長所 短所 高校生。 高校生

長所と短所を見つけるには?面接で評価される答え方や例文をご紹介

長所 短所 高校生

面接とは?面接試験と「長所・短所」 面接試験において長所・短所を聞かれることがあります。 ここでいう面接とは、(1)就職試験や採用試験の時に行なわれる面接試験と(2)大学や高校の入学試験で行なわれる面接試験のことをさします。 特に(1)の採用試験(求人による就職試験)においては、ほぼ100%、何らかの面接が行なわれます。 履歴書や職務経歴書といった書類上だけではわからない「その人の人物、人となりや人柄の一面」を見るためのものです。 社員、アルバイト、パートなどいずれの職種でも行なわれ、合否を決める際に重要な役割を担います。 一般企業のみならず、官公庁・市役所などの採用試験(公務員)においても実施されます。 また、高校入試、大学入試においても一部の高校や大学の推薦入試などで面接試験が実施されるケースが多くなってきています。 【長所・短所 答える際には慎重に。 】 面接試験で長所、短所を聞かれる場合には、単に「あなたの良いところ、優れているところ」および「あなたの欠点や不足していることころ」を尋ねられているのではなく、あなたが客観的な立場から自己分析した上でのコメントも求められています。 但し、あくまでも自分を売り込む上で述べる長所短所ですので、長所が自慢や得意話になったり、短所があまりにもマイナスイメージの強いものでは、採用や合格への障害となることもあるかもしれません。 自己分析は必要ですが、表現のしかたには注意が必要です。 ・「明るい性格」という長所は最も多くの人に使われやすい長所です。 ライバルたちも使っているはず…もう一歩すすんだ表現を心掛けるともっと良くなります。 [公務員の面接] ・市役所をはじめとした公務員試験の面接では、事前に面接での質問を想定した「面接カード」というものが配られて、それに記入した内容について質問されることが多いようです。 面接カードに記入する項目や内容は自治体や官公庁によってまちまちですが、中には「長所・短所」を記入させる自治体もあるようです。 よく外資系企業の場合には、日系企業とは異なり、控えめであったり謙虚な態度で臨むよりも自分を積極的にアピールすることが必要と言われますね。 その際に長所短所を聞かれることがあるかどうかは別として、うわべだけのアピールよりも自己分析をしっかりとした上で自分の考えを述べるように心掛けて下さい。 手持ちのスキル・経験・ネットワークの披露だけでなく、自己プレゼンの能力も評価の対象となります。 ・「明るい性格」という長所は最も多くの人に使われやすい長所です。 ライバルたちも使っているはず…もう一歩すすんだ表現を心掛けるともっと良くなります。 [いわゆるお受験の面接] (例えば幼稚園から、小学校からの一貫教育のところなど) ・幼稚園や小学校の面接では、子供さんだけでなく両親(保護者)も一緒に面接を受けることがあります。 大抵の場合には事前に調査票、面接シート、面接資料といったものが受験票と一緒に送られてきます。 面接当日答える内容と一致するように(辻褄が合うように)控えやコピーをとっておくと安心です。 長所、短所のポイント 1.印象に残る表現を心掛ける 良いと思う点を単語として羅列するだけではダメです。 特にグループ面接や一時面接であれば、なるべく面接官の印象に残るようにしたいものです。 許される時間の範囲で、「文章での表現」を心掛けたいものです。 例えばごく短い回答の例を挙げますと、 「明るい性格です。 計画性があります」というよりも、 「何か行動をするまえには必ずきちんと計画を立てます。 明るい性格ですので、男女を問わず、誰とでもすぐに仲良しになります。 」と言った方がよいでしょう。 2.嘘はダメ。 すぐにバレます。 自分を売り込むあまり、自分に無い長所を述べるのは考えものです。 何人もの応募者と面接している面接官には見抜かれてしまいます。 本来の自分とは異なる性格をアピールしないようにしてください。 