不幸 が あっ た 人 へ の メール。 お悔やみ・訃報メールの文例集|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

不幸 が あっ た 人 へ の メール

どうしても、葬儀や通夜に伺う事が出来ないという場合、お悔みをメールで伝えるという事はやはり正式ではなく、略式であり、失礼に当たらないかを充分に配慮する必要があります。 では、どういった場合であれば、メールによるお悔やみが問題ないのでしょうか? ・メールで訃報を知らされた時 ・友人 ・上司、同僚、部下 ・取引先の担当者 など、ある程度親しい方、普段から、関わりの強いビジネス関係の方であれば、取り急ぎお悔やみを伝えるための手段として、お悔やみメールを使用しても良いでしょう。 また、訃報の知らせをメールで受けた場合にも、メールでお悔やみを伝える事が相手の方への気遣いとなるでしょう。 逆に、あまり親しくない方である時や、親戚の方には、お悔みメールは好ましくありません。 お悔やみメールの書き方2:タイトル お悔みメールを出す際、まず気を付ける事の一つとしてタイトルがあります。 ご不幸があった際には、悲しみに暮れる暇もなく、沢山の方に連絡をしたり、葬儀の手配や手続きで大忙しな事が殆どです。 そんな際に、細かくメールを確認しているような余裕はないのが普通です。 ですので、タイトルは遠回りな表現は避けて、 ・名前 お悔やみを申し上げます。 ・名前 哀悼の意を表します。 など、「誰」から、「何」のメールかすぐに分かるタイトルにすることです。 とにかく、時間を取らせず、お悔やみのメールだと伝わるように工夫する必要があります。 最近では、迷惑メールやウイルスメールも増えています。 そういったものと区別がつきやすいように、特定の名称や愛称を入れ、分かりやすくしましょう。 お悔やみメールの書き方3:普段のメールとの違いに注意 お悔みメールの文面や書き方で気を付けるべきことは、 1・時候の挨拶などはいれず、すぐに本題に入る。 とにかく、相手の方に時間を取らせないことが大切です。 2・忌み言葉を避ける。 もともと、日本では「再三」「重ね重ね」「またまた」など、繰り返しを連想する言葉や、「切れる」「消す」「忙しい」などの不吉や不幸を連想させる言葉は、ご不幸の際には避ける必要があります。 メールでも、その点は注意しましょう。 3・言葉は丁寧にしましょう。 普段親しい方でも丁寧な言葉を使いましょう。 4・絵文字やローマ数字など、文字化けする可能性の高い文字を避ける。 お悔みの気持ちを表すつもりが、却って不愉快にしてしまったり、忙しい中で時間を取らせてしまっては迷惑となります。 気を付けてメールを作成しましょう。 ただし、その場合、相手の方との親しさや、関係性などから、どのような言葉をかけるべきか、またかけてあげたいかを考える事が必要です。 相手にとって、負担になりすぎない事、時間を取らせない事、などの配慮はお悔やみメールにとってとても大切な事となります。 「本文」メールを頂き、ありがとうございました。 おかげさまで、通夜葬儀と共に無事に相済ませることが出来ました。 本当にありがとうございました。 ご心配、ご迷惑おかけ致しまして、申し訳ありませんでした。 なかなか返事が出来ずごめんなさい。 おかげさまで、通夜、葬儀共に無事に済ませる事が出来ました。 今回、メールを読んで友達のありがたさをしみじみ感じております。 ありがとうございました。

