いのしし ど し 生まれ。 亥年(いのししどし)生まれの人の性格的特徴20個と恋愛傾向・相性・芸能人

干支占い 亥(いのしし)年生まれの性格・年齢・特長

いのしし ど し 生まれ

興味のあるところから読んでくださいね• 亥年生まれの長所と短所 亥年生まれの人の長所は、 何ごとにも熱心で勇気があり、やり遂げるところです。 『亥』という字は、いのししの象形文字で、ものごとの骨格や核を意味しています。 全てが組み立てられた状態を意味しますので、12番目の干支とされました。 その文字の通り、芯が強く滅多なことでは折れません。 正義感が強く、弱者を守り強者にもひるまない強さを持っています。 亥年生まれの人の短所は、 頑固で厳しい物言いになりがちなところです。 人の主張を聞かずに自分の言い分をはっきり言うので、威圧的に見られがちです。 しかし、裏表が無くすぐに忘れるので後腐れのない人付き合いをします。 根が優しく思いやりに溢れていて、人のことを信じやすい性格なので、だまされないように気をつけましょう。 亥年生まれの仕事に対する姿勢 我慢強く、一度決めたことは最後まで完遂します。 ストレスが高い環境でも耐えることができる性格のため、上司は安心して仕事を任せられるでしょう。 1つのことにじっくりと取組むため、少し時間は要しますが、クオリティの高い仕事をします。 ギスギスした人間関係の職場ではなく、穏やかな環境で力量が発揮されます。 奉仕の精神がありますので、会社の活動には自ら進んで参加すると開運につながります。 輸出入に関わる仕事や、船舶関係、旅行業など、国内外の流通に関わる仕事が向いています。 その他、政治家などの世界の架け橋となる職業や小説家も向いています。 亥年生まれの恋愛傾向 亥年生まれの人は、 素直で一途、一度好きになったらその人しか見えなくなる性格です。 感情を隠さないので、好きな気持ちを溢れるように表現します。 それでいて、その気持ちを言葉にすることができないので、片思いで終わってしまうこともしばしばあります。 そのため、向こうからアプローチをされるとその人を好きになる傾向があります。 恋人になると、まっしぐらに愛情を伝えていくでしょう。 亥年生まれの健康運 亥年生まれの人は、我慢強くタフな性格ですが、その頑張りから 腰から下を悪くしがちです。 脚気や腰痛、筋肉のつまり、血管のつまりに注意してください。 自分の体力を過信せず、たまには労わってあげることが大切です。 乗り切ってしまえる亥年だからこそ、セルフケアを忘れないでください。 亥年生まれの相性 子年・・・真面目な者同士で気楽な付き合いができます。 子年の歩調に合わせてあげましょう。 丑年・・・猛進型の亥年とマイペースな丑年は喧嘩になりやすいです。 尊重することが大切。 寅年・・・お互いプライドが高く衝突しやすいですが、寅年を立てるとうまくいきます。 卯年・・・結婚には最高の相性です。 友人関係なら、一歩引いた付き合いが吉です。 辰年・・・考え方が合いませんが、隠し事をしなければ良好な関係が保てます。 巳年・・・性格が合わず相性は良くありません。 