしょう。 使う時だけでなく、チャージでもポイントが貯まります。 チャージの方法を工夫すれば1. 5~5. 0%ほどのポイント還元になります。 基本のポイント還元率は0. 5%だけど上乗せもある au WALLETの利用で貯まるポイントは通常0. 5%(200円で1ポイント)となっていますが、一部の店舗ではポイント還元率がアップします。 セブンイレブン(1%・2倍)• マツモトキヨシ(1. 5%・3倍)• ココス(1. 5%・3倍)• ビッグエコー(1. 5%・3倍)• 紀伊国屋書店(1. 5%・3倍)• TOHOシネマズ(1. 5%・3倍)• スターバックス(3. 5%・7倍) チャージするときも上手にポイントを貯めよう au WALLETにチャージをするときはポイント還元率の高いクレジットカードでチャージをするのがお勧めです。 左の画像(クリックで拡大)はau WALLETにチャージが可能なクレジットカードをまとめています。 au WALLETはお店で利用する時もポイントが貯まるので、いわゆるポイントの二重取りをすることができるわけですね。 auウォレットにチャージができて、なおかつクレジットカードのポイントも貯まるおすすめのクレジットカーは以下の2枚です。 ・(1. 0%還元) ・(1. 2%還元) 電子マネー等にチャージをするときにクレジットカードを使ってチャージをすることでポイントを二重取りするというのはもはや常識ですね。 上手に活用していきましょう。 au WALLETのデメリット さて、ポイント還元率の高さで魅力的なauウォレットですが、一部マイナスの面もあります。 au WALLETはMasterCardブランドのクレジットカードが使えるお店で利用できますが、すべてのお店で利用できるわけではありません。 一部利用できないお店もあります。 これはauウォレットの問題というよりはブランドプリペイドカード全体の問題といえます。 以下の店舗やサービスではauウォレットによる決済はできません。 ガソリンスタンド、高速道路、携帯電話や固定電話、電気やガスなど公共料金の月額料金等、インターネットプロバイダー、飛行機の機内販売サービス、有料放送視聴料金 等 また、先払いとなるので分割払い、リボ払いといった支払はできません。 ただ、こうした決済方法はクレジットカードの場合でもお勧めはしません。 貯まったWALLETポイントの使い道 au WALLETで貯まるポイントはWALLETポイントです。 ポイントは下記のような使い道があります。 使いやすいのはau WALLETカードへの再チャージですかね。 auウォレットプリペイドカードへのチャージに使う• au料金への充当につかう(3000ポイント以上から)• auの携帯電話代金やアクセサリー代金に使う• auかんたん決済を使うときにポイント利用を選択する• 他社ポイントと交換する(アコーディアゴルフポイント、マツモトキヨシ、スターバックス) まとめ。 auユーザーなら持っておきたいカード auウォレットはチャージ時のポイント、決済時のポイントでポイント二重取りができるので、還元率は実質的に1. 5%~を目指せる高ポイント還元カードとなります。 このカードの魅力を最大限に発揮するには、auウォレットにチャージしてポイントがたくさんたまるクレジットカードを使うことです。 この組み合わせがそろって初めて利用価値が出てきます。 この上記の2枚が特におすすめです。 一方、何らかの理由でクレジットカードは持てないというのであれば、同じブランドプリペイドカードのLINE Payカード(JCB)がおすすめです。 こちらはチャージポイントはありませんが、一律2. 0%還元となります。

次の

au PAYって何?au WALLETとの違いや使い方【初心者向け クレカ基礎講座】 |Gポイント

エーユー ウォレット 使い方

au PAYはKDDIが提供するスマホ決済サービス au PAYというのは、大手携帯キャリアauを運営するKDDIが提供する新しいスマホ決済サービスです。 このau PAYは 2019年4月からサービスが提供される予定 です。 KDDIは楽天と業務提携をしているので、このau PAYは 楽天ペイと使える加盟店を共有できる ようになっています。 楽天ペイは約120万店舗で使うことができるので、au PAYも同じ数の店舗で使えるということです。 楽天と提携していることでau PAYへの期待が高まります! 決済方式にはQR決済コード決済とバーコード決済を採用 au PAYは「楽天ペイ」「LINE Pay」「PayPay」などのスマホ決済サービスと同じく 「QRコード決済」と「バーコード決済」を採用 しています。 「QRコード決済」というのは、店舗のレジに用意された決済用のQRコードを読み取ることで支払いをすることができるというもの。 「バーコード決済」というのは決済用のバーコードをスマホに表示させ、それを店舗スタッフに読み取ってもらうことで支払うようになっています。 この「QRコード決済」と「バーコード決済」はよく使われる支払方法で、 難しい操作は何もなく誰でも簡単に支払いを完了 させることができます。 au PAYのメリットとデメリットについて au PAYの最大のメリットは、 スマホをかざすだけで支払いが終わってしまう ということです。 レジで財布を探してお金を出して支払いをするという工程が不要になります。 急いでいる時でも 素早く支払いができる のでとても便利です。 また 財布を持ち歩く必要もない ですし、財布を忘れてしまっても支払いをすることができます。 一方au PAYのデメリットには、現金払いやクレジット払いのように 紙のレシートが発行されない ということがあります。 レシートを保存したいという考えの人は注意が必要です。 またスマホの操作が苦手な人だと、初めは使い方が分からずスムーズに支払いができないことも。 この他にも スマホの充電が切れてしまった場合は支払いができないというデメリット も考えられます。 au WALLETとの違いについて au PAYはスマホを使って決済するサービスですが、au WALLETというのは必要な金額分だけ現金やポイントからチャージして使う電子マネーであり、 au PAYとau WALLETは全く別のもの なのです。 しかしau PAYは「au PAYアプリ」というような新しいアプリができるわけではなく、今現在リリースされている au WALLETアプリの機能のひとつとして登場する予定 です。 au PAYの提供が始まるときにau WALLETアプリが大型アップデートされ、au PAYを使えるようになる予定です。 新しいアプリをダウンロードする必要がなく、 これまでau WALLETアプリを使ってきた人にとっては扱いやすい でしょう。 またau PAYを利用することで au WALLETポイントが貯まるだろう と言われています。 au PAYの使い方は? au PAYを使うには au WALLETアプリをダウンロード する必要があります。 auユーザーであればすでにau WALLETアプリをダウンロードしている人も多いのではないでしょうか。 最初にも紹介しましたがau PAYは「QRコード決済」と「バーコード決済」を採用しているので、 スマホを店舗のレジの端末にかざすだけで支払いを完了させることができる ようになっています。 コード決済で利用したお金については、サービスによって違いはあるかもしれませんが、一般的に現金をチャージして支払う「先払い」・登録した銀行口座から引き落とされる「即時払い」・紐づけたクレジットカードから引き落とされる「後払い」を使って支払うことができます。 au PAYがどうなるかはまだ分かりませんが、 au Walletプリペイドカード・au Walletクレジットカード・じぶん銀行を利用した支払いができる と予測されています。 またauユーザーであれば、 毎月の携帯料金と合わせて支払いすることもできる と考えられています。

次の