次の

訃報メールの返信の仕方・書き方・例文|社内・外別/相手別

不幸 が あっ た 人 へ の メール

これが定番!身内に不幸があった人にかける言葉 身内に不幸があったご遺族の方にかける言葉にはいくつかありますが、一般的なものとして、• 「心中お察しいたします」• 「この度はご愁傷様です」• 「お悔やみ申し上げます」 などのお悔やみの挨拶があります。 また、故人が長らく病に臥せていたなどではなく、急に亡くなられた場合には、• 「突然なことでご家族様のお気持ちを思うとなんと申し上げてよいのやら……」• 「あまりにも急なことでお慰めの言葉もございません。 お力落としのことでしょうが、どうかご自愛ください。 」 というような挨拶もあります。 親しい人の身内に不幸が…そんな時にかける言葉とは あなたと親しい間柄の身内の方に不幸があった場合、あなた自身もさぞ悲しい思いをすることと思います。 ですから、言葉を飾らず、その悲しい気持ちを伝えるだけで良いでしょう。 面識のあるご遺族に対しては、あなた自身の悲しい気持ちを素直に伝えるだけで十分です。 もちろん、悲しい気持ちとともに、ご遺族を励ましたいという気持ちもあるでしょうし、それこそ伝えたいことは山ほどあると思います。 しかし、きっと言葉にはならないはずですし、お通夜や葬儀の席でべらべらと言葉を話すのは良いことではありません。 まずは、大切な人を亡くされたご遺族の気持ちを思いやることが先決ですから、お通夜や葬儀の際には言葉少なにしておきましょう。 身内に不幸があった人にかける言葉 お通夜や葬儀の場というのは、嘆き悲しむご遺族を前にしてかける言葉が見つからないのが本当のところだと思います。 どんな言葉をかけようとも、悲しむご遺族の心の負担を軽くすることはできません。 そんなときには多くのことは言わず、「ご心中お察しいたします。 」のように、簡単にだけ伝えればよいでしょう。 また、故人が突然亡くなった場合には「この度はあまりに突然なことで慰めの言葉もございません」というのがご遺族に対するねぎらいの言葉となります。 他に故人が長命だったからといって、「大往生されて」「天寿をまっとうされ」という言葉は人によってこころよく思われないのでできるだけ使わないほうがよいでしょう。 そして、ご遺族の方に励ましやねぎらいの言葉をかける場合には、「どうぞお体をお大事に」「私で役に立てることがあれば、遠慮せずに仰ってください」といった言葉があります。 ただし、一番大切なのはやはり言葉ではなく気持ちです。 ですから、どのような挨拶にしろご遺族の気持ちを思いやり、また自身の気持ちも込めて伝えるようにしましょう。 注意!身内に不幸があった人に使ってはいけない言葉 冠婚葬祭の場で禁句となる忌み言葉というと、結婚式では切れる、別れるといった言葉がまず思い浮かびますよね。 お通夜や葬儀の際にもそうした忌み言葉は存在します。 それは 重ね言葉や 不幸を連想させるような言葉です。 重ね言葉が禁句だというのは、不幸が続くことがないようにという意味なので、そうした言葉は別の言葉に置き換えるのが良いでしょう。 たとえば「たびたび」は「いつも」、「くれぐれも」は「どうぞ」というように言い換えましょう。 さらに「繰り返す」や「追って」などの言葉は不幸が続くというので、忌み嫌われます。 ですので、これらも使わないのがマナーです。 身内に不幸があった方へのメール返信の言葉 昨今では、パソコンやスマホの普及により、メールで訃報を受け取ることも多くなってきました。 しかし、もちろんこうしたお悔やみメールの返信にもマナーがあります。 「ご愁傷さまです」よりも「お悔やみ申し上げます」• 文章は短めに!• たびたび、重ね重ね、しばしば、いよいよ、またまたなど、重ね言葉は不幸が重なることを連想させるため使わない。 「4」「9」など死や苦を連想させる言葉は使わない。 他にも重ね言葉や不幸を連想させる言葉はまだいろいろとありますが、基本的には同じ語句が続く言葉や、不幸が続くことを連想させる言葉を使わないように、ということを心に留めておいてください。 ただ、言葉だけに集中しすぎて気持ちのまったくこもっていない挨拶をしてしまっては本末転倒です。 ですから、忌み言葉にばかり意識をとらわれることなく、ご遺族の方を思いやる気持ちだけは忘れないでください。 以下、例文です。 このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 心よりご冥福をお祈りいたします。 あまりに思いもかけないことで、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんように。 心よりお悔やみ申し上げます。 また、件名は用件のみを簡潔に書くようにしましょう。 このとき相手が取引先などの企業の場合、会社名を入れるようにしましょう。 また、普通の挨拶と違い、お悔やみメールには時候の挨拶など余計な前置きは書きません。 前置きはなしでお悔やみの言葉のみを書くようにしてください。 これは、長々と用件を書くことで、相手に余計な手間を取らせてしまうからです。 そして、一番気をつけなくてはいけないのが、メールだからといって丁寧な言葉遣いは忘れないようにということです。 時候の挨拶などは必要ありませんが、やはり必要最低限言葉遣いだけは丁寧にし、特に故人への敬称は必ず必要です。 キリスト教の場合のお悔やみの言葉 ただし、 キリスト教の場合、死は終焉ではなく、神に召されることだと捉え、祝福されるべきことだと考えられています。 ですから、葬儀は故人を懐かしみ、神に感謝する場となりますので、お悔やみの言葉は使いません。 さらに、一般的なお悔やみに続く言葉とては、お通夜や告別式の際には、「ご焼香をさせていただきたくお伺いしました。 」、葬儀に出席できない場合には、「葬儀には出席できませんが、どうかご無礼をお許しください。 」という言葉があります。

次の

身内に不幸があった彼女の励まし方はどのようにすればよいでしょう...

