鼻うがい 人気。 鼻うがいの簡単なやり方とコツ|安全かつ手軽に鼻洗浄する方法

鼻うがいおすすめ人気ランキング12選!正しい使い方も併せて紹介

鼻うがい 人気

通常、呼吸は鼻で行なうため、ノドの痛みや鼻炎をおこす異物(細菌・ウイルス・花粉・ホコリなど)は、主に鼻から入ってきます。 そのため、「うがい」よりは「鼻うがい」のほうが効果的と言いたいところなのですが・・・ 鼻うがいは危険なリスクが… 「鼻うがい」といえば、鼻中を潤す効果と、かんでも出し切れない鼻水やネバネバの鼻水を洗浄する効果があり、 細菌・ウイルス予防や花粉症などの対策、蓄膿症(副鼻腔炎)や後鼻漏、上咽頭炎の対策として注目されてきました。 しかしながらその一方で、鼻うがいは下手にやり方を間違えると 中耳炎の原因になりやすいことや、むやみやたらにすると 鼻粘膜の機能を失ってしまう可能性があるとのことで、より慎重な方法や対策が求められるようになってきています。 鼻うがいで鼻を改善しようとしているのに、逆に悪化したり、中耳炎になるなんて絶対にイヤですよね~ 2014年3月12日放送の『ホンマでっか!?TV』でも、鼻水評論家といわれている医師が「鼻うがいをし過ぎると逆に悪化することがある」と説明しています。 鼻うがいで、逆に悪化... これはどういうことかといいますと、粘膜にはもともと【抗体:IgA】という免疫成分があり粘膜を守っています。 しかし、鼻うがいをし過ぎると、この抗体も一緒に洗い流してしまいます。 その結果、 外的要因から守る粘膜機能が低下する危険性がでてくるのです。 上記の理由から ここでは鼻うがいより 安全で簡単な、生理食塩水を微粒化して吸入する「家庭用医療機器」を紹介します。 しかも、これなら 鼻うがいやうがいでも届かないさらに奥 (気管の手前) までケアできる のでメリットは大きいです。 試して頂くと納得できると思いますよ。 もちろん「通常のうがい」との併用はおすすめです! 鼻うがいと医療機器との違い 鼻うがい 粘膜を潤すと同時に洗い流せる。 水分がダイレクトに当たりすぎると粘膜機能の低下をまねくことがある。 中耳炎のリスクも有る。 医療機器 程よく粘膜を潤すことで自然排出。 程よく潤すことで粘膜の線毛(せんもう=微細な毛)機能を活発化して異物を排出。 うがいや鼻うがいで届かない粘膜も潤せる。 程よく潤すことの大切さ 外気やエアコン等で、粘膜にある線毛が乾燥したり、加齢によって機能低下を起こしたりしている場合は、排出が困難になります。 粘膜の線毛が活発化すれば、異物の排出が促されます。 この方法が良いといわれる根拠 重要なことは粘膜機能の正常化をめざすことです。 生理食塩水や微粒化したミスト(エアロゾル)が、この粘膜線毛機能の正常化に関わっている根拠を記述しておきますので参考にして下さい。 慢性副鼻腔炎(=蓄膿症)に対する生理的食塩水エアロゾルの効果が発表されていますが、粘膜レベルでの研究成果ですので、鼻粘膜だけに留まらずノド粘膜に関しても同じ作用が期待できます。 鼻の局所温熱療法は、薬剤を全く使用せず、水を43度に加熱し、細かいミストとして鼻に吸入するとてもシンプルな方法です。 改善には個人差はありますが、 副作用の報告も無く、安全且つ有用性の高い療法といわれています。 潤すことによる排膿が化膿した部分(炎症箇所)の改善に重要的に働きかけるという点から、「 鼻中の粘膜にも適用できるのでは・・・」として注目されています。 実際に、耳鼻咽喉科の医師らも湿潤療法に関心を寄せはじめているようで、『新しい創傷治療』の管理者、夏井先生も耳鼻咽喉科の研究会などで講演されています。 鼻やノドの粘膜との関連が大きい花粉症(アレルギー性鼻炎)。 ここでは「鼻スチーム療法」という療法名で記載があり、データでは「効果あり」と回答した人が46%となっていて、おおよそ 2人に1人は効果を感じているとの結果が出ており、有効性が高めであることがわかります。 鼻うがいが苦手人や、お子様にはとくに便利 ミクロの霧で『鼻うがい』や『うがい』よりさらに奥まで届き、しかも唯一 生理食塩水が使える機器ですが… 生産終了の旧型以外にも、最新型と見た目が全く同じ「生産中止の旧型」があるので入手時は注意。 管理医療機器の販売には、薬機法(旧薬事法)に基づく許可・届出が必要です。 管理医療機器販売業に関わる表記に要注意。 人気商品となるとコピー商品などの心配が出てきますが、正規品のみです。

