筋肉 は 全て を 解決 し て くれる。 【人脈より筋肉】愛すべきマッチョ達が教える筋肉のココが素晴らしい!9選

筋肉はすべてを解決する

筋肉 は 全て を 解決 し て くれる

筋トレ系自己啓発書の最高峰である本書は13万部を突破するベストセラー。 筆者は全ての人にこう問いかけます。 「なぜ君は筋トレをしていないのか?」と。 今現在筋トレをしていない人、もちろん筋トレをしている人にも騙されたと思って読んでほしい一冊です。 自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味... などなど。 科学的に見てもこれは本当なのです。 Twitterフォロワー95万人越えのマッチョ社長と、現役のスポーツ科学者がタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューションである」ということが最新の科学的エビデンスを用いて実証されています。 などなど「筋トレが最強のソリューションである」数々のエビデンスが紹介されています。 忘れていた筋トレの大切さを 筋トレソリューションに出会ったのはだいぶ昔になります。 でもこの1年ほど、私は仕事で心身ともに疲弊しており、ジムに行く暇もなく家でダウンしてました。 行かないならジムを解約しないとお金がもったいないのに、でも体を動かすことは大事だとわかっていたので、解約ではなく本当はジムに行くべきだと、その葛藤でまたストレスになるという悪循環でした。 そんな時、買っていなかった新刊が半額だったこともあり、すぐこの本を購入しました。 読み始めると、昔と変わらない相変わらずの筋肉宗教。 面白く、ひたすらに筋トレを推奨し、筋トレを信じさせてくれる。 家で倒れているのではなくて、体を動かせばいいんだと、筋トレが大半の問題を解決してくれると、力強い言葉で奮い立たせてくれました。 私は半分も読み終えずにすぐに体を起こすと、1年ぶりにジムに行きました。 ジムでトレーナーと久々に来たという会話をして、入れ替わっていた最新機器で鈍った体を動かして。 心拍数が向上して、汗をかくだけで、闘争心や気持ちが高まるのがよく分かります。 単に体力が落ちていただけなんだと、浴場で体を洗いながら素直に思いました。 気持ちが落ち込んでも、体力が落ちてなければどうにかなる。 体力ないと本当にどうしようもない。 「筋トレが世の中の問題のほとんどを解決してくれる」その言葉をもう一度信じて、これからを生きたいと思います。 一般人には筋肉信仰はほどほどで十分です 分量的にはとてもあっさりしたもので、言ってみれば読み物としては物足りない。 でもまあ、この本の真価はひとえに、読んだ後筋トレしたくなるかどうかにかかっている。 したくならない人には価値は低いし、したくなる人には価値は高い。 いわゆるボディビルダーのようなレベルは筋肉が目的でもあるだろうが、手段としての話で、筋トレあるいは一定以上の筋肉を備えているということが人生においていかに有用なのかを教えてくれる。 例えば、勉強ができることで人生や生活がどう豊かになるかは説明が難しくても、筋肉をつけることで生活のどんなことが良くなるかは説明がしやすいように思える。 誰でもすぐできて効果が目にも数字にも見える。 外見だけでなく内面、自らの自身にもつながる筋トレ。 その価値はきっと、私たちが想像できるよりももっと高いのかもしれない。

