東海 大 浦安 野球。 東海大浦安

『心に残る忘れられない球児』第3弾 東海大浦安 浜名翔選手

東海 大 浦安 野球

西野真弘 内野手 東海大浦安高-国際武道大-JR東日本-オリックス 2014年 ドラフト7位 東京都江戸川区出身。 右投左打。 東海大浦安高では甲子園出場経験はなし。 国際武道大では4年生の千葉県大学野球リーグで春・秋の2季連続で二塁手のベストナインを獲得した。 JR東日本では、2013年に二塁手として社会人野球ベストナインを獲得。 2014年9月に韓国で行われた第17回アジア競技大会の野球日本代表に選ばれ、4試合に出場、計8打数1安打(1本塁打)だった。 2014年10月に行われたプロ野球ドラフト会議でオリックスに7位指名され、契約金2,500万円、年俸1,000万円で合意し入団。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2015 オリックス 57 191 58 3 22 9 25. 304 2016 143 538 142 2 33 16 55. 264 2017 100 282 66 2 21 8 46. 234 2018 60 188 55 0 16 7 28. 東海大学付属浦安高等学校時代の2000年夏に千葉県代表として甲子園へ出場。 「5番・中堅手」として、チームの準優勝に貢献した。 高校卒業後に国際武道大学へ進学。 広い守備範囲と俊足を武器に、千葉県大学リーグで活躍した。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2005 中日 — — — — — — — — 2006 — — — — — — — — 2007 — — — — — — — — 2008 9 9 3 0 2 0 1. 333 2009 10 16 5 1 2 0 5. 313 2010 7 4 0 0 0 1 3. 000 2011 — — — — — — — — 2012 オリックス 62 54 11 1 6 0 24. 204 2013 34 34 9 0 1 2 14. 265 2014 62 57 14 0 4 5 11. 246 2015 67 35 7 0 5 2 8. 200 2016 7 5 1 0 1 0 1. 200 通算12年 258 214 50 2 21 10 65. 234 山田憲 内野手 東海大浦安高-日本ハム 2001年 ドラフト7位 東京都出身。 東海大浦安高時代、2年時の2000年に遊撃手のレギュラーとして夏の甲子園の準優勝を経験。 2001年のプロ野球ドラフト会議で、日本ハムファイターズから7巡目指名を受け入団するが、1軍出場の無いまま2004年のシーズン終了後に戦力外通告を受けた。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2002 日本ハム — — — — — — — — 2003 — — — — — — — — 2004 — — — — — — — — 通算3年 一軍公式戦出場なし 佐久間浩一 外野手 東海大浦安高-東海大-巨人 1989年 ドラフト4位 東海大学から1989年のドラフトで読売ジャイアンツから4位指名され入団。 1996年から1997年までの登録名は佐久間博千。 高校時代は「東の佐久間、西の清原」と言われる逸材であった。 大学球界でも飛距離ではトップクラスと言われ、その素質は高く買われていたが、右肘に故障を抱えていることから、各球団が指名を見送る中、巨人が強行指名。 佐久間自身も悩んだ末、1990年の開幕直前に契約した。 プロ入り後は、右肘の故障から右打者への転向も検討されたが、医師の治るという判断で結局、転向はされなかった。 巨人退団後、2年間調理師として働いた後に日本ハムに入団したが、結局、一軍出場はならなかった。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1990 巨人 — — — — — — — — 1991 — — — — — — — — 1992 — — — — — — — — 1993 — — — — — — — — 1993年オフに巨人退団、調理師を経て1996年テスト入団でプロ復帰 1996 日本ハム — — — — — — — — 1997 — — — — — — — — 通算6年 一軍公式戦出場なし 酒井勉 新人王 投手 東海大浦安高-東海大-日立製作所-オリックス 1988年 ドラフト1位 千葉県船橋市出身。 東海大浦安高校では、1981年夏の千葉大会準々決勝に進むが銚子商に完封負け。 東海大学へ進学。 首都大学リーグでは在学中6回の優勝を経験。 リーグ通算11試合登板し1勝1敗。 他の大学同期に渡辺伸治がいる。 大学からの卒業後に日立製作所へ入社すると、1988年の都市対抗野球に出場。 同年のドラフト会議で創設されたばかりのオリックス・ブレーブスからドラフト1位指名。 1989年に新人王獲得。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1989 オリックス 36 9 7 9 — 154. 2 118 3. 61 1990 31 6 5 5 — 105. 1 80 4. 10 1991 20 5 8 0 — 99. 2 68 4. 15 1992 22 10 11 0 — 156. 0 105 3. 29 1993 8 3 0 0 — 41. 0 24 4. 61 1994 — — — — — — — — 1995 — — — — — — — — 1996 — — — — — — — — 通算8年 117 33 31 14 — 556. 2 395 3. 78 高野光 投手 東海大浦安高-東海大-ヤクルト 1983年 ドラフト1位 東京都江東区出身。 東海大浦安高校に進学して2年生の時、夏の千葉大会で準決勝へ進むが銚子商業に敗れベスト4。 1980年に東海大学に進学して野球部に所属。 進学当時の東海大には最上級生として、後に巨人で大活躍する原辰徳や日本ハムに入団した津末英明がいた。 首都大学リーグでは在学中に5回優勝。 1982年の明治神宮野球大会は決勝で大阪商大を破り優勝、1983年の同大会でも決勝で駒大を降し連覇を飾る。 リーグ通算37試合登板、23勝1敗、防御率0. 91、214奪三振。 最高殊勲選手1回、最優秀投手3回、ベストナイン4回受賞。 リーグ記録の21連勝を達成した。 1983年秋のドラフト会議では大洋、西武、阪急、ヤクルトの4球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得した。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1984 ヤクルト 38 10 12 2 — 162. 0 128 4. 83 1985 29 7 11 0 — 141. 1 110 4. 97 1986 32 12 11 0 — 209. 1 141 3. 10 1987 38 7 6 11 — 134. 1 95 4. 02 1988 21 7 7 0 — 116. 0 76 3. 41 1989 4 1 2 0 — 26. 0 25 3. 46 1990 — — — — — — — — 1991 — — — — — — — — 1992 18 7 5 0 — 91. 0 62 4. 75 1993 — — — — — — — — 1994 ダイエー 2 0 1 0 — 7. 0 5 3. 86 通算11年 182 51 55 13 — 887. 0 642 4. 08 [chiba].

