昭恵 なんj。 「あれ、どうにかなんねえか?」ビートたけし、安倍昭恵をバッサリ斬り捨て!

安倍昭恵夫人の「KYすぎる行動」から見える孤立と、もっと悪質な「ご友人」の存在

昭恵 なんj

net お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明 48 が15日、MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、安倍晋三首相が投稿した星野源(39)の曲「うちで踊ろう」とのコラボ動画を皮肉った。 「うちうちで踊らされている、っていうメッセージなんじゃないだろうか?」とあえて深読み。 女優やミュージシャン、お笑い芸人らが楽しそうに参加する投稿動画と比べると、首相バージョンは「あの人だけ何か1人だけ違うんですよ。 やらされている感が凄くて」と印象を語った。 さらに「誰なんでしょうね?自民党の、その安倍さんを動かしている人って。 可哀そうに最近思えてきて」と共演者らに質問。 司会の坂上忍 52 が「あれを撮っているのは奥様 昭恵夫人 かもしれないって噂だよ」と答えると、小木は「奥さんは出掛けているんじゃないですか?」と嫌味たっぷりに反論。 首相が外出自粛を要請する立場から、坂上が「奥さんも出掛けちゃダメだよ」と念を押すと、小木は「それでも 昭恵夫人は 出掛ける人だから!」と指摘。 知人らと桜の下で記念写真を撮影し、3月27日の衆院予算員会でも問題視された昭恵夫人をネタにして笑いを誘った。 net アッキーの周囲っていつもヤバそうな連中がおるけどマジでなんなん? 参拝に同行したのは、医師の松久正氏が主催するツアーの一行。 〈神ドクター降臨 in Oita〉と銘打たれたツアーを主催する松久氏は、慶応大学医学部出身で「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、鎌倉市内で診療所を経営しながら、講演やYouTubeでも活動している人物だ。 松久氏の「診療方針」について、公式サイトではこう説明している。 〈ドクタードルフィンの超高次元医学(診療)では、薬や手術というものを一切使いません。 患者自身で問題(人生も身体も)を修復する能力を最大限に発揮させます〉 新型コロナウイルスについても、フェイスブックでこう述べている。 yahoo.

次の

安倍昭恵

昭恵 なんj

3月下旬の都内某所、ライトアップされた桜をバックに肩を寄せ合う13人。 その中心に写っているのが昭恵夫人だ。 写真を見た、参加者の知人はこう話す。 「この日の参加者は、昭恵さんと以前から交流があった人が中心だそうです。 写真で昭恵夫人の隣にいるのは人気モデルの藤井リナさん。 藤井さんは2014年にYouTubeで昭恵さんと対談するなど、もともと交友があったようです。 他にもアイドルグループ・NEWSの手越祐也さんや音楽プロデューサーなど芸能関係者の姿もありました」 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子・東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請する中、この写真を世論はどう受け止めるだろうか。 週刊ポスト3月30日(月)発売号では、昭恵夫人および参加した芸能人らへの取材結果などを含めて詳報する。 カテゴリー• 4,489• 3,281• 683• 362• 139• 354• 700• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• blog49. fc2.... アーカイブ• 313• 789• 561• 726• 651• 539• 380• 388• 188• 136• 103•

次の

【悲報】アベノマスク、やっぱり利権だった…生産企業の関連組織の麻生太郎と安倍昭恵の名前 ※画像

昭恵 なんj

学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、担当していた財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さんが佐川宣寿元国税局長の指示で決裁文書の改ざんを強要され自殺に追い込まれたとして、赤木さんの妻がきのう18日(2020年3月)、佐川氏と国に約1億1000万円の損害賠償を求めて大阪地裁に訴え出た。 「うそにうそを塗り重ね」「最後は下部がしっぽを切られる」という本人手書きの手記も公表された。 森友学園は大阪府豊中市に小学校を建設しようとして、2016年に国有地を8億円余りの値引きを受けたが、安倍晋三首相の昭恵夫人を一時名誉校長とし、学校名も「安倍晋三記念小学校」としたこともある。 安倍首相は国会答弁で「私や妻が関わっていたら総理大臣を辞める」と発言し、当時財務省理財局長だった佐川氏は「記録は廃棄した」と逃げ、国会の証人喚問でも刑事訴追の恐れを理由に何も語らなかった。 遺書には「これが財務官僚王国」「手がふるえる。 恐い」 赤木さんは近畿財務局で文書の改ざんを指示され、泣いて抵抗しながらもその作業に当たらされていた。 手記には「元はすべて佐川理財局長の指示です」「これが財務官僚王国」「手がふるえる。 恐い」とあった。 司会の加藤浩次「財務省(幹部)は下が勝手にやったんだよ、オレは指示してないよと言っているけど、今回の手記だとやっぱり本省からちゃんと指示があったということですね」 赤木さんの妻は「改ざんを誰がなんのためにやったのか、国有地の売却はどう行われたのかの真実を知りたいと提訴した」(代理人弁護士)という。 この問題を追い続けてきた元NHK報道部司法キャップの相澤冬樹・大阪日日新聞記者は「文書から昭恵夫人の名がすべて消えた。 やばいと思い改ざんしたのだろう。 赤木さんは汚れ仕事をやらされ、追い込まれた」と話す。 モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「最後は末端でパソコンを叩いた人のしっぽ切りだ」 坂口孝則(経営コンサルタント)「国民が恐ろしさを感じるのは、末端の人が働かすだけ働かされ、組織は守ってくれないことに自分自身を重ねるからだ」 下川美奈(日本テレビ社会部解説委員)「裁判で問題の経緯が明らかになる期待がある。 佐川元局長は民事裁判の場で反論や主張するといい」 加藤「(関係者)すべての人が証人として出てほしい」 佐川氏はもちろん、昭恵夫人も絶対に必要だ。

次の