マクドナルド 転職。 長 敦子氏 ( 日本マクドナルド株式会社)インタビュー【ISSコンサルティング】

日本マクドナルド株式会社(McDonald's Company (Japan), Ltd.)の転職・求人情報【ISSコンサルティング】

マクドナルド 転職

その場その場でどうベストを尽くすのか マクドナルドに入社するまでの経緯を教えてください。 アメリカの大学院でコーポレートコミュニケーションを研究し、その後KPMG Los Angelesに入社。 日系クライアント部門で、ビジネスプロセスリエンジニアリング、業務パッケージ、CRMなど、さまざまなプロジェクトを担当しました。 タフな6年間でしたが、カルフォルニアで町全体がシムシティのようにでき上がっていく頃で、ビジネスがダイナミックに成長していくことを体感し、その中でキャリアの基盤を築けたことは大きかったと思います。 また、誰に対しても態度を大きく変えることなくコミュニケーションを率直に取るという私なりのスタイルを確立できたのはないかと思います。 そして、2013年4月マクドナルドに入社するまで、人事領域のコンサルテーションを専門としているタワーズ・ペリン(現:ウイリス・タワーズワトソン)の日本法人、ボーダフォン(現:ソフトバンク)、西友で経験してきました。 コンサルティングファーム後の2社は、日本で大規模オペレーション 現場 があり、外資系企業でありながら日系企業らしさがあり、地域に根付いた事業をしている企業という共通点がありますが、それぞれの企業の文化、タイミングなどまったく異なる中で、少しずつキャリアを積み重ねてきました。 実は、現場のオペレーションが素晴らしい会社として、以前からマクドナルドには高い関心を持っていました。 マクドナルドなら、これまで以上に現場に影響力のある人事ができるのではないかと思い、入社を決めました。 これまでの経験を通し、どんなに慎重に選んでも、何が起こるかはわかりませんし、やってみないとわからない。 継続してやってみて乗り越えることで、おかれた場所でどうベストを尽くすのかが一番大事だと思っています。 マクドナルドを愛するオーナー・従業員が多い マクドナルドはどのような会社ですか? まず現在のマクドナルドの状況からお伝えすると、一時期の業績不振から脱出し、業績だけでなくお客様の信頼を取り戻すといった回復を遂げています。 低迷後、私たちはまずお客様の声に耳を傾けるということを実施してきました。 これを改めて現場で徹底し、全店で意識改革に努めことで、お客様に満足いただけるように回復してきました。 そして今後は、顧客体験をより向上させる様々な取り組みにより注力していきます。 お客様により喜んでいただくための試みです。 たとえば、公式アプリのポイントカードサービス、店内のデジタルメニューボード、UberEATSの活用など、お客様ともっとつながるために、私たちはいまデジタルを使ったサービスを次々に立ち上げています。 UberEATSを活用し始め、自社のマックデリバリーの売上も相乗的に伸びるなど、多くの施策で良い効果が出ています。 ゴールデンモーメントとは、お客様が想定外の嬉しいサービスを受けて少し嬉しくなる瞬間のこと。 雨の日の帰り際、商品や荷物や傘で手がふさがっているお客様のためにドアを支えたり、ソフトクリームを落としてしまったお子様にすかさず新たなソフトクリームを無料で提供したりすることで、些細なことでもお客様のニーズに沿ったサービスで少しでも喜んでいただき、ゴールデンモーメントを作ろうと教えているのです。 私たちは、こうした行為の積み重ねがサービスの質を高めると考えています。 また、ファーストフードという業態ですので当然スピードは非常に重要なQSCの一つとなっていますが、フランチャイズオーナーや各地域のコンサルタント、店長は、日々いかに早くお客様に商品をお渡しできるかということにチャレンジしています。 マクドナルドは実は郊外に多くの店舗を持ち、そういった店舗ではドライブスルーのお客様が60%を上回るということも少なくないのですが、オーダータイムやキャッシングタイムなどを細かく検証し、クルーが少しでも速く対応できるオペレーション方法やレイアウトに改善しようとしています。 袋の持ち手を少し短くしたり、ハンバーガーの作り方を少しだけ改良したりして、1秒でも短くしようと日々努力を重ねています。 こうして改善を重ね、クルーのスキルを高めることで、より多くの台数に対応できることを目指していきます。 マクドナルドのドライブスルーでは、お客様が商品受け渡しブースに到着したと同時に、お客様に商品をお渡しする「ハンギング・バック・アウト」が美しいとされています。 そういった状況を求めて、今日も全国の店舗で改善の取り組みを行っています。 なぜなら、店舗では、クルーの採用と育成が常にビジネスに直結した大きな課題だからです。 マクドナルド店舗の70%はフライチャイズ店で、店舗オーナーがその地域でアルバイトを採用し、愛情を持って彼らを育てています。 多くの場合、アルバイトの主力は現時点では学生ですが、今後はより多様な人材にマクドナルドを働く場として選んでいただけるように力を入れていきます。 