授かり 婚 ウェディング。 マタニティウェディング(授かり婚)ならハウスウェディングのT&G

授かり婚(マタニティウェディング)をした後の入籍! 知っておきたい手順やおすすめ時期を紹介 / よむ

授かり 婚 ウェディング

この記事の目次• 妊娠6ヶ月までの入籍がオススメ!授かり婚のベストな入籍時期 授かり婚において、初めに迷うことといえば入籍のタイミングではないでしょうか。 二人の記念日や、誕生日などこだわりたい人も多いと思いますが、一般的に体調が落ち着くとされている妊娠中期の妊娠6ヶ月頃までを目安に入籍を行うのがおすすめです。 授かり婚の場合、妊娠と結婚という2大イベントが同時にやってくるので、かなり慌ただしくなります。 花嫁は妊婦でもあるのでお腹の赤ちゃんにも自分自身の体調にも極力負担をかけないよう、できるだけスムーズに事を進めていきたいですよね。 しかし、妊娠初期の1~4ヶ月頃は本人の体調も赤ちゃんの状態もまだまだ不安定です。 また妊娠後期の8~10ヶ月頃は体調は安定してもお腹が大きくなったことで動くことが不便になったり、むくみや胃が圧迫され胃のむかむか感が起きやすい時期でもあります。 男性がこの時しっかりと早めに結婚の意思を固め、責任を持って女性をリードすることが大切です。 そして両家の両親に赤ちゃんを授かったという報告と、結婚したいという気持ちを伝えましょう。 時間をかけて説得する必要も出るかもしれませんが、誠実に気持ちを伝えることが何より重要です。 きちんと了承を得られたら、女性の体調を考慮してできる限り早めに入籍の手続きを進めましょう。 母体や赤ちゃんのことを考え、なるべく早めに入籍するべき 早く入籍した方が良い理由は色々ありますが、一番の理由は花嫁である妊婦の体調と赤ちゃんのためです。 妊娠すると、女性はホルモンバランスの影響で気持ちや体調が不安定になりがちです。 たとえ結婚の意思を確認できていても、急に不安になったり、自信がなくなったりして落ち込んでしまう可能性があります。 その不安がストレスとなって赤ちゃんにも伝わり、悪影響を与えてしまうこともあります。 人によって色々なケースが考えられるので、女性の心にゆとりが生まれるよう、男性がフォローしながら入籍を早めに行いましょう。 先輩ママの本音!出産後の入籍は手続きが大変&体力的にも避けたほうが良い 先輩ママの本音として、出産後の入籍は手続きが大変になることに加え、体力的にも避けた方が良いという意見が多く、おすすめはできません。 入籍をせず、未婚の状態で出産すると出生届を提出することで母親を筆頭者とする戸籍が編成され、そこに赤ちゃんも記載されることになります。 この時、赤ちゃんは非嫡出子(法律上の婚姻届がない男女の間に生まれた子どものこと)という扱いになります。 そして、この時点では相手の男性は父親として戸籍に記載はされません。 父親が記載されるためには父親による認知届けの提出を行い、「認知」が必要になります。 その後、ふたりが入籍すれば、母親、父親、赤ちゃんが記載された新たな戸籍が編成されることになります。 このように出産後の入籍は色々な手続きを行う必要が出てくるためとても大変です。 さらに通常通り、出生届や児童手当、乳幼児医療助成、保険証などの手続きがあり産後は母親の体力は非常に低下しているので、これだけの手続きを役所に出向いて行うのはとても難しいです。 体力的なことも考慮し、出産前のできる限り早い段階で入籍手続きを行う方が良いでしょう。 ここまで、授かり婚に置けるベストな入籍時期についてお伝えしました。 次の章では、出産前に入籍した方が良い理由をさらに詳しくお伝えしていきます。 \不安を完全サポート!/ 出産前に入籍した方がよい3つの理由 入籍の時期にルールはありませんが、出産が関係してくると出産前に入籍を済ませた方が良い理由がいくつか出てきます。 