さも ない と 英語。 例文で学ぶ仮定法の応用表現!

「起こる」は英語で?ネイティブも納得の正しい使い分け5タイプ

さも ない と 英語

Contents• 命令形の基本は「主語の省略」と「動詞を原形にする」 命令形とは、相手に対して命令・提案・指示・依頼などをする際に使う文型です。 英語の命令形では、日本語の「命令」よりも幅広い使われ方をします。 英語における命令形は、日常会話の中で気軽に使っていることが多く、仲の良い友達同士や家族のなかで カジュアルなお願いをする時に「~してくれる?」というニュアンスでも使われます。 英語の命令形の文章を作る場合のポイントは以下の2つです。 主語を省略すること• 動詞を原形にすること 命令文は、相手に対して何かしてもらうために言う文章なので、 英語では主語をあえて明確にする必要がないのです。 動詞が必ず原型になるのは、 「まだ行われていない状態」という意味が含まれているからだと考えられます。 しかし、ここは理屈ではなく、英語ではそういうものだと覚えてしまうのが良いでしょう。 では、例文を見てみましょう。 Come here, please. こっちに来てくれる? Please pass me the salt. 塩を取ってください。 Could you tell me your name? お名前をいただけますか? Would you please open the door? ドアを開けていただけますか? 「please」をつけると丁寧な表現になるので、日本語で言うと敬語を使っているような言い方に聞こえてしまいます。 友達同士でpleaseを使うと少し間柄に距離があるイメージになります。 余談になりますが、 pleaseも言い方によっては命令のニュアンスを出すことができます。 pleaseをゆっくり、強調して言うと「お願い!」という有無を言わせずやらせる、威圧的な印象になります。 命令形には「and」か「or」が併せて使われることもある 基本の命令形に「 and」か「 or」という接続詞を併せると、それぞれ「 ~しなさい、そうすれば」、「 ~しなさい、さもなければ」という、結果を予測させる命令文になります。 「and」を使えば「ポジティブな結果が待つ」命令文に 命令形の後に「and」で文章をつなげると、「~しなさい、そうすれば」というポジティブな結果を伝える文章になります。 また、andの代わりに「so that」を使うこともできます。 その場合も、andと同じ意味になります。 Give me that chocolate and I will make you a cake. そのチョコレートをください、そうすればケーキを作ってあげます。 Study every day so that you will pass the exam. 毎日勉強しなさい、そうすれば試験に合格します。 「or」を使えば「ネガティブな結果が待つ」命令文に 反対に、命令形の後に「or」を使って文章をつなげると「~しなさい、さもなければ」というネガティブな結果を伝える文章になります。 「命令形+or」はかなり強い表現になるので、目上の人と話すときやビジネスの場面では使い方に十分気を付けてください。 Tell him to call me. 彼に、私に電話するように伝えてください。 Tell Jennie not to work too hard. ジェニーに働きすぎないよう伝えてください。 Ask James to bring teacher a chair. ジェームスに、先生にイスを持ってきてくれるよう伝えてください。 Ask her not to be so loud. 彼女にそんなにうるさくしないでと伝えてください。 「let」の代わりに「allow」を使う場合は、人名と動詞原形の間に「to」が追加で必要です。 また、 letよりallowの方がフォーマルな言い方になります。 ビジネスの場面や、目上の人に許可をもらう時に使える表現です。 その場合には、文頭に「please」をつけるとより自然で丁寧な言い方になります。 Let me cook dinner for you. 私に(あなたのために)夕飯を作らせてください。 Let me see. ちょっと見せて。 Allow him to take a vacation. 彼に休暇を取らせてあげてください。 Please allow me to marry her. 彼女と結婚させてください。 (結婚を許可してください。 )」という言葉も、実は英語では命令形なんです。 ビーチに行きませんか。 なにか食べに行きましょう。 一緒に遊びましょう。 英語の命令形まとめ 英語の命令形の基本について、例文を交えて解説しました。 英語で命令形を作る際のポイントは、「主語を省いて動詞を原形にする」ということです。 命令の表現を強調するために、あえて主語を入れることもあります。 英語の命令文は日本語の命令文と比べて、かなり幅広い使われ方をされます。 特に、日常会話では気軽なお願いをする時に命令形が使われることが多く、命令形と気がつかずに使っていることも多いかもしれません。 ただし、目上の人と話す時やビジネスの場では、失礼にならないよう、「please」や「would you」「could you」などを付け加えて話すようにしましょう。