3.短所を述べる時には特に注意を払う 上の項でも述べましたが、短所を言葉で表わすときには、表現に注意が必要です。 同じ内容を伝えるとしても、できるだけマイナス表現のままで伝えないようにしたいものです。 4.長くなり過ぎないように 面接官から、「あなたの長所短所を簡単に説明してください」「長所と短所を3分以内で説明してください」などと全体の長さについて指定があった場合にはそれを守るようにします。 だらだらと長くなり過ぎないように注意しましょう。 実際の面接シーンでは思った以上に緊張してしまい、その場で自分の性格を分析するのは結構難しいものです。 あらかじめだいたいの内容を頭に入れておくと良いでしょう。 就職・就活・転職での長所短所の回答例 文例1 私は工夫したりアイディアを考えるのが好きです。 何かを創る時でも普通 のものでは物足りなくてひとひねり加えたり、新しいプランを考えたりするのが得意です。 意外とウケが良くてイベントをする時や結婚式の二次会では決まって幹事を頼まれます。 また、先のことをいろいろと予測する能力や、それに備える計画性も持っていると思います。 短所というか直したい点なのですが、あらゆる場面で先の事を予想するのが癖になってしまい、相手の発言の合間につい結論を口に出してしまうことが時々あります。 もちろん先回りして結論を推測するのは良い面も多いのですが、意識して、気をつけたいと思っているところです。 例文2 私の長所は、明るくて誰とでもすぐに親しくなれるところです。 年齢性別 を問わず、旅先であっても初対面の相手と物おじせずに仲良くなることができます。 特に旅行は大好きで、行きたいと思ったら時間をやりくりして海外でもパッと出かける行動力も計画性もあります。 しかし同時にこれが私の短所でもあります。 旅行先では言葉が伝わらなくても笑顔とボディーランゲージでどんどん行動してしまうのですが、これからは大胆さだけでなく慎重さを身につけたいと思っています。 例文3 私の長所は、相手の立場に立って物事を考えることができる点と、誰とでもすぐに打ち解けて親しくなれる点です。 前職では営業の仕事をしており、顧客から多大な信頼を得ていました。 逆に、相手の立場を自分に置き換えて考えてしまうために自分が納得しないことはなかなか心から相手にすすめることができない性分です。 バカ正直で嘘がつけないところが短所といえるかもしれません。 高校入試、大学入試(大学受験)での長所短所の回答例 例文4 ・ありきたりかもしれませんが、長所は明るく積極的で誰とでもすぐに仲良くなれる点です。 弟や妹が多いせいか責任感が強く世話好きな面があると自分では思っています。 人が困っているのを見ると放っておけないところがあります。 逆にそれが短所なのかもしれません。 自分のことは二の次にして周りのことを優先してしまうところがあります。 例文5 ・長所としては、私は探究心が旺盛で興味を持った事柄に関しては自分で納得がいくところまで突き進む行動力があります。 逆に短所としては、好きなことや興味を持ったことに一所懸命になりすぎて、他のことがおろそかになってしまうことがたまにあります。 最近はその点に気がついたので、意識して自分の周りを見渡したり、何かをするときには繰り返しチェックをするよう心掛けています。 ・ひとことで「好印象をもたれる条件」といっても難しいものです。 ここはひとつ逆の発想から考えてみることにします。 「相手に悪い印象を与えてしまうような条件をなくす」ことから、正解へとアプローチしてみることにしましょう。 1- 1. 話をするときには、質問者(相手)の目を見て笑顔で答えること。 意見を求められた場合にも笑顔で話すようにします。 言葉や返事はハッキリと述べましょう。 面接では最も必要な部分です。 1- 2. 面接官からの問いかけには、目を見て笑顔で返事をする、うなずく、声に出して同意するなど、積極的に聞く姿勢を示すようにします。 但し、わざとらしくならないように注意して下さい。