次の

鼻うがいの危険性と、安全な蓄膿症・後鼻漏のケア方法

鼻うがい 人気

今年も「花粉症」のシーズンがやってきました。 鼻水や鼻づまりをおさえるには、どんな対策が有効なのか。 聖路加国際病院の石川陽平医師は、「薬を飲む以外では『鼻うがい』がお勧めです。 市販品を買わなくても、水と塩があれば、自宅で簡単に行えます」といいます。 「健康を促す行動」「病気を予防する行動」とは はじめまして。 聖路加国際病院の石川陽平と申します。 救急医として日々臨床や研究に従事していますが、臨床で出会う疾患のもとをたどると、患者さんの行動や生活習慣、社会環境などが原因になっていることに気付きます。 そこで「健康を促す行動」「病気を予防する行動」を促進しようと、医師によるオンライン医療相談サービス「first call」の企画・運営にも従事しています。 「first call」には、普段病院に来る患者さんからはあまり相談されることのない、日常でのちょっとしたからだの悩みや疑問が多く寄せられています。 この連載では、その中から多くの皆さんが同様に悩んでいるだろうものをピックアップして、医学的なエビデンスをもとに解説しながら、日常的にできる対策をご提案していきたいと思います。 第1回は、今年もつらい時期がやってきた「花粉症」についてです。 8%)にも上るとされています。 さらに、昭和58~62年に実施した調査と比較すると、スギ花粉症の患者数は約5倍にもなっています。 また、以前は、花粉症は成人になってからかかる病気として認識されていましたが、最近では小児期からも症状が出現することも多くなってきました。

