ネモフィラ 特徴。 ネモフィラの花言葉や由来|色別(黒色・青色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ネモフィラ 新・花と緑の詳しい図鑑

ネモフィラ 特徴

この記事のもくじ• ネモフィラはハゼリソウ科の秋まき1年草で、別名ルリカラクサと呼ばれています。 庭植えや鉢植え・バスケットなど様々な植え方で楽しむことができる植物です。 そんなネモフィラの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。 ネモフィラの特徴について ネモフィラは草丈が低く20cmほどで、株がはうように横に広がって育ちます。 花は小さく3cmほどで、色は青や白・黒などがありますが人気が高いのは淡い青色のネモフィラ・メンジーシーという品種です。 地植えはもちろんですが、鉢植えやハンギングで育ててもボリュームが出てきれいなのでおすすめです。 ネモフィラの育て方スケジュール ネモフィラは春が開花期間なので、種から育てる場合は秋から準備をします。 1年草なので、花が咲き終わって暑くなる頃には枯れるため夏越しは必要ありません。 毎年新しい苗を植え付けましょう。 種まき 9月〜10月 植え付け 3月 開花 4月〜6月 ネモフィラがよく育つ土の性質 ネモフィラは水はけの良い土を好むので、地植えの場合は腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。 鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作りましょう。 ネモフィラに必要な肥料 ネモフィラは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。 開花期間中の春は月に2回ほど、液肥を与えて花付きをよくします。 ネモフィラの種まきの方法 タネをまく時 ネモフィラは直播きで育てます。 植え付けたい場所に元肥を混ぜて種まきをし、軽く土をかぶせて発芽させます。 発芽したら丈夫なものだけを残して間引き、20cmくらいの株間になるようにしてください。 ネモフィラを育てるのに適した場所 ネモフィラは日当たりがよく風通しが良い場所で育ててください。 蒸れには弱く、乾燥ぎみに育てると丈夫になるので、風通しと日当たりには気をつけましょう。 ネモフィラの水やりの頻度 苗がよく育って根付くまでは、定期的に水やりをしてください。 地植えの場合 地植えの場合、根付いたあとは基本的に水やりは不要です。 プランター・植木鉢の場合 プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。 乾燥ぎみに育てたほうが良いので水のやりすぎには注意しましょう。 ネモフィラは花がら摘みをこまめにする 開花期間中は小さな花がたくさん咲くので、咲き終わった花はこまめに摘んでおきましょう。 花がらを摘んでおくことで、種を作ろうとして栄養を奪われるのを防ぎ、また株全体を清潔に保ち病気を予防できます。 花全体が咲き終わる頃に、花がらをそのままにしておけば種を採取することもできます。 株が大きくなってきたら、切り戻しをする 過湿には弱いので、株が大きくなってきたら、葉が込み入った場所は軽く切り戻しをして風通しをよくしておきましょう。 風通しをよくしておくと、株が弱りにくくなります。 さわやかなブルーのネモフィラはおすすめ よく園芸店で見かけるネモフィラは冒頭でご紹介した、青い花をさかせるメンジーシーです。 春になると出回る定番の花ですが、色合いがとても綺麗でボリュームよく育つので、景観がとても爽やかになります。 ぜひ一度ネモフィラを育ててみてくださいね。

次の

ネモフィラの花言葉や誕生花・特徴・由来・英名など一挙紹介!