次の

東海大浦安

東海 大 浦安 野球

目標:日本一 最近の主な実績 2019年 ・第39回千葉県新人野球大会 3位 ・夏季下町杯ジャイアンツカップ 3位 ・第44回関東中学校野球大会 ベスト8 ・第73回千葉県中学校野球大会 準優勝 ・夏季市川浦安大会 優勝(連覇) ・春季浦安大会 準優勝 ・第13回秦野招待中学校野球大会 準優勝 2018年 ・第38回千葉県新人野球大会 ベスト16 ・秋季市川浦安新人大会 準優勝 ・第40回全国中学校野球大会 出場(初) ・第43回関東中学校野球大会 3位(初) ・第72回千葉県中学校野球大会 優勝(初) ・夏季市川浦安大会 優勝(初) ・春季浦安大会 優勝(秋春連覇) ・春季下町杯ジャイアンツカップ 準優勝 ・第12回秦野招待中学校野球大会 優勝 野球部は子どもたち一人ひとりが野球を通して「自立」出来るよう指導、サポートしております。 また、高校野球に繋がる身体作り、基礎作り、高校・大学・社会人で活躍できる選手の育成を目指し、日々練習に励んでおります。 目標は県大会で優勝し、関東大会、全国大会で勝つこと、日本一を目指しております。 技術指導においては投手の育成と打撃の強化に主眼を置いています。 投手はトレーニングを充実させ、3年間で40キロもスピードが上がった生徒もおります。 打撃は硬式と軟式の両方を打ち、10種類のバットを振り込むことで長打を打てる選手を育てています。 また、学力の向上、仲間や対戦相手を大切にする思いやりの心、保護者や周りの方への感謝の気持ち、自身の成長で恩返しをする心の育成を図っております。 意思が強く我慢ができる力を意味する自制心、自ら気づき考え判断し行動する力などの「生きる力、非認知能力」を高めてほしいと考えています。 本校の野球部に興味のある方はいつでも見学に来てください。 みなさんと一緒に野球ができることを心待ちにしております。

次の

2020年の3年生球児たち

東海 大 浦安 野球

夏の千葉県大会(独自大会)について、千葉県高野連より発表がありました。 大会名称:2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区ごとのブロック予選を含めたトーナメント形式で開催するそうです。 日程: ・地区の組み合わせ抽選は7月19日まで。 各地区ごとに代理抽選。 ・8月2日~10日まで地区予選。 優勝チームが決勝トーナメントへ(出場校8校)。 ・決勝トーナメントの抽選会は8月10日。 ・感染拡大状況を考慮し、可能ならば8月15日に準々決勝、16日に準決勝、18日に決勝を行う。 その他決まった事: ・決勝トーナメントの会場は、県野球場と船橋市民球場。 ・全試合原則無観客での開催。 ・ZOZOマリンスタジアムは使用しない。 ・ベンチ入りは20人まで。 試合ごとに登録選手の入れ替えが可能。 ・延長十回からタイブレーク。 ・大会への参加は任意。 ・試合ごとにベンチの消毒など感染防止対策を徹底する。 ・県高野連認定の公式戦として実施し、記録も残される。 千葉日報オンラインの記事より抜粋しました。 【千葉日報オンライン】 投稿者: 福キタル 投稿日:2020年 6月16日 火 19時40分39秒 千葉県高野連から「2020 夏季千葉県高等学校野球大会」の概要が発表されました。 県内8地区で「地区トーナメント」を行い、各地区優勝校で「決勝トーナメント」が行われます。 【地区トーナメント】 〇7月19日までに地区内で抽選会実施。 投稿者: センターライン 投稿日:2020年 5月22日 金 19時21分28秒 東海大浦安 高校・中等部野球部の皆さんへ。 学校の臨時休業、そして部活動の自粛。 選手達はかなりストレスもたまっているのではと心配しています。 何かをしてあげたいと思っても、残念ながらここで応援する事しかできません。 3年生部員達、心配や焦りもあると思います。 夏の大会はどうなるのか? 私は今でも開催されると信じています。 ただ部活が再開されてから大会まではあまり期間がないでしょう。 自主練をせず、部活再開時に体が動かなかった選手はメンバーになれるでしょうか? 怪我をするだけです。 いま自分自身に出来る事を精一杯頑張りましょう。 自主練や感染予防等々。 大変だし精神的にきついと思いますが、自分自身のためだと思って、最後の夏の大会に向けて頑張って下さい。 1・2年生部員達、ここで自分自身の技術を磨いておくか、何もしないかによって、今後大きく違いが出てくるでしょう。 夏の大会にメンバーに入るんだ! という強い意識をもって頑張って下さい。 体の動かない先輩達を追い越せ。 モチベーション維持は大変だと思いますが、学校や部活の再開に向けて、自主練や感染予防等しっかりやりましょう。 特にまだ部活動へ参加できていない1年生達。 スタートダッシュ期待しています。 最後まで、希望を捨てちゃいかん。 諦めたらそこで試合終了だよ。 新コロなんかに負けるな! 頑張れ~! 東海大浦安 \(^0^)/.

次の