不貞関係になりやすいので注意してください。 午年・・・悪い相性ではありませんが歩み寄りが大切です。 恋人には不向きです。 未年・・・短所を補い長所を伸ばせる良い相性です。 喧嘩してもすぐ仲直りできます。 申年・・・素直な亥年は饒舌な申年に言いくるめられやすいです。 どっしり構えましょう。 酉年・・・酉年の柔軟性と亥年の行動力がかみ合えば大変良い相性です。 長所を伸ばせます。 戍年・・・お互い我慢強く、理解しあえます。 喧嘩になったら亥年が折れると良いでしょう。 亥年・・・気兼ねなく付き合えますが、対立関係になると激しく対立するので注意が必要です。 2016年の運勢 亥年の2016年は、やや低迷気味です。 これまで一心に走り続けてきた亥年ですが、ここへきて体力の限界を感じてしまいそうです。 大人になってから運動をしていないという人は、特に注意が必要です。 対人関係では、良かれと思ってしたことが裏目に出てしまうこともあります。 不用意な発言や、小さな嘘も禁物です。 皆を楽しませるための作り話も、思わぬトラブルを招いてしまいます。 空回りをしてしまう運気なので、目立つような言動は避けたほうが良いでしょう。 物怖じしない発言が魅力の亥年ですが、2016年はなるべく自己主張しすぎないようにしてください。 恋愛運もそれほど良くはありませんが、出会いの場に積極的に顔をだすなどすると素敵な男性にめぐり合えるかもしれません。 行動は、8月までに起こすと良いでしょう。 2017年の運勢 亥年生まれの2017年の運勢は、 非常に好調です。 ただ、誘惑が多くなるため、トラブルに巻き込まれる可能性があります。 慎重に行動した方が良いでしょう。 恋愛運は、ようやく上向いてきます。 ただ、モテまくるほどではありません。 出会いを大切にし、その関係を育てましょう。 仕事運や金運は、非常に好調です。 ただ、一発当ててやろうとか、楽に稼ごうなどと考え始めると失敗します。 地道にコツコツが好調を維持する秘訣です。 健康運は、残念ながらあまり良くありません。 体調がよくないと感じる日が想像以上に多くなる可能性があります。 2018年の運勢 2019年の運勢 2020年の運勢 亥年生まれの有名人 亥年生まれの有名人として、川口春奈さん、藤原紀香さん、木村多恵さんなどが挙げられます。 そのほか、鳩山由紀夫さん、ヒラリー・クリントンさん、ロナルド・レーガンさんなど、政治家も多いですね。 川端康成さん、司馬遼太郎さん、ヘミングウェイなど世界的な小説家、詩人も亥年生まれに多いです。 亥年は、我慢強く目標を達成するまで諦めません。 だからこそ、忍耐がいる政治家が務まるのかもしれませんね。 正直者で、平和主義である性格が特徴の1つでもあります。 まとめ いのししは、神の使いであるといわれています。 そのため、亥年生まれの人は強運な人が多いです。 亥年生まれの2016年は、疲れが出やすい1年にはなりますが、大凶を大吉に変えてしまうほどのパワーも持っています。 これまで頑張って走り抜けてきたぶん、肩の力を抜きましょう。 亥年が持つ思いやりの心を忘れなければ、きっと良い1年になるはずです。