次の

おすすめ筋肉アクション映画 11選【筋肉があれば全て解決!】

筋肉 は 全て を 解決 し て くれる

去年の夏休み、静岡の白浜での一枚。 ムキッドヤ こんにちは、モリショー( です。 みなさん筋トレしてますか!! 僕の記事を読んでくださって、筋トレを始めたよーって方どれくらいいらっしゃいますか?! 多分全然いないですよね(笑) でもそれでいいんです。 僕は筋トレの魅力を伝えたいから伝えているだけであって、無理やり始めさそうとしてるわけではありません。 そりゃ始めてくれたら嬉しいですけど! だから僕はただひたすら勝手に筋トレの魅力を語り続けます。 今日はふざけたタイトルですが、 筋トレで全ての悩みは解決できる。 これはほんまです。 いや、冗談は顔だけにしとけ、って言われてもマジなんです。 ちなみに僕の悩みはすぐに汗をかいてよく喉が乾くことと、いびきがバカみたいにうるさいことくらいしかないです(笑) なぜ 筋トレが全ての悩みを解決できるのか 大きく2つの理由が考えられます。 筋肉がつくすなわち心身ともにデカくなる=小さなことを気にしなくなる 筋トレをして身体が大きくなってくると、身体に伴い心もデカくなります。 小さいことを気にしなくなるのです。 自分に自信があるので、心に余裕が生まれるんですね〜 身体がかっこよくなるので、街を歩いても「俺ほどいい身体をしたやつなんかいないッッ!」と 肩で風を切って堂々と胸を張って歩けます。 また、腹の立つ上司や先生がいても、「 こんなやつその気になれば…」という余裕が生まれます。 その結果、寛大な大人の対応を取ることができるようになります。 あと、 モテます。 女性にも男にも(笑) しかし、僕はモテている訳ではありません。 これはただ、 自分に自信があるから女性に積極的になれて、数打ちゃ当たる戦法を取ることができ、その結果当たる確率が高まったからモテると錯覚しているのです。 フラれても俺にはダンベルがついている。 俺は一人じゃない。 そう思えるのでガンガンいこうぜ戦法でアタックしまくれます。 ただ親族にはキモがられます。 そして必ず聞かれるのは、「あんた、何目指してるん?」 そう聞かれたら僕はこう答えます。 「逆になんで筋トレしないの?そのお腹、かっこ悪いよ。 筋トレをするとテストステロンが分泌されて、さらにドーパミンの分泌を促します。 ドーパミンは脳にやる気や意欲を出すように指示する物質だそうです。

次の

全て筋肉が解決してくれる

筋肉 は 全て を 解決 し て くれる

筋トレ系自己啓発書の最高峰である本書は13万部を突破するベストセラー。 筆者は全ての人にこう問いかけます。 「なぜ君は筋トレをしていないのか?」と。 今現在筋トレをしていない人、もちろん筋トレをしている人にも騙されたと思って読んでほしい一冊です。 自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味... などなど。 科学的に見てもこれは本当なのです。 Twitterフォロワー95万人越えのマッチョ社長と、現役のスポーツ科学者がタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューションである」ということが最新の科学的エビデンスを用いて実証されています。 などなど「筋トレが最強のソリューションである」数々のエビデンスが紹介されています。 忘れていた筋トレの大切さを 筋トレソリューションに出会ったのはだいぶ昔になります。 でもこの1年ほど、私は仕事で心身ともに疲弊しており、ジムに行く暇もなく家でダウンしてました。 行かないならジムを解約しないとお金がもったいないのに、でも体を動かすことは大事だとわかっていたので、解約ではなく本当はジムに行くべきだと、その葛藤でまたストレスになるという悪循環でした。 そんな時、買っていなかった新刊が半額だったこともあり、すぐこの本を購入しました。 読み始めると、昔と変わらない相変わらずの筋肉宗教。 面白く、ひたすらに筋トレを推奨し、筋トレを信じさせてくれる。 家で倒れているのではなくて、体を動かせばいいんだと、筋トレが大半の問題を解決してくれると、力強い言葉で奮い立たせてくれました。 私は半分も読み終えずにすぐに体を起こすと、1年ぶりにジムに行きました。 ジムでトレーナーと久々に来たという会話をして、入れ替わっていた最新機器で鈍った体を動かして。 心拍数が向上して、汗をかくだけで、闘争心や気持ちが高まるのがよく分かります。 単に体力が落ちていただけなんだと、浴場で体を洗いながら素直に思いました。 気持ちが落ち込んでも、体力が落ちてなければどうにかなる。 体力ないと本当にどうしようもない。 「筋トレが世の中の問題のほとんどを解決してくれる」その言葉をもう一度信じて、これからを生きたいと思います。 一般人には筋肉信仰はほどほどで十分です 分量的にはとてもあっさりしたもので、言ってみれば読み物としては物足りない。 でもまあ、この本の真価はひとえに、読んだ後筋トレしたくなるかどうかにかかっている。 したくならない人には価値は低いし、したくなる人には価値は高い。 いわゆるボディビルダーのようなレベルは筋肉が目的でもあるだろうが、手段としての話で、筋トレあるいは一定以上の筋肉を備えているということが人生においていかに有用なのかを教えてくれる。 例えば、勉強ができることで人生や生活がどう豊かになるかは説明が難しくても、筋肉をつけることで生活のどんなことが良くなるかは説明がしやすいように思える。 誰でもすぐできて効果が目にも数字にも見える。 外見だけでなく内面、自らの自身にもつながる筋トレ。 その価値はきっと、私たちが想像できるよりももっと高いのかもしれない。

次の