代表的なものは、 ・妊娠中の体調の変化を考慮 ・出生届や子どもに関する手続きをスムーズに進める ・男性を法律的に父親と認めさせ、自覚させる 上記の理由が挙げられます。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 妊娠中はどんな体調の変化があるか分からない為 妊娠中はどんな体調の変化があるか分かりません。 他の人が大丈夫だったから私も大丈夫、というわけにはいかないものです。 ホルモンバランスが安定せずに気持ちが不安定になってしまったり、ストレスを感じたり、急な体調の変化で切迫早産となり入院を余儀なくされるというケースもあります。 気持ちを落ち着かせるという意味でも、入籍の手続きを早めに済ませ、なるべく周りの家族、友人、特に相手の男性にしっかり支えてもらいながら、準備を進めていきましょう。 出生届や子どもに関する手続をスムーズに進める為 上の章でも触れたように、入籍せず、未婚の状態で出産した後の出生届や子どもに関する手続きは非常に大変です。 入籍していないと出生届を出した時点では、相手の男性はそのままでは父親として戸籍に記載はされず空欄になります。 父親が記載されるためには父親による認知届けの提出を行い、「認知」が必要になります。 子どもの児童手当や乳幼児医療、保険証、年金手帳なども入籍していないと母親の旧姓で登録されます。 後から新姓に変えることになれば名義変更で再度手続きに出向く必要となるため、やるべきことがとても多くなり大変です。 法律的に父親と認めさせ自覚させる為 法律的にこの子どもの父親はこの男性、と認定させることは、非常に重要です。 その理由は以下となります。 ・法的な親子関係があることで扶養義務が発生するので、万が一の場合養育費の請求ができる ・子どもに父親の相続権が認められる ・出生届、戸籍に父親の名前が載る ・父親としての自覚が芽生える 上記が認知させることにおける重要な点です。 父親としての最低限の義務を果たす第一歩が、出産前の入籍ともいえます。 ふたりでしっかり相談して、自分たちのことはもちろんですが、子どもにとって最善の選択をするようにしましょう。 ここまで、出産前に入籍した方が良い3つの理由について説明しました。 そうはいっても、どうしても事情があって入籍を産後にしかできない、というやむを得ない状況もあるでしょう。 次の章では、事情があって出産後に入籍を予定している場合に気をつけなければならないことをお伝えします。 \不安を完全サポート!/ 事情があって産後に入籍する場合に気をつけること ふたりの中で話し合っても、どうしても出産後にしか入籍ができない、ということもありますよね。 上の章でお伝えしたように極力何よりも優先して手続きを行うことをおすすめしますが、出産後となる場合、気をつけるべきことをお伝えします。 父親になる人に「胎児認知」をしてもらう 「胎児認知」とは、胎児が自分の子であることを認めて認知届を提出することを言います。 入籍をしていないと出生届の父親の欄は空欄です。 その子どもの戸籍の父親欄も空欄ですし、父親の戸籍にも当然認知記録もありません。 また、認知をしてもらうと万が一のときがあっても、教育費の支払いなどを請求することもできます。 出生届に父親の名前を入れたい場合は「認知届」の提出が必要となり、これがあることで彼の戸籍上でも子どもの認知が記録され、法律上でも父親となるのです。 また、機会はそう多いものではありませんが、子どもが戸籍を目にするときは必ずやってきます。 そのときに父親欄が空欄だったら、子どもはどう思うだろう?と、子どものためを思い認知させることはとても大切です。 入籍していなくても、新姓で母子手帳を貰える場合が多い 入籍していなくても、母子手帳をもらう際は新姓でもらえる場合が多いです。 