次の

亥年(いのししどし)生まれの性格まとめ|男性女性別の特徴や相性一覧

いのしし ど し 生まれ

亥年(いのししどし)と子年(ねずみどし)の相性 全体的な相性 まずまずの相性です。 優しい子年とは気楽に付き合えますが、口下手な子年の気持ちを気遣う必要があります。 家族との相性 子年とはお互いを思いやれる家族になる事ができます。 友達との相性 真面目なところが似ているので気が合います。 子年のペースにあわせるといいでしょう。 喧嘩をしても話し合いをすることで解決することが出来ます。 恋人との相性 であった瞬間恋に落ちることもありような相性です。 でも簡単に付き合ってしますと続きません。 自分に無い部分を補っていける関係です。 仕事上での相性 気持ちが通じるので仕事も問題なく進みそうです。 子年の上司の反応に不満があっても我慢してください。 子年の部下は言いたい事を理解してくれて仕事がスムーズです。 亥年(いのししどし)と丑年(うしどし)の相性 全体的な相性 どちらも頑固ですので喧嘩になる事も。 とにかく話し合いをして相手を理解する必要があります。 家族との相性 丑年が親の場合、しつけが厳しいので嫌気がさすかも。 子供の場合も口うるさい亥年に態度では出しませんがめんどくさいと感じています。 言葉には気をつけて下さい。 友達との相性 まっすぐ突進する亥年と、自分のペースを大切にする丑年ですので、丑年には細かい事を言わないようにして下さい。 恋人との相性 丑年と付き合っていくには亥年が我慢する必要があります。 仕事上での相性 粘り強く仕事をこなす丑年ですので、丑年が部下の場合はじっくり経過を見て下さい。 丑年の上司の場合は仕事のペースにあわせると疲れるのである程度話を聞くくらいにして亥年なりに要領よくすることが必要。 亥年(いのししどし)と寅年(とらどし)の相性 全体的な相性 頑固でプライドが高い性格が似ているので衝突をしやすい関係です。 亥年が一歩引いて寅年に合わせるようにすると良いでしょう。 家族との相性 寅年を立てるようにするといいでしょう。 自分の主張は我慢して。 友達との相性 損得抜きの付き合いをした方が上手くいきます。 恋人との相性 仲のよいカップルになりますが、寅年のリードに任しておいた方が上手くいきます。 反論はしない方がいいでしょう。 仕事上での相性 小さな事で話があわないとなってしまします。 先入観がある寅年ですので注意は必要ですが、仕事はやる気マンマンですので急な仕事を与えてもこなしてくれます。 亥年(いのししどし)と卯年(うさぎどし)の相性 全体的な相性 短所を補い、長所を伸ばすことができる相性です。。 家族との相性 相手の悪いところを責めてしまうと喧嘩になるので気をつけましょう。 卯年の親も子供もちょっと冷たく感じることもありますが気にしないで。 短所を補い合える良い相性です。 友達との相性 自己主張を抑えると良い関係に。 一歩引いて付き合うと悪い所も理解してくれる良い友達になります。 恋人との相性 結婚相手には最高の相手。 恋愛としてはいまひとつです。 仕事上での相性 亥年と卯年の良い部分が合わさりよい結果を生みます。 亥年(いのししどし)と辰年(たつどし)の相性 全体的な相性 思ったことを言うのに、意外と人との交わりが苦手というところが似ているので、相手のいやな部分も受け入れる姿勢が大切です。 家族との相性 夫婦では会話をしっかりして相手を理解する気持ちが大切です。 隠し事は無いようにして下さい。 また、辰年は不精なところがあるのでしっかり注意しましょう。 辰年の子供の場合は自分と似ているところがあるとよいのですが違うところは認めにくいかもしれませんが理解してあげて下さい。 友達との相性 亥年が言葉に気をつけることで上手くいきます。 辰年の先を見据える目を信じることで仲のよい関係になります。 恋人との相性 相性はあまりよくありません。 