グッ と ラック 視聴 率。 グッとラック!|TBSテレビ

【悲報】TBS「グッとラック!」、視聴率0%台に転落目前wwwwwwwwww::ぱぴぷ速報

グッ と ラック 視聴 率

TBS放送タワー 立川志らくが司会を務める朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)がスタート早々から大きくつまづいている。 初回の視聴率は2. 9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、約4年間続いた前番組の『ビビット』の最終回から0. 2ポイントダウン。 2回目の放送は2. 6%とさらに下がり、このまま超低空飛行する可能性は濃厚だ。 そんな中で唯一の見どころは、大抜擢された新人アナの若林有子だ。 国分太一と真矢ミキが司会を務めた『ビビット』が打ち切られ、後任番組として始まった『グッとラック!』。 司会の志らくは、同局の昼の情報番組『ひるおび!』でコメンテーターに起用され、一気にブレイクした落語家だが、その脇を固めるのがTBSの国山ハセンと、今年4月入社の新人・若林だった。 「若林は、女子アナとしては非常に珍しい大阪市立大学出身という経歴の持ち主で、大学時代には『週刊朝日』(朝日新聞出版)の表紙に登場したり、セントフォース関西に所属して、タレントとして活動していたこともあります。 中学から高校にかけてアメリカで過ごしたため、英語はペラペラで、プロフィールによればTOEICは890点だそうです」(女子アナウォッチャー) 入社1年目の新人を帯番組に起用するとは、若林への期待の大きさが分かるが、これまでの放送回をチェックしたテレビ制作の関係者はこう語る。 「ライバル局がエース級の女子アナを投入するなか、新人を起用するとは、TBSもなかなかのチャレンジャーだと思いましたが、正直言って、その感覚がヤバいですね。 初回放送は、局の幹部がスタジオに集まり、ベテランでも緊張するものですが、若林はニュース原稿を読む際に噛みまくり、カンペを見っぱなし。 しかも棒読みで、内容がまったく頭に入ってきません。 あれは放送事故レベルでした。 やはり朝の帯番組に新人を使うのは、荷が重すぎます。 今後はど若林がどこまで成長できるか、優しい目線で見守るしかないですね」(ライバル局の関係者) はやくも前代未聞の低視聴率にあえぐ『グッとラック!』だが、こういった話を聞く限り、立て直しには相当時間が掛かりそう。 「グッドラック」(幸運を祈る)という、ある意味で投げやりなタイトルは、若林へのエールだろうか。