不幸 が あっ た 人 へ の メール

こんにちは。 初めて相談させていただきます。 おととい、地域の大きな飲み会がありました。 気になっている先輩(職場は別)が来ていなかったので周りの人に聞くと、出張で来れないとのことでした。 今まで連絡など取ったことがなかったのですが、酔った勢いに任せて、お話できると思ったのに先輩が来れなくて残念です!とか、二次会は来れますか?とか、浮かれたラインを送ってしまいました。 しかし後から聞くと、その先輩は実は出張ではなく身内の不幸があって来れなかったようなのです。 それを2日経ってから聞きました。 (しかも本人からでなく職場の方から) 大変な時なのに浮かれたラインを送ってしまった事への申し訳なさと後悔で、大変落ち込んでいます。 先輩に謝罪をしたいと思うのですが、不幸があった場合はそっとしておいた方がいいという意見もあり、どうすればいいのか分からず…アドバイスをいただけたら嬉しいです。 ユーザーID: 0311656411 だから「酔った勢いに任せて」ラインなんて打ってはいけませんよ。 もう大人なのだからもう少し考えて行動しましょう。 私も父親の忌引で会社を休んだ時に 能天気な同僚に「旅行に行っていたの?」と聞かれ なんと返事を返して良いものやら困りました。 別に内緒にしていた訳でもありませんが そんなに大っぴらに言う事でもありませんしね。 もちろんその同僚の印象は最悪です。 悪気はないのは分かってますが、 普通旅行に行く前にはちゃんと迷惑掛けそうな所には挨拶をするし 急に一週間も休めば「何か可笑しい…」と思わないのかしら、と。 人間って辛い時には自分の事しか考えられないものですからね。 ですから先輩のお身内がどの程度の近親かで 彼の気持ちも大きく変わってくると思いますよ。 同居のご家族なら絶対に暫くそっとしておいてあげて。 何故なら謝るのは結局あなたの自己満足に過ぎませんもの。 彼はあなたに悪気が無かったのは十分分かってます。 だから謝ってもらってももらわなくてもどうでもいいのです。 謝ってもらっても「気にしないで」としか言うしかない。 もちろん彼の本心でもあるけれど、ちょっとどこか冷めた気持ちもある。 「そりゃあ知らなかったんだろうけどね…」 でも彼は大人として「気にしないで」としか言うしかない。 彼は今、辛いのだからそんなちょっと闇な気分にさせないで。 あまり会わない親戚とかだったらタイミングをみて 謝ったらいいと思いますよ。 ただ何度も言いますが、彼はあなたに悪気が無かったのは十分分かってます。 だからあなたが謝るのはあなたの自己満足に過ぎないと心得てください。 ユーザーID: 7606610944• 私でしたら >先輩に謝罪をしたいと思うのですが、不幸があった場合はそっとしておいた方がいいという意見もあり もうそっとしておいてほしい時にトンチンカンな対応しちゃいましたから・・・。 その失礼なままでほっておくのは「そっとしておいた方が良い」とは違いますよ。 失敗のフォローも何もしないと余計相手を不快にさせるだけです。 失礼を謝罪。 まずはやるべきことはやる。 ほっておくのはそのあとです。 先日は失礼しました、何も知らずに出張しているものだと思ってはしゃいでメール送ってしまいました。 大変失礼いたしました。。 まずは謝罪をして、そのあとはほっておきましょう・・ ユーザーID: 9735830593• 大丈夫です さわらさんと同じような経験があります。 不幸があったばかりの人に そうとは知らず元気なメールを送ってしまった。 私の場合、直接会って謝りました。 「あの、この前のメール失礼しました。 周囲からは出張って聞いていたので…。 ご不幸があったとは知らなかったもので…。 」 尻切れのような言葉で謝りました。 言葉にならなかった。 そうして、深くは尋ねず、頭を下げてその場を後にしました。 直接言った方が後に残らず伝わりやすいと思います。 自分の場合、会えなかったらそのままになったかなぁ。 身内が2親等以内だと気を遣いますね。 私の場合だと、先に書いた感じて失礼を伝えた後 相手はそうだったんだってハッとした顔していました。 思い切って謝りに行って良かったと思います。 うーんでも、 まださわらさんに身内の不幸が伝わってなかったんだ って、そう分かっていてくれる先輩だといいですね。 ユーザーID: 5474110971• 電話しましょう.

次の