生き方への考え方に相違がありあまり魅力を感じません。 辰年が純粋な心を亥年に伝えれば良い仲になります。 仕事上での相性 商売が上手い辰年と財運がある亥年ですので、パートナーとして仕事に取り組めば成功をします。 辰年はプライドが高いので亥年が傷つける様な事を言うと上手くいきません。 亥年(いのししどし)と巳年(へびどし)の相性 全体的な相性 性格が違うので上手くいきません。 相性は良くありません。 相手の自分とは違う部分を受け入れるようにすると良いでしょう。 家族との相性 巳年は嫉妬心が強いので子供の場合、平等な扱いよりもそれぞれ扱いを変える必要があります。 また、我慢強い部分があるのですが不満は溜めているので上手く対応する必要があります。 友達との相性 一歩引いて付き合うほうが上手くいきます。 巳年の考え方などはプラスになりますので取り入れましょう。 恋人との相性 付き合いが長くなると性格の違いから問題が出てきます。 巳年は浮気や不倫相手になりやすいので深く付き合わないほうが良いでしょう。 仕事上での相性 考え方が違うので一緒に仕事はしない方がいいでしょう。 しかし、巳年のアイデアは参考になるのでチームにいると良いでしょう。 亥年(いのししどし)と午年(うまどし)の相性 全体的な相性 まっすぐな亥年と行動が早い午年は相性がいいです。 でも本質的な部分が違うので歩み寄りが大切です。 家族との相性 午年の子供は愛情を示してくれないので心配になります、そのため甘やかすと独立しなくなるので注意して下さい。 友達との相性 性格が違うので相性はよくありません。 自分との違いを受け入れることができれば短所を補う事ができます。 恋人との相性 午年の臨機応変な対応や現金な性格が亥年には合いません。 仕事上での相性 午年の上司の気分屋なところは大目に見るように。 午年の部下は継続ができませんので色々なパターンの結果を作るようにしましょう。 亥年(いのししどし)と未年(ひつじどし)の相性 全体的な相性 まっすぐで頑固な亥年と殉難に対応する未年は正確が全く違いますが、悪いところを補って、良いところを伸ばしていける相性です。 良い相性です。 家族との相性 未年は亥年の気持ちを良く理解しますので仲の良い家族になります。 友達との相性 気兼ねなく付き合える関係です。 喧嘩をしてもすぐに仲良くなり、より相手の事が分かるようになります。 恋人との相性 相手を信用して仲の良い関係になるので安心して付き合うことがができます。 仕事上での相性 未年の消極的な部分はわずらわしさを感じますが真面目に仕事はします。 逆に、亥年が行き過ぎてしますのを未年は抑えてくれるので良い関係で仕事ができます。 亥年(いのししどし)と申年(さるどし)の相性 全体的な相性 自分本位な申年は人を操るのも得意です。 亥年はまっすぐな性格ですのでうまく操られないように注意が必要です。 家族との相性 自己中心的でいう事とやる事が違う申年に苛立ちもありますが気持ちを抑えて大人な対応をして下さい。 友達との相性 申年の自分に無い部分を尊敬します。 見習うべきところは見習いましょう。 恋人との相性 長く付き合うほどに相手の嫌な部分が見えてきます。 意地を張らずに素直に接する事がおススメです。 仕事上での相性 申年に利用されないように気をつけて下さい。 亥年は自分のペースを乱さず行動しましょう。 亥年(いのししどし)と酉年(とりどし)の相性 全体的な相性 実行する力がある亥年と発想力の酉年が力を合わせれば、お互いの良い部分がより強化されます。 大変良い相性です。 家族との相性 夫婦の場合は自分本位な考えをしないこと、酉年の子供には過保護に気をつけて下さい。 友達との相性 亥年に無い社交性を持っている酉年ですので亥年の魅力をUPしてくれます。 また頑固な亥年は酉年の柔軟性を見習ってください。 酉年の体裁を気にして見栄をはるところは大目に見ることです。 