次の

【英語】難しい単語「otherwise」を正しく理解するコツ

さも ない と 英語

さもありなんとはなにか 「さもありなん」は漢字で「然もありなん」と書きます。 どこか方言のような響きに感じることがあるかもしれませんが、方言ではなく古文に由来しているものです。 見聞きしただけだと意味を想像しにくいのはその為だといえるでしょう。 また口語 話し言葉 より文語 書き言葉 として多く見られるのは、古文でよく取り上げられているからだといえます。 「さもありなん」は分解して考えるとその由来や意味がよく分かるので、それぞれ確認していきましょう。 さもありなんの意味 「さもありなん」は「いかにもそうであろう」や「確かにそんなことだろう」、「当然だろう」という意味です。 また状況や使い方によっては「そうであるに違いない」や「そうであることはもっともだろう」という意味で使われることもあります。 なお「さもあらん」と表現がありますが、これも「さもありなん」と同じ意味です。 さもありなんの語源 「さもありなん」は複数の品詞が組み合わさってできた言葉です。 品詞は「ひんし」と読み、「単語を形態と職能によって分類した種別」という意味があります。 品詞の例としては名詞や動詞、形容詞や副詞等があり、「さもありなん」も品詞分解して考えた方が分かりやすいです。 「さもありなん」を品詞分解すると「さ・も・あり・な・む」に分けられます。 「さ」と「も」と「あり」が合わさると推量や許容の意味がある複合助動詞「さもあり」になり、完了の助動詞「む」の未然形「な」と推量の助動詞「む」と合わせたものが「さもありなん」です。 なお「む」は発音の都合上「ん」とされる場合があり、「さもありなん」の場合も「ん」が使われています。 専門的な用語が並んでいますが、ここで肝心なのは推量を意味するものが複数使われていることです。 推量は「すいりょう」と読み、「物事の事情や人の心等を推し量ること」という意味があります。 送り仮名を入れると「推し量る」と書くので連想しやすいかもしれません。 推量の意味がある言葉が混じっているからこそ「さもありなん」は先述のような意味になるのです。 そのまま意味を覚えるより、このように品詞分解して覚えた方が記憶として定着しやすいかもしれません。 文法上のさもありなん 文法上で「さもありなん」と考える際には、語源で取り上げた品詞分解が最も効果的で分かりやすいといえるでしょう。 古文では「そのようになると思った」や「予想通りになった」等の意味で使われています。 例えば日本三大随筆の一つ「徒然草」には次のような表現があります。 「久米の仙人の、物洗ふ女の脛 はぎ の白きを見て、通を失ひけんは、まことに手足・膚(はだえ)などのきよらに、肥えあぶらづきたらんは、外の色ならねば、さもあらんかし。 」 上記を現代語訳すると以下のようになります。 「昔久米の仙人が、川で洗濯している女の、裾をたくし上げてあらわになった脛 すね を見て神通力をなくし、空中から落下したという伝説がある。 女の手足や肌がきめこまかく、むっちり脂がのっているのは他の色と違い女の色香だから、そこそこ人間臭さを残していた仙人が心惑わされたのも当然といえば当然であった。 」 この場合「さもありなん」は「さもあらん」と表記されており、末尾に「かし」がついています。 「かし」は強意の補助動詞として使い、今回は「当然といえば当然であった。 」のように意味を強める為に使われています。 また文法上でよく取り上げられるのは、「むべなるかな」です。 末尾に「むべなるかな」とつけて「さもありなん むべなるかな」とすることで、「心から納得した」や「そうだったんだ」という意味で使われます。 さもありなんの類語 「さもありなん」の類語として、次のようなものが挙げられます。 ・もっともだ 漢字では「尤もだ」と書き、「道理にかなっている」や「当然」という意味で使われます。 品詞上は「もっとも」だと副詞、「もっともだ」では形容動詞です。 なお「最も」も「もっとも」と読みますが、「一番の」や「最上の」のように英語でいう「best」の意味で使われます。 ・無理からぬ 「無理からぬ」は「無理ではない」や「もっともな」という意味があります。 「良からぬ」のように末尾に打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」がついている為、無理を否定した意味になるというわけです。 ・当然だ 「当然だ」は「当たり前」や「誰が考えてもそうであるはずだ」という意思を表す時に使う言葉です。 上記以外では「不思議ではない」や「想像に難くない」、「理にかなっている」や「織り込み済み」等が考えられるでしょう。 類語の例文 上記の類語の例文としては、次のようなものが考えられます。