次の

鼻うがいの危険性と、安全な蓄膿症・後鼻漏のケア方法

鼻うがい 人気

コレ、いいですよ。 鼻うがいといえば、小林製薬の「ハナノア」や「ハナクリーン」が有名ですが、 ハナノアは安いけど小さすぎて微妙らしく、 ハナクリーンはしっかりしているけど値段が高い(2500円くらいする)ということで、イマイチどれを買おうか悩んでいたんですよねぇ…。 で、いろいろと調べているうちに、 で絶賛されていた「WaterPulse」という名前の鼻うがいボトルに惹かれ、購入しました。 参考リンク: アマゾンでもレビューが200件ほどあり、いい感じだったので、買ってみました。 こういった器具は、通称「ネティポット」などとも言うみたいですね。 結論から言うと、 たしかに、 初心者でもかなりラクチン&快適に鼻うがいをすることができましたぞ。 というわけで、この記事では、 開封レビューや使い心地・快適に鼻うがいするための生理食塩水の作り方のコツなどをシェアしますね。 もくじ• 鼻うがいの定番ハナクリーンよりも安く、ハナノアよりも容量たっぷりなWaterPulseの魅力 アマゾンから届きました。 説明書とともに、きちんとビニールで密封された本体&ノズル2種類。 ノズルは、穴が大きいシンプルなタイプ(大人用)と、小さな穴が4つ空いていて、水流が穏やかなタイプ(子供用)の2種類が付属してきます。 作り自体は、正直、割と安っぽい感じですかね…汗w 中国のブランドですが、ですし、FDA(アメリカの厚生省的なお役所)の基準にも適応済みなので、安全面・衛生面では問題ないかと。 参考: 食洗機での洗浄にも対応しているらしいです。 ボタン一つ押すだけで初心者でもカンタンに鼻洗浄! WaterPulseの最大の特徴は、「 水の出しやすさ」ですな。 ハナノアやハナクリーンのように、本体ボトルを指でギュッと押さなくていいんです。 これがかなり便利。 WaterPulseには、ご覧のように、ボトルの底面に押しボタンが付いています。 このボタン部分が特許を取得しているらしいです。 このボタンをポチッと押すだけで、ピューっと水が絶妙な水圧で出てくれます。 ボタンを押すのをやめると、水も止まります。 この部分の機構はよくできてますね〜。 ボトル容量300mlなので、余裕を持って鼻うがいができる ボトルの容量もたっぷり300ml。 ハナノアは50ml、ハナクリーンは150mlですので、このWaterPulseなら、一度でたっぷりと心ゆくまで鼻洗浄できるのがよいです。 まぁでも、軽く鼻うがいするだけなら、容器の半分の150ml〜200mlくらいでも十分かもですね。 300mlきっちり満杯に入れると、ぼくの場合、いつもちょっと余ります。 ぬるま湯の生理食塩水を作ればコストパフォーマンス抜群! さて、鼻うがいをするときに悩むのが、「鼻洗浄に使う水」ですよね。 結論から言うと、 専用のパウダーや液体を使わなくても、「ぬるま湯+塩少々」で全然快適!問題なし! ですね。 引用元: なので、基本的には、専用のパウダーを買わなくても、自分で水と食塩で作ればOKかと。 ミントのスースー感が欲しい鼻セレブは、サーレSを買うのもありでしょうけどね…。 ぬるま湯に塩をほんの少し加えて、生理食塩水を作れば、全然痛くないですよ。 濃度0. 9%の生理食塩水の作り方:小さじ半分強の塩で作れる ぬるま湯300mlに対して、塩はスプーンにちょこっとくらいでOK。 小さじ一杯でも多いくらいですね。 上記の写真の半分、指で2掴みくらいで十分。 生理食塩水の正確な数値は「濃度0. 9%」とのことですので、 水100mlに対して、塩は0. 300mlなら2. 7gですな。 スプーンの小さじはおおよそ5gですので、 小さじの半分よりちょい多めくらいが目安ですね。 基本的な大さじ一杯は15g、小さじは一杯は5gです。 ただし、計量するものによっては若干前後します。 引用元: WaterPulseのいいところは、ボトルに水と塩を入れて蓋を閉めたら、上下に振っても背面ボタンを押さない限り、水が漏れないので、カンタンに塩を混ぜることができるというポイントです。 なので、塩をチョビチョビ入れて、ほどよい塩加減(鼻水くらいの塩加減w)に調節しましょう。 慣れれば感覚的に、ササッと適度な濃度の生理食塩水ができますぞ。 WaterPulseのデメリットはある? 最後に、「なにかデメリットはないの?」という点についても、お話しておきましょう。 う〜ん…。 そうだな…。 値段がちょい高い?• かさばるので携帯には不向き ということでしょうかね。 値段に関しては、ハナクリーン(2500円程)よりは安いけど、ハナノア(800円程)より高いという感じ。 まぁ、とはいえWaterPulse本体は1200円くらいですので、一度買ってしまえば、あとは自分で食塩水を作ればほぼタダで使えるので、コスパはよい部類かと思います。 なによりも、気持ちがいいし、ずっと気になっていた「謎の鼻の奥の異臭」から解放されたので、すでに十分元は取れたと満足しております。 ボトルのデカさについては、これはしょうがないですね。 どうしても出先でも鼻うがいしたい人は、ハナノアの容器を別で購入しましょう。 まぁでも、基本的に鼻うがいは、朝や寝る前のタイミングでやればいいと思いますので、家に置いておく分にはそこまで邪魔にはならないかと。 まとめ:初心者でも手軽に鼻洗浄できるのでとってもおすすめ! はい、というわけで、今回は、 鼻うがい用の器具、WaterPulseを買って使ってみた! という記事でした。 ネットのウワサ通りに、かなり快適な商品でした。 鼻うがい・ネティポット初心者でも全く問題なく使えたので、風邪の予防やウイルス・黄砂対策・日々の健康維持に、ぜひぜひおすすめのアイテムでございます! あなたも今すぐ、WaterPulseで鼻うがいデビューしてみましょう! ブログ管理人プロフィール 記事を最後までお読みいただきありがとうございます。 ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない... 慢性的にだるい.. 仕事もプライベートもパッとしない... 自分なりに頑張ってはいるんだけど... なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、 『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。 元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。 しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。 割とカンタンに人生を好転させられる方法は で紹介しています。 2分くらいで読めます。 おすすめ! カテゴリー• 159• 133• 17 アーカイブ• 106•

次の