特に主婦・シニア採用により一層力を入れるため、2017年の春と秋には、マクドナルド全店舗で主婦やシニアなどを対象にした「クルー体験会」を実施しました。 このクルー体験会の満足度は98%。 マクドナルドの高いホスピタリティで、参加者の皆さんに楽しんでいただきたいと実践した結果が、この数字だと考えています。 余談ですが、実は私の母もある店舗でクルー体験をしました。 そうしたら、その店舗のマネージャーの方が、母のために手書きの名刺を作ってくれたのです。 母にも、思わぬゴールデンモーメントがもたらされました。 学生アルバイトはどうしても入学・卒業で入れ替わりますから、店長・オーナーは採用と育成・トレーニングを毎年かなりのエネルギーを注いで行わなくてはなりません。 人の成長なしには、ビジネスの成長がありえない会社なのです。 これが当社のビジネスは「ピープルビジネス」であると考えている所以です。 いろんな仲間の力を引き出していただけたら マクドナルドの社風を教えてください。 一言で言えば、マクドナルドは「民主的な会社」です。 ビジネスでは、小さなお子様から高齢の方まで、どのようなお客様にも楽しんでいただけるサービスを提供しています。 さらに、それだけでなく、組織には多様な従業員を受け入れています。 健全な競争力が働くよう、新人入社・中途入社や経験・スキルの適切なミックスを作るようにしています。 たとえば先日、私がハンバーガー大学の研修を見学していたとき、チームで動くのがあまり得意でない参加者の方がいました。 しかし、インストラクターは、彼にアドバイスや注意をしませんでした。 あとで、私が「なぜですか?」と聞いたら、インストラクターは「それが彼の個性だから、そのままでいいのです」と答えました。 これは、今のマクドナルドを象徴するエピソードだと思います。 2017年の私たちのスローガンは「POWER of ONE~飛躍~」ですし、私たちはいつも、創業者レイ・クロックの言葉「None of Us is As Good As All of Us(私たちのうち誰も、私たち全員に優る者はいない)」を大事にしています。 私たちは、クルー一人ひとりの個性を大切にして、その長所を活かしながら、全体として強いチームを作ろうとしているのです。 その一環として、女性活躍推進にも力を入れています。 現在、店長もマネージャーも女性比率は25%ほど。 今後さらに高めていきたいと考えています。 マクドナルドでは、年齢、学歴、性別、国籍、などの差別のない採用や育成を行い、さまざまな能力を持つ人材が活躍できる体制をつくることに努めています。 その中でも、女性社員が活躍できる場を拡大し、組織の活性化を推進することは、企業が成長する上で重要な施策と考えています。 プロジェクトチームでは、人事本部と連携し、女性リーダーの育成を促進し、女性リーダー職比率50%を目指して社員の意識改革や様々な課題に対し、PDCAサイクルでアクションに取り組んでいます。 米国・カナダ・欧州にオフィスを構え、400社以上の企業が会員となっています。 カタリストは年に一度、女性の昇進を推進する模範的な組織のイニシアチブを「カタリスト・アワード」で表彰しており、その評価は世界的にも信頼性の高いものとされています。 本社に入社する方は、どのような方が活躍できますか? いろんな仲間を巻き込みながら、一人ひとりの力を引き出せることが、不可欠であると思います。 本社のメンバーが、マクドナルドを愛しながら、良い方向に変革を起こそうとすれば、ポジティブに関わってくれるオーナーや店長が必ずいますから、彼らをサポートし、変革を進めていっていただけたらと思います。 また、マクドナルドのブランドが強いからこそ、さまざまなチャレンジが可能ですし、その反響が良くも悪くも大きな会社です。 周囲のメンバーの長所をよく見て、その長所を伸ばしながら、大きなインパクトを出していっていただけたら幸いです。 フランチャイズオーナーの皆さんは、一国一城の主で、一人ひとりが、志と持論を持っています。 彼らとビジネス改善について話しあうたびに、人事面で彼らをサポートするのは、なんとやりがいが大きく、面白い仕事なのだと感じます。 こういったブランドに対する想いに応えるために、マクドナルドをもっと良くしていきたい、変えていきたいと思える方に来ていただけたら嬉しいです。 一緒にマクドナルドで多くのゴールデンモーメントを作りましょう。 マクドナルドは、来店される全てのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指しており、クイックサービスレストランとしての最高の店舗体験の提供により、お客様にとって「お気に入りの食事の場とスタイルであり続けること」をミッションとしています。 また、フード(商品・品質管理)&ソーシング(原材料調達)、ピープル(従業員)、コミュニティ(社会貢献)、プラネット(環境)の5つのカテゴリーにおいて、ステークホルダーや社会の声を聞き、誠実で最適な行動を取ることに努めています。