自治体によっても違いがありますが、自分で記入する場合は新姓で書けますし、職員の人に記入してもらう際も結婚して名字が変わるのでと言えば新姓で書いてくれる場合があります。 ただし、中には対応してくれない自治体もありますし、その場合も後で名前を書き換えることはできますが、修正の跡が残ってしまうことがあります。 母子手帳は子どもが6歳になるときまで使うものなので、修正ペンやテープは使用しない方が良いとされています。 どうしてもという事情を伝えて新姓にしてもらうか、後で書けるようにしてもらうか相談すると良いでしょう。 また、母子手帳が新姓で通ったからといって、入籍手続きはまだ済んでいませんので忘れないようにしましょう。 以上、産後の入籍をする場合に気をつけることについてお伝えしました。 次の章では授かり婚を行うカップルの結婚準備スケジュールの一例をご紹介します。 \不安を完全サポート!/ 授かり婚カップルの結婚準備スケジュール この章では授かり婚カップルの結婚準備スケジュールを紹介していきます。 ただし、ここで紹介するスケジュールはあくまでも一例です。 妊娠中のつわりを始めとする体調の変化は本当に人それぞれなので、決して無理をすることのないスケジュールを周りの人に相談しながら決めていきましょう。 お互いの両親へ報告 妊娠が発覚し、お互いの結婚の意思が固まったら、両親への報告が必須事項です。 両家の了承を得ないまま結婚式場探しをしてしまうのはとても無礼に当たります。 結婚後の家族関係にも影響しますし、子どもの世話を両親に頼むことは大いにあります。 まずはしっかりと報告と決心を伝え、了承が得られたら、両家顔合わせのスケジュールを早めに組みましょう。 結婚式場の見学・相談 両家の承諾が得られたら次は結婚式の準備です。 出産前に結婚式を済ませたいなら、できるだけ早めに式場を検討しましょう。 一般的には、体調が安定する妊娠5~6ヶ月の妊娠中期、お腹がやや目立ってくる妊娠7~8ヶ月頃は、体調や精神的な変化は起きにくいとされています。 しかし、妊娠中は何が起こるか分からないものですし、女性一人一人体調は違うものです。 常に不調を抱える人もいます。 自分の体調と相談をしながら、結婚式の時期を決めると良いでしょう。 また、妊娠初期や出産直前は特に安静にしなければならない時期なので、この時期は控えましょう。 できるだけ男性が主体となって式場への相談や結婚式の準備を行うように努めましょう。 また、でプロのアドバイザーに相談すれば、情報収集を効率的に行うこともできますよ。 の方に向けた特典のある式場もあるので要チェックです。 \不安を完全サポート!/ 4. 新居の下見・契約 結婚式の準備と並行して、赤ちゃんを迎える環境を整えていきましょう。 もし新居や引っ越しも検討するならば、女性に負担がかかるのは禁物です。 男性がリードして新居の準備を進めましょう。 引っ越しを行う時期も身体や心に負担のないように、女性の体調が安定した頃に行いましょう。 新婚旅行の相談 この時期だからこそ新婚旅行に行きたいと考える人もいるかもしれませんが、基本的にはいつどこでどんなトラブルが起こるか分からないため慎重に検討する必要があります。 例えば飛行機に乗る場合、同じ姿勢で居続けるため下半身の圧迫やむくみなどでエコノミークラス症候群になりやすいといわれています。 また、旅行中に出産してしまうというケースもあるようです。 何事もなければ良い思い出になるものですが、リスクはとても大きく様々に考えられます。 それでも行きたいという場合は、できるだけ医療技術が発達している国を選んだり、担当医から日本語と英語の診断書をもらっておいたりと、できる限りの下準備をしましょう。 母親と赤ちゃんの負担を考えて、二人で話し合いましょう。 産院の下調べと決定 結婚式準備や赤ちゃんを迎える環境と並行して行うこととして、産院の下調べと決定があります。 