オカメインコ パイド。 実はオウムの仲間です! オカメインコの歴史、品種、性格、飼い方

オカメインコの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・値段【まとめ】

オカメインコ パイド

パイド パイドとは、「レセッシヴ 常染色体劣性遺伝子 」のオカメインコです。 1949年にアメリカのカリフォルニア州で初めて発見された個体で、身体のあちらこちらでメラニン色素が部分的に欠落しており、クリーム色の発色が斑模様に現れています。 色抜け度合によって呼称が変化するのが特徴です。 ・30%未満:ライトパイド ・30%以上70%未満:ミディアムパイド ・70%以上:ヘビーパイド ・100%の個体:クリアパイド パイドの特徴は世界に同じ模様を持つ個体が存在しないということです。 そのため、品評会などでは様々な基準が設けられ、色抜けの良い個体を「スーパー」や「エクストラ」などと評価し、高値で取り引きされています。 パイド同士を交配させると、両親よりも色抜け面積が大きな子どもが誕生することが判明しており、現在では広範囲に色抜けした品種を生み出そうと繁殖が行われています。 パイドは劣性遺伝のため、一見ノーマルグレーやシナモンに見えても、実はパイドの遺伝子を隠し持っているスプリットである可能性があります。 ですが、スプリットかどうかを確認することができるため、パイドは不完全劣性遺伝ということが明らかにされました。 現在飼養されているオカメインコがスプリットかどうか気になるという方は、オカメインコの後頭部または首筋に「ティキング」と呼ばれる小さな色抜け部分の有無を確認してください。 パイドには、左右対称に色を残す「リバース」や頭部のみが完全に色抜けしてしまった「クリアフェイス」など様々な種類がございますので、パイドをお迎えする際はこだわってみてはいかがでしょうか。 パール パールとは、「性染色体劣性遺伝子」のオカメインコです。 1967年に西ドイツでブリードされた個体です。 メラニン色素が羽毛1枚単位で部分的に欠落しており、クリーム色の発色が細やかに立つ波のような模様を生み出しています。 欧州や北米では「Scallop スカラップ 」と呼ばれ、まるで貝殻のレースのようだと表現されており、模様の現れている部分をレース編みに喩えて「Lacings レーシング 」と呼んでいます。 パールの特徴は、原種に比べて全体的にリポクローム色素が強く現れており、黄色味の強い個体を「ゴールデンパール」と呼び、グレーの部分がシナモンに変化した個体を「シナモンパール」と呼びます。 パールは、オスの場合、成長すると共に美しい模様が徐々に消えてゆき、最後は原種のような容姿に変貌します。 これは男性ホルモンがメラニン色素を増加させたことで起こるのではないかと言われており、パールが老鳥になると再び模様が現れることからこのような仮説が立てられています。 しかし、最近では成鳥になっても模様が消えない品種も誕生しており、未だに謎の多い個体と言われています。 ルチノーとパール双方の遺伝子を持った種類を「ルチノーパール」と呼び、クリーム色の羽毛に濃いイエローの斑模様が現れる美しい鳥となります。 よくペットショップなどではパールを「イザベラ」と表記していますが、イザベラはシナモンの別称ですので、惑わされないようにご注意ください。