ネモフィラ 特徴

カナダ西部からアメリカ、メキシコにかけて11種のネモフィラ属が分布しているお花です。 国営ひたち海浜公園などで栽培されていて、その姿を楽しむことができますよ。 ネモフィラは、あぜ道などでよく見かけるオオイヌノフグリという青い花の雑草と似ていますが、花径が5㎜ほどのオオイヌノフグリに比べると、ネモフィラの花径は20㎜ほどで見応えがあります。 花弁もオオイヌノフグリは4枚、ネモフィラは5枚なので、よく見ると違うお花なのですが、実は和名がどちらも瑠璃唐草と呼ばれるので、その点が間違えやすいようです。 ネモフィラの名前の由来 名前の由来はギリシア語から オオイヌノフグリと和名が同じ「瑠璃唐草」のネモフィラ。 和名の由来はネモフィラの特徴である、花びらが瑠璃色という由来から来ています。 学名をNemophila menziesiiといい、Nemophilaは、ギリシア語のnemos(小さな森)、phileo(愛する)を合わせた言葉が由来となっています。 ちなみに英語では、Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)と呼ばれていて、和名も学名も英名も青色の可憐さが伝わるネーミングとなっています。 ネモフィラにまつわるギリシア神話 切ない恋物語 青色が素敵なネモフィラ。 花の名前は小さな森を愛するというギリシア語が由来となっていますが、実はギリシア神話にも登場するんです。 それは、ネモフィラという美しい女性に恋した男性が、彼女と結婚できるなら死んでも良い!という願いを神に願い、叶えてもらったというもの。 望み通りネモフィラを妻にした男性は、命を神に捧げます。 残されたネモフィラは、悲しみに暮れ、冥界まで夫に会いに行きますが、冥界の扉は開かないまま。 いつまでも待ち続けるネモフィラを神様が気の毒に思い、花の姿に変えたというお話です。 死んでも良いから結婚をしたいという、初恋のように不器用な気持ちが引き起こした切ない恋物語です。 ネモフィラの特徴 育てやすい品種 ネモフィラの花言葉 可憐で愛らしいネモフィラには花言葉の意味がいっぱい! 花径が20㎜ほどの小さなネモフィラは、可憐な印象がありますが、一面が青色になった群生する様子はとても見事です。 一輪の可愛らしさと群生する逞しさを持ったネモフィラには、花言葉が沢山あるんです。 「どこでも成功」 もともとはアメリカ原産のネモフィラですが、日当たりと水はけのよい場所なら育つため、どこでも根付きやすいようです。 そのため、花言葉でも「どこでも成功」というものがあります。 とても縁起の良さを感じる花言葉の意味ですよね。 引越しをする友人や同僚に渡す花束としてもピッタリです。 「可憐」 まさにネモフィラの印象を表す花言葉。 小さな花径に、草丈も15cm~20cmほどなので、とても可愛らしい雰囲気があります。 納得の花言葉ですよね。 「愛国心」 可憐な姿が一途な気持ちを表しているのか、「愛国心」という花言葉もあります。 群生したネモフィラが一斉に空に向かって咲く姿が、国を思う気持ちと重なって見えるのかもしれません。 力強さも感じる花言葉です。 「清々しい心」 清潔感のある青色は、見る人を清々しい気持ちにさせてくれます。 「清々しい心」という花言葉は、一輪のネモフィラを表しているのかもしれませんね。 花言葉の意味のように、ネモフィラの青色はとても透き通っていて清廉な雰囲気があります。 「荘厳」 群生して、空の青色と溶け合うネモフィラ畑は圧巻ですし、花言葉通り「荘厳」な趣があります。 清々しく荘厳な姿を楽しめるネモフィラは、花言葉も素敵なものばかりですね。 「私はあなたを許す」 最後にちょっぴり意味深な花言葉をご紹介します。 「私はあなたを許す」という花言葉からは、穏やかでないトラブルを想像しますが、結果的に慈悲深さを表しているようです。 慎ましいネモフィラの姿から由来しているのかもしれませんね。 ネモフィラを楽しもう ガーデニングで差し色に.

次の

ネモフィラの育て方

ネモフィラ 特徴

ネモフィラの特徴 ネモフィラは、9月~10月に種をまき、4~5月に青や白、紫のかわいらしい2~3センチの花を咲かせます。 葉は切れ込みが深く粗めで、草丈は10~20cmほどと高くありませんが、横に枝分かれして茂る習性があります。 また、日当たりと水はけの良い場所を好み、耐寒性は強いですが、過湿は苦手で移植に極端に弱いので直まきするのが良いです。 ネモフィラの概要 花色:青、紫、白、複色科 属名:ムラサキ科(ハゼリソウ科)ネモフィラ属 別名:瑠璃唐草(ルリカラクサ)、ベビーブルー 分類:秋まき一年草 原産地:北アメリカ~中央アメリカ 大きさ:背丈15~25cm 横幅30~50cm 見頃:(3~5月) ネモフィラの主な品種 メンジーシー ネモフィラの中でも最もポピュラーな園芸品種で、一般にネモフィラというと本種を指します。 直径2cmほどの花の中心には、白いぼかしが入ります。 アトマリア 白に黒紫の斑点がアクセントに入ります。 ペニーブラック 中心が黒紫で白の縁取りが特徴です。 マクラータ ネモフィラの中では大きい3cmほどの大きさの花を咲かせる品種で、ファイブスポットとも呼ばれ、花びらに紫の斑点が入ります。 インシグニスブルー メージーシーの大輪系の変種で、青い花の中心に白のぼかしが入ります。 スノーストーム メンジーシーの変種アマトリアの品種で、白地に細かい紫色の斑点が入った花を咲かせます。 ディスコイダリス メンジーシーの変種で、白縁に濃い紫色の小さな花を咲かせます。 ネモフィラの中でも丈夫で育てやすい性質です。 チェルシーブルー 薄紫色での縁に濃い点があるかわいい花を咲かせます。 ネモフィラの花言葉 「どこでも成功」「清々しい心」「可憐」「愛国心」「荘厳」「あなたを許す」 ネモフィラの花言葉、どの言葉も縁起のいい言葉ばかりなので、人に贈る花言葉としておすすめです。 個人的にネモフィラを鑑賞する場所として好きなのは自宅から比較的近いということもありますが、です。 この公園のネモフィラ畑の規模はさほど大きくはないのですが、特に平日は人が少ないのでゆっくり見ることができます。 お近くの方は是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

次の