里帰りするのか、今の住まいの近くで出産するのかを決め、リサーチをして自分たちに合う病院を選ぶことが大切です。 人気がある病院だと予約が取れないこともありますし、予約制ではない病院ではかなり長い時間待たされることもあります。 病院の情報をしっかり把握し、できるだけ早く連絡して通い、体調を安定させるようにしましょう。 以上が授かり婚における結婚式に向けたスケジュールとなります。 そこで、次の章では状況別に授かり婚の挨拶例をご紹介します。 \不安を完全サポート!/ 誠実さが大切!状況別、授かり婚の挨拶例3選 準備スケジュールの中にもあったように、両親への報告・挨拶は1番最初に行なう大切な場になります。 緊張と不安でドキドキしている人も多いかと思いますが、しっかりと誠実さが伝わればきっと大丈夫です。 シーン別に、挨拶例を紹介します。 初めて相手の親に会う場合の挨拶例 相手の親への面識がなく初めて会うのが結婚・妊娠の報告となるとまずは、何よりも先に自分の名前・職業など自己紹介はしっかりしておくとよいでしょう。 相手の親からすると、自分の娘の相手がどんな相手なのかは1番気になることと言えます。 親への不安を与えないよう簡単な自己紹介は必須です。 それから先ほどの挨拶の流れを踏まえると、挨拶例は以下のようなものになります。 「初めまして。 本日は貴重な時間をいただき、ありがとうございます。 今回は、このように順序の後先が逆になってしまい申し訳ありませんでした。 そして、今では二人が授かった命を共に大切に育てていこうと約束しています。 相手の親と面識があった場合の挨拶例 引き続き、相手の親と面識があった場合の挨拶例を見てみましょう。 この時に、注意しなければいけないのがいくら面識があるといっても、普段と同じような挨拶にしないという点です。 「正式な挨拶がこのような形になってしまい、申し訳ありませんでした。 結婚の時期を窺っていたところ、このような形で順序の後先が逆になってしまい、申し訳ありませんでした。 しかし、二人で話し合ってこれから産まれてくる子どもを共に育てていきたいと思っています。 顔見知りなのであればなおさら、いつもと違う一面を見ることが出来て相手の両親も安心できるはずです。 結婚の挨拶をした時に親に反対されてしまった時 なかには結婚に反対されるケースもあります。 ですがそのような時には、焦って取り乱してしまうのではなく、冷静に受け止めるべきでしょう。 両親にとっても、急な出来事でどう判断していいのか分からなくなっている状況も考えられます。 無理に食い下がろうとせずに、何を言われても誠実な態度で伝えるべきことをしっかりと伝えるようにしましょう。 またその時に、結婚に反対する理由を伝えられるかもしれません。 その場合には、反対の理由を受け止めて今後の対応を考えるようにしましょう。 もし、反対されてしまったのであれば、伝えることを伝えて一旦その場は帰るようにしましょう。 帰る時にはどのような気持ちであっても「本日は貴重な時間を頂きまして、ありがとうございました。 本日はこれで失礼します。 改めてお時間をいただければ幸いです」と伝えることが大切です。 以上が状況別の挨拶事例3例です。 授かり婚の場合は特に誠実さを意識して両親と向き合いましょう。 結婚後に元気な赤ちゃんを出産するためにも両親の協力は必要不可欠です。 両親にも祝福されて結婚できるように、あきらめずに努力することが大切です。 まとめ いかがでしたか。 今回は授かり婚の入籍についてご紹介しました。 要点をまとめると・・・ ・入籍は出産前のなるべく早い時期にするほうが良い ・出産後に入籍すると、出生届や子どもに関する手続きが大変になる ・入籍していなくても母子手帳は新姓でもらうことができる この記事を参考に、授かり婚の入籍の時期や結婚準備のスケジュールを把握でき安心して結婚式準備に取りかかることが出来ると良いでしょう。