恋人との相性 人気者の酉年に惹かれて行きますが、酉年が真面目な気持ちかどうかを判断すること。 でも頑固な部分を出しすぎると酉年を不機嫌にさせるのでバランスが重要です。 仕事上での相性 酉年の発想力は素晴らしいので受け入れるようにしましょう。 お互いの良い部分と悪い部分を理解したうえで協力し合うと良い成果が生まれます。 亥年(いのししどし)と戌年(いぬどし)の相性 全体的な相性 我慢強い性格がにているので相手の事が理解できて仲良くなる相性です。 お互い自分の思いを通し過ぎないようにすると良いでしょう。 家族との相性 仲の良い家族になります。 しかし相手の短所を責めるのはやめましょう。 戌年の親は亥年を暖かく見守ります。 戌年の子供は親のいう事をよく聞く子供です。 友達との相性 意地を張って喧嘩になった場合は亥年から謝るようにしましょう。 性格は似ているのでよき相談相手になってくれます。 恋人との相性 まずまずの相性です。 性格は似ているのですが、戌年はやきもちを焼きますのでそれが原因で険悪な雰囲気になるかも。 話し合いはするようにしましょう。 仕事上での相性 戌年には誠意を持って接することです。 考え方が違った場合でも責めたりせず喧嘩をしないようにしましょう。 亥年(いのししどし)と亥年(いのししどし)の相性 全体的な相性 同じ気質ですので、良いときはとことん良いが、ダメな時はとことんダメといった関係になります。 家族との相性 夫婦の話し合いは欠かさないように。 自分の悪いところを認めたうえで相手に対する不満や意見も言うようにして下さい。 友達との相性 似ているところが多いので気軽に付き合える相手。 その反面、ライバル視してしますところもあるので距離感を大切にして接する方がいいでしょう。 恋人との相性 真面目で誠実な交際ができます。 言葉足らずな面がありますので、相手の気持ちを考えて話をするようにして下さい。 仕事上での相性 性格が似ているので仲良くなるのは早いです。 しかし発想力に乏しい部分があります。 真面目にやり遂げるタイプに向いています。 相性の良い相手を見つける時に気をつけなければならない事。 それは何だか分かりますか? 答えは、色んな人と話をする事です。 そうすることで感覚的に合うか合わないかが分かります。 これマジです。 「えっ!!!知らない人と話をしたくない」そう思いましたか?そうですよね、知らない人と話をするのは疲れます。 ですが、失敗の原因は身近な所だけで相手を探し、色んな人と話をしてみないからです。 とはいっても、出会いの数というのはたかが知れてます。 学校や職場くらいでしょう。 よくて趣味のサークル。 学校や職場での出会いは相手の素性が分かるので安心できます。 合コンや紹介も友達の友達なので一定の安心感はあるでしょう。 それは分かりますが、その中で良い出会いありましたか? 運命の人はどこにいる? 身近じゃいない。 でも安心で安全な人と出会えるところ。 それは、大手が運営しているマッチングアプリとなります。 「いやいやいや、ネットでしょ。 危ないじゃん。 」と考える あなたは古いです。 今の時代、ネットで出会うのは普通なんです。 ですが、 登録すべきアプリを間違えてはいけません。 世の中には確かに悪徳な出会い系サイトというのが存在します。 ですが、今はネットの出会いを提供する事業者は法律に則り年齢確認など様々な規制をして安全性を国が高めています。 また、運営会社独自の安全項目を設けて安全に出会いを提供できるように頑張っているのです。 時代の変化ですね。 会員数の伸びが凄いペアーズ で、どのアプリがいいのかっていうと、今一番、会員数が多く成長しているのがペアーズです。 私のまわりでもペアーズで彼氏が出来た友達が5人もいます。 女性は無料ですが、男性が有料と言うのも変な男性を排除できていいですね。 どんな男性がいるか見るだけでも楽しいですよ。 下記から登録することができます。