次の

マクドナルド社長が新入社員に「キャリアプランなんかいらない」と言い切った理由|新R25

マクドナルド 転職

一人暮らしで貯金なんて出来るわけがない 私は新卒の時、 初任給が17. 5万円だったので、手取りにすると 13万円くらいでした。 実家暮らしならそれでも問題ないでしょうが、 上京してきての一人暮らしはなかなか厳しいものがありました。 なぜならここから更に家賃・光熱費・通信費が差し引かれて、手元に残るのはほんの数万円ぽっちだからです。 食事を毎食 コンビニで購入してしまうとかなりの金額になるので、いかに食費を抑えるかがポイントでした。 食費を抑える最も良い手段は 「自炊」です。 しかしこの頃は都会の水が汚いからなのか、住んでいるアパートの問題だったのか、 水道水が不味くて飲めなかった事から自炊も諦めなければならず、食事をどうするべきかが社会人1年目の大きな壁でした。 デフレスパイラルの時代 今でこそ物価は上がりましたが、当時は デフレの絶頂期でもありました。 デフレとは簡単にまとめると、 物を買ってもらうためにライバルと値下げ合戦を繰り返した結果、みんなの値段が下がってしまう現象で、それが止まらない事を デフレスパイラルと呼んでいました。 物が安く買えるデフレの何が悪いかというと、買う方にとっては得ですが、売ってる方はどれだけ売っても利益が出ないため、頑張って仕事しても全然給料が上がらないという事に繋がるのです。 私の1年目の昇給がたった1,700円だった事も、もしかしたらデフレの影響があったのかもしれません。 ハンバーガー59円! そんな物価の下落に歯止めのかからない時代に 日本マクドナルドも飲み込まれました。 ハンバーガーの値段をそれまでの最安値の 80円を下回る 59円に設定したのです。 (2002年) ハンバーガーの原価とはいったいいくらだったのでしょうか? 今の時代にハンバーガーの値段が59円だったら、ユーチューバーが 「ハンバーガー1,000個買ってみた」なんて動画を平気で作ってしまうのでしょうね。 しかしこの値下げ策でもマクドナルドに客足が戻る事はなく、59円の時代は長くは続きませんでした。 それでも社会人1年目の私にとってはとてもありがたかった事でした。 ハンバーガーを 5個買っても当時の消費税5%で税込 310円です、ハンバーガーを5個も食べればお腹は膨れました。 当時は何でも税抜き価格で表示されていたので、税込みで1円単位まで計算してから小銭を握りしめてマクドナルドに買いに行った事を思い出します。 59円ハンバーガー以外の食費節約例 りんご:1個あたり約100円で手に入り、1個でもなんとか腹持ちしました。 焼きそば (3食入り):200円以下で手に入る3食入りのソース焼きそばを2食ずつ消化して、人参やキャベツのみのトッピングで調理していました。 結局は残業の多い環境へ しかしその後、私の生活にも変化が訪れました。 毎月の残業が40時間以上発生する現場に転勤させられ、その 毎月数万円の残業代をもらう事でようやっと生活出来るレベルになりました。 生活が出来ないから、と残業が多い環境を私が望んだわけではありません、 能力が未熟で、しかし年齢が若くて体力がある新卒レベルでは結局「 労働力」が求められる現場に連れていかれるのです。 しかしこの頃には残業すればするほど儲かる時代は終わっており、残業すればするほど残業代はもらえるが、その分 昇給は望めないという時代に突入しました。 だから 「今のままの状況が永遠に続けばいいけど、急に残業ゼロの環境になったら生活が出来ない」 と危機感を抱いたのが、私の最初の転職へのきっかけでした。 5年後、10年後に今の職場に居続けたら自分自身はどうなるかを想像する事が大事です。 辞めない方がいいのか、辞めた方がいいのか、 どうにかなるのか、どうしようもないのか、 総合的に判断して転職した方がいいと思うなら、迷わず転職をしましょう。 私は転職をした後 「転職して良かった!」と思いました。