次の

【就活生向け】長所・短所の効果的な伝え方とは!?面接で必ず聞かれる長所・短所の伝え方を徹底解説します!

長所 短所 高校生

エントリーシート(ES)や履歴書などで見かける「長所」「短所」「自己PR」の記入欄。 長所・短所とは?企業が聞く意図は? 長所や短所は、 その人の能力や性格、価値観を基に、これまでの行動パターンに共通したその人ならではの行動や思考の特徴のことを指します。 企業は、エントリーシートに書かれた長所や短所を通じて、学生の特徴を知りたいと考えています。 なぜなら、 どんな特徴を持った人かを知ることで、入社後にどんな状況でどんな特徴を発揮できる人物かを判断するからです。 そして、前提としてお伝えしたいのは、長所・短所は表裏一体だということ。 ある状況でプラスに働いた特徴が、別の状況ではマイナスになってしまう可能性もあります。 その逆もしかりで、「短所は思い浮かぶけど、長所なんてないな…」と悩んでいる場合は、短所を表す言葉をポジティブな言葉で言い換えてみると、それは長所になったりするのです。 では、実際にどんな長所や短所を書いたらよいのか、具体例を交えながら、考えるときのポイントを紹介します。 エントリーシートに書く長所・短所の考え方 自分の特徴を書き出してみる 長所・短所を考えるときは、「好奇心旺盛」「慎重」「最後までやりきる力がある」などのように、まずは自分の特徴をいくつか書き出してみましょう。 特徴を表現する言葉が思いつかない人は、「リクナビ診断」などの自己分析ツールを活用したり、以下の仕事に求められる特徴の一覧も参考にしたりして考えてみるとよいでしょう。 (長所) 私は、自分が決めたことをやり遂げるために主体性を持って動くことができます。 学生時代に大会出場を目標にダンスサークルを立ち上げ、ほとんどが未経験者のメンバーだったところ大会出場を果たしました。 実現のために、メンバー一人ひとりと地道に意見を交わして意識の統一を図り、その結果4年間誰も辞めることなく全員で出場することができました。 「長所」と「自己PR」の違いは?書くときに気をつけることは? 「長所」と「自己PR」両方の記入欄があるエントリーシートの場合は、別の欄が設けられている以上、重複がないように書き分けた方がよいでしょう。 書き分ける際には「長所」欄に特徴を、「自己PR」欄には、特徴にまつわるエピソードを記載するように意識してみて下さい。 例2:.

次の

高校生

長所 短所 高校生

エントリーシート(ES)や履歴書などで見かける「長所」「短所」「自己PR」の記入欄。 長所・短所とは?企業が聞く意図は? 長所や短所は、 その人の能力や性格、価値観を基に、これまでの行動パターンに共通したその人ならではの行動や思考の特徴のことを指します。 企業は、エントリーシートに書かれた長所や短所を通じて、学生の特徴を知りたいと考えています。 なぜなら、 どんな特徴を持った人かを知ることで、入社後にどんな状況でどんな特徴を発揮できる人物かを判断するからです。 そして、前提としてお伝えしたいのは、長所・短所は表裏一体だということ。 ある状況でプラスに働いた特徴が、別の状況ではマイナスになってしまう可能性もあります。 その逆もしかりで、「短所は思い浮かぶけど、長所なんてないな…」と悩んでいる場合は、短所を表す言葉をポジティブな言葉で言い換えてみると、それは長所になったりするのです。 では、実際にどんな長所や短所を書いたらよいのか、具体例を交えながら、考えるときのポイントを紹介します。 エントリーシートに書く長所・短所の考え方 自分の特徴を書き出してみる 長所・短所を考えるときは、「好奇心旺盛」「慎重」「最後までやりきる力がある」などのように、まずは自分の特徴をいくつか書き出してみましょう。 特徴を表現する言葉が思いつかない人は、「リクナビ診断」などの自己分析ツールを活用したり、以下の仕事に求められる特徴の一覧も参考にしたりして考えてみるとよいでしょう。 (長所) 私は、自分が決めたことをやり遂げるために主体性を持って動くことができます。 学生時代に大会出場を目標にダンスサークルを立ち上げ、ほとんどが未経験者のメンバーだったところ大会出場を果たしました。 実現のために、メンバー一人ひとりと地道に意見を交わして意識の統一を図り、その結果4年間誰も辞めることなく全員で出場することができました。 「長所」と「自己PR」の違いは?書くときに気をつけることは? 「長所」と「自己PR」両方の記入欄があるエントリーシートの場合は、別の欄が設けられている以上、重複がないように書き分けた方がよいでしょう。 書き分ける際には「長所」欄に特徴を、「自己PR」欄には、特徴にまつわるエピソードを記載するように意識してみて下さい。 例2:.

次の