次の

亥(いのしし)年生まれの性格

いのしし ど し 生まれ

興味のあるところから読んでくださいね• 2020年 亥年(いのししどし)の総合運 2020年の亥年の総合運は、低迷した運勢となりそうです。 2020年の亥年の人は、エネルギーが過剰になるか、不足するかのどちからになりやすく、そのことから心身ともにバランスを欠きやすくなるでしょう。 次に、生年別の運勢を見てみます。 1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、神経質になりやすくイライラすることが多いでしょう。 周囲に当たらないように気をつけてください。 月運は、5月・6月・10月が吉。 1月・3月・4月・7月・8月・9月・11月は要注意の月となります。 1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、おおむね安定した運勢ですが、プライドが高くなりやすいため、周囲の人を見下さないように気をつけてください。 月運は、1月・4月・6月・9月・11月が吉。 3月・10月は要注意の月となります。 1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、内向的になり家に引きこもりがちになります。 できるだけ、意識的に外に出かけるようにしましょう。 月運は、2月・3月・10月が吉。 1月・4月・6月・7月・8月・9月は要注意の月となります。 1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、自己主張が強くなります。 しかし、周囲があなたの意見を受け入れてくれることが少ないため、ストレスを溜めやすいでしょう。 月運は、2月・3月・10月が吉。 5月は吉凶混合の月。 1月・4月・8月・は要注意の月となります。 2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、低迷した運勢となりそうです。 体調を崩しやすかったり、両親のことで問題が起きるかもしれません。 月運は、2月・3月・10月が吉。 5月は吉凶混合の月。 1月・4月・7月・8月・9月は要注意の月。 11月は大きな変化が起きやすい月となります。 2020年 亥年(いのししどし)の仕事運 2020年の亥年の仕事運は、低迷した運勢となりそうです。 2020年の亥年の人は、神経質になりやすい人や我が強くなる人が多く、仕事でもトラブルメーカーとなりやすいかもしれません。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、神経質になりやすいうえに毒舌のため、同僚や上司から疎まれる可能性があります。 言葉遣いや話す内容には注意してください。 1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、金銭的な損失を出さないように注意が必要な年です。 また、独断での行動はトラブルを呼び込むでしょう。 1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、不安定な仕事運です。 依頼心が強くなっているため、自主的に仕事をすることができず、上司を怒らせることが増えるかもしれません。 1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、重要なポジションを与えられても役割を全うできないかもしれません。 2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、真面目に学業に取り組むのですが、成績の伸びはイマイチでしょう。 しかし、一時的なもののため、あまり気にしないようにしてください。 2020年 亥年(いのししどし)の恋愛運 2020年の亥年の恋愛運は、低迷した運勢となりそうです。 2020年の亥年の人は、恋愛に積極的になり過ぎて相手に引かれてしまうか、全く関心がないかのどちらかに別れるでしょう。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、愛情運が低下しています。 キツイ言動から人を遠ざけてしまいやすいため、気をつけてください。 1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、押しの強さから相手に引かれることが多いかもしれません。 また、金銭トラブルも起きやすい一年です。 好意のある相手でもお金の貸し借りは控えたほうがいいでしょう。 1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、恋愛と縁のない一年となりそうです。 好意を持っていても、あまりにも控えめなため、相手に気づいてもらえないでしょう。 1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、恋愛のチャンスもありますが、良縁には恵まれにくいでしょう。 また、女性は男性から迷惑をかけられることが多そうです。 2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、あまりにも真面目過ぎるため、周囲から浮くことがありそうです。 勉強や塾も大事ですが、友人とのつきあいも大事にしましょう。 2020年 亥年(いのししどし)の金運 2020年の亥年の金運は、低迷した運勢となりそうです。 2020年の亥年の人は、収入が減ったり仕事を辞める可能性が高いことから、生活が苦しくなる可能性があります。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、訴訟問題などに巻き込まれやすく、弁護士費用がかかる可能性があります。 1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、兄弟や友人から金銭面で迷惑をかけられる可能性が高いです。 1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、仕事を辞めたり、低収入の仕事に就きやすいため、生活が困窮する可能性が高いでしょう。 1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、収入が増える傾向もあるのですが、それ以上に出費が増える傾向があるため、どのみち金銭的には苦しそうです。 とくに医療費が増加する可能性が高いでしょう。 2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、お小遣いを減らされる可能性が高いです。 2020年 亥年(いのししどし)の健康運 2020年の亥年の健康運は、低迷した運勢となりそうです。 2020年の亥年の人は、腎臓・泌尿器系・婦人科系の病気に注意してください。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1959年(昭和34年)・2019年(平成21年)生まれの亥年の人は、体調を崩しやすい運勢です。 睡眠はしっかり取るようにしてください。 とくに8月・9月は不調に要注意。 胃・脾臓・舌の病気にも気をつけてください。 1971年(昭和46年)生まれの亥年の人は、パワーが強すぎることから、健康面で悪い影響が出やすいです。 車の運転が荒っぽくなって事故を起こしたり、慌ててケガをするということが起きやすいでしょう。 1983年(昭和58年)生まれの亥年の人は、メンタル面で不調が起きる可能性が高いです。 定期的に外に出かけて人と話すようにしてください。 1995年(平成7年)生まれの亥年の人は、過労に注意が必要な一年です。 働き過ぎには気をつけてください。 6月は事故やケガに要注意。 2007年(平成19年)生まれの亥年の人は、体調を崩しやすい一年のため、あまり無理はしないようにしましょう。 2020年 亥年(いのししどし)のラッキーアイテム• 赤色のもの• スマートフォン• ラジオ 2020年 亥年(いのししどし)にとって相性のいい干支・悪い干支 この相性は、2020年限定のものです。 良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。 良好な相性• 1966年(昭和41年)生まれの午年の人 要注意な相性• 1960年(昭和35年)・1972年(昭和47年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人• 1980年(昭和55年)・1992年(平成4年)生まれの申年の人• 1981年(昭和56年)・1993年(平成5年)生まれの酉年の人•

次の