次の

マクドナルドから転職!社員を辞めたい人におすすめの転職先を考察

マクドナルド 転職

勤務時間・休日休暇:アルバイトのワークライフバランスについては固定シフトではないため、かなり良い状態となっています。 特にクルー(一般アルバイト)は2週間後のシフトを1週ごとに提出するため、急に入った用事などにも対応できます。 スウィングマネージャーというアルバイトの最も上に位置する役割は一ヶ月ごとの提出になりますが、クルーと比べワークライフバランスの悪化が目立ちます。 マネージャーは全時間帯にいなければならないため、店舗によっては全く休みが取れず、16連勤している人もいました。 急な休みも取れないことはありません。 しかし、社会の常識ですので仕方ないところではありますが代わりの人を探さないと煙たがられます。 店舗によっては理由次第で無断欠勤扱いにするところもあるようです。 正社員のワークライフバランスは店舗によって異なります。 アルバイトの人手が足りない場合はかなりの出勤が求められるのでワークライフバランスが悪いです。 配属される店舗の状況次第ということです。 そして、次は自分も親切なトレーナーになりたいと、上を目指したくなり、それに向かっていくことが、マクドナルドにおける仕事のやりがいとなるでしょう。 口コミ投稿日:2020年03月14日 教育・研修:ここでは現業について書きます。 基本的にマクドナルドはマニュアル通りに作業して、個人のやり方を排除する傾向にあります。 そのため、社員やアルバイトの作業手順が常に統一されていて新人に対する教育の一貫性が保たれています。 また、2019年頃よりモバイル端末を使用した教育が積極的に行われており、以前と比べて誰が教育を受けてもすぐに仕事内容を理解できる工夫がなされています。 また、マネージャーに昇格する際の教育も徹底されており、全員が本社に出向きマネージャー教育を受けます(社内ではハンバーガー大学と呼んでいます)。 マクドナルドは業務内容だけでなく本人のキャリアアップの教育にも注力しており大学生や専門学生を対象としたキャリアデザイン教育を実施しています。 口コミ投稿日:2020年03月17日 仕事内容:マクドナルドでは、基礎から順番に学び段階を経てスキルアップする仕組みがあります。 最初は「クルー」と呼ばれ、調理や接客を担います。 次の段階は「トレーナー」、最後のステップは時間帯責任者の「シフトマネージャー」です。 また「GEL」というお客さまのおもてなしを専門とするサービスのスペシャリストの役職もあります。 レジ、ドリンク、ポテト等、様々なポジションを経験することができ、学べることもたくさんあります。 入社オリエンテーションの後、トレーナーが専属で研修をおこないます。 ポテトの揚げ方についてなど、お客様に商品をだせる研修を受けてから店頭に出るので、入社時は特にスキルも資格も必要ありません。 オリエンテーション後には、あらゆる知識を身につけてスキルチェックをクリアしながら、次のステップに進みます。 だれが作っても同じ味で、マクドナルドの味をしっかり学ぶことが、スキルアップのカギとなるでしょう。 口コミ投稿日:2020年03月14日 仕事内容:大きく分けてカウンター部門とオペレーション部門がある。 カウンター部門はオーダーを取り会計までするレジ担当(オーダーテイカーキャッシャー)、ドリンク製造担当(ドリンカー)、商品の取り揃えから受け渡しまでの担当(ランナープレゼンター)、ポテトの製造担当(ポテトマン)がある。 