次の

『グッとラック!』“独占報道”も視聴率振るわず……立川志らくを“切れない”TBSの次なる打開策は?(2020/03/09 08:00)|サイゾーウーマン

グッ と ラック 視聴 率

新型コロナの感染拡大で、テレビ各局の報道・情報番組の視聴率が軒並み上昇している。 そんな中にあって、放送開始以来、低迷し続けていた立川志らくの「グッとラック!」(TBS)も番組史上最高の数字を叩き出したという。 *** 4月16日の放送で、その記録は打ち立てられた。 なんと4・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、初の4%台である。 たかが4・1%などと思ってはいけない。 裏番組の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)が軽く10%を超える一方で、「グッとラック」ときたら1〜2%というのがザラだったのだ。 一体、何が起きたのか。 民放プロデューサーが語る。 「コロナのお陰で、『モーニングショー』はじめ、『スーパーJチャンネル』(テレ朝)、「news every. 」(日本テレビ)、「news zero」(同前)も今年最高の数字を出しています。 人気が落ちたと言われる『ミヤネ屋』(読売テレビ制作・同前)も息を吹き返しています。 『グッとラック!』も、これまでテレビを見なかった層が、いろいろなチャンネルに合わせているうちに、見られるようになったんでしょう。 それには、今年に入ってからメジャーどころのコメンテーターを出演させるというテコ入れが行われたことも、功を奏したと思います」 それについてはデイリー新潮も「低迷『グッとラック!』新コメンテーター起用も効果ナシ 唯一評判のよい人とは……」(2月21日配信)で報じている。 放送開始以来ずっと起用されていた名前も聞いたこともないようなコメンテーターに、今年に入ってから山田ルイ53世や小林麻耶、アンミカ、厚切りジェイソン、星野真里らを加えたものの、視聴率あまりパッとしないという内容だった。 「今年になってから2〜3%になっていました。 といっても、2%が3%に上がったからといって、胸を張れるようなものではありません。 スペシャルウィークには日替わりのコメンテーターを迎えたのだが、その初日(3月30日)に呼んだ辛坊治郎が大爆発し、MCの志らくは見る影もなかったという記事である。 「あの日の放送はかなり面白かった。 業界でも話題になったほどですからね。 見てるほうとしては面白かったんですけど、あれ、オレも明日出んのかと思って、一応、確認したんです。 「ああいう出方じゃないとダメですか?」って言ったら、「大丈夫です」って。 もう大丈夫、今日から金曜までは大丈夫だから。 辛坊さん以外はお笑い芸人であり、当然、辛坊さんについては触れたがる。 さらに志村けんさんが亡くなったこともあり、それぞれが知る志村さんの本当の姿、思い出を語りました。 4月1日の放送では、8時から始まる番組のオープニングに、『8時だョ!全員集合』のオープニングを流すという演出も行われました。 これはTBSでしかできないし、8時スタートの『グッとラック!』だからできたこと。 なかなかやるな、と思いました。 そういった番組作りの遊びもあって、視聴者から受け入れられてきたのかもしれません。 たかだか4%と思われるかもしれませんが、4%台を継続できれば、国分太一と真矢ミキがMCを務めていた前の番組『ビビット』よりもいい数字と言えます。 ようやく本来の目標に到達したとも言えるわけで、これなら打ち切り説も出ないでしょう」(同) といっても、安心できる数字でもないはずだが。 「もちろんです。 TBSに限りませんが、コロナ感染を防ぐため、スタッフも四苦八苦している状態です。 『グッとラック!』もさらなるテコ入れが必要でしょう。 しかし、公式HPは、1月28日のまま。 2ヶ月半も更新されていないのは、やる気なしと思われても仕方がない。 うちの局なら、大目玉を食らいますよ。 それとも、パソコンやスマホを使えない高年齢層をターゲットにしているので、ネットなんて関係ないということでしょうか」(同) ちなみに、番組史上最高の数字を出した16日は、デイリー新潮の「コロナ緊急事態下で立憲・高井議員が『風俗店』通い 本人認める」(4月14日配信)も取り上げていた。 ありがとうございました。 週刊新潮WEB取材班 2020年4月23日 掲載.

次の

グッとラック!

グッ と ラック 視聴 率

11月6日、の立川志らくがツイッターで、自身がMCを務めるの情報番組『グッとラック! 』のについて言及した。 志らくによると、11月5日放送分で開始当初の倍近い視聴率を獲得したといい、「やっていて楽しくなってきたのでこのままグッと上昇」と投稿した。 5日分の視聴率は明かされていないが、9月30日放送の初回放送は2. ・がMCの前番組『ビビット』のは2~3%だった。 『グッとラック!』も放送開始から2か月近くが経過し、ようやく軌道に乗ってきたようだ。 「『グッとラック! 』はギャラが高すぎる国分さんの『ビビット』のおよそ半分の制作費で作られていると言われています。 制作費が半分で視聴率も倍ということならTBSの作戦は大成功といっていいでしょう」 某週刊誌記者 また、当初は懸念されていた多忙な志らくの体力面もある程度、回復してきたようだ。 開始当初は「顔色が悪い」「目にクマができている」と心配されてきたが、最近は顔色が良い状態が続いているとされ、体力・気力ともに「本調子」となってきたようだ。 10月にはあまりの不人気ぶりから「視聴率0%目前」とやゆされてきた『グッドラック! 』はなぜ、突然視聴率が回復したのだろうか? 「『グッとラック! 』は当初、その名の通り志らくさんがMCを担当していましたが、最近では志らくさんは『.

次の