生理痛を和らげる 姿勢。 『医師が監修』生理痛の原因は?|おしえて生理痛

【図解】生理痛を和らげる姿勢や寝方5選とNGな姿勢!

生理痛を和らげる 姿勢

生理痛がつらいという人は、1日の行動を今一度振り返ってみましょう。 もしかしたら、なにげない行動が生理痛を悪化させているかもしれません。 まず始めに、体が冷えていたり、腹部が締め付けられている服装をしたりしていなかったかをチェックしてみてください。 重い生理痛は冷えや血行不良が原因となる場合が多いといわれています。 生理痛がつらくて寝込む場合は、保温効果の高い寝具やパジャマを用意して温かい環境で眠ることがなによりも大切です。 また、夜遅くまでの飲食や寝る直前のスマホやパソコンなどは、自律神経が正常に働かずにホルモンバランスを乱してしまうおそれがあります。 ホルモンバランスの乱れは重い生理痛のきっかけになる場合もありますので、生理時には規則的な生活と十分な休息を取るようにして、自律神経の正常化を目指すようにしましょう。 生理痛で寝込む前にちょっとひと工夫を 生理痛がつらくて寝込んでしまう前に、さらにひと工夫してみましょう。 血行不良や冷えが原因で起こる重い生理痛の場合は、寝る前の入浴でぬるめのお風呂にゆっくりとつかると血行が良くなり、精神的にも落ち着きやすくなります。 その後、湯たんぽなどでさらに腹部や腰を温めながら寝ると痛みが和らぐ場合もあります。 生理痛が腰にくる人の場合は、クッションや丸めたタオルなどを用意して腰部に当てながら寝てみるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。 また、体の中から体を冷やさないようにすることも大切です。 生理痛が重いと感じる人は、飲食はなるべくなら温かいものを食べるように心がけましょう。 夏場は冷えたドリンクをゴクゴクと飲みたいところですが、生理の始まる少し前の時期から冷たい飲み物は避け、なるべく温かい飲み物を取るようにしましょう。 生理痛が和らぐ具体的な寝方とは? 人は痛みがあるときによく「うずくまる」という姿勢をとることがあります。 この体を丸める姿勢が腹部を温め、痛みを緩和させる効果があるといわれています。 胎児も母体の中で丸くなって育ちますが、この姿勢が人間にとって特に楽に感じる姿勢なのかもしれません。 また、うずくまるほど体を丸めなくても、横向きになって膝を軽く曲げて寝るだけでも生理痛の痛みが緩和するという人もいます。 いずれにしても「うずくまる」「横向きで膝を曲げて寝る」という形がいいようです。 一方、うつぶせで寝ると痛みが楽になるという人もいます。 うつぶせ寝が良い理由は、背部にある血管や神経への圧迫が軽減されるため、腰部の血行が良くなるからだといわれています。 逆に腹部が押さえつけられる感じが嫌でうつぶせ寝は好まないという人もいますので、自分なりの楽な姿勢の寝方を色々と試しながら見つけてみましょう。 まとめ.