次の

「したほうがいい」は英語で?15の例文で失礼でない言い方を紹介する

さも ない と 英語

偶然に起こる 何か予想外の出来事が偶然「起こる」ときの英語は「happen」を使います。 「意外なことが起こった」、「偶然起こった」という意味が含まれています。 一般的に広く使われる言葉です。 It happened when I was on my way to work. 仕事に行く途中でそれは起こりました。 My husband and I were watching TV when the accident happened. その事件が起きたとき、夫と私はテレビを見ていました。 (何もないところから)発生する 「偶然に起こる」、「(何もないところから)発生する」、「ふと思い付く」という意味の「起こる」の英語は「occur」です。 「happen」より改まった表現であり、主に具体的な事柄が発生したときに使われます。 The newspaper says that the shooting occurred at 10. 50 a. 新聞によると、銃撃は午前10時50分に起こったということです。 It occurred to me that my wife was trying to hide something. 妻が何かを隠そうとしていると、ふと思い付きました。 このまま覚えておくと役に立つ。 勃発する 戦争や喧嘩など望ましくないことが急に始まるときの「起こる」の英語は「break out」を使います。 「勃発する」という日本語がピッタリです。 The fight broke out outside the restaurant when I was having dinner with my husband. その喧嘩は、私が夫と夕食を食べていたときに、レストランの外で発生しました。 The fire broke out in the middle of the night and burned down more than 40 houses. 火事は真夜中に発生して、40件を超える家を焼き払いました。 開催される 事前に予定されていた行事や出来事が「開催される」、事故などが偶然に「起こる」ときの英語は「take place」です。 The Olympic games take place every four years. オリンピックは4年ごとに開催されます。 The company meeting took place yesterday. 昨日、会社の会議が行われました。 その他の表現 引き起こす(cause) 英語では、「~は・・・を引き起こす」(~のために・・・が起こる)という表現をよく使います。 日本語では使わない言い方ですが、英語では日常的に使うので覚えておくと役に立ちます。 The heavy rain caused severe damage to the area. 大雨は、その地域に大きな被害を引き起こしました。 ~へと導く(lead to) Obesity can lead to other illnesses. 肥満は、他の病気へと導く可能性があります。 その事故は、従業員の不注意から起こりました。 従業員の不注意のためにその事故が起きました。 覚えた語句を英会話で使いこなすには この記事では、「起こる」の英語を5つに分けて紹介しました。 これらを覚えておけば、英会話のときに「起こる」と英語で言うときに困ることはありません。 覚えた語句を英会話で使いこなすコツ このページで紹介したような語句は、以下のように英語と日本語だけ覚えても英会話のときに使えるようにならないので無駄になります。

次の