オペレーション部門はバンズの焼成担当(イニシエーター)、ハンバーガー製造担当(アッセンブル)、肉や卵の焼成担当(グリルスタッカー)、揚げ物担当(フライストッカー)がある。 そして、これらを取り纏める仕事がシフトマネジメントである。 土休日の昼ピーク時は役割がかなり細分化される。 基本的に誰でも覚えられるような単純な仕事である。 口コミ投稿日:2020年03月18日 給与水準:アルバイトの賃金が低すぎます。 各都道府県の最低賃金レベルのものがほとんどです。 実際、私自身も割に合わないアルバイトだと感じることは多々ありました。 そのため、マクドナルドのアルバイトは、キツイ上に時給が安いというイメージが世間に定着していて、常に人手不足になっています。 マクドナルド本社は、テレビCMなどで積極的にリクルート活動を行っていますが、その広告宣伝費をアルバイトの時給に回せばもっと採用が増えるのではないかと思います。 正直、お金の使い方が下手すぎだと思います。 また、アルバイトにはスウィングマネージャーと呼ばれる時間帯責任者の役割が存在しますが、こちらの時給も低めとなっています。 クルー(一般アルバイト)の仕事に加え、シフトマネジメント(働いている時間帯の店舗の円滑な運営)・入金作業・集金作業・レジチェック・電話応対・在庫の確認・在庫の発注・インフォメーション(クルー向けに作成する広報物)の作成・欠員埋めの電話・メール作成などなど、たくさんの業務が加わる割にはクルーの時給+50~70円といったところが多いです。 やっている作業としては社員マネージャーとそこまで大差がありません。 口コミ投稿日:2020年03月18日 給与水準:マクドナルドは分給制度のため、サービス残業が存在しません。 そのため、退勤する直前に店舗が急に忙しくなって残業する場合でもキッチリと働いた分を支給してくれます。 また、四半期ごとに時給査定が行われます。 これは、スケジュールモラル(出勤の5分前に店舗に来ているか・無断欠勤や遅刻がないか・スケジュールの提出期限を守り、かつスケジュール表にOKサインを記入しているか)や勤務態度などを総評して査定されます。 一回の査定で多くの場合は+5~10円まで上がります。 その他、マクドナルドには前給制度なるものが存在します。 これは、1ヶ月分の給料の半額を給料日より前倒しして支払われる制度です。 私は使ったことがありませんが、よく金欠になっている人なんかはかなり重宝しているみたいです。 正社員の場合の給料はかなり高く、店長で年収約700~800万円前後、社員マネージャーで約500~700万円前後と聞いたことがあります。 正社員の方にマクドナルドで働く理由を聞いてみると、大抵給料が高いからという答えが返ってくるので正社員の高給ぶりは確かなものと思っても良さそうです。 口コミ投稿日:2020年03月18日 勤務時間・休日休暇:覚えることも多いし、作業も多い、全然楽しそうじゃない…なんてイメージをさせてしまったらすみません!マックのバイトは大変な反面その分楽しさもたくさんあります!私はマックのシフトに入っている間、タイムトライアルのゲームをしているような楽しさを感じていました。 お客さんとしてもマックの商品は早くでてくる、なんてイメージがありますよね。 一時は店舗としても「〇〇分以内に全部商品が揃わなかったら割引券をプレゼント!」なんていうキャンペーンをやっていたほど。 そう、マックのバイトに慣れてきたらいかに「早く」そして「きれいに」作るか追及するのが楽しいんです!