次の

生理痛を和らげる方法【姿勢・食べ物・飲み物・ツボなど】

生理痛を和らげる 姿勢

生理痛の原因にもなる冷えや血行不良。 つらい生理痛緩和のためにできることから対策しましょう 生理痛がひどくて日常生活に支障をきたす状態を「月経困難症」と言います。 子宮内膜症や子宮筋腫など何らかの病気が背景にある「器質性月経困難症」と、冷えや血行不良から痛みがひどくなる「機能性月経困難症」に分類され、生理痛がつらい方の7割は機能性月経困難症です。 機能性月経困難症の場合は、原因となっている冷えや血行不良を改善させることも症状の緩和につながるため、薬での「治療」以外にも生活改善が大切になってきます。 日常生活の中でできることから、上手に対策していきましょう。 足元や腰回りを冷やさないような服装を心がけ、毎日湯船に30分くらいゆっくりつかるようにしましょう。 入浴時に血行を良くするバスソルトやアロマオイルを活用するとなお効果的。 冬場の体が冷えやすい時期は、入浴時以外にも足浴などで足元だけを温めるのもおすすめです。 良質なたんぱく質をきちんと摂取して、適度な運動をすることで、筋肉量を保ち血行を良くすることが可能です。 すぐには効果がでにくいかもしれませんが、根本的な冷え対策として、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を毎日行う習慣をつけるといいでしょう。 冷えの自覚がある場合、これらの食品はできるだけ避けるようにしましょう。 特に白い砂糖は非常に体を冷やしますので、生理の時期だけでも甘い物は完全に除去することをお勧めします。 逆に体を温める食べ物は、玄米や黒糖などの精製されていないものや発酵食品、土の中にできる根菜類や、寒い地方・時期にとれる食材です。 生姜は体を温める食材の代表例ですので、毎日の料理に活用したり、コーヒーの代わりに生姜湯を飲むなど、積極的に摂るといいでしょう。 「お血」の状態になっていると、目の下にクマができやすかったり唇や舌の色が黒ずんでいたり足の静脈が浮き出ていたりします。 「お血」は生理痛や生理不順の原因になりますので、お血を改善することも大切です。 ジャンクフードやいわゆるカタカナ食品(バターやチョコレートなど)はお血の原因となりますので、できるだけこれらの食品を避けることをお勧めします。 お血がひどい場合は、駆お血剤である漢方を試してみるのもいいでしょう。 生理痛の原因となるだけでなく、卵巣の働きそのものにも悪影響を及ぼしますので、ただちに禁煙しましょう。 できるだけリラックスする時間を作り、ストレスフルな状態が続かないようにリセットを心がけましょう。

次の

即効性アリ☆つらい生理痛を和らげる簡単ヨガポーズ6選|mb(モテコビューティー)

生理痛を和らげる 姿勢

生理痛の原因にもなる冷えや血行不良。 つらい生理痛緩和のためにできることから対策しましょう 生理痛がひどくて日常生活に支障をきたす状態を「月経困難症」と言います。 子宮内膜症や子宮筋腫など何らかの病気が背景にある「器質性月経困難症」と、冷えや血行不良から痛みがひどくなる「機能性月経困難症」に分類され、生理痛がつらい方の7割は機能性月経困難症です。 機能性月経困難症の場合は、原因となっている冷えや血行不良を改善させることも症状の緩和につながるため、薬での「治療」以外にも生活改善が大切になってきます。 日常生活の中でできることから、上手に対策していきましょう。 足元や腰回りを冷やさないような服装を心がけ、毎日湯船に30分くらいゆっくりつかるようにしましょう。 入浴時に血行を良くするバスソルトやアロマオイルを活用するとなお効果的。 冬場の体が冷えやすい時期は、入浴時以外にも足浴などで足元だけを温めるのもおすすめです。 良質なたんぱく質をきちんと摂取して、適度な運動をすることで、筋肉量を保ち血行を良くすることが可能です。 すぐには効果がでにくいかもしれませんが、根本的な冷え対策として、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を毎日行う習慣をつけるといいでしょう。 冷えの自覚がある場合、これらの食品はできるだけ避けるようにしましょう。 特に白い砂糖は非常に体を冷やしますので、生理の時期だけでも甘い物は完全に除去することをお勧めします。 逆に体を温める食べ物は、玄米や黒糖などの精製されていないものや発酵食品、土の中にできる根菜類や、寒い地方・時期にとれる食材です。 生姜は体を温める食材の代表例ですので、毎日の料理に活用したり、コーヒーの代わりに生姜湯を飲むなど、積極的に摂るといいでしょう。 「お血」の状態になっていると、目の下にクマができやすかったり唇や舌の色が黒ずんでいたり足の静脈が浮き出ていたりします。 「お血」は生理痛や生理不順の原因になりますので、お血を改善することも大切です。 ジャンクフードやいわゆるカタカナ食品(バターやチョコレートなど)はお血の原因となりますので、できるだけこれらの食品を避けることをお勧めします。 お血がひどい場合は、駆お血剤である漢方を試してみるのもいいでしょう。 生理痛の原因となるだけでなく、卵巣の働きそのものにも悪影響を及ぼしますので、ただちに禁煙しましょう。 できるだけリラックスする時間を作り、ストレスフルな状態が続かないようにリセットを心がけましょう。

次の