次の

【授かり婚体験談】両親への報告&挨拶~妊娠中の結婚式までの流れ

授かり 婚 ウェディング

結婚の約束をする• 妊娠判明• 式場探し• それぞれの両親への報告・挨拶• 両家の顔合わせ• 結婚指輪の購入• 結婚式 結論から言うと、無事に入籍と結婚式を終えて元気な子どもを出産して、幸せな毎日を送っていますが、授かり婚は一般のカップルに比べて結婚準備が慌ただしく、越えなければならない壁が多いかもしれません。 本来であれば両親への報告が先だと思いますが、 結婚式を挙げる時期の相談や悩みがあれば、結婚式場に行って相談するのが1番です。 ウェディングプランナーさんが、カップルごとの状況をヒヤリングした上でアドバイスをしてくれますよ。 最近では授かり婚も珍しくはないので、式場のプランナーさんも慣れているようで、嫌な顔をされた式場は1つもありませんでした。 妻の両親は古風な考えを持っており、異性と旅行に行くことも許してくれないほどの厳しい両親で、入籍前に子どもを授かった私としては1番高いハードルでした。 なので、少しでも話が円滑にすすむように以下のことを実践しました。 妊娠を伝えるときの注意点• 妊娠を伝える前 2週間前 に婚約を伝えた• 妊娠していることを電話で伝えた(嫁は当時1人暮らしだった)• 順番が逆になってしまい申し訳ないと謝った 厳格な妻の両親には、妊娠を報告する前に電話で婚約したことを嫁から伝えてもらいました。 結婚が近いことを薄々と感じていた両親は喜んで承諾してくれたようです。 (結婚することに対する反応を見たかったので、このときはまだ妊娠していることを告げていません) 数日後に再び電話をして「実はお腹の中に子どもがいる」と伝えると、父親は喜んでくれましたが、母親はショック受けたようで嫁は1時間ほど説教を受けたようです。 しかし、事前に婚約していることを伝えていたこともあってか、厳格な両親にしてはすんなりと受け入れてくれたように思います。 ちなみに私 夫 の両親は、結婚と妊娠をとても喜んでくれました。 挨拶の前に両家の両親に伝えたこと• 妊娠する前に結婚の約束をしていたこと• 結婚式を挙げる意思があること• 結婚に関する費用についての心配はいらないこと• 新居の候補地など 結婚を伝えることだけではなく、お互いの両親を心配させないために具体的なビジョンを決めて挨拶に行きました。 事前に電話で、「新しい生活に向けて2人でしっかりと準備をしているので心配することはない」と伝えていたので、両家とも結婚を反対されることなく無事に挨拶が終わりました。 心配していた厳格な嫁の両親の方ですが、「結婚と妊娠の順番が逆になってしまい申し訳ありませんでした」と私が謝ると、「全然気にしないで~!」と言っていたので、ほっと胸をなでおろしました。 やはり結婚についての具体的な話を事前に伝えていたのと、誠意を持った姿勢がよかったみたいです。 もし結婚を反対されたら・親が興奮してしまったら】 結婚前に妊娠したことを伝えると、結婚や出産を反対されるなど、親が怒って話が進まないことがあります。 もし結婚を反対されたり怒らせてしまった場合は、その日は「また後日伺わせていただきたい」と伝えて帰りましょう。 時間を置くことによって親の気持ちも変わり、結婚の話が円滑に進む可能性があります。 両親からの質問には「うまく答えられなかった」「何も言えなかった」といったことがないように、結婚について2人の中で具体的に決めておくことも大事です。 両家とも結婚を喜んでくれただけではなく、「孫が生まれてくるのが楽しみ」と言っていたので安心しました。 当日持ち帰られる指輪もありますが、在庫がなかったり、記念日やイニシャルを刻印する場合は、日にちが必要になるので早めに指輪を購入することをおすすめします。 嫁が妊娠5ヶ月の時に挙げたのですが、安定期に入ってつわりが終了し、お腹も目立たなかったのでこの時期はおすすめです! 結婚式で心がけたこと・実践したこと• お腹が目立たないデザインのドレスを選んだ(ドレスコーディネーターさんがアドバイスをしてくれるのでご安心を!)• 結婚式の準備は夫である私が率先してやった• 新婦の負担を考えて二次会はしなかった 引越しや指輪購入もあったので本当に忙しかったのですが、出産して忙しい育児をしている今だから言えることは、「妊娠中に結婚式を済ませておいてよかった!」ということです。 さらに、結婚式を挙げたことで結婚した実感がわき、結婚式の準備を進めていく中で嫁との絆も深まったように感じます。 (結婚式を挙げたカップルは、結婚式をやっていないカップルに比べて離婚率が大幅に低いそうです) 仕事関係の方や親戚の方など、一部の人には妊娠していることを言わないことにしたので、お腹が目立たないデザインのドレスを選びました、(フワッとしたデザインのプリンセスタイプがおすすめです) 妊娠中のつわりや貧血を起こすことがあったため、結婚式の準備は夫が積極的にやってくれたのがとても助かりました。 妊娠中の結婚式は、旦那さんの協力が成功の秘訣です。 【まとめ】マタニティウエディングをした結果 結論から言うと、無事に結婚式と出産を終えて、とても幸せな日々を送っています。 万が一、結婚を反対されたり怒られたとしても、きっと最終的には応援してくれると思います。 超厳格な嫁の両親ですら結婚を認めてくれて、家に遊びに来るたびに大量のおもちゃや洋服を毎回買ってくるほど孫を溺愛していますよ(笑) たしかに越えなければならない壁が多い授かり婚ですが、結婚をして子どもを産むということは一般のカップルとなんら変わりはありません。 そして、子どもを授かり縁があるお2人は、きっと素敵な家族を築いていけるはずです。