レジ操作では、セットメニューと単品メニューを打ち込む画面が別にありますが、単品で一つ一つ操作していってもセットメニューと同様のものを打ち込むと勝手にセットメニューとしてレジが判断して値段を算出してくれるのです。 いかにどの画面のどのキーで操作するとレジが早く済むか!さらにレジにかかった時間は毎回記録されていて画面上で確認できるので、レジスピードが上がったことを常に感じながら仕事ができます。 口コミ投稿日:2019年12月 7日 勤務時間・休日休暇:はっきり言ってマックのバイトは大変です。 何よりも覚えることがたくさんあります。 例えば、基本のレジ操作。 マックは専用のモニターレジなので、バーコードを通すだけではありません。 商品の場所、操作方法をまずはしっかり覚えることがレジ操作の前に必要になります。 レジの操作に慣れてきたらドリンクを作り。 ボタン1つのジュース類は比較的簡単ですが、フルーリーやソフトツイストなどを作ることもドリンクセットの仕事の1つです。 短時間での作業を求められるマックでは、きれいに作るだけではなく時間もこだわらなくてはいけません。 そして中で商品を作ること!商品づくりはコックや社員の仕事ではありません。 男性のアルバイトさんはバイトを始めてすぐに作り始めることもありますよ!定番バーガーだけではなく、季節限定のメニュー、そしてポテトを始めとする再度メニューも作り方とそれぞれの食材、調味料を覚え、ひとりで作っていきます。 もちろんはじめは作り方を教わったり、マニュアルを確認しながら操作方法や作り方を覚えていくので「絶対覚えられないよ!」なんてことはありません。 口コミ投稿日:2019年12月 7日 仕事内容:マクドナルドにご来店されるお客様は、多種多様な方が多く時には酔っ払いや理不尽なクレームなどの処理に追われることもあります。 また、マクドナルドはファストフード店であり、「はやい」のイメージが定着しているので如何にはやく商品を提供するかということを常に考え、臨機応変に行動しなければなりません。 注文を受けてから提供まで時間が180秒を過ぎるといよいよ、上司やお客様から「遅い」と文句を言われることが多くあります。 厨房は、上記によりカウンターから急かされることが多く、最初のうちは焦って火傷をしたり切り傷をしたりすることが多いです。 デリバリーは、雨の日や雪の日、強風などで運転が困難な日でも余程のことがない限り行かされます。 また、宅配先でクレーマーに遭遇した場合でも一人できっちりと処理をしなければなりません。 また、土日は時間帯問わずとても忙しいです。 土日限定で時給アップを実施している店舗は少なく、時給と仕事内容が釣り合わないと思うことが多くあります。 口コミ投稿日:2018年01月 3日 評価制度:私がマックのバイトで唯一嫌だったところ、それはずばり「におい」です。 マックに入ると感じる、ポテトのようなにおいがしますよね。 マックに食べに行ったら服にマックのにおいが染みついちゃった…そんな経験はありませんか?マックのバイトに入れば、いくらシフトが2時間だとうとにおいがばっちり染みつきます。 もちろん服は制服なので着替えますが、下着や髪の毛に染み込んだにおい、その日中はばっちり身体からにおってくるのです。 バイトの後にバイト仲間と飲み!そんなときはまったく気になりませんが、バイト後にデート…なんてことがあったら一度帰ってシャワーを浴びる他ありません。 私は香水やヘアスプレーでごまかしたこともありましたが、バイト後のにおいが気になる、というのはマックでバイトするにあたって避けて通れない苦難です。 口コミ投稿日:2019年12月 7日.

次の