次の

【オカメインコの種類】パイド パールパイド シナモンパールパイド

オカメインコ パイド

オカメインコとは? オカメインコとはオウム目オウム科オカメインコ属に属する鳥です。 体長30㎝前後、体重は80~180gと個体差があります。 名前の由来は頬のチークパッチが日本のお面「おかめ」に似ていることからつけられました。 オーストラリアに広く分布しており、大人しくよく慣れることから世界中でコンパニオンバードとして人気があります。 長い尾と頭の冠羽が特徴で、落ち着いている時は寝た状態で、興奮するとピンと立ちあがります。 オスとメスの違い オカメインコはヒナのうちは性別が分かりませんが、生後半年ほどたって換羽が終わり、成鳥の羽が生えてくる頃になると、ほぼ判別が可能になります。 オスの特徴 ・成鳥になると尾の裏の斑点や羽の斑点が消える。 ・顔が鮮やかな黄色になる。 ・大きく響く声でピョイッピョッと鳴き、歌が上手なコが多い。 ・発情している時背を低くして羽を若干広げたポーズで歩き回る。 (通称アジの開きポーズ) メスの特徴 ・成鳥になっても斑点が消えない。 ・顔の色がぼやけた感じ ・オスよりもおしゃべりや歌は苦手。 ・発情すると卵を産む。 カラーバリエーション オカメインコのカラーバリエーションは顔の色、体の色、体の模様の3つの組み合わせで分かります。 それでは順にカラーの説明をさせていただきますね。 あまり手に入らない、珍しいオカメインコです。 ヒナのうちからはっきりしていますが、オスの場合はヒナの頃と老鳥の頃以外は模様が消えてしまいます。 パイドの入り方によって名前が変わったり、値段も上がります。 この写真 シナモンパイドのヒナです くらい黒が少ないと ヘビーパイドと呼ばれ、ほとんど黒のない個体は エクストラへビーパイドとか クリアパイドと呼ばれ、非常に高い値段がつきます。 それらの個体は、見た目はアルビノのように見えますが、目が黒いので見分けがつきます。 真っ白な体に黒目の珍しい品種ですが、アルビノではなく、ホワイトフェイスクリアパイドという分類になるようです。 パイドの出方の少ない個体を掛け合わせていくと限りなく白に近いオカメインコが産まれます。 パイドの柄の部分のみにパール模様が出るので美しく、人気のあるカラーです。 色素欠乏によるカラー 名前が短いカラーは色素欠乏によってできた品種です。 上記で出ている ホワイトフェイスも黄色の色素欠乏によるカラーです。 黒の色素が欠乏しており、全身が黄色みがかった白です。 このカラーは頭頂部 とさか部分の裏側 の無毛部分が目立つため、ハゲみたいに思われますが病気ではありません。 目が赤いので好き嫌いが分かれるカラーです。 オカメインコのカラーは、顔の色、体の色、体の模様の組み合わせによって決まるので、すべてが変化した品種だと名前が長くなります。 例えばイエローフェイスシナモンパールパイド、と聞くと一見難しそうですが、顔がイエローで体がシナモン、模様がパールとパイドが混ざっていますよ、という意味なので分かりやすいですね。 オカメインコの飼育 オカメインコは飼育鳥としてセキセイインコとトップを争うほどの人気があります。 特にルチノーは白オカメとも呼ばれ、オカメインコの中で最も人気があります。 オカメインコの性格 オカメインコが人気である理由のひとつに、「大人しく優しい鳥である」ということが挙げられます。 個体差はありますが、小さな子供のいる家庭でも安心して飼育できるくらい穏やかな鳥です。 噛み癖がつくこともほとんどありません。 注意すべきこと ・オカメパニック オカメパニックという言葉があるくらい、オカメインコは急な展開や環境変化に弱い鳥です。 臆病な面が強いコだと、地震、雷、などのどんな動物でも怖がる天災だけでなく、急な物音、突然の光の差し込みだけでもきっかけとなり、カゴの中でパニックをおこして暴れることがあります。 その際に羽や首を痛めて大けがをしたり、最悪の場合命を落とすこともあります。 そのような臆病なコを飼育する場合はケージを大きくする、羽がひっかかりにくいものにする、夜はきちんとおやすみカバーをかけてやる、などの対策をとりましょう。 ・大きな鳴き声 決して不快になるような声では鳴きませんが、呼び鳴きの癖がつくと、かなり響く声で鳴き続けます。 また歌を覚えるのが上手なのが特徴のオカメインコですが、歌が得意=うるさい、と思っていただいたほうが良いです。 マンションや集合住宅地では防音対策をとるようにしましょう。 どこで手に入れる? オカメインコは大きめのペットショップならヒナから置いてあることが多いですし、成鳥もペア売りされているのを見る機会も少なくありません。 ただし、ペットショップでおむかえする際は産地や飼育状況によって、体の大きさ、病気、体重の増え方が大きく異なり、状態が悪いまま持って帰るとかなりの確率で体調を崩すので、元気のないコは絶対にお迎えしないようにしましょう。 オカメインコはブリーダーが多く存在するので、直接手に入れるのもおススメです。 希望のカラーが珍しいものであっても手に入れられる可能性が高いです。 オカメインコはヒナ選びが重要です!ずっしりしていて顔のきれいなコを選びましょう! まとめ いかがでしたか? オカメインコについてなんとなくお分かりいただけたかと思います。 ヒナの飼い方、必要な飼育用品についても別ページにて詳しく説明させていただきますのでぜひ見ていってくださいね。

次の

オカメインコ

オカメインコ パイド

その個体により体格も骨格もまちまちです。 また骨格により適正体重も違います。 100グラムは体格は立派な方だと思いますが中には130グラムで少しも肥満体でない子も見た事があります。 家にいるオカメインコでは医師に110gくらいが適正体重だと言われた子もいれば、70gが適正体重と言われた子もいます。 70gの子は飛ぶスピードも遅く、飛んでる時の音も確かに弱かったです。 体格が小さい子の原因は色々ありますが、私の知る限り以下の原因があります。 ブリーダーによる産ませ過ぎ 近親交配 高齢の親から産まれた子、若しく早熟の親から産まれた子 近親交配の子の特徴は目のただれ、短足といった身体的な特徴があります。 私がはじめてお迎えしたオカメインコがコレでペットショップで無償で里親に出されていました。 余談ですが、この子は のちに110gのオスと夫婦になりました、素引きも何回かしましたが、産まれて来た子は皆、健康体、立派な体格の子が産まれて来ました。 ただ高齢になるにつれ、産む玉子の数が減り、小さくなり、産まれて来る子の体格も小ぶりになりましたね.

次の