次の

授かり婚って実際どうなの?気になる周りの評価は

授かり 婚 ウェディング

確かに、普通に結婚したカップルに比べると、離婚率は高いかもしれません。 その根拠としてよく聞くのは、、比較的授かり婚が多い10代や20代の離婚率が高いことがまず挙げられます。 その他、「時間がないことから余裕がなくなり、ケンカが増えた」といったことや、「若くして授かり婚をしてしまい、結局浮気してしまった」といった内容です。 「芸能人をみても、授かり婚は離婚率が高い」という人もいますよね。 しかし、実はそもそも授かり婚をしたカップルの離婚率の信頼できる統計は存在していません。 夫婦の離婚率の統計はあっても、「授かり婚」の離婚率の統計を定期的に、かつ確実な方法でとっている団体はないのです。 それは、前述の根拠が想像しやすいことや芸能人のニュースを耳にして、ということが理由として考えられますが、これらは10代でも30代でも結婚していれば誰でもあり得ること。 顔合わせは特に決まった式次第はないのですが、食事をゆっくりすると考えると2時間は時間を設けたいもの。 進行の流れについて、レストランや料亭側に先に説明しておくと、食事スタートのタイミングも合わせられスムーズに進行できます。 両家の誰かが代表となって進行をしていきますが、主に男性側の父親か、結婚する男性本人が進行役を務めます。 このあたりは、事前に話し合って決めておきましょう。 まずは挨拶から始まり、両家それぞれの紹介をします。 全員を紹介したら乾杯、食事スタートというのが基本的な流れです。 女性は妊娠しているので、お酒は控えるようにしましょう。 顔合わせはお互いの親睦を深めることはもちろん、話し合いの場としても活用しましょう。 まず話題に挙げておきたいのは、「しなくてはいけないこと」です。 出産や入籍、新居の話題がそれにあたります。 新婚旅行や結婚式など、自分たちのやりたいことについては親の反応を見ながら相談するようにしましょう。 一番に大切にしたいのは、妊娠している女性に無理をさせないことです。 結婚というイベントは、手続きや精神面において思った以上に女性に負担がかかりやすいものです。 そこに妊娠という状態が加わると、かなりの重圧になってきます。 パートナーは、一番に体調を気にしてあげること、そして、両家の両親にもしっかりとサポートしていく旨を伝えましょう。 親への心情の配慮が、のちにサポートしてもらえることにもつながります。 手続きについても、苗字がかわることで女性は煩雑な作業が必要になります。 優先順位を決めて、出産後に回せそうなものは後回しにするなど、無理のない範囲で行うことがおすすめです。 授かり婚において最も重要なポイントは「安心感」のある結婚だと周囲に知らせることです。 子供ができたことによって不安も大きいかと思いますが、しっかりと話し合い、「授かり婚」という選択肢が自分たちにとって最良だということを、説明できるようにしましょう。

次の